今年が国内製造ラストイヤーになる白熱電球を偲んでテーマは「レクイエム」一般の人に向けた照明のセミナーヒカリノミカタが今月19日に開催

照明コンサルタントでat light laboratoryの立川 敦子さんが、一般の人達向けに開催している照明のセミナー「ヒカリノミカタ」が12月19日の18時半から千代田区にある「ちよだプラットフォームスクウェア」で開催されます。

第3回目となる「ヒカリノミカタ」ですが、今回のテーマは「レクイエム」。

日本では2012年が白熱電球製造のラストイヤーになることから、今まで私達の生活を支えてきてくれた白熱電球の「生涯」について、歴史、文化、デザイン、技術など様々な側面からお話しされます。

クリア電球

内容は下記のとおり

■内容
-「レクイエム」-さようなら白熱電球
  ・白熱電球はどんな灯りだったのか
  ・白熱電球の歴史-文学や映画に描かれた白熱電球
  ・どうして無くなってしまうの (;_;)
  ・白熱電球に替わる次世代の灯りは・・・
-最近の照明の話題
  ・彩光色LED照明器具
  ・「おいしそう」に見える光の作り方
  ・「色の見え方をコントロールする」ということ
-美しい照明空間
  ・ファッションショップ@イスタンブール

■日時:2012年12月19日(水)18:30~20:30(18:15開場)

■会場:ちよだプラットフォームスクウェア
東京都千代田区神田錦町3‐21
アクセスマップ

■定員:30名

■受講料:¥3,500
*受講料は銀行振込みにてお願いいたします。

詳細は下記のサイトをご覧ください。

ヒカリノミカタ