高輝度のLEDビジョンでは実際低ワットのメタハラ程度の光が出ているということから考える照明の未来

今年の花見の時期(4月頭)にエッセンシャルライトのイベントで六本木地域の桜のライトアップを調査した。その際、ミッドタウンにあったLEDビジョンが真っ白の状態で、かつ、周囲の照明が節電のために落とされていたのだが、ビジョンの輝度と周囲への明るさの影響がとても大きかった覚えがある。

IMG 1352

真っ白状態のLEDビジョン

IMG 1354

明るいうちはあまり意識することがないが、屋外にあるLEDビジョンは日中太陽の下でも認識できていることを考えるとその輝度は相当高そうだ。ちなみに、高輝度タイプのLEDビジョンの輝度がどれぐらいかと探していたら下記のページを発見した。こちらに紹介されているLEDビジョンの輝度は5,000cd/m2とのこと。

『ジャンボーナックビル』の高輝度LEDビジョン – デジタルサイネージ TREND EYES – サイン&ディスプレイ

この5,000cd/m2という数字がどれぐらいなのかというと、PHILIPSのミラータイプのセラミックメタルハライドランプCDM-Rm35Wの中心光度が、25°の中角で8000(cd)、40°の広角で3900(cd)。LEDビジョンはcdに面積のm2が付いているので、若干感覚は異なってくるのだがあくまでもイメージの参考としてここら辺のランプの光を思い浮かべると良さそう。

なんでこんなことを書いているのかというと、昨日のデジタルサイネージの記事に続くのだが、感覚的にLEDビジョンから出る明るさは単位面積当たり一時期店舗照明でよく利用されていた低ワットのメタハラ程度の光が出るようになったということ。

ここ最近よく遭遇するデジタルサイネージをみながら考えていること | スマートライト|照明についてのポータルサイト

もちろん、コスト的にも光の質としても、そして消費電力としてもまだまだ問題はいろいろあるのだが、一昔前の映像を表示する目的としてのビジョンから、照明としての機能をもつLEDビジョンの一般化も、思ったよりも早く実現するのではないかなと思った次第です。