地下鉄売店の冷蔵ケースの照明がLEDで一般棚が蛍光灯だったのでとても自然に感じた件

おはようございます。

ここ2日ぐらい熱帯夜ではなかったようで、あまりにも涼しいのでクーラーがついているのか夜中何度も確認してしまったスマートライト中畑(@nakachon)です。

昨日はエッセンシャルライトの毎月のイベントで、新宿歌舞伎町にある天空の街という屋上フードコートにいってきました。

平日の水曜日ということと、以前来たときにはガラガラだったので、予約しなくても余裕だろうとおもっていったら、どこもいっぱい。たまたま客引きのおにいさんのいるUMIというお店の奥のテーブルに着席することができ、涼しい夏の夜とビールを楽しんできました。

↓ おみせから撮影した新宿の夜景

IMG 2343

↓ 食べた料理(えだまめのかすとかあってきたなくてすみません)

IMG 2349

さて、つい最近、こんな記事を書きました。

新宿のコンビニエンスストアでLED照明が使われている棚をみて勘違いしてしまったこと | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、先日、地下鉄の売店で飲み物が販売されている冷蔵ケースをみたのですが、こちらの照明にLEDが使われていました。

IMG 2313

従来の蛍光灯タイプの冷蔵ケースにくらべて、色温度が高くてシャープな光は、ぱっと見でLEDが使われていることに気付きます。

IMG 2317

中の商品がはっきり見えるのと、涼しげな感じがいいですね。

IMG 2318

よくみてみると、スニッカーズも売っているのですね。そういえば、”おなかがすいたらスニッカーズ”というコマーシャルがありましたねぇ。

IMG 2314

こちらは冷蔵ではなく一般の棚。蛍光灯を使っているようで、先日のコンビニの時とは違って、とても自然に見えました。なので、冷蔵ケースはLED、一般棚は蛍光灯だと、なにがどこにあるかというのが認識されやすくなるのだろうなぁと思いました。

ということで、今日は以上です!