スーパーなどでお肉売り場に使われているのはネオジウムという特殊なランプです。


Meats and Olives / modomatic

みなさん、スーパーっていきますよね?

そのスーパーの魚売り場やお肉が販売されているコーナーに、ちょっと変わったランプが使われているのをご存じですか?

見た感じはこのとおり、普通のハロゲンランプのようなのですが、
IMG 1543

このランプの前に手を出すと、このように手が赤くなります。
IMG 1544

これは、ネオジウムというランプで、ハロゲンランプの中にネオジムという物質を封入し、発色したときに赤っぽい光がでるようにしたランプなのです。

このランプによって、お肉となどの赤の発色がとても良くなり、お店でみるととってもおいしそうに見える様になるのです。もちろん、家に帰ってから家の照明の下で見ると、お店で見たときとは色が変わってしまいます。

ちなみに、Wikiでネオジウムと調べてみると、下記のとおり。

ネオジム (英: neodymium, 独: neodym) は原子番号60の金属元素。元素記号は Nd。希土類元素の1つで、ランタノイドにも属する。
なお、呼称について、日本語としてのネオジムはドイツ語由来の外来語であり、 ドイツ語のneodym は「ネオデューム」となるため、日本のメディアや製品紹介などでは、かつてネオジウムと呼ばれることも多かった。しかし、これは間違った呼称として認識されており、現在はネオジムで統一されつつある(広辞苑、大辞林、大辞泉等主要な国語辞典でもネオジムで立項されている)。
ネオジムを含む希土類元素の生産量は中華人民共和国が、約98 %を占めるが、埋蔵量は30 %程度である。近年、希土類元素の価格は、中華人民共和国の鉱物資源政策の変化により外国への輸出量が縮小され高騰した。

一般的にランプの色は、色温度という数字に基づき、電球色や昼白色などで区別されることが多いのですが、ネオジウムの場合は、ネオジウムという種類で区別されます。

スマートライトでも、このネオジウムランプの取扱をしておりますので、ランプを交換されるときになにかわからないことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

スマートライトでネオジウムランプの価格をチェックする

スーパーなどでお肉売り場に使われているのはネオジウムという特殊なランプです。」に1件のコメントがあります

  1. ちなみにLEDの鮮魚・精肉用の一部の製品で、赤味の演色性だけでRa95とか表示しているメーカーもあるのでご注意。Raは平均で見るので、そういう誤解を招く表記はアウトです。