経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは?

おはようございます。スマートライト中畑です。

最近は直管形LEDのソケット規格や水銀条約のことなどもあり、たまに経済産業省のリリースをチェックしているのですが、こんなリリースを見つけました。

白書や統計などの公表データがより一層活用しやすくなります~オープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)の公開~(METI/経済産業省)

リリースには、

この取組は、経済産業省が保有している白書や統計などの公表データを、これまで以上にビジネスなどの民間での利活用につなげるため、より加工しやすい形で保有データを公開するものです。

と書かれており、各業界の統計データなどがMS-Excelのファイル等で取得できるようです。

ネット上では既に国土交通省が地形情報や施設情報などを、国土政策局GISホームページにて提供されていますが、こちらが位置を示す固定の情報にたいして、経済産業省が公表するのは、その位置にある企業が活動することによって産まれる数字など流れの情報になります。

国土政策局GISホームページへようこそ

今回、「オープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)」がさらに興味を引くのは、オープンデータアイディアボックスという情報発信側だけでなく、利用者の意見をききいれるシステムが作られていること。

これ、どういうことかというと、昨年発表になったPhilipsとAppleが組んで家庭の照明をコントロールできる照明システム「Hue」の例を出すと、「Hue」はPhilipsでもAppleでもない一般の企業や開発者が自由に制御できるように仕様を公開していたり制御する部分のプログラムを無償で提供しているので、使い方は自分たちだけで考えるのではなく、誰でも自分なりの使い方を考えて、プログラミングさえできればそれを実現するシステムがつくれてしまうというところ。

さらに一昔前までは、その仕様を利用するためにはライセンス費用を払わなければいけなかったんだけど、PhilipsとAppleの「Hue」については、規約はあるもののその範囲内であれば自由にその機能を使うことができるというもの。

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、今回のこのオープンデータアイディアボックスは、一般の人が自由に経済産業省がもっているデータを使う方法についての意見を言えるシステムをつくり、内容によってはそれを実現するためのデータの公開をしてくれたり、使いやすいようなシステムも考えてくれるということ。

「Hue」と今回の経済産業省のオープンデータアイデアボックスに共通しているのは、使い方を提供側だけで考えるのではなく、利用者側が考え、かつそれを実現できるというところ。

現在はまだ「利用活用事例」は出ていないようですが、先ほどの国土政策局の位置的な情報と、経済産業省のもっている各種統計情報を組み合わせることができると、地理的な情報に産業の変化を視覚的に表現することができて、なにかできそう。

うまく説明できないけど、どんなビジネスでお金が消費されているのかを見せることができたりして、世代間の感覚の違いを説明できたりするのではないかと思ったりしています。

ということで、データが外部から利用できる(APIが公開される)ようになったら、プログラムを組んでみたいなぁとワクワクです。

Opendatameti