2009年に東芝ライテック社が出した水銀フリーのメタルハライドランプ開発のプレスリリースを発見!

こんにちは、スマートライト中畑です。

昨日に引き続き、東芝ライテックさんの話題なのですが、先日、水銀条約の県でいろいろしらべていると、「水銀フリーセラミックメタルハライドランプの開発について ~高効率(100 lm/W)と高演色(Ra85)を実現~ | プレスリリース | 東芝ライテック(株)」という記事を発見。

最近では高出力のLED照明器具も各社から出てきているので、メタルハライドランプの新規需要もだんだん少なくなってきておりますが、2009年と今から3年前に水銀フリーのメタハラの開発したことを東芝ライテック社がリリースを出しておりました。

水銀フリー(マーキュリーフリー)タイプのメタルハライドランプは、車のヘッドライト用としてPHILIPSなどからD4という型番で既に市販されておりますが、一般照明用の水銀フリーのメタルハライドランプについてはまだ実際に見たことはありません。

東芝ライテック社のプレスリリースには、

今後はランプ設計のさらなる最適化などを行い、商品化に向けて技術開発を継続していきます。

と書かれておりますが、検索してもヒットしないところをみると、まだ市販化はされていないようですね。

ところで、水銀条約で一般照明用途の蛍光灯や水銀ランプが使用できなくなる件について、あるルートから、水銀含有量によってその対象がきまるかもしれないという話をききました。

蛍光灯は水銀が入っているから使えなくなるの?『水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合』が開催されました | スマートライト|照明についてのポータルサイト

リリースとして出ているものがないので、実際にはどうなるかわかりませんが、放電灯からLEDへのシフトが大きく進んでいる今、ビジネスボリュームとしての放電灯が減っていくのは避けられそうにありませんね。

東芝ライテック水銀フリーメタルハライドランプ>

「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合」についての経済産業省のプレスリリースの中に水銀添加製品として蛍光灯・高圧水銀灯と明記があります

こんにちは、スマートライト中畑です。

先日、水銀規制条約の名前が水俣条約になったとの記事を書き、その際に対象品目がどうなるのかはまだわからないというお話をしましたが、21日に「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合」について経済産業省からリリースがされていました。

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

そのリリースを読んでみると、

電池、蛍光灯、高圧水銀灯、スイッチ・リレー、温度計や血圧計等の計測機器について、条約で定められた期限(2020年)までに、その製造、輸出、輸入を禁止(ただし、研究用、校正用、標準用などの用途は除外されるほか、一部の製品については、補修用や特殊用途等のものが適用除外)。

前から話題に上がっていたとおり、蛍光灯、高圧水銀灯という具体的な名称があり、2020年までに、製造・輸出・輸入が禁止されると明記されています。

また、”研究用、校正用、標準用などの用途は除外されるほか、一部の製品については、補修用や特殊用途等のものが適用除外”

と書かれていることから、全てが禁止されるわけではなさそうです。

これはあくまでも私の想像ですが、水銀量の大小についてはこの中で述べておられず、用途によっては適用除外のように記されていることから、現在、一般照明用途として使用されている蛍光灯や高圧水銀灯はこの対象になりそうです。

また、一般照明用途で、蛍光灯の中でもコンパクト蛍光灯や、高圧水銀灯の中でもメタルハライドランプについてがどうなるのかがとても気になりますが、JISでは高圧水銀ランプとメタルハライドランプがわかれていることから、もしかしたら、このJISはの区分の違いが規制の対象をわけるものとなるかもしれません。

こういった情報は、新しく誕生した「一般社団法人日本照明工業会」の方々から案内をしていただけると、流通に関わる私達はとてもありがたいです!

いずれにせよ、具体的に規制となる品種や用途が明確になるのは、しばらく時間がかかりそうです。

経済産業省水銀条約プレスリリース 1

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる?

こんにちは!スマートライト中畑です。

さて、照明デザイナーでat light laboratoryの立川さんのFacebookで知ったのですが、今月13日からスイスのジュネーブで開催された「水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会第5回会合」にて、水銀条約の条文が決まり、また名称が「水俣条約」に決まったようです。

Mercury

ちなみに、このスイス・ジュネーブで開催された第5回会合の前に、昨年の10月31日、11月1日とタイのバンコクにて、「アジア太平洋地域会合」が開催され、規制対象製品の定義、猶予期間と猶予期間を設ける地域、適用除外品の範囲などを関係国でリストの修正案として取りまとめ提出されています。

蛍光灯は水銀が入っているから使えなくなるの?『水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合』が開催されました | スマートライト|照明についてのポータルサイト

今回のジュネーブでの会合についてはNHKのサイトによると、

水銀が使用されている一部の電池や蛍光灯などの製造や輸出入を2020年までに禁止すること

と書かれているとおり、当初から話に上がっていた蛍光灯の規制が盛り込まれたようです。

これでいよいよ2020年に向けて水銀が含まれる蛍光灯や水銀灯などについて規制が進むと思われますが、現状、車のディスチャージヘッドランプの水銀フリータイプとよばれるD4ランプ以外は、放電灯にはほぼ全てに水銀が利用されていることなどもあり、どこまでのランプが規制の対象になるかはとても気になるところです。

一般照明分野については放電灯からLEDランプへの置き換えできる製品が増えていますが、工業用の検査用途や、車の衝突実験、または、サッカーや陸上競技場などのスタジアム照明など、現状ではLEDランプでは置き換えできない放電灯が使われている分野がまだまだあります。

この水銀条約についての詳細はしばらくすればわかるとはおもいますが、これまで私達の職場や家庭の光として支えてくれた蛍光灯も、白熱電球と同じようにその役割をLEDに譲る時が刻一刻と近づいているようですね。

水銀規制条約まとまり“水俣条約”に NHKニュース

蛍光灯は水銀が入っているから使えなくなるの?『水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合』が開催されました

水銀条約をご存知ですか?

照明にビジネスとして関わっている以上、LEDが多くなったといいつつも放電灯である蛍光灯やメタルハライドランプなどのランプを使用・販売する機会は、性能的・実務的にもまだまだ多い。そして、これらのランプに’水銀’が使われているのは間違いない。

何年か前に、トヨタが新しく発売する車種の放電灯のヘッドライトはすべて「マーキュリーフリー」タイプ、いわゆる水銀が含まれていないタイプのランプにするというような話があった。しかし、車用のランプは放電灯でもD4と呼ばれるマーキュリーフリーランプの選択肢はあるが、店舗や工場などでは水銀が含まれるランプを使用しないということは、つまり放電灯を使わないという選択肢になる。


HID on FRS stock lamp assembly / Moto@Club4AG

ちなみに水銀条約については、国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 706(2011. 3.31.) の冒頭の文章がわかりやすい。

水銀は、水俣病をはじめ世界各地で健康被害を引き起こしてきた。国内では削減努力により水銀消費量は減少しているものの、新興国などでは増加傾向にあり、石炭の燃焼や金の採掘等によって排出された水銀が環境を汚染している。
近年は、工場等の特定汚染源による健康被害だけでなく、環境中の水銀が食物連鎖によって大型魚介類等に高濃度で蓄積し、それを摂食することによる胎児への影響なども心配されるようになってきた。
こうしたリスクを減らすため、水銀汚染防止に向けた国際的な取組みが強化されつつある。その柱の一つが水銀条約であり、2013 年の採択に向けて、現在、政府間交渉委員会で検討中である。条約では、水銀の輸出や使用等が制限される見込みであるが、日本は水銀の輸出国であり対応を迫られている。

そして、2013年の水銀条約採択に向けて、来年1月13日(日)からジュネーブ(スイス)で「水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会第5回会合」が開催されるのだが、その会合にあたっての「アジア太平洋地域会合」が10月31日、11月1日とバンコク(タイ)で行われた。

Mercury

その報告が、経済産業省のニュースリリースで読むことができる。

「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合」が開催されました(METI/経済産業省)

なかでも、私達のビジネスに直接関係があり気になるのはこの部分。

水銀添加製品の規制については、規制対象を列挙したリスト(ポジティ ブリスト方式)等に関して議論が行われました。同リストに列挙されて いる製品の定義(- 蛍光管に PC 等のバックライトが含まれるか否か 等 –)、猶予期間の必要性(- 途上国における蛍光灯利用は、省エネの観点 から当面猶予すべきではないか -)、適用除外の範囲(- 宗教目的の水銀 利用は除外すべきではないか -)などの論点について各国から意見が述 べられ、今後、各国に対し追加的な情報の提出を求めつつ、他の関心国 と共同で第5回INCに向けてリストの修正案を提案することとなりま した。

項目だけ抜き出すと以下の3項目。

1.規制対象製品の定義
2.猶予期間と猶予期間を設ける地域
3.適用除外品の範囲

これまでの情報を見ると、先進国では”蛍光灯”や”水銀灯”が規制される可能性は非常に高い。ただし、その開始時期や適用製品の区切りについてはまだまだわからないところが多いという実情。

いずれにせよ、そう遠くない将来、水銀を利用した放電灯のラインナップが国内での利用・販売ができなくなることを含め、自分たちのビジネスは、どういった部分で稼いでいくのかを考えておく必要がありますね。


080215 / tamakisono