Philipsが直管形LED(MASTER LEDtube)省エネリニューアル「無料体験モニター」を募集中

おはようございます。スマートライト中畑です。

MASTERLEDtubeという直管形LEDランプを販売している株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンが、省エネリニューアルを検討している法人向けに、モニターレポートの作成、および写真を販促物へ利用することへの許諾を条件として、100本のランプを無償で提供するモニターキャンペーンを始めたようです。

Master LED モニターキャンペーン

フィリップスは1891年にオランダのアイントホーフェンと言う街で電球工場から始まった会社で創業120年以上の世界的な企業。照明だけでなく、病院のMRIやCTなどの検査装置や、電動歯ブラシのソニックケアなど、人々の生活を豊かにするための空間づくりに必要な照明や、健康に関わる商品などを数多く開発・販売しています。

超電導磁気共鳴画像診断装置  Philips

(http://www.healthcare.philips.com/jp_ja/products/mri/systems/index.wpdより引用)

あと、以前ご紹介したグロー・アイントホーフェン(Glow Eindhoven)というイベントもフィリップスとアイントホーフェンに関係の深いイベントです。

グロー・アイントホーフェン2012(Glow Eindhoven)がいよいよ今月10日からはじまります | スマートライト|照明についてのポータルサイト

なによりも、この会社は、Appleのデバイスとユーザーインターフェースを使いPhilipsのコントロールと電球で家庭の照明を自由に!本当に自由に!コントロールしようという「hue」をリリースしたあのPhilipsなんです!

ネットとリアルな空間を照明という切り口で自由につなげる可能性!PHILIPSのhueというRGB LED電球という商品がすごすぎる! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

すみません、ちょっとアツくなってしまいました。

こちらの「無料体験モニターキャンペーン」、法人対象で申し込みは12月25日までなので、ぜひ、フィリップスの公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

Master LED モニターキャンペーン

直管形LEDランプを蛍光灯のリニューアルで提案する時のストーリー

Masterledtube

おはようございます。スマートライト中畑です。

さてみなさん、直管形LEDランプ、いわゆるLED蛍光灯といわれたりするランプの提案をする時、どのような提案をしていますか?

LEDが出る前までは、現場の照度を計測、もしくはシミュレーションをして、新しい器具の場合だと照度分布がどれぐらいになって、試算表がこんなふうになって…..というような提案をしていたのですが、直管形LEDランプの場合、対象が蛍光灯になり、蛍光灯自体が元々、水銀灯やハロゲンランプなどに比べて効率の良い光源であるので、LEDになったことで光源の効率が上がって節電になるというストーリーは場合によっては成り立たないケースがあります。

むしろ、LEDの少ない消費電力でこれだけの明るさが実現できて、それはJISの照度基準を満たしているというようなストーリーのほうが望ましい場合があります。

フィリップスのMASTER LED tubeを使って、そういった場合の切り口での提案書を見つけたので、ご紹介します。(はい、ステマです)

駅のホームでアンドレ・ザ・ジャイアントより長いFLR110W蛍光灯を見て思ったこと

おはようございます。

今現在、このサイトはWordPressのWPtouchというプラグインを使ってスマートフォン対応をしているのですが、今後のことを考えると、PCでもスマフォでもタブレットでも、自動的にデバイスの大きさに対応した表示になるような、レスポンシブウェブデザインを採用したいと思っています。

で、最近、Twitter Bootstrapというものをいじっているのですが、これをつかってWordPressのテーマを現在作っています。近いうちに、デザインもテーマもいろいろと変更し、「照明のポータルサイト」に向けて進化していく予定なので、乞うご期待です。

Twitter Bootstrap

さて、今日は通勤途中の駅で思ったことをお話します。

それは、こちらのランプ。FLR110Wタイプです。

IMG 1615

FLR110Wは110Wの直管蛍光灯です。このランプの特長は、なんといってもその長さ。ランプの全長が2m37cmほどもあります。

この長さがどれぐらいかというと、今は亡きジャイアント馬場さんの身長が2m09cm

ドラマ版の怪物くんでフランケンシュタインをやったり、特命係長只野仁にも出た韓国人のチェ・ホンマンで2m18cm

Choi Hong Man, huge!!! / [puamelia]

そして、伝説の大巨人、アンドレ・ザ・ジャイアントで2m23cm

と、なんとFLR110Wという蛍光灯は、単なる蛍光灯のくせに、私達が知っているどの大男達よりも横で高さを比べたら長いのです。

そんなFLR110W。問題はその長さ故、輸送や取扱いが非常に面倒であること。普通にこの長さのものを宅急便などで送ろうとすると、取り扱ってもらえないか、もしくはコストがかなりかかってしまいます。

今では、FLR110Wの省エネタイプのFHF86Wとか、この代替えとなるLED蛍光灯とかも出ていますが、長さは同じです。

で、これ、既存のFLR40W代替えのLED蛍光灯に、口金部分と口金とLEDランプ部分がついた拡張キットとかできないでしょうか?こんな感じで。

口金部分や電源について、何がふさわしいのかは検討しなければならないのですが、こうすることで、LED蛍光灯部分は価格が安くなった40Wタイプを使うことができ、長さと口金を合わせられ、かつ、取扱も今よりかは便利にすることができるのではないかなぁと。

ということで、もうすでにこういうことを考えている人がいたり、製品があったら教えてもらえるとうれしいです。

直管蛍光灯形LEDランプの新規格 JEL801とJEL802とは

おはようございます。今日は雨でちょっと肌寒いですね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意せねばとおもっているスマートライト中畑です。

さて、先日、直管蛍光灯形LEDランプの様々な種類について書きましたが、今回は、日本器具工業会が認定したJEL規格について紹介させて頂きます。

現在、直管蛍光灯形LEDランプは海外製品、国内製品など様々な仕様で発売されておりますが、日本器具工業会は誤装着についての注意喚起を呼び掛けてきました。そして、先日、日本器具工業会として直管形LEDランプの次の新規格が2つ発表されました。

(1) JEL801規格

日本の蛍光灯メーカーである、パナソニック、東芝、NECなどが発売。L字型をした2本ピン口金を採用した直管形LEDランプにの規格で、専用器具(ソケット)とセットにて点灯可能。蛍光灯の口金G13とは互換性が無いため、誤って装着される事はないない。

JEL801画像

JEL801画像2

(2) JEL802規格

三菱オスラムが発売。口金G13で専用コネクタより給電する方法を採用した直管形LEDランプ。

蛍光灯器具の配線工事をするだけで使える為、新たに器具を購入しなくても使用することも可能。また、専用コネクタより給電し点灯しているため、口金G13部分に電気は通ってなく、あくまでランプを支える役割のみとなっている。



※JEL802画像

まとめ

日本器具工業会の規格とは、これらのランプを使わなければならないという強制的なものではなく、あくまで、日本器具工業会が様々な視点から見て規格として推奨するというもの。

今後、どんな規格のランプや照明器具がスタンダードになるかは分かりませんが、LED化の転換期においては、色々な動き次々と出てきそうです。

直管蛍光灯型LEDランプの様々な種類と注意点について


Fluorescent Portrait / GIANTsqurl

おはようございます。今日はとても暖かくていいお天気ですね。毎朝通勤電車で新社会人達のキラキラとした表情をみるのが大好きな、スマートライト中畑です。

さて、皆さんは直管蛍光灯型LEDランプを既に使われていますか?

2009年頃から様々な従来の直管蛍光灯に置き換えのできる直管型LEDランプが発売されておりますが、海外からの輸入品も多く販売されているのが現状で、直管LEDランプの規格が未だに統一されていないことから、現在、様々な点灯方式のランプが発売されております。

今回は、日本器具工業会が発表している直管型LEDランプの種類とその注意点を明記した資料を一部紹介いたします。
 
現在、発売されている直管型LEDランプは、大きく分けて5種類があります。

  • (1) 口金G13 専用電源内蔵形 交流用(工事不要)
    ※メーカー例:江東電気、極光電気
  • (2) 口金G13 専用電源内蔵形 直流用(工事必要)
    ※メーカー例:フィリプス、ローム
  • (3) 口金G13 専用電源別置き形 直流用 (工事必要)
    ※メーカー例:内田洋行
  • (4) 口金G13 専用コネクタより給電タイプ (工事必要)
    ※メーカー例:三菱オスラム、ローム
  • (5) 専用口金 専用器具にて点灯するタイプ
    ※メーカー例:パナソニック、東芝、NEC、ENDO

器具工業会発表資料では(1)~(3)までの3種類になってますが、(4)(5)は最近のメーカーの新商品にこのタイプが多く今後は主流になる予測もあるため追記しておきます。

画像1

器具工業会発表の資料では、特に従来の蛍光灯と同じ口金である「G13口金」を採用している直管型LEDランプにいついて注意を呼び掛けております。下記表を参照下さい。

画像2

上記の問題点を一言で言うならば、それは「蛍光灯と同じ口金「G13」で、点灯方式が異なる直管型LEDランプが存在している」という事です。そして、ランプは口金が同じであれば装着が可能で、もし点灯方式が違うのであれば、誤って装着した場合に問題が起こる可能性があるということになります。

私もこれまでに様々な直管型LEDランプの導入実績がありますが、同じG13という口金で製品仕様や配線方法が違う商品をたくさん見てきました。

電気的な知識を持っている専門家でさえ、製品仕様をキチンと確認しないといけない状況はちょっと心配です。また、工事後は、後からランプを交換する人が直感型LEDランプが使用されていることがわかるようい、「LED専用器具」とシールなどで明示することが望ましいでしょう。

そして、これらの問題は「LEDランプの口金を専用口金にする事」で解決するのですが、現状は、蛍光灯器具「G13口金」が普及していることもあり、設備を所有するオーナーさんなどは、できるだけ既存の照明器具を生かしたいと考えておるのも事実です。

今、蛍光灯からLEDへと大きく移り変わる変換期で、立場によってランプ仕様に求められるものの優先順位は変わってきますが、今年の7月からLEDランプもPSEの規制対象に追加されることもあり、すこしづつ、【カタ】が決まってくるのではないでしょうか。

でも、私達は常にアンテナをたてていないと、在庫を一杯抱えてしまったりするので、気をつけねばです。

LED蛍光灯が主流になり時代の移り変わりを感じる中、永年愛した蛍光灯達を眺めながら書き上げたエントリー!

2012年になり、レアアース高騰を理由にパナソニック、東芝、三菱オスラム、日立、NECライティングなど、各メーカーが3波長形蛍光灯を中心に15~20%程度の価格見直しを行いました。

一方、LED蛍光灯は私達に照明以外でよく知られている、内田洋行、ローム、シャープなど、大手メーカーからも続々と発表・販売されており、長年、蛍光灯で公私ともにお世話になってきた私としては、いよいよ照明の主役が蛍光灯からLEDにと大きく移り変わる時期なのかなぁと、目の前に積まれた彼らに夜の倉庫で語りかけたりしています。

12

さて、今日はこの蛍光灯のことなのですが、元々蛍光灯は今から約80年前にアメリカのGEという会社が実用化して販売したといわれております。

その後、現在の東芝ライテックの前身である東京芝浦電気が国内での製造・販売を行い、後はご存じのとおり家庭でも学校でも事務所でもいたるところに白く明るい光が使われるようになりました。

ここらへん、ヨーロッパに旅行すると感じると思いますが、天井に蛍光灯が無い部屋って、慣れていないとなんか暗くて戸惑ってしまいますよね?

ちなみに、一般家庭において電球といえば白熱電球と蛍光灯が思い浮かびますが、この二つのランプは点灯方式が全く違います。例えると白熱電球は【火】の光のイメージ、それに対して蛍光灯は、【カミナリ】の光のイメージです。

原理的なものをお話すると、白熱電球はランプの中にあるぐるぐるまかれたフィラメントに電気が通り、そこが高温になることによって光が出ます。

Inc

【パナソニックランプ総合カタログより引用】

一方、蛍光灯は白熱灯と同じようにランプの中にフィラメントがあるのですが、スイッチをいれるとフィラメントに電流が流れ、そこからランプの反対側に向かって電子が飛び出していきます。その電子がランプの中にある水銀原子と衝突して紫外線が発生し、その紫外線がランプの内側に塗られた蛍光体に当たると光に変わるというプロセスになっています。

Fl11

【パナソニックランプ総合カタログより引用】

なので、

  • 最初に電子が飛び出す為には、単にコンセントからランプに電源をつないだだけではだめで、電子が飛び出るためのきっかけと飛び出た後に電流をコントロールする必要があり、その為の装置として、安定器と呼ばれるモノがひとつ余計に必要になる。
  • もしランプに蛍光体が塗られていない場合は、紫外線がそのまま照射されます。それがランプが透明な殺菌灯と呼ばれるものです。
  • 今回、値上げの原因になったレアアースは、蛍光体の中に含まれる物質

というようなことになります。

今、世の中の流れは、蛍光灯からLED蛍光灯へというようになっていますが、蛍光灯は、安くて、明るくて、省エネで、そしてランプ自体も美しい、とても素晴らしいランプです。なので、家庭や会社の照明をLEDに変えてしまった方々も、ぜひ、永年にわたり私達の生活を支えてくれた蛍光灯のすばらしさと、その製品の改善と品質保持のために青春と情熱と人生を注ぎ込んだ、ランプ開発者や品質管理の方々がいたことを忘れないでいてください。

あ、あと、おまけなのですが、弊社ではレアアース高騰によって値上がりする前にしっかりと売れ筋の商品の在庫を大量に持ちましたので、在庫がある限り、値上がり前のお得な価格で蛍光灯を販売しております。なのでぜひ、蛍光灯のご用命はスマートライトへお願いします!

PHILIPSから直管型LEDランプ MasterLEDtubeが新発売


フィリップスからついに直管型LEDランプの発売がされました。その名も”MasterLEDtube”

既存の40Wタイプの蛍光灯と同じ長さのタイプで、色温度は4000Kの白色と6500Kの昼光色の2種類。

TLED___v2.pdf(ページ 6/15)

仕様は入力が96Vから240Vで1次側の電源を直接ランプに入力するタイプ。既存照明器具に設置する場合は配線工事が必要です。

スマートライトECショップでPHILPS Master LED tubeをチェックする