ネットとリアルな空間を照明という切り口で自由につなげる可能性!PHILIPSのhueというRGB LED電球という商品がすごすぎる!

Hue

おはようございます。スマートライト中畑です。

iPhoneやMacのことなどを中心に毎日更新されている岩手県在住のハンサムクロジ(@kuroji1987さんのNanokamo Blogにて”iOSアプリで制御できるLEDライト『Hue』の販売がアメリカ・ヨーロッパのApple Storeで始まる”という記事がアップされていました。(ちなみに、WordPressに移行してからは毎日読んでます!)

iOSアプリで制御できるLEDライト『Hue』の販売がアメリカ・ヨーロッパのApple Storeで始まる | NANOKAMO BLOG

これ、ちょっとかなりすごいですよ!

なにがすごいって、まずはこの”hue”のために作られたウェブサイトがすごい!

http://www.meethue.com/en-US

当然HTML5だし、パララックスやアニメーション演出をばりばり使った「高級ペライチサイト」だし、iPadにも対応したレスポンシブデザインだし!既存のPHILIPSのサイトと比較するとそのイケてる感がすごい!

↓ 高級ペライチサイトについて
縦や横に長いサイト「高級ペライチ」1度は見ておきたいスクロール演出のまとめ32個! | KAYAC DESIGNER’S BLOG – デザインやマークアップの話

さらに、Vimeoの動画を見てびっくり!

これ、”Personal Wireless Lighting”とコンセプト、つまり、”個人が無線で光を制御できる照明”ということなのですが、まずはなにはともあれこの動画をご覧あれ。

hue – Master Video from Philips Color Kinetics on Vimeo.

どうやって使う?

Hue01

単純に今まで白熱電球を利用していた照明器具のランプをこのhueに交換するだけ。配線や工事など何も無し。日本では部屋の天井の真ん中に丸い蛍光灯の器具がひとつだけというパターンが多いけど、ヨーロッパだとそういう照明の使い方は少なくて、部屋の中にスタンドがいくつも使われていたりします。


Living Room / BFS Man


Living room / naan

なので、そのスタンドのランプをこのhueに変えるだけ。あとは、iPadやiPhoneのアプリでコントロールできるというもの。

すごいその1 タイマーでシーンのコントロールができる

Hue02

iPhoneやiPadのアプリから、起床時間を設定してどのような色のシーンにするのかのプログラムが組めるようです。私は目覚ましとして、iPhoneのSleepCycleというアプリを使っていますが、これは音だけではなく振動を使って目を覚まさせてくれる機能があります。hueを使えば、照明点灯や変化をさせることで起床を促すシステムが簡単に導入できそうです。

将来的には、iPhoneの振動センサーからタイミングを送って起床時の照明演出をはじめることなどもできそうですね。
Sleep Cycle alarm clock 4.0.1(¥85)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
現在の価格: ¥85(サイズ: 11.5 MB)
販売元: Maciek Drejak Labs – Maciek Drejak Labs
リリース日: 2009/07/23

すごいその2 外にいても家の照明を点けたり消したりできる

Hue003

誰もいない真っ暗な部屋に帰るのは寂しいもの。このhueを使えば、外からiPhoneで室内の照明を点灯することができるそうです。これはたとえば長期外出するようなとき、任意の時間に点けたり消したりすることで、外から見たらまるで人がいるように装うことができ防犯対策にもなりますね。

既にそういうことができる製品もありますが、このhueを使うととても安価にそういうことも機能の一つでできそうです。

まとめ

残念ながら日本での発売がどうなるかはわかりませんが、LEDの技術、色を変化させる技術、ネットを利用して制御する技術など、新しい技術が小さいLED電球ひとつに込められたこのhueという商品。かつてこれと同じような機能を利用するには高い費用が必要となったものが、非常に低コストで実現できるとても可能性のある商品です。

これ、APIとかも公開されて自由にプログラムできるようになると、さらにネットの世界とリアルの世界を照明という切り口でお互いにつなげることがとても簡単になりそうです。

いやぁ、これはすごいですよ、本当に!

やっぱりこういうものを考えて商品化するPHILIPSはすごい会社です。

日本でも発売になったらいいですね!

週末は溝の口のNocty2で行われた多文化フェスタみぞのくちにて’はいかぶり’の公演に王子として出演したけどザンレールで転倒という大失敗!

こんばんは!スマートライト中畑です。

この週末の土曜日、溝の口駅前のNocty2にある高津市民会館にて多文化フェスタみぞのくち2012が開催されました。今回、その大ホールにて”はいかぶり(いわゆる、シンデレラ)”を公演したのですが、その王子役で出演させていただきました!

公演は、オペラ、読み聞かせ、ピアノ伴奏、バレエに各国の歌や踊りなどを組み合わせた、国的にもジャンル的にも多分化な公演となったのですが、実は私の方は本番、ザンレールをしたら転倒するという大!大失敗をしてしまいました。いやぁ……….

なにはともあれ、私以外は出演者も裏方の方々も素敵な人たちばかりで、見に来ていただいたお子さんや親御さん達にも喜んでいただけたようです。私は私で、とても楽しい舞台を経験させていただきました。

↓リハの写真
IMG 3244

ところで、この高津市民会館の楽屋は舞台裏にひとつと、ひとつ階をあがったところに他の楽屋があります。

IMG 3239

前日のリハで楽屋にはいったところ、もちろん目がいくのはこの電球のところ、

IMG 3241

ごらんのように、鏡についている通常白熱ランプがLED電球となっていました。

IMG 3242

ちなみに、写真のPanasonic EVERLEDS LDA7L-A1について調べたのですが、密閉タイプの器具につかえるものの演色性については普通のタイプのようです。

今回、こちらの楽屋ではメイクはしていないのですが、実際、このLEDランプだとメイクの色はどんな感じで見えるのでしょうか。

なにはともあれ、今年は4つの舞台があったのですが、今回ので無事じゃないけどなんとか終了しました。

東芝ライテック、高演色を特長としたLED電球<キレイ色-kireiro->を発売

東芝ライテック社から色の再現性が高いLED電球<キレイ色-kireiro->が発売されたとのプレスリリースがありました。

Photo1

リリース記事によると、LED電球も省エネや長寿命などの性能への需要から光の広がりや色の見え方など光の質の需要が高まってきたとのことです。

照明業界の人間にとっては ①光源によって色の見え方が変わる。 ②演色性が高い光源を使うと色の再現性が高くなる。という2点が理解されているので【演色性】という言葉だけで色の再現性を伝えることができますが、一般の人にとっては先の①と②の両方をパッケージのみで伝えることはなかなか難しそうです。

いっそのこと【美容室用】とか【博物館用】などとしたほうが良いのでは?とおもってみたものの、そうすると一般家庭で使う為に購入する人は非常に限られてしまうので、今回の<キレイ色-kireiro->というネーミングは、おそらく、東芝ライテック社さんでも相当議論を重ねたのでしょう。

LEDの性能が上がり、価格も下がり、いろんなところに使われるようになったことで、光の質やアプリケーションに特化した製品が今後も増えていきそうです。楽しみですね!

LED電球「一般電球形8.8W」高演色タイプ<キレイ色-kireiro->の発売について | プレスリリース | 東芝ライテック(株)

省エネを期待してハロゲンランプからLEDランプに変えたら電気代が増えたその理由とは?!

おはようございます。

ちょっと前まではあれほど暑かったのに、いつの間にか上着も厚手のものにしなければならないぐらい涼しくなって来ました。夏から秋、そして冬に向かっていますね。

さて、ハロゲンランプからLEDランプに交換することは、照明単体で考えると省エネ効果が大きい手段としてとても有効なのですが、店舗全体で考えた時に別の費用が上がってしまうことがあります。今回は昨年の寒い時期に私達が経験したお話をいたします。

それは、ある飲食店でハロゲンランプからLED電球に切り替えたにも関わらず、「電気代が全く落ちなかった」という不思議な電話をいただいたことから始まりました。


Restaurant L’Horloge (Bédée) / Pays de Montfort en Brocéliande

そのお店は広さ10坪くらいの割と小さな飲食店で、昨年の11月頃ダイクロハロゲン(ウシオ・JDR110V40WLW/K)からダイクロ形LED電球(ウシオ・LDR5LM-E11/D/27/5/30)に変えました。数量は約30個程度です。

NewImage

■ 消費電力の削減効果

  • (交換前)40W×30個=1,200W
  • (交換後)4.8W×30個=144W

と約1,000W以上の大幅な削減になる試算をしてましたが、実際、冬のシーズンの電気代が落ちてないのです。

私達は自信を持っておすすめした照明の省エネ提案。確実に省エネは実現できているとおもっていたところ、原因は暖房にありました。

ハロゲンランプは、本来照明の役割と同時にかなりの熱を放出します。ハロゲンランプ自体が暖房用のヒーターとして使わるくらい効率のいい熱源なのです。なので、小さな店舗でハロゲンランプを30個も点灯するだけで、暖房効果が自然とあったのです。


カーボン・ハロゲン・ヒーター / Sekikos

したがって、電気代削減のためにハロゲンランプをLED電球に変更しましたが、店舗内の温度がこれまでのように照明で暖められなくなり、お店の方で空調を強くしていたそうです。

その結果、LED電球に変更する事で削減された約1000Wの消費電力は、空調(暖房)の1000Wで相殺されるという皮肉な結果となりました。

夏場は、ハロゲンランプからLED電球にする事で、照明からの熱も減り、空調(冷房)の利きもよくなりかなりの省エネ効果があります。しかし、冬場はLED電球と空調(暖房)が相殺されるため、場合によっては、省エネ効果が難しい場合もあります。

これからの季節でLED電球を検討されている方は、空調の使用状況も確認される事をオススメします。

恵比寿駅前盆踊りが今日と明日開催。提灯の中には白熱電球が使用されていました。

おはようございます。

恵比寿では今日明日の二日間、”恵比寿駅前盆踊り”が開催されます。数日前から盆踊りのやぐらや提灯などが並べられ、お祭りムードが高まっています。

IMG 2261

で、少し前に提灯を設置していた様子をみたのですが、中に使用されているのは、普通の白熱灯のようです。

IMG 2262

これだけの数の提灯の中の電球をLEDに変えることで、電力としては大きく削減することができますが、コストが10倍ほどになってしまうのでなかなか難しいのかもしれません。特に、毎年続いているものなので、電力を供給する設備については現時点で既に対応できているので、実際に提灯を点灯させる時間とコストのバランスがあわないのでしょう。

ただ、そうはいっても、大手メーカーの白熱電球販売中止などの流れもあり、数年経つと祭りの提灯の中でさえ、白熱電球が使われているものを見ると、めずらしいと思うような時代がくるのでしょうね。

恵比寿駅前盆踊り – 花火大会&夏祭り特集2012 – Yahoo! JAPAN

「消費者庁、LED電球の明るさを誇大表示した12社に再発防止命令」について

さて、月曜日がはじまりました。

この週末の土曜日は品川のコクヨさんで、コワーキングカンファレンス2012というイベントが開催されたようです。残念ながら私は都合悪く参加できなかったのですが、Facebookのタイムラインに流れる友人達の写真やコメントで、その盛況ぶりを目にしていたのですが、どなたか行かれました?

Coworking Conference TOKYO 2012 | 集う、繋がる、創りだす。コワーキング。

ということで、こんにちは、スマートライト中畑(@nakachon)です。

今日のトピックはこちら、「消費者庁、LED電球の明るさを誇大表示した12社に再発防止命令」の件。このニュース各所で見られた方が多いと思います。今回のポイントは「60W白熱ランプ相当の光」についてどのように解釈したかというところ。

LED

措置命令を受けたメーカーとしては、LEDは光を必要とする下方のみに限って光を照射することができるので、白熱灯60Wを使ったときの直下の明るさを再現できれば白熱灯60W相当といえると解釈した(とおもわれる)に対し、消費者庁は、下方だけでなく空間全体を照らすための照明器具等で使用した場合、白熱灯60W相当の明るさが実現できないということと、日本工業規格(JIS)において白熱電球の60ワット形の全光束は810ルーメンと規定されていることなどから、各社のLEDランプは白熱灯60W相当ではないと解釈したものです。

実は、LEDが出てくるまで光源単体で光の指向性をコントロールできるものは無かったのですが、LEDが普及する前にも天井などに拡散される光を反射板を利用して下方に反射させ、蛍光灯の本数を少なくし省エネをして同等の明るさが実現できるという商品がありました(現在もあります)。また、光が拡散する水銀灯の器具に対して、小型のメタルハライドランプと反射板を利用して、意図したエリアの省エネと照度アップを実現するという商品があるというのも事実です。

ただ今回の消費者庁の措置は、照明を専門としている人達が資料をつくって説明するケースと異なり、消費者が製品のパッケージを頼りにランプを購入したところ、明るさが期待とは違った事例がいくつも発生したから、実行されたのではないかと思われます。

さて、この措置が実行されたことによって、気になるのが蛍光灯タイプのLEDランプの件。

全光束というランプ1本あたりの光の総量でいうと、
 ・FLR40W 2800lm(程度)
 ・FHF32W 3500lm(程度)
というスペックに対して、このタイプと同じ長さ(1200mm)の蛍光灯型LEDランプの全光束は、1600〜2200lm程度となっております。

メーカーによっては、40W相当というような表記をしていない商品もあるので、ここら辺は各社の表記方法を注意しながら見ていくといいかもしれませんね。

調光器対応タイプのLED電球で調光がうまくいかない時の解決策

最近、「調光器対応タイプLED」や「調光タイプLED」などが発売されており、かつて、”ここにはLED電球は使ってはいけません”と注意書きがされていたようなアプリケーションにも対応した、LED電球が各社から販売されています。

さて、今回は、調光器対応タイプのLED電球についてのお話です。

一般的に調光器がついている現場とは、「飲食店」「ホテルの客室」「バー」「スタジオ」「クラブ」「舞台」などがあります。

明るさを変える事によって空間に様々な表情を見せたい時などに調光器が使われており、それだけプロ向けで照明にこだわった空間に使われている事が多いです。

調光器には「位相制御(いそうせいぎょ)サイリスタ」方式と「PWM」方式の2つがあります。調光器には、製品によって予めアンペア数、消費電力の(ワット数)の容量が決められており、その容量の範囲内でしか調光が利かない仕組みとなっております。

例えば、10A(100Vの場合は1000W)が定格容量の調光器の場合、照明器具のワット数の合計が約700W(容量の約70%)までに抑えるのが一般的です。

では、調光器つきのある店舗のランプをLEDランプに変更する例を上げてみます。

【既存のランプ】
■調光器:700W(定格は1000W)が上限の調光器。
■照明:ダイクロハロゲン50W
■数量:14個
■合計消費電力:700W

【LEDランプ】
■調光器:700W(定格は1000W)が上限の調光器。
■照明:ダイクロ形LEDランプ4.5W
■数量:14個
■合計消費電力:63W

このケース、LED電球に変える事で消費電力は10分の1以下にまで削減しています。

しかし、まれに調光がうまく利かない場合もあります。

これは、調光器の性能として下限(消費電力の最低負荷)があることが原因となっていることがあります。

この場合の対策としては、負荷を増やす事で解決します。たとえば、既存のダイクロハロゲンを1つそのまま点灯するなどです。

LED電球の普及によりLEDが使用されるケースは増えていますが、本来、白熱やハロゲンランプ用に設計された装置では予想されなかった状況になることで、うまく動作しないケースがあります。

上記の様に、既存ランプを1個点灯するだけで解決するようなこともあれば、装置を丸丸交換しなければならないようなことなどさまざまです。

ここら辺、ランプや電源、照明器具についての知識だけではなく、実は「経験値」も重要になってくるので、なにかお困りのことがありましたら、お気軽にスマートライトまでご相談ください。

ご相談はこちらから

ちなみに、調光に対応したLED電球はこんなラインナップがありますよ!

調光タイプ ハロゲン形LED電球

001

ウシオ LDR5L-M-E11/D/27/5/18
ウシオ LDR5L-W-E11/D/27/5/30

調光タイプ ミニレフ形LED電球

002

ウシオ LDR100V3.5W27/VW/E17
ウシオ LDR100V3.5W30/VW/E17

■調光タイプ シャンデリア電球形LED電球はこちら
003

ウシオ Let調光タイプ(ULEF~)

■調光タイプ 一般電球形LED電球はこちら
Pa LDA8LA1D 500
【パナソニック】 LDA8LA1D 30W相当 電球色

Pa LDA8DA1D 500
【パナソニック】 LDA8DA1D 40W相当 昼白色

ポール灯のランプがLED電球になっている使い方を見ました

先日、駅までの道の途中でこんなものを見つけました。

Finder

これ、わかります?

ポールライトの照明としてLED電球が使われているのです。

器具としては、微妙に違いますが、おそらくこのタイプの器具。

NewImage

岩崎電気:公園・街路用照明器具 HGA3016M

ちなみに、夜はこんな感じで40代男性が夜道を歩くには十分な明るさでした。
Finder 1

岩崎電気のカタログを見ると、適用ランプはFECマルチハイエースH、アイサンルクスエース、水銀ランプとなっており、すべて安定器が必要なタイプです。

よって、ランプソケットはLED電球と同じE26ソケットであっても、そのまま100V入力のLED電球を使用することはできないので、電気工事をおこない安定器を外したと予測されます。

心配

基本的にほとんどのLED電球は屋内で使用することを前提に製造されています。なので、屋外で使用するにあたってはリスクや問題がいろいろあります。

実際、LED電球の箱にある注意書きをみてみると、

RIMG1276 JPG

このようなことが書いてあり、写真と同じような使い方は完全に自己責任になると思われます。

特に、

  • 水滴がかかったり湿度が高くなる可能性があること
  • 温度が高くなる可能性があること

などがある為、ランプの単寿命や電気的なトラブルが発生する可能性があります。

ランプメーカー出身の私としては、不安な要素だらけなのですが、現実的には屋内でしか使えない器具を、軒下や屋外で使われていたりするケースも世の中多々あるので、今後もこのポール灯をチェックしていきたいと思います。