クリスマスイルミネーション特集をしているサイトのランキング

おはようございます。

さて、いよいよクリスマスが近づいてまいりました。

いろんなことが世の中ありますが、彩り鮮やかにキラキラと光るイルミネーションを見ていると、普段の【効率】や【コスト】というキーワードとは違った、電気が人間の心に与える素敵なモノを感じさせてくれます。

IMG 3777

ところで、”イルミネーション クリスマス”のキーワードでGoogleで検索した結果のサイトを並べてみました。

調べたのは2012/12/21の検索順位で、同じサイトやイルミネーション特集以外のサイトは覗いてあります。

1位 全国イルミネーションスポット2012~2013:るるぶ.com

全国イルミネーションスポット2012~2013:るるぶ.com

旅行サイトとしてお馴染みの”るるぶ.com”の中のクリスマス特集のサイトです。

サイトには「大都市のイルミネーションから雪国の灯りイベントまで大特集」となっており、都市部のエリアはもちろん、地方のイルミネーション情報ものっており、近くのホテル情報などもの掲載されています。

また、イルミネーションフォトコンテストも開催されているようで、写真を撮られる人は、応募してみてはいかがでしょうか?

2位 全国のイルミネーション人気ランキング クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

全国のイルミネーション人気ランキング クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

Yahoo! Japanのイルミネーション特集は、全国のイルミネーション人気ランキングがあります。人気ランキングはソーシャルメディアの「いいね!」や「ツイート」「行きたい!」などの総数で集計される得票数で決められており、12/21現在のトップは長崎のハウステンボスとなっています。

掲載されている写真も綺麗なので、日本を代表する大規模なクリスマスイルミネーションの様子がこちらで確認できます。

3位 クリスマスイルミネーション特集 2012 | いつもNAVI

クリスマスイルミネーション特集 2012 | いつもNAVI

1位の”るるぶ”、2位の”Yahoo!Japan”と比べて3位の”いつもNAVI”は、私も初めてきくサイトですが、調べてみるとこちらは地図で有名な株式会社ゼンリンデータコムが運営されているサイト。

2位のYahoo!Japanは自社で地図のサービスも提供しているので、イルミネーションの地図情報を提供しておりますが、1位のるるぶにはありませんね。そして、もちろん、 ゼンリンの運営する”いつもNAVI”は自社の地図サービスによるイルミネーションの地図情報もあります。

ということで、残るクリスマスイルミネーションの期間もあとわずかだと思いますが、みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしください。

年末の東京駅の「東京ミチテラス」はイルミネーションだけじゃなくてプロジェクションマッピングも1週間開催されるようです!

新しくなった東京駅でプロジェクションマッピングがあったのは、つい最近のことだったと思うのですが、あれは9月22日と23日のことで、もう2ヶ月程前のことだったんですね。時間が立つのは早いものです。

今月22と23は「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」というプロジェクションマッピングイベントがあるぞ! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

 

 

 

 

さて、その東京駅で再びプロジェクションマッピングが開催されるそうです。今回は「東京ミチテラス 〜 未来を照らす、光の祝典 〜」というイベントが12月21日から28日まで開催され、プロジェクションマッピングはその期間毎日行われるようです。

Hikarinomichi

公式ページを見ると、詳細は下記のとおり。

場所:東京駅丸の内駅舎前
日時:12/21(金)-28(金) 18:00頃~19:40頃
(19:40頃からの上映が最終回となります。それ以降の上映は一切行いません。)
※約10分間の映像作品(1種類)を適宜上映致します。
※混雑時には中止となる場合があります。
※天候その他の都合により、中止または開催時間が変更になる場合があります。

この「東京ミチテラス」は、プロジェクションマッピングだけでなく、「テッセレーション」という無限に連続する図柄のパターン模様を光で作り出しそれに水や花を組み合わせて幻想的な空間を創りだす「STARLIGHT WALK」や、丸の内イルミネーション、2012年劇団四季60周年展、SPACE BALLなど、様々な関連イベントが行われるようです。

年末の東京駅のイルミネーションと言えばミレナリオを思い出しますが、Wikiをみてみたら、

東京駅丸の内口の復元工事に伴い、第7回開催(東京ミレナリオ2005-2006)で一旦休止した。

となっていましたので、東京駅丸の内口の工事もおわり、これからは「東京ミチテラス」が年末の東京駅のイベントになるかもしれませんね。

TOKYO HIKARIVISION | 東京ミチテラス2012 公式ホームページ

新宿テラスシティ・イルミネーションの電力量21,000kWhが蛍光灯器具何台分になるのかを計算してみた

おはようございます。スマートライト中畑です。

私は学生時代、ミロードの靴屋でアルバイトをしていたのですが、そんなこともあってモザイク通りはとても想い入れのある場所です。で、そんなモザイク通りにこの週末通ることがあり、イルミネーションがとてもきれいだったので動画や写真をiPhone4Sで撮影してきました。

ミロードは小田急グループなのですが「新宿テラスシティイルミネーション」として、小田急、ハルク、サザンテラス、サザンタワーまでのエリアで合計で37万球のイルミネーションがされているようです。また、公式サイトによると、演出照明の電力は合計21,000kWhだそうで、この電力は全て自然エネルギー(風力)を利用しているとのこと。

モザイク通り以外はとおらなかったので風車がどこにあるのかはわからなかったのですが、この21,000kWhでいったいどれぐらいの量なんでしょう?

まずはここで使われている単位なのですが、「kWh」となっているので時間がかけられた単位です。実際に蛍光灯器具何台分相当なのかを調べるには電力の値を出します。

なので、このイルミネーションが開催されている日数(エリアにより違う)と、毎日の点灯時間(17:00-24:00)から、9箇所あるイルミネーションエリアの1箇所あたりの電力をざっくり計算してみると、

9(エリア) × 42(点灯日) 7(点灯時間) + 3(エリア) × 48(点灯日) × 7(点灯時間) = 3654(点灯時間)
21,000(kWh) ÷ 3654(点灯時間) ≒ 5.75(kW)

→エリアによる点灯日数の違いはこちらのサイトを参考にしました。

となり、9箇所あるイルミネーションエリアがそれぞれ同じ電力でイルミネーションだと仮定すると、ひとつのエリアの電力は5.75(kW)となります。

なので、この数字に9箇所をかけると、全体の電力は、

9(箇所) × 5.75(kW) = 51.7(kW)

さて、この数字がどうなのかというのを判断するとき、事務所の私の頭の上で使われている蛍光灯器具を考えます

IMG 3878

これは、40Wの蛍光灯が2本使われているので1台あたり80Wの電力です。

ざっくりと、この蛍光灯器具が何台つけられるのかと考えると、

51.7(kW) ÷ 80 (W) ≒ 646

つまり、蛍光灯器具が646台つけられる電力量です。
(kWは、1000Wです)

みなさんの事務所には、蛍光灯は何台ついています?

この646台の蛍光灯器具の台数の規模は、ぜひ、身近なところで使われている台数と比較してみてください。

ちなみに、この計算は前提条件や計算方法など、もしかしたら間違っているかもしれないので、おかしなところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。

あと、公式サイトによると、この新宿テラスシティ・イルミネーションは、カリヨンデッキ、モザイク通り、新宿サザンテラスは来年の2月17日までイルミネーションされているようですが、それ以外のエリアはクリスマスまでのようなので、お気をつけ下さね。

モザイク通りの入り口

IMG 3792

モザイク通りの坂を上るところ

IMG 3794

上から下に光が流れるタイプのイルミネーションがたくさんついています。

IMG 3788

ステージ部分。

IMG 3777

建物の上にあるミラースキャンのような機材で、通りの地面にクリスマスっぽい模様をうごかしています。

IMG 3784

↓ 新宿テラスシティイルミネーション 公式サイト

新宿テラスシティイルミネーション’12-’13 | イベントキャンペーン | 新宿テラスシティ | 小田急グループ

「おかえりなさいの光」玉川大学芸術学部が玉川学園駅前に白熱電球で光のオブジェを製作

こんにちは!スマートライト中畑です。

イルミネーションと言えば、かつて(大昔?)は白熱電球が使われることが多く、電球独特のオレンジっぽい色で飾られているものだったのですが、ここ最近はLEDが出てきたことで、白や青、ピンクなどで鮮やかに建物や木々が彩られるようになりました。

さて、私の地元、町田でもいたるところでイルミネーションを見ることができるのですが、小田急線町田駅のとなりの玉川学園駅の駅前では、ちょっと特殊なイルミネーションが行われています。

なにが特殊かというと、LEDが当たり前になった今、わざわざ「白熱電球」を使っているイルミネーションなのです。

このイルミネーションを仕掛けた玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科プロジェクトチームの田中教授曰く、

「イルミネーションの季節になり、各地で光の催事が行われています。そのほとんど全てが省エネをうたうLED光源。LEDは情報を伝達するなど効果・効率を追求する場にはふさわしいが、人の感性へ直接訴える光でないような気がする」

さらに、

「震災後2回目の冬を迎え、人々が望む光のたたずまいを考える時、便利さや経済効率とは対極にあるべきだと思います。そこに求められるのは省エネや物量ではなく『光の質』ではないでしょうか。白熱灯の光は、感性の奥底にとどき、のちに再確認したくなる光です」

とお話しされております。(町田タウンニュースより引用

私もとても共感します。というのも、震災後の2011年4月27日に開催したエッセンシャルライトのイベントの時、参加者の男性の一人が、

人に作用する数値じゃ表わせない何かっていうのも考えていかないと

ということをお話しされていたのですが、その後1年以上経ち、【LEDは省エネ】というイメージのもとに、オフィスや電車の車内、店舗などで使われるようになって、あらためて多くの人達が【LEDには足りない何か】を感じるようになったのではないかと思います。

ESSENTIAL LIGHT EVENT vol.1 「キックオフイベント」 イベントレポート | エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト~これからの照明と節電を考える

また、実際に各メーカーはLEDの製品ラインナップにも【光の質】に関連した商品をリリースしはじめています。

東芝ライテック、高演色を特長としたLED電球<キレイ色-kireiro->を発売 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

とはいっても、人間はしばらくすると環境に適応して最初に感じた違和感を感じなくなってしまうのかもしれないのですが、だからこそ、こういったインスタレーションに出会う機会を増やすことや、個人が家庭で【感性の奥底】に届く白熱電球のような燃焼系の光源による空間創りをできたらいいなぁとおもいます。

規模や機能を拡張したイルミネーションだけでなく、小規模ですが、ココアなんか片手にして、いろんな言葉が溢れてきそうな「おかえりなさいの光」を見に玉川学園駅に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

点灯は12月20日までだそうです。

おかえりなさいの光の説明

IMG 3702

駅前の小さい空間ですが、傘をかぶった白熱電球が、ゆっくりと明るくなったり暗くなったり

IMG 3703

ひとつの器具には3個のランプが縦にならぶ

IMG 3706

白熱電球のアップ

IMG 3710

考え事をしてしまって視界がこんな風になるのですが、なんかこういうのありません?

IMG 3721

IMG 3718

↓ 町田タウンニュースの記事

光で「おかえりなさい」 | 町田 | タウンニュース

「想像を絶するイルミ」が西武遊園地で開催されています

先日、西武池袋線に乗った時に広告を見かけた西武遊園地で行われている「想像を絶するイルミ」について、ウェブサイトをみてみた。いったい、どんなところが想像を絶するイルミなのだろうか?と。

Souzou

昨今、使用しているイルミネーション機器の数量は次から次へと大量のところがでてきたために、中途半端なお金のかけかたでは、なかなか差別化はできない。サイトをみると、「感じるイルミネーション」とのこと。光の色とアロマテラピーの香りをリンクさせ、音楽と大量のイルミネーションを使うことにより、「想像を絶するイルミ」を行なっている様子。

残念ながら、香りや空間の雰囲気は実際に現場に行かないと確認できないが、下記の動画をみてみると、かなり凄そう。

あと、Yahoo!のサイトで全国のイルミネーションランキングというのもあるのですね。

全国イルミネーションスポット クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

みなさんは、どこのイルミネーションがイチ押しですか?

要チェック!イルミネーション機器についているコントローラーの防水対策

さて、もう週の真ん中の水曜日ですが、先週の日曜日は、バレエボランティアの公演で目黒区にあるマミーズホームというところにいってきました。先ほどそのブログをアップしたので、よかったら見てみてください。

目黒区マミーズホーム公演報告 | バレエボランティア

ということで、おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、昨日に引き続き今日もスマートライト・イルミネーション部の、みやさんによるイルミネーションの小技を紹介します。

Miyasan

コントローラーは電子機器だから防水に気をつけよう

イルミネーションは当然のことながら屋外で行いますよね。ただし、使用する機器類には電源を調整したり点灯を制御するためのコントローラーという弁当箱みたいなものがついていることが多いのですが、このコントローラーは電子機器なので屋外で設置する場合は防水は特に気をつける必要があります。

予算があればコントローラーを防水対策もされたボックスなどの収納することができるのですが、なかなかここまで予算が取れない場合、丈夫なビニール袋などを使うことがあります。

P1000138

ただし、上記はだめな例です。このように口を上にして設置してしまうと、上から雨水が入り込んだり結露で袋の中に水が溜まってしまったりすることがあります。その水がコントローラーに当たることで、故障の原因になることがあります。

ではどうするかというと、こんな感じ。
P1000140

ポイントは袋の閉じ口を下にすること。結露が発生しても水が下に抜けるようにすることです。

ほんのちょっとした違いですが、知っているのと知らないのとは大違いなので、ぜひ、覚えておいてください。

ただし、原則的に屋外で電子機器を使用する場合は回路の基板上に発生する結露で故障が発生する場合があるので、イルミネーションの期間やかけられる予算、単発なのか次年度も機器を再利用するのかなど、総合的に考えて使用するイルミネーション機器やボックスの採用などを検討されることをおすすめします。

なにか、質問などありましたら、みやさんがお答えさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

スマートライト・イルミネーション部に問い合わせる

ライン型の機器を使って樹木のイルミネーションをするときに注意すること

おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、今日はスマートライト イルミネーション部のみやさんからの投稿です。
Treemiyasan300

クリスマスシーズンのイルミネーションといえば、こちらの写真のように、木にイルミネーション機器を巻き付けるタイプがよく利用されていますよね。


Darks and Lights / carterse


Lighted tree / drewgstephens

でも、このタイプのイルミネーションをするときには気をつけることがあります。今日はその中から二つお伝えします。

木は成長するから余裕をもって取り付けよう

ひとつは、木の成長を考えるということ。木も生き物なので、日々成長しております。ごく短期間であればそうでもないのですが、ちょっと長めの期間のイルミネーションをする場合には、それなりに余裕をもった設置方法をする必要があります。

たとえば、これはだめな例
P1000131

ライン型のイルミネーションを木にぴっちりとりつけて遊びがないので、このままだと機器が木の成長とともに引っ張られて断線してしまう恐れがあります。

なので、おすすめは、
P1000132

こんな風に、結束バンド(インシュロック)でライン型イルミネーションを木にくくりつける時に、余裕をもって取り付けると良いです。

結束バンドが尖ったままにするとおもわぬ怪我をするから気をつけて

もうひとつは、結束バンドは取り付けるとはみ出た部分を切断するのですが、これはだめな例
001

なぜだめかというと、切断した尖った部分が残っている為、不注意で怪我をする可能性があるんです。なので、このように結束バンドの結束する部分で完全に切断して尖った部分を外に出さないようにするのがおすすめです。
002

ということで、今日は樹木をライン型の機器をつかってイルミネーションするときの注意点をお伝えしました。

では!

スマートライト イルミネーション事業部ができました。

こんにちは、今週土曜日23日にマイクロソフトでXOOPS cubeカンファレンスが品川のマイクロソフトで開催されます。私も実行委員として参加しているのですが、この6月だというのに季節外れの台風が上陸しそうだとのこと。

XOOPS Cube Conference 2012

XOOPScubeカンファレンスのサイト

おそらく、土曜日はすでに去った後とは思われますが、実は私はスーパー雨オトコ!

いまから数年前に結婚式を挙げた時は10月末だというのにものすごい台風を呼んでしまったという実績があります。今回のXOOPScubeカンファレンスも、そんな前科!?があるだけにちょっと心配です。もしそうだったらみなさんごめんなさい。

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

みなさん、今日はお知らせがあります!
なんと、スマートライトでイルミネーション事業部が設立されました!

イルミネーションとは、そう、クリスマスや年末などにアーケードや庭園などをキラキラさせるあれです。

私も照明の仕事は長いのですが、どちらかというと店舗や工場などがほとんどでイルミネーションの経験はありません。でも、このたびスマートライトに新しく加わったメンバーがイルミネーションのスペシャリストです。

なので、ご紹介します。

まずは、人を笑わせることとイルミネーションのネタを寝ている時も考えている、No イルミネーション, No lifeの、みやさん!

Miyasan300

そして、イルミネーションデザイナーのキクリン!

Kikurin300

以上のお二人です。

そして、ここ最近イルミネーションの記事作成に向けて打合せをしているのですが、今後、下記の様な内容で記事を書いていこうと準備中です。

今後のイルミネーション記事タイトル(案)

  • お父さんちょっときいて!個人でやっていると陥りがちな3つのイルミネーションの失敗事例
  • プロ直伝!あなたのイルミネーションがガラリと本格的になる5つのノウハウ
  • 100円ショップでそろえる、あって便利なイルミネーションで使える小物集

また、イルミネーションデザイナーのキクリンからは、イルミネーションのBeforeAfterの資料をいただきました。

たとえば、この何もない庭が、
Photo before

イルミネーションすると、こんな風に
Photo after

こちらは、ショッピングビルの入り口ですが、
Treebefore2

クリスマスツリーを置いた雰囲気はこんな風に!
Treeafter2

という感じです。

今後は、イルミネーションのページも作っていきますので、もし、こんなこと知りたい!とかありましたら、ぜひ、お気軽にリクエストください。
>> お問い合わせはこちらから

では!