「照明フォーラム2012 IN HOKKAIDO あかりと生きる」が11月15日に札幌駅前広場で開催されます!

来週の11月15日の木曜日、場所は北海道の札幌駅前通地下広場にて、照明学会北海道支部主催による「照明フォーラム」が開催されます。

Akaritoikiru

案内のパンフレットには下記の様に書かれています。

このフォーラムは、「あかり」が単に空間を照らすだけでなく、人それぞれの心も照らし、より豊かな暮らしを具体化するために人が考えだしてきた技であることを易しくお伝えし、もっとふさわしい「あかり」の使い方を知っていただくため開催するものです。北海道とスウェーデンの北国のあかりの違いを照明デザインの事例なども紹介しながら、これからの「あかり」の課題と行方について、みなさんと一緒に考えていきます。

もし私が照明の仕事に携わっていなかったら、きっと照明は暗いところを明るいところにする機能という認識しかなかったのだろうと思います。海外、特にヨーロッパに行くと家やホテル、街並みの明るさや照明器具の位置、台数、色などが大きく違うことに気付きます。

これらの違いは上記パンフレットに書かれている様に、ヨーロッパの「あかり」は ”より豊かな暮らしを具体化するために人が考えだしてきた技” という言葉が大きく影響していると思います。

今回、札幌の照明デザイナー中屋惠美とスウェーデンのストックホルム在住の照明デザイナー遠藤香織さんのお二人の特別講演のお話と紹介されるであろう作品がとっても気になります!というか、聴きたい!見たい!です。

お近くの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

↓ 下記イベント詳細(照明学会北海道支部ウェブサイトより引用)

日時:2012年11月15日(木) 16:00~19:00
場所:札幌駅前地下広場 北3条交差点広場(西側) 札幌市中央区北3条西4丁目1番地
定員:約100名
参加無料:申込不要です。当日直接会場へお越し下さい。

◎プログラム
[第1部] あかり体験&相談会「あかりの解説と実演」 16:00→17:00
末﨑 宗久さん(パナソニック(株))
渡部 武さん(東芝ライテック(株))

[第2部] 特別講演「北国のあかり競演」 17:00→18:40
中屋 惠美さん(札幌:屋内環境照明)
遠藤 香織さん(スウェーデン在住:主に屋外公共照明)

トークセッション「北国のあかり対談」 18:40→19:00
⟨司会⟩萩原亨(北海道大学大学院工学研究院教授)

ちなみに、下記はスウェーデンと北海道の写真を探して貼ってみました。


Nyköping, Sweden HDR / crsan – christianholmer.com


Nyköping / crsan – christianholmer.com


Leisurely Walk (Otaru Canal) / Hyougushi


函館山夜景 / jiashiang

スマートイルミネーション横浜2012が11月4日で終了しました

おはようございます。スマートライト中畑です。

みなさんはどんな週末を過ごされましたか?

私の方は土曜日はXOOPScube初心者勉強会に参加するためミタカフェという三鷹にあるコワーキングスペースに行ったのと、昨日の日曜日はmixiのバレエコミュのレッスンオフ会を新宿村スタジオで開催いたしました。

バレエ・レッスンオフは今回、元Kバレエ・カンパニーソリストの浅田良和さんに講師をお願いして、ほとんど初めて出会う人達が集まり約2時間の楽しい時間を過ごすことができました。

XOOPSもバレエもそうなのですが、自分が好きなものをキーワードとして集まる人達との出会いはとても楽しいですね!

ミタカフェ – coworking project ミタカフェ

浅田良和のブログ

さて、そんな週末だったのですが、実は横浜の方でスマートイルミネーション横浜2012が開催されていました。

001

当ブログでも以前、記事でご紹介しています。

スマートイルミネーション横浜2012が10月31日から11月4日まで開催されます。 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

SMART ILLUMINATION スマートイルミネーション横浜2012 省エネ技術とアートでつくる「もうひとつの横浜夜景」

横浜と言えば、赤レンガ倉庫でコンテンポラリーの公演があったり、横浜トリエンナーレがあったり、街としてアートのイベントをよく開催しているので、今回のスマートイルミネーション横浜2012についてもとても行きたかったのですが、幸い、facebookやYoutubeに今回の画像や動画がアップされているようです。

スマートイルミネーション横浜 – YouTube

そして光のお祭りと言えば、フランスのリヨンの『Fête des Lumières à Lyon』(フェット・デ・リュミエール:Lyon Festival of Lights)が有名ですが、このスマートイルミネーション横浜も、今後世界中からこのイベントを目当てにたくさんの人が来日するようなイベントになるといいですね!

イルミネーション – リヨン観光局

人口的な光のない暗闇の役割についてかんがえる南米チリで開催されているNOCHE ZEROというイベント

Nochezero

NOCHE ZEROというイベントをご存知ですか?

これは10月16日から18日まで南米チリのSan Pedro de Atacamaという都市でおこなわれる、都市の暗闇について考えるイベントです。

Noche Zero

公式サイトを見ると、

FUTURE: Zero light pollution. To get back the clear sky nights for our cities and landscapes.

NOCHE ZERO will be an inspirational event about the role of darkness in the modern cities, lighting design and life. It will cover wide range of aspects of darkness, for astronomical, ecological and medical reasons also for culture, heritage, visual comfort and the privilege of nature.

と書かれており、自己流で訳してみると、

光害ゼロ。私達の街と景観に夜を取り戻すために、
NOCHE ZERO(ノーチェゼロ)は、近代的な都市と照明デザインと生活にとって暗闇の役割は何かを考えるイベントです。天文学的、生態学的、医学的といった幅広い観点から暗闇について考えます。

といった感じでしょうか。

また、プログラムをみてみると、映画祭やセミナー・星空イベントなどが表記されており、日本からはLPAの面出薫さんもスピーカーとして参加されています。

Noche Zero | What

世界的に暗闇の役割について、映画やイベントなどをとおして、考える人が増えてきたようですね。

照明探偵団シンポジウムin仙台が今週土曜日にあります。

Shoumeitanteidan

照明デザイナー 面出薫さんが主催する照明探偵団が今週土曜日の10月6日18:30より、”震災後ー暮らしの中の明かりを考える”というテーマでシンポジウムを開催されます。

仙台で「照明探偵団」シンポジウム―「震災後-暮らしの中の明かりを考える」テーマに /宮城 (みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース

今回の会場は宮城県の仙台にある、せんだいメディアテーク。シンポジウムには面出さんの他、パナソニックデザイン社初代社長の植松豊行さん、立命館大学の篠田博之教授、宮城大学の伊藤真市准教授がパネリストとして出演とのこと。

プログラムは、第一部がシンポジウム(18:30〜) 第二部が面出薫さんと共にせんだいメディアテーク歩き(19:35〜)、参加費無料、定員180名、申し込みは、miyagi-u@tocol.netからだそうです。

スマートイルミネーション横浜2012が10月31日から11月4日まで開催されます。

スマートイルミネーション横浜をご存知ですか?

Smartillumination

これは、従来から夜景について力をいれてきた横浜臨海部を舞台に、LEDなどの新光源やそれらを使用した照明器具、制御などの省エネルギーを実現できる技術を活用し、新しく横浜臨海部の夜景をデザインしようというアートイベントです。

このスマートイルミネーション横浜は大きく以下の3つのプログラムがあり、それぞれによって展示コンセプトや会場が違っているようです。

1.Art Program(アートプログラム)

2.Exhibition Program(まちなか展示会)

3.Cooperation Program(連携プログラム)

イベント期間は、10月31日(水)から11月4日(日)まで。
詳細は公式サイトでチェックしてみてください。

スマートイルミネーション横浜公式サイト

エッセンシャルライト主催定例イベント 「メーカープレゼン2012〜残暑(仮)」が9/12に開催されます。

おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、昨日に引き続き今日もイベントのご案内なのですが、来週9月12日(水)に、エッセンシャルライト主催で、照明器具メーカー各社に”こだわりの光や照明器具”などについて発表してもらうプレゼンイベントを開催します。

Essevent

参加予定企業は下記の12社。

  • FKK株式会社
  • ウシオライティング株式会社
  • オーデリック株式会社
  • 株式会社内田洋行
  • 株式会社エフェクトメイジ
  • 株式会社遠藤照明
  • 株式会社ケノス
  • 株式会社ライトキューブ
  • DNライティング株式会社
  • 三菱化学株式会社
  • 三菱電機オスラム株式会社 トラクソン・ビジネスグループ
  • 山田照明株式会社

ひとつの場所で、複数の企業の光のプレゼンをきけるのは、なかなかない機会ですよね。

まだ、若干の空きはあるようなので、ぜひ、チェックしてみてください。

9月8日(土)に表参道CREATIVE BOXにてJIDA JUNIOR 第6回デザイナーズ・ワークショップが開催

Jidajunior

私もとてもお世話になっている照明デザイナー・ライトシーンの石田聖次さんがJIDA東エリア担当理事をつとめる公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)主催で、講師にプロダクトデザイナーの根津孝太さんを招き、「日本のものづくり デザイナーにできること」の講義と、ワークショップを開催されるようです。

申込みは本日(9/6)までの様ですが、学生だけでなく社会人の参加もOKとのことなので、ぜひチェックしてみてください。

JIDA JUNIOR 第6回デザイナーズ・ワークショップのご案内 | JIDA Official SITE

【開催概要】
◆名称:第6回デザイナーズ・ワークショップ
◆日時:2012年9月8日(土)15:00-18:00 (14:45受付開始)
    15:00-16:20 講義
    16:30-18:00 ワークショップ
    終了後 親睦会(軽食あり)
◆場所: CREATIVE BOX
    東京都渋谷区神宮前6-34-18
    http://www.creative-box.co.jp/dl/map.pdf
    ○JR「原宿駅」表参道口から徒歩5分
    ○東京メトロ「明治神宮前<原宿>駅」出口4・7から徒歩3分
 *今回は場所がJIDA事務局ではありません。ご注意ください。
◆講師:根津孝太(プロダクトデザイナー)
◆講義テーマ:「日本のものづくり デザイナーにできること」
◆講義内容
日本の製造業のあり方が問われている今、デザイナーとしてものづくりチームにどのように貢献できるかを考える。
会議をもっともクリエイティブな場ととらえ、お互いを触発し、相手からアイデアを引き出すクリエイティブコミュニケーターとしての役割を電気バイクzecOO(ゼクウ)の開発など、実例に沿って紹介する。

◆ワークショップ内容
バーチャルカンパニー
チームメンバーの心を動かす(協業者の心を動かす)ということはどういうことかを体験していただきます。
(6チームくらいに分かれていただき、最終的にスケッチブックにまとめて発表)

◆定員: 40名(定員になり次第締切ます)
◆費用: JIDA学生会友 1,000円 一般学生 1,500円 一般 2,000円
◆申し込み方法◆
下記の返信票に必要事項を記載の上、【9月6日(木)】までにJIDA事務局までお送りください。
JIDA事務局 E-mail:jidasec@jida.or.jp
Tel:03-3587-6391 Fax:03-3587-6393
●JIDA JUNIOR EASTホームページ●
http://www.jida-junior-east.blogspot.jp/

WordPressのカスタムフィールド機能を使って照明イベント情報のページ実装しました!

おはようございます!

スマートライト中畑(@nakachon)です。

実は今週末の8月26日(日)に、川崎市高津区の高津市民館で行われる朗読とオペラによるシンデレラ公演に、私、中畑が王子役で出演させていただきます。私のことはともかく、主役と魔法使いのおばあさま役のお二人はオペラのプロの方でとっても素敵な歌声です。

また、朗読があるので、内容がとてもわかりやすくお子様達にも楽しんでいただけるとおもいます。対象は親子80組ですが入場無料ですし、よかったらぜひ観に来てくださいね。

Cindellera

高津区 朗読とオペラによる観客参加型「シンデレラ」

さて、8月10日のブログ記事に書いた【照明のイベント情報をまとめるページの件】ですが、着々と進行しております。

毎週のように行われている照明関連のイベント情報をまとめるページをつくりたいとおもいます! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

できあがったのが、こちら!

001

現在はまだ2件しかイベントの登録がありませんが照明に関するイベントの一覧が表示されます。今後、今月のイベント情報や月ごとのイベント一覧などを表示させるようにしていく予定です。

そして、一覧表の詳細ボタンをクリックすると個別イベントのページに移動。

002

イベント詳細と会場をGoogleMapで表示するようにしました。次の改良点はイベントのカテゴリ(展示会、セミナー、ワークショップなど)の機能追加と、イベント終了後に懇親会や友人と飲みにいけるお店の情報などを表示する機能を追加しようと思っています。

また、これはWordPressというシステムのカスタムフィールドという機能を使っていますが、つい最近、日付は日付のデータで扱うことができると知ったので(今まではテキストデータで扱っていた)、日付での検索性をあげるべくここも修正をしていく予定です。

照明のイベント情報ページのリンク

ということで、自分がやりたいなぁとおもっていたことを、またひとつカタチにすることができました。

ちなみに、先日のDIALux勉強会の話の中で、各器具メーカーのIESデータ情報などもまとめられるといいねという話がでていたので、イベント機能の次はDIALuxの情報をまとめていくページもつくっていく予定です。

「伝統的七夕ライトダウン」をご存じですか?

おはようございます。

実はここ数日、私のMacBookProのトラックパッドの調子がわるく、マウスがうごかなかったり挙動不審の動きをしたりしていました。幸いマジックマウスがあったので切り替えて使うことはできたのですが、どうやら原因は現場に入ったときにMacを操作した際、トラックパッドに額から汗が流れ落ちたことによるものだったようです。

今日はその汗も乾いたようで、何の問題も無く使うことができるようになりました。よかった!

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、みなさん、「伝統的七夕ライトダウン」をご存じですか?

これは、都会の夜の空が明るいことは意図して明るくしている訳でなく、結果的に街の光が空に漏れて明るくなっているだけで、本当は光をうまくコントロールすることで、照明をもっと効率的に使えるようになり、人間の生活と星空が共存できるのではないか?と考え、期間を決めてライトダウンをしてみましょうというキャンペーンです。

主催は、伝統的七夕ライトダウン2012推進委員会事務局で、今年は2012年8月24日(金)の夜と、キャンペーン期間(8月18日~8月26日)に、伝統的七夕の夜の一斉ライトダウンの呼びかけ
や、各地で星を見るイベントの一斉開催、光害を広く知ってもらうための諸活動などを行っているようです。


Tanabatalightdown

震災後、私達は初めて暗い東京の街を体験しました。その体験を通して、今まで当たり前の様に使われていた【光】の存在を強く感じるようになりました。エッセンシャルライト主催のTheCityDarkの映画もそうですが、いろんな方が【光】にういて考えるきっかけとなるイベントを開催しているので、ぜひ、みなさんもこういったイベントに参加したり、発信している情報を仕入れたりして【光】について考えてみてください。

リビングデザインセンターOZONE(オゾン)にて8月と9月の2回にわたり照明についてのトークイベントが開催されるようです

おはようございます。

昨日から都市開発の現場に入っていますが、冷房の効かない現場は想像を絶する暑さです。しかも、担当しているのが密室になっているところなので、風もまわらないし扇風機もないし、かなり厳しいです。作業をしていただいている協力会社の方々には、本当に頭が下がります。

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、みなさん、新宿から甲州街道を初台方向に向かって歩いて行くと右側に見える”リビングデザインセンターOZONE(オゾン)”をご存じですか?

111

以前、”公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 通称JIDA ” 主催の”あかりメッセージ2006 Shinjuku”というイベントを開催させていただいた所です。

あかりメッセージ2006 Shinjuku::: Living Design Center OZONE

この、”リビングデザインセンターOZONE(オゾン)”にて、8月と9月の2回にわたり、照明についてのトークイベントが開催されるようです。

第1回 LED時代の照明器具デザインとは

8月28日(火) 19:00〜

近年、従来の光源とは全く異なる性質や大きさを持ったLEDが台頭してきました。LEDは、素晴らしい性質を持っていますが、反面、多くの問題点を抱えています。
このトークイベントでは、ここ10年くらいのLEDの進化を振り返りながら、今後のLED器具がどのようになっていくのか、また、どのような使い方がふさわしいかを3名の照明専門家にお聞きします。
世界の照明デザインの動向に詳しい米津誠太郎氏、LEDや有機ELなど次世代の照明器具デザインにチャレンジする玉井俊二氏、住宅や店舗・施設など幅広い物件を数多く手掛ける小山憲太郎氏をパネリストに迎え、過去・現在・未来のLED照明について語り、その可能性を模索します。

第2回 景観照明が果たす役割

9月18日(火) 19:00〜

景観照明というと、都市計画やビル群のライトアップ・夜景・テーマパークの夜間照明などを想像しますが、住宅の小さな庭園や坪庭、樹木の照明、店舗のファサードなど多岐にわたった照明を指します。東日本大震災後、繁華街の照明が消され、中途半端に暗い生活を強いられたため、無駄の多さが印象づけられてしまいました。しかし、LEDや有機ELの省エネ光源が台頭し、屋外と屋内の照明バランスを考慮することで新しい省エネができると考えられています。
また、人間の心理的・生理的部分も関わってくる分野でもあります。
時代の先端の知識を有する照明デザイナー3名をパネリストに迎え、新しい景観照明が果たす役割の重要性について語っていただきます。

LED時代の照明器具デザインの話も、景観照明のお話も、とても面白そうですね!

詳細と申込みは下記のページでご確認ください。

OZONEライティングトークイベント ::: Living Design Center OZONE