早朝の新宿のコンビニエンスストアで見た節電方法に感動した件

先日、早朝、街を歩いていると、あるコンビニエンスストアの照明の点灯パターンに目がとまりました。

IMG 2864

ガラス越しに中を見ると、店舗中央の蛍光灯は消灯されていて、壁面部のみ点灯しています。

通りすぎようとしたのを思わず引き返し、入り口から店内を撮影してみました。

IMG 2870

中央商品棚上の蛍光灯はすべて消えていますが、入り口からはいる時の視線の先にある壁はしっかりと蛍光灯の光があたって明るくなっています。

IMG 2867

看板もしっかりと消灯されていました。

時間は朝の7時頃で新宿にあるコンビニエンスストアなのですが、専門の知識を持っている人がしっかりと考えて照明のOn/Offをしているのだろうと感じました。

このコンビニチェーンの他の店舗は見ていないので、これがこの店舗だけなのかエリアなのか全体なのかはわかりませんが、オペレーションでうまく節電をしていますね!

ただ、照明の観点からすると”そうだよね!”と思うのですが、実際に集客や売上への影響はどうなのかが知りたいところです。

省エネを期待してハロゲンランプからLEDランプに変えたら電気代が増えたその理由とは?!

おはようございます。

ちょっと前まではあれほど暑かったのに、いつの間にか上着も厚手のものにしなければならないぐらい涼しくなって来ました。夏から秋、そして冬に向かっていますね。

さて、ハロゲンランプからLEDランプに交換することは、照明単体で考えると省エネ効果が大きい手段としてとても有効なのですが、店舗全体で考えた時に別の費用が上がってしまうことがあります。今回は昨年の寒い時期に私達が経験したお話をいたします。

それは、ある飲食店でハロゲンランプからLED電球に切り替えたにも関わらず、「電気代が全く落ちなかった」という不思議な電話をいただいたことから始まりました。


Restaurant L’Horloge (Bédée) / Pays de Montfort en Brocéliande

そのお店は広さ10坪くらいの割と小さな飲食店で、昨年の11月頃ダイクロハロゲン(ウシオ・JDR110V40WLW/K)からダイクロ形LED電球(ウシオ・LDR5LM-E11/D/27/5/30)に変えました。数量は約30個程度です。

NewImage

■ 消費電力の削減効果

  • (交換前)40W×30個=1,200W
  • (交換後)4.8W×30個=144W

と約1,000W以上の大幅な削減になる試算をしてましたが、実際、冬のシーズンの電気代が落ちてないのです。

私達は自信を持っておすすめした照明の省エネ提案。確実に省エネは実現できているとおもっていたところ、原因は暖房にありました。

ハロゲンランプは、本来照明の役割と同時にかなりの熱を放出します。ハロゲンランプ自体が暖房用のヒーターとして使わるくらい効率のいい熱源なのです。なので、小さな店舗でハロゲンランプを30個も点灯するだけで、暖房効果が自然とあったのです。


カーボン・ハロゲン・ヒーター / Sekikos

したがって、電気代削減のためにハロゲンランプをLED電球に変更しましたが、店舗内の温度がこれまでのように照明で暖められなくなり、お店の方で空調を強くしていたそうです。

その結果、LED電球に変更する事で削減された約1000Wの消費電力は、空調(暖房)の1000Wで相殺されるという皮肉な結果となりました。

夏場は、ハロゲンランプからLED電球にする事で、照明からの熱も減り、空調(冷房)の利きもよくなりかなりの省エネ効果があります。しかし、冬場はLED電球と空調(暖房)が相殺されるため、場合によっては、省エネ効果が難しい場合もあります。

これからの季節でLED電球を検討されている方は、空調の使用状況も確認される事をオススメします。

本当に必要な光がちゃんとついて、不必要な光がちゃんと使われないようにするにはどうしたらいいのかと思ってみた

昨年の震災後、しばらくの間はこまめな節電がおこなわれていたが、時間の経過とともにそれも薄れてきている。去年はなるべく余計な電力は使わないようにするような風潮だったが、今はどちらかというと電力料金を抑えるための意識の方が多いのではないかなと感じる。

001

IMG 1928

もちろん、自分はその商売をしているのですが。

節電について、実際には節電を実施をしようとしても、まずはどこは消した方がよくてどこは消すべきでないのかを考える必要があったり、実際にその分類ができたとしても、どうやって誰が照明のオン・オフをするのか、また、その基準はなんなのか?また、継続的にするにはどうしたらいいのかど、なかなか難しいことが多い。

よくあるのは、夕方の17時から翌朝の7時まで完全に時間を基準として点灯するようなタイマーを組んでいたり、明るさを感知するセンサーを取り付けていて、そのセンサーの光の感知具合によってオンオフするようなものがある。

でも、これはどちらかというと少数の使われ方。

今はこれだけLEDのバリエーションが増えてきて、かつIPv6の話もあるのだから、いっそのこと今後はLEDの照明は全てIPアドレスを持ち、かつ、調光もしくはOn/Offの制御機能能などをもつことを工業界で必須にしてしまえばいいのにと思う。

全ての照明器具がその存在と稼働状況をネット上で把握できるようにして、クラウドにあるプログラムがその制御をする。

ただし、本当の最適化には人の思考が入った方がいいので、誰でもスマートフォンを使って、ここが暗い!とか、ここは今ついている必要がないんじゃない?とかいう情報を送れるようにし、その頻度や送信してきた人の信頼性を基に、プログラムが指摘されたことを実際に実行に移すかどうかを判断する。

もちろん、プログラムの名前は”ビッグブラザー”!

ということで、つい最近読んだこの本と、

この本の影響を照明につなげてみました。

ミニレフ球をパナソニックのミニレフ球タイプLED(LDA6L-W-E17)に交換してきました!

せっかく台風が過ぎたばかりだというのに、今日は雨が降るようですね。朝、天気予報をチェックせずに出かけてしまったため、先ほど傘を買ってしまったスマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、先日、飲食店を経営されているお客様から照明の省エネの相談を受けました。まずは最初に、白熱球とダイクロハロゲンランプをLED化したのですが、その変更がよかったので、別の部屋も照明もLED化させてもらいました。

今回は、こちらのミニレフ球のタイプ。
IMG 1914

これを、パナソニックのミニレフ球タイプLEDランプ(LDA6L-W-E17)に交換させていただきました。
IMG 1915

器具に取り付けるとこんな感じ。
IMG 1912

実は、こちらの回路も調光回路だったため、もしかしたら全部交換するとフラッシュが発生するかと思ったのですが、調光を100%状態にして点灯したところ無事に点灯することができました。
IMG 1913

今回、ミニレフ球が使用されていたのは3箇所。既存40Wのミニレフ球を6WのLEDミニレフ球に交換したので、

40W x 3 = 120W
6W x 3 = 18W

なので、約100W分の節電のお手伝いが出来そうです。

東急池上駅にある浜里美バレエアートにお邪魔して照明の調査とセレブな午後の一時を過ごしてきました!

おはようございます。

今日はちょっと肌寒いですね。最高気温も20度ということで、上着がないともしかしたら帰りの時間は寒いかもしれません。

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、先日、いつもレッスンでご一緒させていただいている浜里美バレエアートの浜先生から照明のご相談をいただきました。

浜先生曰く、”新しいスタジオに引っ越したんだけど、かなり電気代がかかるみたいなの”とのこと。

ということで、早速、東急池上線の池上駅から徒歩5分の浜先生のスタジオにお邪魔してきました!

浜里美バレエアート in スタジオ フィールド|東京都大田区池上

スタジオに到着!コンクリート打ちっ放しの3階建てって、これ、まるまる浜先生のスタジオなんですか!
RIMG0266

先生の後に続き、玄関への階段をあがります。
RIMG0269

おっと、ビームランプ発見!先生のお話では、タイマー設定されているようで夜はずーっとついているらしい。
RIMG0270

リビングにお邪魔しました。っていうか、これ、間違い無く豪邸ですよね!?
RIMG0271

建物の中の照明は全フロアで共通で、コンクリートの天井のくぼみにダクトレールが通っており、そこにE17のJDR110V40Wのダイクロハロゲンランプがついておりました。
RIMG0272

そして、いよいよバレエスタジオへといきます。2階にあるリビングから階段でスタジオにおります。
RIMG0311

ふと見ると、階段の足下灯には、なんと”BEGA”がついていました。(ヤマギワさんのとてもおしゃれな照明器具です)
RIMG0309

そして、1階のスタジオにお邪魔。床もこだわってつくったスタジオらしく、なかなか足にいいですよ。
RIMG0273

スタジオには、液晶TVも設置。踊っている様子をビデオでとってチェックしたり、みんなで発表会のDVDとかワイワイみることができるので楽しそう!
RIMG0279

バーは収納の中にありました。これなら、スタジオを広く使えますね。
RIMG0280

そして、お掃除はルンバ君におまかせしているとのこと。
RIMG0281

さらに、屋上があるということでおじゃましました。うーん、いい景色!
RIMG0286

で、ふと反対を見ると、こ、これは!ジャグジーじゃないですか!!!
RIMG0282

レッスンが終わったあと、みんなでジャグジー入りながら、BBQしてワイン飲んでDVDみてとセレブな生活を連想してしまいます。

で、いろいろ内覧させていただいた後、浜先生からいいものがあるとのこと。
RIMG0290

これは?
RIMG0291

なんと、噂のヒョウ柄の貴婦人、マダムシンコのバームクーヘンではないですか!
RIMG0294

ということで、すばらしいスタジオとお宅とマダムシンコのバームクーヘンとおいしいコーヒーをいただき、素敵な一日を過ごしてきました。

浜先生、ありがとうございます!

ちなみに、浜先生のスタジオでは、スタートに向けて、クラシックバレエ体験レッスンなども開催しているようなので、ぜひ、素敵なスタジオと浜先生のレッスンを体験してみてください。
浜里美バレエアート in スタジオ フィールド|東京都大田区池上

で、なんか大切なことを忘れていると思っていたのですが、当初の目的は”照明を省エネにする”ということだったので、また改めてプランをつくってお邪魔する予定です!

お店の照明の省エネ提案書をつくって提案してきてご注文をいただくことができました!ありがとうございます!

おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。新たなる週の月曜日の始まりですね。

この週末は、土曜日に渋谷区あやめの苑にてバレエボランティア公演にいってきました。

公演報告 渋谷区あやめの苑 | バレエボランティア

また、日曜日は子供と一緒に、「しんかんせん・とっきゅう大集合」という映画を観に新百合ヶ丘のワーナーマイカルにいってきました。

れっしゃだいこうしん ザ★ムービー「しんかんせん★とっきゅう大集合」公式サイト

みなさんは、どんな週末を過ごされました?

さて、実は先日、お店の省エネについてご相談をいただいき調査させていただいたお客様へ提案書をお持ちしてお邪魔しました。

作成した提案書はこんなかんじ。
提案書

内容は、現在のお店の月間電力使用状況(稼働日、点灯時間、電力単価)を設定し、既存照明器具と提案した照明に交換した場合の消費電力、電力料金をシミュレーションするシートです。

ただ、LEDの場合は白熱灯やハロゲンランプと同じ色温度であっても、実際には白っぽくみえてしまったり、これまでみていた商品や料理の色合いが異なってみえることがあるので、サンプルをお持ちして実際に光の具合を確認していただきました。

で、結果、先日ご紹介したPHILIPSのMaster-LED 5.5-40W 100V(MASTER LEDspot MV PF)と、白熱電球型のLEDランプのご注文をいただくことができました!

ありがとうございます!

ちなみに、スポットライトとダウンライトでJDR110V40Wのハロゲンランプがついていたのですが、どちらも器具がとても小さかったので、おそらく、PHILIPSのランプ以外では難しかったでしょう。
IMG 1727

ということで、今週もはりきっていきましょう!

店舗屋外入り口につかわれているビーム球はLEDにすると80%程節電できます。

お店をお持ちのみなさん、入り口部分にこういう照明をつかってはいませんか?

001

RIMG0241

002

ここに使われているのは、ビームランプと呼ばれる白熱電球で、だいたい100W型か150W型とよばれるものが使われており、1個だけで看板部分を照らしたり、入り口付近に5個ぐらいぶら下がっていて、お店が営業していることを通行する人にアピールしたりしています。

Pa BF110V 500

ちなみに、100W型は消費電力80W、150W型は消費電力が120Wとなっていてちょっとややこしいのですが、これは、ランプの性能が改善されて、過去の100Wや150Wランプと同じ明るさが80Wや120Wででるようになったということです。

ということで、今日はこのビームランプを使われているお店のオーナーの方々が、電力消費量を下げて節電をする方法をご紹介します。

ビームランプで消費される電力は80%以上が光ではなく熱になる!

このビームランプは白熱灯なので、以前も紹介したとおり、ランプに入力される電力のうち80%以上が光ではなく熱に変わってしまいます。80Wのタイプであれば65W以上が、120Wのタイプであれば、100W近くが、本来の目的である光ではなく熱として放出されてしまうのです。

スマートライト|照明についてのポータルサイト » Blog Archive » 省エネなランプがいいと言うけれどランプに使われる電力はいったいどの程度光として有効に利用することができるのでしょう?(白熱電球の場合)

なので、この部分をLEDに変えることは、とても大きな省エネ効果があります。

ビームランプとLEDの省エネ比較と試算

ランプがどれだけ省エネか?をみるときに、最も役立つ指標として【ランプ効率】というものがあります。これは、ランプから発生する光の量を使用する電力で割った数字です。詳しくは、以前のの記事で説明しているのでこちらをどうぞ。

スマートライト|照明についてのポータルサイト » Blog Archive » LDR10L-M-E11/27/7/20:ウシオライティングの70φダイクロハロゲン形LEDをハロゲン75Wと比較してみた

さて、このビームランプにも代替えとなるLEDランプが販売されています。それがこちらの、ビームランプ代替LEDランプ 東芝のLDR14L-Wです。
RIMG0210

ちなみに、既存のビームランプとランプ効率を比較してみました。

Microsoft Excel 1

このとおり、ビームランプのランプ効率が10.5(lm/W)に対し、LEDの方はその4倍近い45(lm/W)となっています。

さらに、月間消費電力量を試算してみました。

こちらが条件
Microsoft Excel 2

そして、試算表です。
Microsoft Excel 3

結論として、この条件でビーム電球をLEDに変更した場合、月間使用電力量は83%削減、電気代に換算すると3600円から630円にセーブすることが出来、月間2970円の削減になります。1本あたりにすると、1ヶ月約500円の削減です。

まとめ

以上、ビーム電球をLEDにした場合の効果のご紹介をしました。

ビーム電球型LEDは一般の電球型LEDに比べまだまだ1個あたりの値段は高いのですが、1個あたり月500円ぐらいの省エネが可能になるので、検討する価値はあると思います。

ビーム電球型LEDランプの価格をチェックする

ご不明な点、相談などありましたら、お気軽にスマートライトまでご連絡ください。

スマートライトに連絡する

電話 050-5806-6215

既存器具でハロゲンランプの光の質は保ちながら省エネできるIRハロゲンランプ(赤外線反射膜)という選択

昨日は夕方から大雨が降りましたね。私は東京タワーのそばのザ・プリンスパークタワー東京で昨日・今日と開催されているマイクロソフトのWindows Developer Daysに行ってきたのですが、Windows8とかMetoroとかKinectとか、マイクロソフトのソフトや開発環境、デバイスなど、有益な情報ばかりでとても楽しんできました。

イベントに参加して3つ程講演をきいたのですが、いずれもマイクロソフトが非常にユーザーの立場に立って製品やサービス、会社のあり方を考えている雰囲気を感じました。そんな私も昨年、Let’s NoteからMacBookProに変えたばかりなのですが、今回のイベントで改めて、Metroとかウインドウズフォンのアプリケーションとか作りたいなぁと思いました。

これからのマイクロソフトが楽しみですね!

Microsoft Windows Developer Days (WDD) ホーム

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、みなさんは、IRハロゲンランプという商品を聞いた事はありますか?

IRとは”Infrared Refrective Layers Coating(赤外線反射膜塗装)”の意味で、ハロゲンランプの発光管(バルブ)の内側に赤外線反射膜を塗布し、フィラメントからの熱が赤外線となって外部に放出されることを抑え、ほとんどの電力エネルギーが熱になってしまうハロゲンランプの電力を光に変換する効率を向上させたランプになります。

また、楕円型のバルブにも意味があり、幾何学的にフィラメントから照射される赤外線がフィラメントのある位置に反射するような設計となっています。

現在、各メーカーから様々なIRハロゲンランプが発売されており、従来のハロゲンランプからIRハロゲンランプに交換するだけで、約30%程の省エネも実現できるという、実はとてもすばらしい技術を採用したランプなのです。

赤外線反射膜仕組

最近の省エネ化の流れで、ハロゲンランプからハロゲン形LED電球に変えたいというご相談をよく頂きますが、使う場所や使用途によっては、必ずしもLED電球をオススメできるわけではありません。

LED電球に変える事で確かに省エネにはなりますが、ハロゲンランプの光が持つ「温かみ」「輝き」「照射物を鮮やかに見せる」などの特徴は、LED電球では出せない部分があります。

特に飲食店では、ハロゲンランプの光によって「おいしい料理をさらにおいしそうに見せる」ことができるため、調理場からスタッフに料理を渡すカウンターや、お客様のテーブルに直接光を提供するスポットライトなどの器具には、ハロゲンランプをお使い頂く事を強くオススメしています。

現在、節電や省エネの流れで、店舗全体での電力量を削減はどのお客様も検討されていたり対策されていると思います。

もし、ハロゲンランプの光の質を維持しながら、電力量を削減したいという場合には、是非IRハロゲンランプをお使い下さい。明るさや光の質はそのままで消費電力を約30%程度削減できる、とてもおすすめのランプです。

ウシオ JR12VスーパーラインIR ハロゲン

     (現在)           (オススメ)
(ウシオ)JR12V50WLN/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLN/K/EZ-IR
(ウシオ)JR12V50WLM/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLM/K/EZ-IR
(ウシオ)JR12V50WLW/K/EZ-H ⇒(ウシオ)JR12V35WLW/K/EZ-IR

→ウシオJR12VスーパーラインIRハロゲンの価格確認

パナソニック ミニハロゲン電球 マルチレイアPRO

     (現在)           (オススメ)
(パナソニック)JD110V65WNPE ⇒(パナソニック)JD110V50WNPEW
(パナソニック)JD110V85WNPE ⇒(パナソニック)JD110V65WNPEW
(パナソニック)JD110V130WNPE ⇒(パナソニック)JD110V95WNPEW

→パナソニックミニハロゲン電球マルチレイアPROの価格確認

GE ハロゲンビーム IR-PAR

     (現在)           (オススメ)
(パナソニック)BF110V80WD 
(東芝) BRF110V80W    ⇒(GE)JDR110V50WN/K9M

(パナソニック)BF110V120WHD 
(東芝) BRF110V120W   ⇒(GE)JDR110V60WN/K12M

→GEハロゲンビームIR-PAの価格確認

“LED照明を導入するときにおさえておくこと”というスライドをアップしました

先日、あるお客様がLED照明の導入を検討されているということで依頼があり訪問してきました。

その時に作成した資料を短縮し修正したものを、SlideShareというサービスにアップロードしました。