早朝の新宿のコンビニエンスストアで見た節電方法に感動した件

先日、早朝、街を歩いていると、あるコンビニエンスストアの照明の点灯パターンに目がとまりました。

IMG 2864

ガラス越しに中を見ると、店舗中央の蛍光灯は消灯されていて、壁面部のみ点灯しています。

通りすぎようとしたのを思わず引き返し、入り口から店内を撮影してみました。

IMG 2870

中央商品棚上の蛍光灯はすべて消えていますが、入り口からはいる時の視線の先にある壁はしっかりと蛍光灯の光があたって明るくなっています。

IMG 2867

看板もしっかりと消灯されていました。

時間は朝の7時頃で新宿にあるコンビニエンスストアなのですが、専門の知識を持っている人がしっかりと考えて照明のOn/Offをしているのだろうと感じました。

このコンビニチェーンの他の店舗は見ていないので、これがこの店舗だけなのかエリアなのか全体なのかはわかりませんが、オペレーションでうまく節電をしていますね!

ただ、照明の観点からすると”そうだよね!”と思うのですが、実際に集客や売上への影響はどうなのかが知りたいところです。

ここ最近よく遭遇するデジタルサイネージをみながら考えていること

これからはデジタルサイネージだ。何年か前にそんな言葉をきき確かにそのとおりだろうと思った。ただ、まだ当時はデジタルサイネージを導入するコストが高く実現するのは限られた範囲内であった。

デジタル・サイネージ(英: Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や情報を表示する広告媒体である。
デジタル通信で表示内容をいつでも受信が可能で、内蔵記憶装置に多数の表示情報を保持することで必要ならば秒単位で表示内容を切り替えたり動画表示を行うなど、多様な映像広告を展開することができる。

wikipediaより

そして、去年の震災。駅や商業施設で導入されていたデジタルサイネージだけでなく普通の看板でさえ、節電の為に電源を落とされ、今後はどうなるのだろうと思っていたが、ふと気がついてみると、あちらこちらにデジタルサイネージが当たり前のように普及している。

柱の4面に大型の液晶モニターが取り付けられていたり、店舗のショーウィンドーの中にはいっていたり、そして、駅の看板がLEDビジョンになっていたりと。

IMG 2537

看板の存在をアピールするためには照明の存在が重要で、照明器具や光源として何をどのように使うかにノウハウがあったりした。ただ現在では、各素子から、光を発する・色を変化する・時間軸でコントロールする、という3つの要素は空間の照明の世界でも、そして広告として映像を流す世界でも根本的には同じLEDという光源や制御方法が使われていたりする。

かつては静的が当たり前であった広告や照明が、技術や市場の変化で動的なものに変わっていくとき、その動的な技術に長けたプレイヤーの参入や新たな価値観がきっと産まれてくる。

なにがいいたいのかというと、今後の照明も看板も、外部から取得できるあらゆる情報を組み合わせ、通信や制御される存在になっていくので、自分として何と何を組み合わせていけばいいのだろうと考えていたりします。

小田急線登戸駅のトイレの入り口は男性用が青い光で女性用がピンクの光でわかりやすかった件

おはようございます。

いよいよ8月も最後の週。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、以前、京王線新宿駅中央口の改札が、青と赤の色と光によって区別されていたことを記事に書いたのですが、小田急線の登戸駅で改札の中にあるトイレの入り口が青とピンクの光で演出されているのを見つけました。

京王線新宿駅中央改札は赤と青の色をつかって乗客へ案内をしていますね | スマートライト|照明についてのポータルサイト

写真はこちら。

IMG 2520

乗り換えで急いでいたのでぶれてしまったのと、女性用のトイレの入り口を男性である私が撮るのはちょっと問題ありと思ったため男性側しか撮らなかったのですが、みたところ、青い光の間接照明が連続しているので、蛍光灯ではなくLEDを使ったモノだと推測されます。

登戸駅は小田急線の複々線化の流れで、駅のホームも改札階もいろいろ改良工事がされていましたが、このトイレの照明もその中で変わったのでしょう。

ちなみに、ちょっと変わったトイレの男女のマークだと、いったい男性用はどっちなのか迷うことがありますが、青とピンクの色が確認できればスムーズに自分の性別のトイレを識別することができそうです。

LEDが普及したことで、従来の光源では特殊であった色のついた光が一般的に使える様になり、標識など今後ますます色のついた光が採用されそうですね。

ということで、今週もがんばっていきましょう!

週末K-GRACE BALLETの発表会に参加して映像と照明について考えてみた

おはようございます。

さて、ロンドンオリンピックもいよいよ終わり。今日はお盆でお休みの会社も多いとおもいますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は日曜日に千葉県の白井市文化会館で行われてたK-GRACE BALLETの発表会に出演させていただきました。3幕でやった不思議の国のアリスの赤の女王のアダジオの中のトランプ兵士役です。

Alice

さて、今回の発表会は映像効果をつかっておられて、不思議の国のアリスでも舞台奥の面いっぱいにトランプの映像や模様などを流し、とても雰囲気がでていたのですが、舞台以外でも気付くといろんなところで映像が自然に使われるようになりましたね。

こちらは品川駅の改札をおりてから港南口に向かう通路。大量のディスプレイに同じ映像が流れております。


品川駅のデジタルサイネージ / na0905

人通りの多い場所にあるビルの側面に映像が流れるのは、以前はアルタ前などごく限られたモノでしたが、いまはあちこちのビルの側面に映像が流れています。


DSC_0528 / hetgallery

また、映像タイプの自動販売機も、山手線など都心部ではそれほど珍しいものではなくなりました。


自動販売機 / atgw

基本的に世の中でよく見る映像は広告宣伝ばかりですが、今後、制御機能を持ったLEDの一般照明がもっと増えてきたときに、液晶モニターやプロジェクターなどを使った映像による光と制御機能をもった一般照明が、かつて演出照明と景観照明の境目があいまいになったのとおなじようになっていくのではないかなと思っています。

↓ 今回お世話になったK-GRACE BALLETさんのホームページです。
K-GRACE BALLET -TOP PAGE-

照明の基礎知識 光とは…【1】

分光(スペクトル)とは

私達が普段【光】といっているものは電磁波という波のある部分を言います。電磁波には他に病院の放射線治療の時に使う「ガンマ線」や、レントゲン検査装置で利用されている「X線」、私達がTVや携帯電話などの通信で使用する「ラジオ電波」などがあります。

一般的にその電磁波の中でひとつあたりの波の長さ、いわゆる波長が380nm〜780nm(ナノメートル)の範囲にあるものを、目に見える光の電磁波ということで「可視光」と言います。

ちなみに、病院のスリッパや、サウナでクシがはいっている箱についている青い光は、紫外線という電磁波の一種で350nmあたりの波長の電磁波を使っています。

光の波長

(電磁波の波長) 
※パナソニックランプカタログより

通常私たちは、可視光を無色の光として見ていますが、実は光には様々な色があり波長の短い方から青紫、青、青緑、緑、黄緑、黄、黄赤、赤の光色に分かれ、虹のような縞模様となっています。このように光の色が分かれている事を分光(スペクトル)と言います。

分光分布とは

光には様々な色が存在しますが、その光の波長を測定する事で、どの色がどの程度の割合で含まれているかを表したものが分光分布です。
使っている光源によって、空間の雰囲気が違うのは感じている方は多いかと思いますが、それは、光源によって分光分布が違うからなのです。下記が一般的な光源別の分光分布図を御紹介します。

●LED電球、白熱電球、ハロゲンランプ、電球形蛍光灯、蛍光灯、高輝度放電灯(HID)
分光分布図

(図 分光分布図)
※パナソニックランプカタログより

お店の照明の省エネ提案書をつくって提案してきてご注文をいただくことができました!ありがとうございます!

おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。新たなる週の月曜日の始まりですね。

この週末は、土曜日に渋谷区あやめの苑にてバレエボランティア公演にいってきました。

公演報告 渋谷区あやめの苑 | バレエボランティア

また、日曜日は子供と一緒に、「しんかんせん・とっきゅう大集合」という映画を観に新百合ヶ丘のワーナーマイカルにいってきました。

れっしゃだいこうしん ザ★ムービー「しんかんせん★とっきゅう大集合」公式サイト

みなさんは、どんな週末を過ごされました?

さて、実は先日、お店の省エネについてご相談をいただいき調査させていただいたお客様へ提案書をお持ちしてお邪魔しました。

作成した提案書はこんなかんじ。
提案書

内容は、現在のお店の月間電力使用状況(稼働日、点灯時間、電力単価)を設定し、既存照明器具と提案した照明に交換した場合の消費電力、電力料金をシミュレーションするシートです。

ただ、LEDの場合は白熱灯やハロゲンランプと同じ色温度であっても、実際には白っぽくみえてしまったり、これまでみていた商品や料理の色合いが異なってみえることがあるので、サンプルをお持ちして実際に光の具合を確認していただきました。

で、結果、先日ご紹介したPHILIPSのMaster-LED 5.5-40W 100V(MASTER LEDspot MV PF)と、白熱電球型のLEDランプのご注文をいただくことができました!

ありがとうございます!

ちなみに、スポットライトとダウンライトでJDR110V40Wのハロゲンランプがついていたのですが、どちらも器具がとても小さかったので、おそらく、PHILIPSのランプ以外では難しかったでしょう。
IMG 1727

ということで、今週もはりきっていきましょう!