東芝ライテック、高演色を特長としたLED電球<キレイ色-kireiro->を発売

東芝ライテック社から色の再現性が高いLED電球<キレイ色-kireiro->が発売されたとのプレスリリースがありました。

Photo1

リリース記事によると、LED電球も省エネや長寿命などの性能への需要から光の広がりや色の見え方など光の質の需要が高まってきたとのことです。

照明業界の人間にとっては ①光源によって色の見え方が変わる。 ②演色性が高い光源を使うと色の再現性が高くなる。という2点が理解されているので【演色性】という言葉だけで色の再現性を伝えることができますが、一般の人にとっては先の①と②の両方をパッケージのみで伝えることはなかなか難しそうです。

いっそのこと【美容室用】とか【博物館用】などとしたほうが良いのでは?とおもってみたものの、そうすると一般家庭で使う為に購入する人は非常に限られてしまうので、今回の<キレイ色-kireiro->というネーミングは、おそらく、東芝ライテック社さんでも相当議論を重ねたのでしょう。

LEDの性能が上がり、価格も下がり、いろんなところに使われるようになったことで、光の質やアプリケーションに特化した製品が今後も増えていきそうです。楽しみですね!

LED電球「一般電球形8.8W」高演色タイプ<キレイ色-kireiro->の発売について | プレスリリース | 東芝ライテック(株)

【照明の基礎知識】光の演色性(Ra)とは

光によって色の見え方が変わる??


The Tunnel of Haneda / Dick Thomas Johnson

ドライブをしている時に、トンネルの中に入ったとたん、着ていた白い服がオレンジ色になったり、青い服が黒色になったりした経験はありませんか?

これは、トンネル照明に使われている光の特性として、色の再現性が低く、色を識別できない種類の光によるため、このような現象が起こります。

普段の太陽光の下であれば、赤い服は赤色に見え、青い服は青色に見えます。これは、当たり前の事のように思いますが、実は光やアカリの種類によっては、赤色が朱色や赤紫っぽく見えたり、青色が紺色に見えたりしています。

太陽 / 柏翰 / ポーハン / POHAN

同じような現象で言うと、洋服店で試着した服の色が気に入り買ったものの、家に帰って改めて着てみると色の雰囲気が違って見えたり、スーパーのお肉売り場でおいしそうなお肉の色が、家に帰って見るとそうでもなかったり…

塩のお肉 / rhosoi

これは、お店で使っている照明は演色性が高いため色鮮やかに見えますが、家の蛍光灯の光は演色性が低いため、本来の色とはやや違う雰囲気に見えたりします。

このように、本来持っているモノの色を忠実に再現できるかどうかを数値化したものを演色評価指数(Ra)と言います。

下図は演色評価数の基準になる色標で、これらの色が忠実に再現できるかを試験してRaを決めます。
演色評価色

高演色性ランプ

トンネルの中で見える景色のように、モノ自体はなにも変わらなくても光源が変わることによって、人間の目は物体の色を違ったようにとらえます。

トンネルの中で使われているオレンジのランプは演色性が低い極端な例ですが、小学校や中学校の体育館でつかわれている水銀灯や、古いオフィスなどに利用されている40Wタイプの蛍光灯も演色性が低いランプのひとつです。ただし演色性が低いことのメリットとして、トンネルで使われているランプは、寿命が長くランプ効率が高かったり、水銀灯や蛍光灯などは値段が安価だったりします。

体育館 / kynbit

一方、色を評価したりする作業場や、衣服や装飾品など色が重視される物販店などでは、演色性の高いランプが利用されています。現在では、セラミックの発光管を利用したフィリップス社のCDMをはじめとするセラミックメタルハライドランプや高演色型蛍光灯など、色の再現性が高い様々なランプが各社から販売されております。

LEDの演色性

ダイクロハロゲンタイプや直管蛍光灯タイプ、水銀灯タイプなど、ここ数年でLEDランプも様々なラインナップが市場に投入され、既存の光源の代替えで使用されるようになってきています。

当初、LED製品は光量を確保することが一番の課題でしたが、最近では光の質にこだわった商品もでてきており、そういった商品は演色性や配光に特長があったりします。既存の光源と同じように、高い演色性が求められる作業場や店舗などでも使用できるLEDが出てくるのも、思ったよりも早いかもしれませんね。