岩崎電気から水銀ランプ代替えの「LEDioc LEDライトバルブG 12W」が発売。でも、既存器具に利用する場合は注意が必要です!

おはようございます。スマートライト中畑です。

今日はこれから、「彩の国ビジネスアリーナ2013」に行ってくるので、その前に大宮に新しく出来たコワーキングスペース7Fにて作業をしています。

LED照明だけじゃない!JAXAや次世代自動車、医療福祉もエネルギーなどいろんな企業が出展する彩の国ビジネスアリーナ2013が面白そうだ! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

コワーキングスペース 7F | 埼玉県さいたま市の大宮駅東口徒歩1分にあるコワーキングスペース

さて、岩崎電気と言えば、Hylux(ハイラックス)という器具に前面ガラスを不要とした3重管構造のHIDランプを開発し、商業施設にメタルハライドランプを普及させた殿堂入りともいえるランプを開発した電球と照明器具の製造メーカーですが、こちらの会社ではメールマガジンを発行しており、新製品や照明のイベント、物件情報などを私達に送り続けてくれています。

今朝も、岩崎電気さんのメールマガジンが届いたのですが、その中でとても気になる新製品の紹介がありました。

それが、「LEDioc LEDライトバルブG 12W」という水銀灯40Wの代替えとなるLEDランプです。

Light bulb l

既存水銀灯と比較すると優れている点はいろいろあるのですが、大きいのはやっぱり電力が40Wから12Wと大きく省エネになることと、寿命が6,000時間から40,000時間と伸びることでしょう。

ただし、水銀灯という商品は電球とは違い一般家庭ではほとんど使われておらず、街路灯などによく使われている為、ユーザーは施設や自治体などが多いと思われます。

また、ここは非常に注意が必要なところなのですが、水銀灯は一般的に安定器と呼ばれるものが使用されているので、この「LEDioc LEDライトバルブG 12W」を既存の器具に使用する場合は、安定器を取り外す電気工事が必要となります。

それに加え、岩崎電気さんのウェブサイトでも赤字で書かれているとおり、既存の器具を継続して使用する場合は下記のように注意を促しております。

【重要】改修などで既設の器具を継続して使用する場合は、必ず器具の点検を行ってください。

ところで、水銀灯には安定器を利用しないセルフバラスト(バラストレス)と呼ばれるタイプのものがあります。

アイ セルフバラスト水銀ランプ(バラストレス水銀灯)|[HIDランプ]水銀ランプ(水銀灯)|照明器具・ランプ・光応用技術の岩崎電気株式会社

こちらには工事が必要なく利用できるのかもしれませんが、安定器を利用しないセルフバラストタイプは100W以上のものになることと、ソケットがE26とE39と違う場合もある為注意しましょう。

既存の器具の代替えにはいろいろと注意しなければならないことがありますが、水銀灯に比べて優位性が非常に高い、岩崎電気の「LEDioc LEDライトバルブG 12W」はとても期待できる商品です。

↓ 岩崎電気さんのメールマガジンの登録はこちら

メールマガジン|照明器具・ランプ・光応用技術の岩崎電気株式会社

蛍光灯の下で撮影するとフリッカーが発生する現象は、子供の発表会の体育館の水銀灯でもあることなので注意しましょう

おはようございます。

この週末は高校時代の陸上部の仲間達と忘年会をしたり、新百合ヶ丘のワーナー・マイカルで息子と一緒に仮面ライダーの映画をみてきました。

今回の仮面ライダーの映画は、アクマイザー3やイナズマン、ポワトリンが出たりと、お父さんやお母さん達の心をくすぐるような内容で、息子と一緒にとっても楽しめました。

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

ということで、スマートライト中畑です。

実はちょっと前に屋外の自転車置場などで使われている蛍光灯を記事にしようとおもって写真を撮ったらこのようにフリッカー激しく出てしまいました。

IMG 3725

iPhone4Sのカメラで撮ったのですが、何度撮ってもこのようにフリッカーが写り込んでしまいます。

IMG 3727

せっかくなので、動画でも撮ってみました。

ネットで調べると、蛍光灯のもとで撮影した動画のフリッカーについて困っている方が多くおられるようで、

ポイントとしては、

① 銅鉄タイプの安定器でみられる。(新しいインバーターのタイプではみられない)

② 東日本(50Hz)では多いが、西日本(50Hz)では少ない

③ カメラのシャッタースピードを1/100にすると見られなくなることがある。

ということのようです。

価格.com – 『動画撮影時のフリッカーで困っています』 クチコミ掲示板

デジ1動画をきれいに撮りたい! : 蛍光灯で撮影時のフリッカー回避方法

ちなみに、上記デジ1動画をきれいに撮りたい!のコメント欄に、「体育館の水銀灯下で撮影してたらえらいことに」とありますが、銅鉄安定器は蛍光灯だけでなく、水銀灯やナトリウム、メタルハライドランプにも多く使われているので、人工光の下で取る場合のシャッタースピードは常にこのフリッカーを意識しておいたほうがよさそうです。

子供の行事ごとの撮影をまかされるパパ同志の皆様、屋外でおこなわれる運動会の時は気にする必要はありませんが、発表会や学芸会など屋内行事の時は、事前に天井についている光源のチェックをしておきましょう。

ポール灯のランプがLED電球になっている使い方を見ました

先日、駅までの道の途中でこんなものを見つけました。

Finder

これ、わかります?

ポールライトの照明としてLED電球が使われているのです。

器具としては、微妙に違いますが、おそらくこのタイプの器具。

NewImage

岩崎電気:公園・街路用照明器具 HGA3016M

ちなみに、夜はこんな感じで40代男性が夜道を歩くには十分な明るさでした。
Finder 1

岩崎電気のカタログを見ると、適用ランプはFECマルチハイエースH、アイサンルクスエース、水銀ランプとなっており、すべて安定器が必要なタイプです。

よって、ランプソケットはLED電球と同じE26ソケットであっても、そのまま100V入力のLED電球を使用することはできないので、電気工事をおこない安定器を外したと予測されます。

心配

基本的にほとんどのLED電球は屋内で使用することを前提に製造されています。なので、屋外で使用するにあたってはリスクや問題がいろいろあります。

実際、LED電球の箱にある注意書きをみてみると、

RIMG1276 JPG

このようなことが書いてあり、写真と同じような使い方は完全に自己責任になると思われます。

特に、

  • 水滴がかかったり湿度が高くなる可能性があること
  • 温度が高くなる可能性があること

などがある為、ランプの単寿命や電気的なトラブルが発生する可能性があります。

ランプメーカー出身の私としては、不安な要素だらけなのですが、現実的には屋内でしか使えない器具を、軒下や屋外で使われていたりするケースも世の中多々あるので、今後もこのポール灯をチェックしていきたいと思います。