ゲームのやりすぎで見る夢のような世界が広がるファミコン本体を使ったプロジェクションマッピングで思う重力に縛られた現実と仮想現実

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、今日もプロジェクションマッピングの話なのですが、こちらを御覧ください。

VISUATARI  3d Videomapping installation on Vimeo

ファミコン本体を対象に、ファミコンぽい映像を使ったプロジェクションマッピングです。

これを見て思うのが、いままでの自分が認識していたフレームを超えるものが次々と登場していること。

ファミコンの画像というのは、当時はあくまでもブラウン管の中のもので、その中の世界がブラウン管から飛び出して起こるというのは、ゲームのやりすぎで見る夢の世界だけのことで、現実ではありえなかったこと。

この動画を見ると、当時、夢の世界で見た風景がそのまま繰り広げられていることを感じます。

もちろん正確には、ブラウン管の画面にあたるものがプロジェクターで投射した面であり、そこに白く塗ったファミコンを置いただけのことなのですが、でも、昨日の結婚式の最後に流れたまとめ動画のように、初代ファミリーコンピュータの時代からは予想がつかなかった程、できることが簡易な機器で可能になった今は、単純にブラウン管の画面がプロジェクターの画面に置き換わったで済まされない変化が起きていると思います。

さらに、映像をプロジェクターでなくiPadの様なタッチデバイスで表示するとか、マイクロソフトのKinectのように人の体の動きだけで操作ができるとか、さらに最近ではGoogle Glassが発売されるとか、自分たちが2次元、3次元で認識、そして理解していたものでは収まり切らないような技術が登場しています。


360 Degree VR Image Viewer Controlled by Kinect / openexhibits


Google Glass / jurvetson

現実はあくまでも現実。でも、仮想現実(AR)が当たり前のように、人と人、製品と人、概念と人などのコミュニケーションを取るようになると、重力に縛られた空間の作り方だけでは価値が限られる世の中になってしまうのではないかなぁと思ったりします。

いやいや、いったい5年後の未来は、どんな現実と仮想現実の中に暮らしているのでしょうね。

Prspctv: iPhoneやiPadとプロジェクターがあればプロジェクションマッピングを試してみることができるアプリ

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、去年の「東京ミチテラス2012」でもとても話題になったように、ここ最近、プロジェクションマッピングは屋外で行われるイベントでよくおこなわれているようです。

つい最近も「さっぽろ雪まつり」にてAudiのプロジェクションマッピングがされるなど、予算としては高額にはなるものの、規模のあるイベントにとっては、話題性や集客性、発信できるコンテンツの自由度の高さなど、屋外イベントにはとても魅力的な演出のひとつです。

【動画】さっぽろ雪まつり、Audiがプロジェクションマッピング! | め~んずスタジオ

さて、そんなプロジェクションマッピング、なかなか素人がそのコンテンツを作る方にまわるのは難しいと思っていたのですが、DIALux勉強会のメンバーから、おもしろいアプリがあるという投稿がありました。

それが、このiPhoneとiPadの両方でつかえる、「Prspctv 1.1」というアプリ。

Mzl hrigpkki 320x480 75

YouTubeに動画があがっていますので、まずはこちらをご覧ください。

プロジェクションマッピングでポイントになる(と思われる)のは、立体的な構造物をスクリーンにするときの補正をどうするかなので、まずは、チェスの盤面のようなテストスクリーンを投映して構造物に合わせたスクリーンの補正をおこない、その後、簡易なものであれば構造物の形状を気にせずコンテンツを作成することができます。

まだ、飲み会の時しか来られていないのですが、DIALux勉強会のメンバーにはプロジェクションマッピングをされている方もおられるので、ぜひ、近いうちに「初めてのプロジェクションマッピング」というような勉強会も開催したいと思っています。
(ということで、Mさんよろしくです!)

Prspctv 1.1(¥350)

カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.4 MB)
販売元: MINORU AIKAWA – MINORU AIKAWA
リリース日: 2012/12/08

iPhone/iPadの両方に対応

ss1 ss2

残念ながら東京ミチテラスのプロジェクションマッピングは中止となってしまったようです

おはようございます。スマートライト中畑です。

残念ながら、「東京ミチテラス」のプロジェクションマッピングは中止になってしまったようですね。

でも、一度決めたことを途中で辞める決断をすることってすごく難しくて勇気あることだと思います。

日本のどまんなかといってもおかしくない東京駅という公共の場所で話題性のあるイベントを行うことで集まった人の数は、おそらく当初の予想をはるかに上回るものだったのでしょう。

主催の東京ミチテラス2012実行委員会の構成団体には東京都や千代田区などが入っているものの、それぞれのウェブサイトには「東京ミチテラス」の案内が出ていないところをみると、東京都が主催として関わっている「東京マラソン」のようなものではさそうです。改めて、今後、公共の場所で開催する「プロジェクションマッピング」というイベントの期待度の大きさと難しさを感じます。

東京都公式ホームページへようこそ

千代田区総合ホームページ

東京マラソン 2013 | 東京がひとつになる日。

運営者の方々は、私達が想像できないほどご苦労をされているとおもいますが、ぜひ、次に進んでいただけると嬉しいです。

限られたリソースの中で準備や運営は本当に大変だとは思いますが、それこそ「東京マラソン」のようにボランティアの募集などあったら、私も喜んで手を上げますのでぜひよろしくお願いします。応援しています!

東京ミチテラス2012 公式ホームページ

東京ミチテラスのプロジェクションマッピング上映情報はFacebookページでチェックしよう!

メリークリスマス!

今日はクリスマス。年末の三連休も終わり、いよいよ来週はもう来年です。

あまりにも時間が早く過ぎすぎて怖いところもありますが、みなさんどのようにお過ごしですか?

さて、残念ながら9月に引き続き23日が予定より早く中止、クリスマスイブの24日の上映が「安全を考慮」して中止となってしまったようです。話題性の高い東京ミチテラスのプロジェクションマッピングを楽しみに来られた方には残念ですが、過去、大混雑によって起きた不幸な事故の例などもあることから、運営者の皆様も本当に苦渋の決断だったと思います。

9月の件、今回の件を活かし、今後東京駅のイルミネーションちプロジェクションマッピングが光のお祭りとして世界に名を轟かせるようなイベントになっても運営できる仕組みができるといいですね。

とりあえず、28日まではプロジェクションマッピングが上映される予定ではありますが、今のところ25日本日の上映は未定、その後もどうなるかはわからない状況で、確定次第、Facebookページにて告知されるようです。

Michiterracefacebook

なので、東京ミチテラスのプロジェクションマッピングを見に行く予定の方は、常にこのページをチェックしておいたほうがよさそうです。

東京ミチテラス2012 | Facebook

年末の東京駅の「東京ミチテラス」はイルミネーションだけじゃなくてプロジェクションマッピングも1週間開催されるようです!

新しくなった東京駅でプロジェクションマッピングがあったのは、つい最近のことだったと思うのですが、あれは9月22日と23日のことで、もう2ヶ月程前のことだったんですね。時間が立つのは早いものです。

今月22と23は「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」というプロジェクションマッピングイベントがあるぞ! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

 

 

 

 

さて、その東京駅で再びプロジェクションマッピングが開催されるそうです。今回は「東京ミチテラス 〜 未来を照らす、光の祝典 〜」というイベントが12月21日から28日まで開催され、プロジェクションマッピングはその期間毎日行われるようです。

Hikarinomichi

公式ページを見ると、詳細は下記のとおり。

場所:東京駅丸の内駅舎前
日時:12/21(金)-28(金) 18:00頃~19:40頃
(19:40頃からの上映が最終回となります。それ以降の上映は一切行いません。)
※約10分間の映像作品(1種類)を適宜上映致します。
※混雑時には中止となる場合があります。
※天候その他の都合により、中止または開催時間が変更になる場合があります。

この「東京ミチテラス」は、プロジェクションマッピングだけでなく、「テッセレーション」という無限に連続する図柄のパターン模様を光で作り出しそれに水や花を組み合わせて幻想的な空間を創りだす「STARLIGHT WALK」や、丸の内イルミネーション、2012年劇団四季60周年展、SPACE BALLなど、様々な関連イベントが行われるようです。

年末の東京駅のイルミネーションと言えばミレナリオを思い出しますが、Wikiをみてみたら、

東京駅丸の内口の復元工事に伴い、第7回開催(東京ミレナリオ2005-2006)で一旦休止した。

となっていましたので、東京駅丸の内口の工事もおわり、これからは「東京ミチテラス」が年末の東京駅のイベントになるかもしれませんね。

TOKYO HIKARIVISION | 東京ミチテラス2012 公式ホームページ

「TOKYO STATION VISION」がすごかったようです。

さて、月曜日です。みなさん、おはようございます。

この週末、土曜日は息子の幼稚園の運動会で町田と横浜の間にある”こどものくに”に、日曜日は雨だったので図書館に行った程度であとはずっと家にいました。ちなみに、運動会では息子の入場行進を見てるだけで泣いちゃいました。なんでしょう、この感覚。不思議です。

Tokyo

ということで、この土日、東京駅では「TOKYO STATION VISION 東京駅プロジェクションマッピング」が開催されものすごかったようです。ただ、運営側が事前に想定していた人数よりはるかに上回る人数が集まってしまったようで、土曜日は途中で打ち切りになってしまったようでした。

収容人員の5倍集まり…東京駅前の催し打ち切り (読売新聞) – Yahoo!ニュース

また、大雨で中止になるかと思っていた日曜日もちゃんと開催されたようですね。

早速、YouTubeで検索したところ、いくつか動画もアップされていてその壮大なる様子を見ることができます。ほんと、便利な世の中になったものです。

ちなみに、友人のFacebookのタイムラインで日本国内におけるプロジェクションマッピングの事例まとめが紹介されていました。いつの間にか国内でも多くの事例があったんですね。以前、プロジェクションマッピングをされていてる方とお話ししたところ、運営にあたっては利用許可の得られる場所を確保することが一番のネックだとおっしゃっていました。

日本国内におけるプロジェクションマッピングの事例まとめ – NAVER まとめ

ということで、これからもますます、プロジェクションマッピングのイベントが楽しみですね!

今月22と23は「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」というプロジェクションマッピングイベントがあるぞ!

プロジェクションマッピングをご覧になったことはありますか?

プロジェクションマッピングとは、建物などに映像を投影し、本当は建物としては何も変わらないのに、あたかも窓が開いたりお化けがでてきたり建物の形が変わったように見せる、映像を使ったエンターテイメントです。

なにはともあれ、YouTubeにも動画があがっていますので、こちらを御覧ください。

いかがでしょう?

面白いですよね!

「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」

さて、このプロジェクションマッピングですが来る9月22日と23日に、東京駅丸の内駅舎保存・復元 完成記念イベントということで、東京駅の丸の内駅舎前広場にて開催されるようです。

Tokyostation

東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリースによると今回の投影内容は、

蒸気と共に登場するSL、徐々に組み上がる建物、和風のモチーフで彩るモダンなレリーフ、
そして未来を予感させる華やかな光景など、高精細フル CG 映像が幅 120 メートル×高さ 30 メ
ートルに及ぶ巨大なスケールで、駅・鉄道・人・街を巡る「時空を超えた旅」の物語が始まり
ます。

とのことで、下図のようなイメージだそうです。

Tokyo3

Tokyo4

屋外でのイベントのため、悪天候の場合は下記のように中止になる場合がありますが、なかなかこの規模のプロジェクションマッピングは見る機会が少ないと思うので、ぜひ、東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリースをチェックして、足を運んでみてください。

↓ 東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリースより

〔観覧をされる方へのご案内〕 お問合せ: 0180-991098 (テレドーム)
・悪天候の場合は予告なく実施時間の変更、または中止になる場合があります。
・ご来場の際は東京駅丸の内北口・南口をご利用ください。(丸の内中央口は 19:30 以降閉鎖となります)
・会場付近は大変混雑が予想されますので、係員の指示に従ってください。
・混雑時には入場規制、入れ替えなどを行う場合があります。
・天候、混雑状況などによりご覧になれない場合があります。
・会場内に駐車場はございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
・会場内は映像上映の都合上、暗くなっていますのでお足もとには充分お気を付けください。
・当催事中における来場者の傷病、盗難、紛失などのトラブルについては、一切の責任は負いかねますのでご
了承ください。

Tokyostation2

TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」プレスリリース