PHILIPS CDM-TP70W/942が見つからない!? 大丈夫、CDM-TP70W/842と表記が変わっただけです。

おはようございます。スマートライト中畑です。

今日は12月になって最初の金曜日、仕事でのつながりや個人的な関係で忘年会という方々も多いのではないでしょうか? まだまだ12月も始まったばかりなので、あまり無茶はしないで楽しみたいものです。

さて、ちょっと前の10月の終わりにフィリップスのマスターカラーCDMの表記が変更になるとの連絡がありました。

これは、2012年1月に IEC/TR 62732 Edition 1.0 2012-01 が制定され、HID ランプに対する演色評価数と色温度表記方法が新しく規定されたことを受けたものによる変更とのことです。

JSA Web Store – IEC/TR 62732 Ed. 1.0:2012 (en) Three-digit code for designation of colour rendering and correlated colour temperature

これ、どういうことかというと、まずは下記のフィリップスのCDMランプの表記方法についてご覧ください。

Philips page view jp LI Lamps and Gear 2010 pageview pdf 0080 pdf 1

たとえば、

「CDM-T 35W/942」

というランプについて、後半の「 942 」という数字のうち、

9  → 演色性 90以上
42 → 色温度4200K

と表しているのですが、この演色性の部分の数字の表記が変更になっています。

具体的には変更になるランプと表記の変更は以下の表のとおりです。

従来の表記 新しい表記
CDM-TC 35W/942 CDM-TC 35W/842
CDM-T 35W/942 CDM-T 35W/842
CDM-TP 70W / 935 CDM-TP 70W /835
CDM-TP 70W / 942 CDM-TP 70W / 842
CDM-TP/F 70W / 935 CDM-TP/F 70W /835
CDM-TP/F 70W / 942 CDM-TP/F 70W / 842

参考までにランプの写真を並べてみました。クリックするとec.smartlight.jpの商品ページにリンクします。


CDM-TC
Ph CDM TC 35W 260


CDM-T
CDMT35 260


CDM-TP (ガラスが透明なので、クリアーとよばれています)
Ph CDM TP 70WC 260


CDM-TP/F (ガラスがフロストタイプなので、Fがついています)
Ph CDM TP 70WF 260

もちろん、ランプ性能に変更はないので、自分のお店で使っているランプが切れたので注文するときに同じランプが見つからなかったり、届いたランプの型番が942じゃなくて842だったとしても、上記の表で同じランプであることを確認していただければ幸いです。

KP-GT8V50W。かつて多くの8mm映写機に利用されていたダルマと呼ばれた白熱ランプ

さて、この週末は息子の4歳の誕生日がありはじめてサーティーワンのカーズのアイスクリームケーキというものを頼んでみました。アイスクリーム屋なんて女性やカップルばかりのイメージがあるのですが、うちの近くの鶴川店は土曜日ということもあって小さい子供とママやジジババといった客層が多かったです。

001

私が子供の頃はおしゃれなアイスクリーム屋さんなどない時代で、当時、多摩ニュータウンにあるグリナード永山という商業施設で、買い物が終わった後にアイスクリームを食べさせてもらった記憶があります。あの頃、子供だった自分は目の前のアイスクリームのことばかり見ていましたが、親の立場になると、その一生懸命アイスクリームを食べている我が子を眺めるのがなによりの幸せなんだなと思ったりします。

今、自然現象も経済も原発のことも、いろんな不安がありますが、こんなふうにできる時代がずっと続くといいですね。

ということで、おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

以前、近藤電気のKP-10Sというランプをご存じですか?という記事を書いたのですが、先日、倉庫でこんなランプを見つけました。

Kpgt 500

かつて”だるま”と呼ばれ、フジカやヤシカ、小西六などの8mm映写機に利用されていた白熱電球KP-GT 8V50Wです。
(現在は富士電球という会社がFG-GT8V50Wという型番で製造しております)

おもわず、”なつかしぃ〜”といってしまったあなた!年齢がばれてしまいましたね!

今となってはiPhoneで撮影や閲覧だけでなく編集やタイトルいれまでできてしまう時代に、8mm映写機を使うことはなかなかありませんが、あの手間と苦労が多かった時代に撮った映像や当時の想い出は、今でも暖かい気持ちと共にみなさんの心の中にあるのではないでしょうか?

ちなみに、ランプを後ろから見るとこのように型番が打たれています。
RIMG0460

ランプにはこのように、リフレクターもついています。
RIMG0461

ソケットは”P30s-10.3”というタイプ。光軸や焦点距離がなるべく安定するようにつくられたノウハウの塊だったりするんですよ。
RIMG0463

あと、このランプが使用されている8mm映写機のリストがありました。もしかしたら、これにない機種もあるかもしれませんが、ご参考まで!


もちろん、スマートライトでもこのランプの取りか使いがあります。ご注文や価格についてはこちらへ!

追記:残念ながら富士電球でも製造を終了してしまった為、このランプはもう入手できません。

KP-GT8V50W(FP-GT) タイプ機種一覧表

機種 メーカー 機種名 適合ランプ
8mm映写機 フジカ SPマイテイ FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ SPマスタ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-40 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-20 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-25 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-3 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-10 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-15 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-20 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-25 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-30 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-35 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-17 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-27 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P8S FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P400 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-SII FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-S400 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン キキノビジヨン8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-3 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-3-RS FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ミノルタ ミニオ-ト FP-GT 8V50W
8mm映写機 ミノルタ オ-トデユアル8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 30J FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 260S FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290S FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290D FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290D2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290F FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290Z FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80J FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P-Ⅱ FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 オリンパス オ-トスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 北辰 シネビジヨン8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン L-62 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン R-50 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン ミチカ8LV FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン ベルスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RS FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RSII FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RSIII FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ド FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ドス-パ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 シングル8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トP FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 S FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 SR FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 インステイタ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 コニスコ-プRS2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ドサウンド FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 8SP FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 ス-パ-LM FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 ロ-ドマチツク FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 デユアラツク8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー オ-ト8P FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー トリオスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー TRI5SC OPE FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー トリオスコ-プ850P FP-GT 8V50W
8mm映写機 レイノックス DU-707A FP-GT 8V50W
8mm映写機 レイノックス 707-TC FP-GT 8V50W
8mm映写機 本庄 アロ-SW FP-GT 8V50W
8mm映写機 オリンパス オ-トスコ-プ 10397 FP-GT 8V50W
8mm映写機 クラウン 8 ズーム FP-GT 8V50W
8mm映写機 クラウン Pオートハード FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ 8Pデュアル FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ マーク501 FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ S712D FP-GT 8V50W

フィリップス MASTER LEDspot LV MR16をJR12Vハロゲン代替として節電を検討されている方々へ

おはようございます。

さて、昨日はPHILIPSの100Vタイプのダイクロハロゲン型LEDランプMaster LED 5.5-40W(MASTER LEDspot MV PF)をご紹介させていただきましたが、今日も我が愛しのPHILIPSの商品を紹介します!

それは、こちらです!
RIMG0200

ダイクロハロゲンランプJDR100VとJR12Vについて

ダイクロハロゲンランプには、100Vでそのまま使用できるJDR100Vというタイプと、トランスを使用して100Vを12Vにして使用するJR12Vという2種類のタイプがあります。

JDR100Vタイプは、トランスが無い分器具も安価で、国内で使用されている割合は圧倒的にこちらが占めております。それに対し、12Vタイプはトランスの分器具価格が高くなるのですが、配光がきれいで寿命も長いため、店舗照明などで多く使用されているランプです。

当然、代替え用のLEDランプも、JDR100VとJR12Vタイプの両方が市場にでまわっており、昨日紹介したMaster LED 5.5-40W(MASTER LEDspot MV PF)は、JDR100Vの置き換えとなるランプです。

ファンを内蔵し小型化を実現したMASTER LEDspot LVMR16

さて、このPHILIPSのJR12V代替えとなるMASTER LEDspot LVMR16の特長なのですが、なんといっても冷却ファンが内蔵されていることでしょう。

RIMG0193

このボディの中に小型のファンが内蔵されており、LEDを使用する上で大きな障害となる熱をコントロールしているのです。

一般的に、ランプの放熱にはヒートシンクを利用するため、光量を求めればヒートシンクを含めランプが巨大化するのですが、MASTER LEDspot LVMR16はファンを使用した強制空冷の仕組みを採用することで、7W(ハロゲン35W相当)や10W(ハロゲン50W相当)の光量でも、従来のハロゲンランプに近い大きさを実現したのです。

こちらが、既存JR12Vハロゲンランプとの比較です。
RIMG0198

結果として、従来のJR12Vハロゲンタイプの多くの器具でも取り付けることができるようになりました。

ちなみに、昨日ご紹介した、コンパクトでかっこいいUSHIO SPAX社のCHIBI・LA(チビラ)でも、メーカーカタログの対応ランプとして、このMASTER LEDspot LVMR16が記載されています。


注意点① 寸法

ただし、今まで弊社で納入させていただいたお客様で、いくつか問題もありました。

RIMG0193

それは、ランプ前方部が既存JR12Vハロゲンランプよりも出っ張っているので、ランプの全面にカバーをかぶせるような器具では入らない場合があることと、ランプの湾曲部分が当たって器具に装着できないものもありました。

ここら辺、実際の確認用サンプルについては送料1000円分サービスで販売しておりますので、ご注文の際、備考蘭にその旨をご記入ください。出荷時にその分を引いた金額で対応させていただきます。

また、都内、もしくはその近郊のお客様については、スケジュールが合えばサンプルをもって私がお邪魔いたしますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

調光って実際どうなの?

ランプをみてみると、前面にDIMMABLEと表記されています。
RIMG0192

調光はDimming(ディミング)と言うので、つまり、調光可能と言う表記です。

また、箱には、
RIMG0206

このように”調光対応”と書かれています。

注意点② 調光できない調光器もあります

実は過去、実際にお客様が取り付けて調光すると、ちらつきが発生することがいくつかありました。

この問題については、調光器とランプの組み合わせによって発生するようで、結論としては、

”ランプ自体は調光対応で設計されているが、全ての調光器に対応しているわけでない”

という状況です。

実は、この問題があるため、弊社としては原則「調光非対応」として販売しております。
とはいっても、いろいろ柔軟に対応しますので、もし調光を求められているのであれば、お気軽に連絡ください。

まとめ

以上、フィリップスのJR12Vダイクロハロゲンランプ代替型 MASTER LEDspot LV MR16をご紹介させていただきました。

LEDランプはまだまだ世に出てから日が浅く、既存のハロゲンランプと同じように使おうとするとトラブルがおこることもありますが、日々その性能も上がっており、かつ、省エネ効果が非常に高いので、節電対策としてとても有効な手段のひとつです。

また、販売する私達もトラブル対応のノウハウが蓄積されつつありますので、お客様側でも調整できる部分を残していただければ、お互いにとってハッピーな結果をだせると思っております。

ということで、まずは私どもスマートライトまで、お気軽にご連絡ください。

スマートライトに連絡する

フィリップス MASTER LEDspot LV MR16の価格を確認する

フィリップス Master-LED 5.5-40W 100Vダイクロハロゲン代替型省エネLEDランプが新発売

昨日は突然の大雨でしたが帰宅する頃には無事に止んでいてよかったですね。みなさんは大丈夫でした?

こんにちは!スマートライト中畑です。

今日は、フィリップスエレクトロニクスジャパンから新発売となった、100Vダイクロハロゲン代替型LEDランプ、Master-LED 5.5-40W(マスターエルイーディー)の紹介をします。

PHILIPS Master-LED 5.5-40W

まずはランプをご覧ください。

横から見たところ、白いヒートシンクにPHILIPSの刻印があります。
RIMG0195

上から見たところ、4つのレンズの組み合わせで、前方への出っ張りもありません。
RIMG0196

ちなみに、パッケージはこんな感じ。PHILIPSの青と白がきれいですね。
RIMG0189

ダイクロハロゲン型LEDランプいろいろ

みなさんは、既にダイクロハロゲン型LEDランプを試されました?

LEDはハロゲンランプに比べて、5〜7分の1ぐらいの電力で済むので、省エネ効果が非常に高い方法の一つです。

ただし、気をつけなければならないことがいくつかあります。こちらをご覧ください。
RIMG0188

事務所にあったダイクロハロゲンランプを並べてみたのですが、一番右側が、従来のハロゲンランプ(JDR110V40W)、その隣がフィリップスのMaster LED 5.5-40W、その隣が他のLEDランプです。

各社、ハロゲンランプに比べ、LEDランプはランプ全長が長くなっています。

さらに、ランプを上からみてみます。
RIMG0211

さらに別の角度から、
RIMG0213

ちょっとこれではわかりにくいですね。お伝えしたかったことは、ランプの太さがそれぞれ異なるというところです。

ランプの長さと太さが異なる問題

で、この長さや太さがなにに影響するかというと、今、お客さんが使っている器具に使えるかどうかというところなのです。

たとえばこの器具
RIMG0221

器具の中央にねじ込み式の口金があり、このタイプであれば口金の形式さえあれば、問題なさそうです。

では、次の器具
RIMG0219

口金が入るところが細くなっています。

ここの太さと、ランプの口金のまわりの太さがあわないと、ランプが入らないんです。
RIMG0213

実は先ほどの器具は、まだそれなりに太さがある方なのですが、この条件が一番厳しいのが、USHIO SPAXのModuleX80 CHIBI・LAという器具。(みなさん、チビラと呼んでます)
RIMG0198

器具にはModuleXの刻印。これ、コンパクトでかっこいいんですよね。なので、けっこう多くのお客様で使われているようです。
RIMG0216

ただし、コンパクトでかっこいいということで、先ほどの白い器具よりもさらにランプ口金の周りが細くなっています。
RIMG0200

なので、は、はいらない!!
RIMG0202

これもはいらない!
RIMG0203

というようなことになってしまいます。

フィリップスMaster-LED 5.5-40Wならどう?

フィリップスMaster-LED 5.5-40Wの口金まわりです。けっこうハロゲンランプに近いですよね。
RIMG0197

試してみると、しっかり入りました!(リングもつけられます)
RIMG0207

ちゃんと、点灯もしました。
RIMG0208

注意点

以上のとおり、既存のダイクロハロゲンランプの器具で、大きさが一番厳しいといわれるUSHIO SPAX社のCHIBI・LAでも、PHILIPS MasterLED 5.5-40Wは取り付けられ、点灯することができました。

ただし、PHILIPSのランプでも大きさはギリギリのようなので、しっかりとネジを回さないと、口金の接点部分が届かず点灯しない可能性があります。

また、今回試したフィリップスのランプは1本だけなので、もしかしたら、ランプのばらつきによって取り付けられない(接点が接触せずに点灯しない)ことがあるかもしれません。その点をCHIBI・LAで使用される場合は注意する必要があります。

まとめ

以上、フィリップスの新商品 Master-LED 5.5-40Wを紹介させていただきました。

こちらのランプは、従来のダイクロハロゲンランプと大きさが近いので、器具の大きさにランプが合わないというリスクが他のダイクロハロゲン型LEDランプと比較して非常に小さいランプです。

お値段的にも、非常におすすめな価格となっております。

ぜひ、チェックしてみてください。

フィリップス Master-LED 5.5-40W 100Vをチェックする

 

5/30追記 フィリップスのカタログをよく確認したところ、MASTER LEDspot MV PFとなっていました。上記で、Master-LED 5.5-40W 100Vといっているのは、MASTER LEDspot MV PFのことです。

三菱オスラムDULUXやPHILIPSのPL-T、パナソニックのツイン3などのFHTと呼ばれるコンパクト蛍光灯について

あなたは蛍光灯ときいてどんなカタチを思い浮かべますか?

学校や会社だと棒状のまっすぐなタイプ、家庭で使われているのは丸いカタチをイメージするのではないでしょうか?

ランプを商売している私達は、棒状のものをそのまま【直管(ちょっかん)】、丸いタイプを【サークライン】と呼ぶことが多いです。ちなみに、サークラインは東芝の丸形蛍光灯の商品名なのですけどね。

ところで、蛍光灯には直管とサークライン以外にも多く使われているカタチがあります。それは【コンパクト蛍光灯】というタイプで、蛍光灯をグニャグニャ曲げてコンパクトにしたものです。そのコンパクト蛍光灯の中でももっともよく使われているのは、下図のタイプで一般的に【FHT(えふえっちてぃー)】という型番で呼ばれています。

Download p4c philips com l4bt 3 322896 master pl t 4 pin 322896 ffs eng pdf

このコンパクト蛍光灯のFHTタイプについては、各メーカーから販売されているので主要3社の製品を表にしてみました。

メーカー 三菱オスラム PHILIPS パナソニック
商品名 DULUX PL-T ツイン3

↓3社製品を並べたところ。

IMG 1287

↓オスラムのDULUX(デュルックス)です。

IMG 1288

↓フィリップス PL-T(ピーエルティー)です。

IMG 1289

↓パナソニック ツイン3です。

IMG 1290

↓3社のランプを前から撮ってみました。

IMG 1292

↓今度は後ろから.

IMG 1294

ちなみに、42Wのタイプの口金は、GX24q-4というタイプになります。メーカーが違っていても、ランプのワッテージが合っていれば口金は同じです。

各社、微妙にスペックは違ったりしていて、以前は私もスペックの違いを比較表にして自社の商品を勧める営業していたのですが、現在、このFHTというランプは非常に一般的なものになったので、どのランプがおすすめかときかれれば、今お客様自身が使っているランプと同じモノか、もしくは、すきなメーカーを使うのがよいのではないでしょうか?と回答しています。

どのメーカーも、しっかりとした品質のきれいな光で安心してお使いいただけますよ!

安定器

安定器とは、すごく簡単に説明をすると、「ランプを点灯するために必要になる電源」のことです。私も照明の仕事をする前までは「安定器」というものの存在を知りませんでしたが、家庭、店舗、オフィスなど、私達が利用している照明器具の中には、けっこうな割合で「安定器」が使われています。「安定器」については、お伝えしたいことがたくさんあるので、また、別の記事で説明しますね。

で、話を元に戻すと、コンパクト蛍光灯は大きく2つに別れます。

それは、

①安定器が必要なタイプ
②安定器が必要の無いタイプ

です。

「FHT」は、①の安定器が必要なタイプとなります。

なので、お店などでランプを新しくしたのに、ランプが点灯しないという場合には、この安定器の交換が必要な可能性があります。ただし、この部分は電気工事が関わる部分なので、専門の業者に依頼することをおすすめします。

なお、私達スマートライトでは、電気工事を請け負うパートナーがおりますので、東京、千葉、埼玉、神奈川の限定となりますが、安定器交換のご相談などありましたら、お気軽に連絡ください。

電話:050-5806-6215 (インターネット電話です)
FAX:03-3375-9299
メールフォームはこちら

まとめ

以上、コンパクト蛍光灯のFHTというタイプについてご紹介しました。このFHTというランプは値段もこなれてきていて、取扱がしやすく、かつ性能も良いので、店舗照明やちょっとしたオフィスなどのダウンライトにとてもよく使われている製品です。

また、大手メーカーが同じ規格でこのタイプのランプを製造しているので、交換用ランプの入手や在庫も、対応しやすいのではないでしょうか?

ただし、安定器を使用する製品なので、不点灯の場合はランプの寿命だけではなく、安定器が原因である場合もありますので、その点、お気をつけください。

以上、ご不明な点や、もっとここが知りたい!などというところがありましたら、スマートライトまでお気軽にご連絡ください。

電話:050-5806-6215 (インターネット電話です)
FAX:03-3375-9299
メールフォームはこちら

以上、スマートライト中畑でした!