ウシオライティングがPhilipsのRGB投光器Vayaブランドについて国内の販売代理店に!今年のライティング・フェアはウシオライティングのブースが要チェック!

おはようございます。スマートライト中畑です。

さてさて、ウシオライティング株式会社がPHILIPS Vayaブランドの屋内外演出照明器具を販売というニュースが流れて来ました。

景観照明用LED照明機器のラインアップ拡充を加速 – ウシオライティング
ウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長 吉川 隆雅、以下ウシオライティング)は、オランダロイヤル フィリップス エレクトロニクス社の日本法人である株式会社フィリップス エレクトロニク …

この話、昨年10月のプレスリリースで、ウシオライティングがPHILIPSの「Showline」「Philips Selecon」「Philips Strand Lighting」の代理店となることが発表されており、この流れのひとつのようです。

日経プレスリリース

↓ Stand Lighitng

Strand Lighting – A Philips Group Brand

↓ Selcon

News

ちなみに、今回発表されたPHILIPS Vayaの商品は、カラーキネティクスのドメイン(colorkinetics.com)のウェブサイトに掲載されています。

LED Lighting Systems – Philips Color Kinetics

舞台照明でフィリップスといえば、ミラースキャンやムービングライトに使われているMSRランプやタングステンのイメージが強かったのですが、ここ何年かの間に次々と買収する会社の中に舞台照明器具の会社があり、光源がタングステンやHIDからLEDに移ることに対し、電球以外のビジネスをしっかり準備していたんですね。

本当にPHILIPSはすごいです。

RGBのLEDが普及し舞台照明と一般照明の境界が明確でなくなりつつある今、エンジニアが存在し活躍する舞台照明の方が、エネルギーに絡んで制御が求められる案件について、素早い対応ができるチャンスをもっているかもしれないですね。

ということで、今年のライティング・フェアは楽しみです!

私もウシオライティングさんのブースをチェックしてこようと思います。

景観照明用LED照明機器のラインアップ拡充を加速  ウシオライティング

ウシオ ダイクロハロゲンJDR110V40W、JDR110V65Wはシリーズは、JDRADVANCE(アドバンス)に変わります。

長い間、店舗照明や商業施設、ホテルなどで使われ続けてきましたウシオライティング製ダイクロハロゲン(JDR110Vφ50口金E11)が生産中止となり、後継品のダイクロハロゲンADVANCE(アドバンス)へ切り替わります。

Advance

市場規模でみると、ダイクロハロゲンランプの市場シェアの約65%がウシオライティングが握っており、その中で最も売れていた商品が今回の商品のため、市場では大きな反響があると思います。

しかし、既に後継品であるADVANCEシリーズの販売が順調であり、後継品に切り替えるメリットは多くあるため商品の概要を1度把握して頂ければ大きな混乱もなく切り替えが可能かと思います。今回の記事で、後継品の選び方なども明記しましたので御参照下さい。

生産中止品 ウシオライティング ダイクロハロゲンφ50口金E11

・JDR110V40WLN/K(狭角)
・JDR110V40WLM/K(中角)
・JDR110V40WLW/K(広角)
・JDR110V65WLN/K(狭角)
・JDR110V65WLM/K(中角)
・JDR110V65WLW/K(広角)

後継品 ウシオライティング ダイクロハロゲンADVANCEφ50口金E11

・JDR110V30WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V30WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V30WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V40WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V40WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V40WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V50WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V50WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V50WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V65WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V65WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V65WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V70WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V70WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V70WLW/KUV-H(広角)

従来品の明るさは40W、65Wタイプの2種類でしたが、後継品種のADBANCEシリーズは30W、40W、50W、65W、70Wの5種類へ増えた事で、現場に合わせて明るさのバリエーションが増えた事は大きなメリットです。

しかし、明るさのバリエーションが増えると、どのランプを使っていいのか悩みますよね。そこで、従来品からどの商品を選べばいいのか目安を御紹介します。

現在お使いの品番 目的 オススメ品番
JDR110V40W形 ・ちょっと暗くてもいい
・省エネにしたい
JDR110V30W~UV-H
JDR110V40W形 ・同等の明るさ(※) JDR110V40W~UV-H
JDR110V40W形 ・ちょっと明るくしたい JDR110V50W~UV-H
JDR110V65W形 ・ちょっと暗くてもいい
・省エネにしたい
JDR110V50W~UV-H
JDR110V65W形 ・同等の明るさ(※) JDR110V65W~UV-H
JDR110V65W形 ・ちょっと明るくしたい JDR110V70W~UV-H

※実際のADVANCEシリーズは、同じ消費電力で約1.3倍の高照度となっているため多少明るく感じる場合もございます。

ハロゲンランプの市場は、省エネなどの流れでLED化へ少しずつ進んではおりますが、「演色性」「調光の質」「明るさ」などの観点で見ると、まだまだハロゲンランプの方が優れている点も多くあるため、全ての現場でLEDへの切り替えは難しいと言われてます。

ハロゲンランプが残る現場の中で、明るさや配光のバリエーションが増えた事は、大きなメリットかと思います。

ウシオライティングよりJR12V代替えのスーパーラインLEDランプ(LDR12V12WL-M-EZ10/D/30/HC-S)が11月に発売開始

ハロゲンランプ国内シェア№1のウシオライティングより、待ちに待ったJR12Vφ50代替えのLEDランプが11月に発売されます。これまで、ローボルトタイプ(12V)のLEDはフィリプスのMasterLed(マスターLED)の独占市場でしたがウシオのローボルト市場への参入で、今後ユーザーが選んで商品を購入できる事になりそうです。

SuperlineLED

ここで、ウシオのLDR12V~の特徴を簡単にまとめてみます。

●演色指数Ra95の高演色タイプ Vivid(ヴィヴィッド)とRa80のPremium(プレミアム)の2種類をラインナップ
ハロゲンランプを使っていた現場には高い演色性が求められる場合が多々ありますが、ウシオLDR12VタイプにはRa80で最大光度2725cdのPremiumタイプの他にRa95の高演色なヴィヴィッドタイプ(最大光度 2175cd)もあるため、アパレル店舗、食品などの販売店、飲食店など、使用する環境にあわせてお好みのタイプを選択することができます。

Hikaku

●口金:EZ10(ネジ込み)とGU5,3(2本ピン)の2タイプ
現在お客様がご利用されているランプにあわせて、ねじ込み式のEZ10タイプと海外灯具やコンパクトな器具によく使われている2本ピンのGU5.3が用意されています。

●従来のハロゲンランプと同等の寸法。(全長60mmφ50mm)
口金周りの形状も従来のハロゲンランプと同等に設計されているため、器具によって形状が合わないというトラブルはほとどん無さそうです。また、重さは従来のハロゲンランプ54gに対し、LDR12V~は50gと軽量化を実現しました。

ウシオライティングのLEDランプは、光にこだわりを持っているメーカーであり、従来のランプのアカリを忠実に再現しようというこだわりを感じる商品が多々あります。今回のLDR12Vタイプも大いに期待ができそうです。

品番 (EZ10ねじ込み式タイプ)
– Superline LED Vivid(ヴィヴィッド)LDR12V12WL-M-EZ10/D/30/HC-S
– Superline LED Premium(プレミアム) LDR12V12WL-M-EZ10/D/30-S

EZ10

GaN on GaN LED搭載ハロゲンランプ代替LED電球「Superline LEDシリーズ」の販売を開始 – ウシオライティング