Philips hueのワークショップが銀座アップルストアで開催!ますますAPIを使って開発したくなったぞ!

こんにちは!スマートライト中畑です。

さて、9月26日に日本でも発売が開始されたPhilips hueのワークショップが、昨日アップルストア銀座で開催されたので参加してきました。

philips hue

このワークショップではフィリップスライティング・マーケティングの佐藤さんがPhilips hueのプレゼンテーションと質疑応答をおこない、その後、参加者が自由にPhilips hueを触ることができました。

さっそく、その模様をアップします。

ブリッジ(コントローラー)のAPIが公開されている

philips hue

Philips hueのセットには、ブリッジと呼ばれるコントローラーが入っています。上記写真一番右の真ん中が光った丸い装置です。

インターネットにつながったルーターから有線のLANケーブルをこのブリッジに接続し、このブリッジが、各ランプとZigBeeという無線の通信方式で制御を行います。

Philips hueの紹介ページを見ると、WiFiルーターが必要と書かれていますが、ブリッジとルーターとの接続は有線LANとおっしゃっていたので、注意が必要です。

で、このPhilips hueが従来の照明機器と大きく違うことは、このブリッジをコントロールするためのAPIが公開されているということ。

フィリップス佐藤さんは、「APIとはPhilipsの許可を必要とすることなく、ブリッジを使うことができる方法」とおっしゃっていましたが、APIについてとても簡潔でわかりやすい説明でした。

そして、このAPIが公開されていることで、全く新しい使い方ができるのがPhilips hueの特長とのこと。

光だけでなくコミュニケーション

上記、APIが公開されていることで、光を使ったコミュニケーションの手段になることを説明。

例えば、メールが届いたらhueが点滅するとか、天気予報が雨だったらその日の朝が青い光になるとか、株価が上がったら赤く点滅するなど、外部の情報と連動させて、その光り方や色によって私達が情報を得るような、まったく新しい使い方が、安価で簡単にできるとのことです。

今回、国内でPhilips hueが発売されるやいなや作られたウェブサイトが紹介されていました。

そのサイトは、INMR^ Lights :: イナムラガサキ ライツというサイトで、当日の稲村ヶ崎の写真から色を抽出してPhilips hueの色を変えるというサービスのようです。

みると、Instagramという写真投稿サイトからIFTTTという連携サービスを使い、iPhoneのPhilips hueアプリに情報をおくるという仕組みのようです。

天気予報や株価、メールなどとPhilips hueとの連動は、IFTTTを使えばプログラムが出来ない人でもできるので、今後、各個人のアイデアで面白い使い方がでてきそうですね。

距離は30m。ただしランプが中継する

Philips hueをコントロールするブリッジとランプとの通信はZigBeeで行われますが、このZigBeeは壁が無い空間では30mほど届くようです。

ただし、Philips hueは電球自体が中継機能を持っているので、ブリッジから30m以上離れていても、途中にうまくランプを設置すれば使うことができるようです。

ランプは100VのE26口金さえあれば設置できるので、安価で距離による制限を受けない使い方ができそうです。

商用利用可能!

一番気になったのはここ!

従来、照明の色を変える演出というのはそれなりにお金がかかってしまうものでした。

で、Philips hueが出てくれば、小規模の空間であればこれで済んでしまう案件もありそうです。

ただし、MicrosoftのKinectの様に商用利用には制限があるのか心配だったのですが、質疑応答で商用利用について確認したところOKとの回答をいただきました!

これは大きい!

ただし、Philips hueの本体自体はApple Storeで26000円で販売されているものなので、物販以外のところでお金にする必要がありますよね。

まとめ

ということで、とっても楽しみにしていたPhilips hueがついに国内でも販売が開始され、今回のワークショップに参加したことで、多くの疑問点が解消しました。

私自身はプログラマーなので、APIを使ったウェブサービスをぜひ作ってみたいと思います。

APIについては、Bootstrapで作られた下記のサイトでチュートリアルやフォーラムがあります。

Introduction – Philips hue API

あと、昨日はApple Store銀座でPhilips hueを買って帰ろうと思ったのですが、残念ながら既に売り切れていたようです。なので、オンラインで注文して、入手でき次第、APIを試してみたいと思います。

いやほんと、すっごく楽しみですね!

philips hue

Philips hueがいよいよ発売開始!アップルストア銀座でやるワークショップも行ってきます!

おはようございます。スマートライト中畑です。

9月は休日が多かったので、あっという間に過ぎ去ったようです。また、ちょっと前までは暑くて汗だくだった日々が、いつの間にか上着がなければ肌寒いぐらいに急激に変化しました。

私はブタクサと思われる花粉と気温の変化で鼻水とくしゃみが止まりませんが、みなさんも体調にはお気を付けください。

さて、以前からもご紹介しているPhilips hueについて、ついに日本での発売が開始されました!

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple?

9月26日にいよいよ国内発売開始


philips hue


いよいよPHILIPS hueが国内で発売になりました。

ただし購入は、アップルストア1箇所と、アップルのオンラインショップ限定での販売になるとのこと。どこのアップルストアかは見付からなかったのですが、おそらく聖地の銀座ではないかと。

海外の照明器具を国内で販売する際に、口金やPSE認証などが必要になりますが、そこら辺がクリアになりやっと国内でも利用できるようになったとおもわれます。

ちなみに、hueの電球は口金がE26というタイプですが、アメリカ(USA)は日本と同じE26なのですが、ヨーロッパでは若干サイズの違うE27という口金です。

恐るべきは色が変わるLED電球ではなくコントローラー

さて、PHILIPSのhueは色が変わるLED電球とインターネットと接続可能で、各電球をZigBeeで制御するコントローラーがセットになっていますが、おそるべきはこのコントローラーです。

以前PHILIPSはTVの映像の内容によってTVに内蔵されたLED照明の色が変わるという商品を発売していました。

今回、PHILIPS hueのコントローラーが家庭に設置されるようになると、PhilipsのTVが無線通信してhueの色を変えるというのも、とても簡単なことになります。

ちなみに、PhilipsのTVは現在は国内では販売されていないのですが、PhilipsのTVのサイトをみてみたらなかなか物欲を刺激するスタイルですよ! 

Philips – LCD TV & LED TV

で、照明という範囲であればそんなに大きな影響はないのですが、家庭内にある家電がPhilips hueのコントローラーと通信をはじめるということは、同時にインターネットにつながるということになり、それによって、各家電製品の情報を集約したり、連動したり、操作することができるのです。

なので、利用する側にとっては、家電製品とPhilips hueに繋げられることが価値のひとつとなり、将来的には、家電製品がPhilips hueのコントローラーにつなげられるかどうかが、家電製品を購入するときのチェックポイントのひとつになるかもしれません。

メーカー以外の人がアプリをつくれるAPIが公開されている

Philips hueでは外部の人間がアプリケーションをつくれるAPIが公開されています。

普通、メーカーの製品の使い勝手が悪かったり、自分のもっている他の製品と連動させたい時って、メーカー側が対応してくれない限りできなかったのですが、APIが公開されているので、企業だけではなく個人でもプログラムを書くことによって、自分の意図した使い勝手や、他の製品との連動をすることができるのです。

なので、APIを公開することによって、プロフェッショナルの人間から趣味でプログラミングをやっている人まで、Philips hueの便利な使い方ができるアプリケーションを開発することができるのです。

今まで、自社製品のアプリケーションを、自社内の開発者だけにつくらせていた企業の製品とは、数もアイデアも、そしてコストもまったく違ったアプリケーションが、今後、Philips hueには産まれてくるようになります。

もちろん、利用者にとっては、低コストでいいものが使えるようになるということです。

照明制御が安価になる。でも、それだけじゃない

照明制御については、DMXやDALIなど、メーカーに縛られず使えるような規格があります。でも、まだまだ小規模の店舗にとって照明の制御というのは予算的に難しかったりするもの。

このPhilips hueはセット価格で26,000円。

それだけでなく、上記APIの公開により、だれでもiPhoneやアンドロイド端末などで簡単に制御できるようなアプリケーションも、これからもっと世の中にでてくるでしょう。(例えば、飲食店の照明シーンがセットになっているアプリなど)

結果、照明制御というものが、安価でだれでもできるようになります。

でも、それだけじゃないんです。

APIが公開されてネットにつながる、つまり、クラウドが利用できるようになると、今、私達がiPhoneやアンドロイドで使っている、スケジュールアプリ、EvernoteやDropBox、GoogleMapやGoogleEarth、カメラアプリや家計簿など、ありとあらゆるものを連動させることができるのです。

具体気にどんなものができるかは、今後、記事をかいていきたいとおもいます。

本日9月30日に銀座のAppleストアでワークショップ

そして、本日、18:30から銀座のアップルストアでこのPhilips hueのワークショップがあるようで、アップルストア銀座に申し込みのリンクがありました。

Apple Store – Ginza

いよいよ発売になったPhilips hue! 本当に楽しみです!

DIALux勉強会を市ヶ谷健保会館で開催しました

おはようございます。

スマートライト中畑です。

ここ最近、バタバタしていてDIALux勉強会の開催ができていなかったのですが、楽画企の辻川さんがまとめてくださり、昨日、久しぶりにDIALux勉強会を開催してくださりました。

今回、DIALux.jpを運営されている、JBServiceの為行さんに、「鼻歌まじりでDIALux 鼻歌を止めないためには…..」というテーマで、DIALux操作のTIPSを、プロジェクターで操作画面を出しながら説明をしていただきました。

JBservice為行さん

残念ながら講座の内容の録画はしていないのですが、最近購入したCanonのIVIS miniでこんな動画を撮ってみました。

ということで、参加されたみなさん、お疲れ様でした!

PHILIPS紫外線殺菌ランプ TUVシリーズの型番の見方を動画で撮ってみた。

おはようございます。

スマートライト中畑です。

先日、YouTubeパートナーのMichael Wang氏の動画勉強会で動画の撮り方を覚えたので、これからいろんなものを動画でとってみることにしました。

まずは、このスマートライトでもよく質問を受ける、紫外線ランプの型番についての説明をしてみました。

その前でいくつか動画はつくっていたので、編集などはスムーズにいったのですが、今回、アフレコで音声を初めていれてみたので、これが失敗ばかりで、とても時間がかかりました。

動画とひとことでいっても、全体のストーリーや、カットの構成、ナレーションなど、やってみないとわからないことだらけですね。

でも、これはこれでなかなか楽しかったりします。

動画はSEO高価も高いといわれるので、これから頑張ってみたいとおもいます!

PHILIPS紫外線殺菌ランプ TUVシリーズの型番の見方  YouTube

PHILIPS紫外線殺菌ランプ TUVシリーズの型番の見方

第1回クラウドソーシング有効活用勉強会に参加、キーワードは【代替可能化スキル】

おはようございます。スマートライト中畑です。

昨日は橋田一秀さん主催で、コワーキングスペース茅場町で開催されたクラウドソーシング有効活用 #1「クラウドワークスを使った開発手法」 に参加してきました。

クラウドソーシング有効活用  1 クラウドワークスを使った開発手法  Co Edo Developers | Doorkeeper

クラウドワークスの西山さん、きくもとさん、株式会社サイクスの門松さんのお話をきき、私も自身のクラウドソーシング活用事例としてLTをしてきたのですが、今回の勉強会に参加してクラウドワークスについて改めて感じたことを書いてみます。

発注者側と受注者側、それぞれに【代替可能】という言葉がキーワード

受注者側が【代替可能】で無いスキルをもっている場合に有利なのはわかりやすいとおもうのですが、むしろ発注者側が【代替可能】な状態に仕事を分解できるかどうかがすごく重要。

発注者側が【代替可能化スキル】を持っていなければ、依頼した仕事のクオリティ、価格、そしてリスクのどれかに問題が生じる可能性が高まります。

これについては、きくもとさんが今回発表された「100%失敗しないクラウドソーシングの発注方法」を、いずれブログでアップされると思うので、解説は省略。

↓ きくもとさんのブログ
rake enjoy!!

適正価格はそれなりにある

クラウドワークスで募集されている仕事の一覧をみると、ものすごい安い価格条件のものが並んでいたりします。

でも、受注者側の能力を【継続的】にしっかりと発揮してもらうためには、それなりのコストが必要だと感じています。

もちろん、自分の実績をあげる為や、その発注者から次も仕事をもらえるように、初期は非常に低価格で仕事をしてくれる人もいるのですが、一番最初と同じ金額で、次もその人が同じ内容の仕事をしてくれるかどうかは、発注者側も注意する必要があります。

そして、これは肌感覚なのですが、それなりに適正価格はあります。

だから、激安で受けてくれた人も、次の金額は適正価格に近づける交渉があったり、たとえ同じ金額で仕事を受けてくれたとしても、最初と同じクオリティで納品してくれるかどうかは心配なところです。

ただし、従来はエンドユーザーから受注者までの間に何社も入っているような仕事の場合は、この適正価格でも激安!と感じる発注者がいるかもしれません。

言語の壁が崩れたら?

先に上げたとおり適正価格はそれなりにあります。

でも、それはあくまでも日本の中の話。

現在は、日本語という特殊なコミュニケーション環境の中でやりとりされている国内のクラウドソーシングですが、もしその言語の壁が、なんらかの方法によって崩れ、東南アジアやロシア、南米、アフリカなど、世界のクラウドワーカーが参入してきたとき、適正価格の相場は大きく変わるでしょう。

これ、時間の問題なんじゃないかなぁと思います。

まとめ

以上、私自身、クラウドソーシングを使い始めたのは去年の9月からなのですが、最近ますますクラウドソーシングの発注者側の経験値とスキルをあげる必要性を痛感しています。

なぜならば、自分の中にはやりたいことがいくつもあり、そのやりたいことがこれまで出来なかった理由として、費やす【時間】が確保できないことや、自分にはその【スキル】がないことが大きかったのですが、【時間】と【スキル】をクラウドソーシングを使うことで解決することを理解したからです。

つまり、【自分のやりたいことは、クラウドソーシングを使って実現できる】ことがわかったんです。

でも、その前にひとつだけ条件があって、それには【クラウドソーシングを使うスキル】が絶対に必要なんです。

ということで、これからは【クラウドソーシングを使うスキル】を伸ばしていきたいと思います!

首都圏鉄道会社が運行データの公開を!電子世界の現実性があるレベルを超えた未来の姿は?

おはようございます。

スマートライト中畑です。

今、世の中では、これまでは企業や組織の中でしか活用されなかったデータを外部に公開することで、第三者がそれをつかってより便利なサービスをつくりやすくするような流れがあります。

例えば、企業が自社で販売する商品のデータを、第三者が利用できる状態にして、より売れやすくするようにしたり。参考記事:企業は自社製品の情報をAPIで公開してサイト運営者に営業をまかせる時代がくるのか? APIエコノミーについて

総務省がもっているデータを公開することで、他のデータと組み合わせて、よりわかりやすかったり、付加価値のある情報を第三者がつくれるようにしたり。参考記事:総務省統計局が次世代統計利用システムで国勢調査や全国消費実態調査などのデータをAPIで公開 |

その第三者がデータを利用しやすくするための方法のひとつが、API【 Application Program Interface 】というものなのですが、NHKのNEWS WEBにて、NHK NEWS WEB 交通オープンデータで何が変わる?という記事が公開されています。

NHK NEWS WEB 交通オープンデータで何が変わる

こちら、首都圏の鉄道各社と東京都が、電車がどこを走っているのかをリアルタイムで提供する運行データの公開に乗り出すとのこと。

NHKのサイトには、このデータ公開によって実現できるいろんな便利なことが書かれていますが、別の使い方として、Google Map上に運行している電車の状況をリアルタイムに再現することも可能です。

一方、設備の世界では建物の中で現在使用している電力量を設備ごとに把握するというBEMSやHEMSの動きがあります。

この鉄道の運行データに、各建物で使用されている照明器具が点灯しているか消灯しているかなどが加わり、さらに、それがGoogleEarthに反映すると、まさに「A列車で行こう」や「SimCity」のリアルな光景が広がることができるのです。

それに加え、個人の持つ携帯電話から得られる位置情報や、UP by Jawbonソフトバンクヘルスケアなどの生体情報がもし加わったとしたら、それはもう便利という範疇ではなく、なにか恐怖を感じるようなものになりそうです。

まぁ、さすがにプライバシーに関係する情報がオープンになるとは思えませんが、そのデータを入手できる立場にいれば、私達のこの世界のコピーをひとつ上の次元から眺めることができることが技術的に可能になるってことなんですよね。

今から3年後にはオープンデータやオープンでないデータがつかわれてどんな風になっているのか、怖くもありますが、とても興味をそそるテーマであったりもします。

Googleで上位表示すると下がった時に受けるショックが意外と大きかった件

おはようございます。

スマートライト中畑です。

スマートライト|照明についてのポータルサイト

みなさん、ご自身のウェブサイトのSEO対策ってされていますか?

私の場合は、最近こんな本を購入して勉強中なのですが、実際にあるキーワードでGoogleで上位表示するとそれはそれで心配も増えることを経験しました。

このスマートライトではないのですが、別につくっているサイトがとある複合キーワードで3位表示されるようになりました。

それと同時にSEOスカウターというツールで毎日、その順位をチェックしていたのですが、ある日、それまで3位だったキーワードが7位になってしまいました。

心当たりといえば、SEOの教科書どおりにtitleやmetaタグなどの改良をその前の週によかれとおもってやったのですが、が、他のサイトも大きく順位を変動していることなどをなどを見ると、まぁ、いろんな理由がありそうです。

今までは上位表示するようなキーワードはなかったのであまり気にしなかったのですが、自分が意図しているキーワードで順位が下がると、思ったよりもショックを受けることがわかりました。

SEOはとても大事な要素ですが、基本、自分でコントロールできないものの結果を気にしすぎるのも、良くないなとおもった次第です。

ネットワークで制御できるようになると、第三者が制御する危険性が発生するということ

こんにちは、スマートライト中畑です。

さて、世の中は離れたところのPCや自分のスマートフォンなどを使って、直接、線でつながっていなくても、様々なモノが制御できるような便利な時代になりつつあります。

それは商業施設だけでなく家庭でも、照明、セキュリティ、空調など、およそ制御できるようなものは遅かれ早かれ、そのネットワークのひとつとなるのではないでしょうか。

そんな中、ひとつ気になるニュースがありました。

LIXILのトイレ操作アプリに脆弱性 – 使用中に蓋の開閉やビデが行われる恐れ | エンタープライズ | マイナビニュース

こちらの脆弱性については、見知らぬ第三者が任意の「SATIS」トイレのフタを開け閉めできたり、ビデを作動させるというようなものですが、今後、照明も含めて無線で制御できるようになると、今までは照明のトラブルで発生しなかったようなものが、起こったりするかもしれませんね。

SATIS

2014年4月から企業はピーク電力対策を求められる?

おはようございます。スマートライト中畑です。

-節電・省エネの楽画企の辻川さんから教えてもらったのですが、本日、日経新聞のWeb刊に、このような記事がありました。

ピーク時の節電、企業に対策強化を要請 経産省  :日本経済新聞

電力の省エネを考える場合、電力使用量と共に大事なのが、瞬間的に合計で最大どのぐらい電力(ピーク電力)を使用するかというところがあります。

実際にはそのピーク電力によって年間の電力基本料金が上がったり下がったりするのだが、電力会社からするとそのピーク電力に対応した電力供給能力を準備しなければならないので、ピークが高ければ高いほど、そのピーク以外の時間は必要のないものとなり効率が悪くなります。

今回、経済産業省の企業への対策強化要請はこの部分の効率化を高める為とおもわれます。

2014年4月に節電対策の指針が施行されるようですが、【飴】でいくのか【ムチ】でいくのか、照明の商売をしている私達にとっては気になるところですね。

Peak

車用のランプを販売するネットショップ kuruma-denkyu.comの企画中

こんにちは、スマートライト中畑です。

さて、6月末に車のランプのネットショップを始めます!と宣言しましたが、いよいよ本格的に、この2年間ウェブについて勉強したことを反映させてサイトの立ち上げしたいとおもいます。

で、せっかくなので、これからネットショップを立ち上げよう!と思っている方の参考になるように、その過程を公開していきたいと思います。

ドメイン&サブドメイン

ドメインは、kuruma-denkyu.comで取得しました。

ドメインには、そのサイトのキーワードを入れたほうが、SEO的には良くなるとのことで、直感的にこのドメインにしました。

実はその後に参加した勉強会で、サイトを構築する前のキーワードの調査方法を教えてもらったので、本当はこれをしてからのほうがよかったのですが、既に取得してしまったことと、”車”と”電球”というキーワードがはいっているので、これで進みたいと思います。

また、サイトの構成については、smartlightとおなじように、

kuruma-denkyu.com >> WordPressで構築するポータルサイト
ec.kuruma-denkyu.com >> EC-CUBEで構築するネットショップサイト

にします。

EC-CUBEをもっと活用して、WordPressを使わずに作ろうとおもったのですが、EC-CUBE自体はあまりコンテンツ管理やネットショップ以外のサービスの提供に向いてはいないので、このようにサブドメインを使って分割することにしました。

サーバー

スマートライトはCPI
のシェアードプランACEという月々3980円のレンタルサーバーを利用しています。

こちらは、マルチドメインが可能なので、smartlight.jpというURL以外に新しくkuruma-denkyu.comというドメインを増やしても追加料金は必要ありません。

また、WordPressやEC-CUBEを利用する場合は、MySQLというデータベースが必要になるのですが、安いサーバーだとデータベースの数も限られていますが、CPIのシェアードプランACEは、データベースも好きなだけ利用することができます。

今後、アクセスが膨大に増えた時にはまた考える必要はありますが、スタートはこのサーバーがあれば良いと思います。



ページづくり

ページづくりについては、

1.サイトの核となるキーワードを書き出す

2.Google Keyword Toolを使ってキーワードを検索

3.2の結果をもとに、ページのタイトルを決める

という方法をとることにしました。

サイトの核となるキーワードの候補については、

車 電球
D2S
車 ランプ
PHILIPS H4
アルテノン

として、Google Keyword Toolを使ってみました。

結果はこんな感じ

GoogleKeywordTool

ざっくり、キーワードを解析してみると

  • 車種名+ランプ種類 (例: fit HID )
  • 色温度+HID (例: 6000K HID )
  • ランプ型番 + LED (例: H4 LED, T-10 LED)
  • HID 純正
  • 車内 LED

といったようなものがありました。

さて、あとはこのキーワードでどんな競合サイトがあるかと、コンテンツをどのようにつくるかを考えて行きたいと思います。