LDR10L-M-E11/27/7/20:ウシオライティングの70φダイクロハロゲン形LEDをハロゲン75Wと比較してみた

白熱電球からはじまり、蛍光灯タイプや水銀灯タイプなど、今や既存のありとあらゆる光源の置き換えとして続々とLEDランプが出てきておりますが、お店の照明などでよく利用されている直径7cm(70φ)のダイクロミラータイプハロゲンランプ(一般にJDRφ70)の代替えとなるLEDランプがウシオライティング株式会社より発売になりました。

さて、こちらの製品、ウシオライティングのLEDIU(レデュー)というブランドで、JDRφ50タイプやミニレフランプ形のLEDもこのレデューシリーズのラインナップとなります。ちなみに、シャンデリア球の代替えとなるLEDランプのシリーズは、Let(レット)と呼ばれています。

外観

まずは外観の比較。

横にならべたところ。左がレデューです。

IMG 1266

正面からみたところ。LEDのモジュールが6つ使用されています。こちらも左がレデュー。

IMG 1265

箱を比べてみました。レデューのパッケージデザインの方がおしゃれな感じですね。(左がレデュー)

IMG 1267

見た目、レデューの方はヒートシンクの金属的な質感が強いですが、寸法的には、ほぼ同じ大きさです。

ちなみに、ウシオライティングさんのカタログを拝見したところ、ご覧のように、とてもわかりやすく大きさの比較がされています。これなら、既存の器具の交換用に使えそうですね。

ウシオ pdf 5 9ページ

配光

さて、次に配光です。スクリーンに光を照射して比較してみました。左が従来のハロゲンランプ、右がレデューです。

IMG 1263

ハロゲンランプの場合は、狭角、中角、広角と3種類の配光があるのですが、こちらは中角(20度)配光に商品数を絞っています。

見たところ、やはり店舗照明のハロゲンランプに長い経験と実績を持つウシオライティングさんならではのハロゲンと比較して遜色ない配光を実現しています。

こちらも、ウシオライティングさんのカタログには配光比較が出ています。

ウシオ pdf 5 9ページ 1

電力

先日アップしたスライドのとおり、数字で比較します。

レデュー(LED) 従来ハロゲン
電力(W) 10 75
光束(lm) 630 1200
効率(lm/W) 63 16

さて、上記で気になるのが光束(lm)というところ、ハロゲンランプが1200lmあるのに対して、レデュー(LED)は約半分の630lmとなっているので、レデューの方が暗そうなイメージがあります。

しかし、実はダイクロリフレクタータイプのハロゲンランプは、ミラーの後ろに熱を逃すため、こちらの1200lmの光束がすべて前面に出てくる光になるわけではありません。また、ハロゲンランプは中のフィラメント(ぐるぐるまいてあるコイル)部分が発光し、その多くがミラーに反射する設計になっています。

この時、フィラメント自身の陰になったりして有効に利用できない光が発生してしまい、結果的にこれらのロスを考慮すると、この光束値が明るさを比較する絶対的な指標にはならないのです。

ではどこで比較するか?本当は、ランプの前面ガラスから照射される分だけの有効な光束値があれば良いのですが、なければ光度(カンデラ)という値で比較します。

下記、製品カタログからの数値で、ハロゲンもレデュー(LED)も最大光度は3900cdとのことです。

ウシオ pdf 5 9ページ 2ウシオ pdf 5 9ページ 3

注意点

カタログやパッケージには、下記のように注意書きがあります。

IMG 1270

この中でも特に気をつけなければならないのは、調光はできないというところ。

お店によっては、現在のハロゲンランプを調光して使用されているところもあると思いますが、この70φタイプのレデューは調光に対応していないので、購入される場合にはお気をつけください。

まとめ

ということで、ウシオライティングから新しく発売されたレデューシリーズの70φダイクロハロゲン形LEDランプのご紹介をいたしました。

省エネ性能についてあまり触れませんでしたが、エネルギーを光に変えるランプ効率は、従来のハロゲンが16lm/Wに対し、レデューは63lm/Wとなっており、4分の1程節電効果が期待できます。

明るさも光度値で3900cd、調光は対応していませんが、寸法的にも従来器具にそのまま利用することができるため、とてもおすすめなランプです。

ただ、そうは言っても、明るさについては実際に見てみないとわからないとおっしゃる方もおられると思うので、現在特別に明るさ検証用のサンプルとして購入される方に1回限り、送料分として1000円の値引きを行っております。

下記のリンクよりご購入いただき、備考欄に、「検証用サンプル」とご記入いただければ、ご注文の金額より1000円値引きさせていただき、代引き出荷や銀行振り込みの案内をさせていただきます。

(合計金額ではそのままの金額が表示されますが、請求時にこちらで1000円分の値引きをしますので、ご安心ください)

【ウシオ】ダイクロハロゲン形LED70φE11レデューの購入はこちらから

ウシオライティング ダイクロハロゲン形 調光対応シングルコアLEDランプ LDR-5L-M-E11/D

ウシオライティングから新しく、LEDIU LED電球 ダイクロハロゲン形 JDRφ50タイプ調光対応シングルコアランプが発売されました。

タイプは、LDR5L-M-E11/D/27/5/18 (中角タイプ)とLDR5L-W-E11/D/27/5/30 (広角タイプ)の2種類です。

早速この紹介動画を作成してみましたのでみてみてください。ちなみに、商品の説明をしているのが、私(中畑)です。今日はたまたまネグセになっていますが、いつもはもっとちゃんとしています。(たぶん)

あと、動画では肝心の省エネがどれぐらいになるかの音声がきれていますが、従来のハロゲンランプ(40W)に対し、このLEDランプは5Wになるので、消費電力は約7分の1となります。

また、撮られることにあまり慣れていないので、かなり緊張して間違ったりしていますが、これでも何回も取り直しをしてるんです。とりあえず、アップすることを優先させて、見づらいところもありますが、まずは動画を紹介させていただきます。きっと、経験を積むことで、もっといい動画がつくれるとおもます。

ところで、当然のことながら、こちらの商品はスマートライトネットショップでも販売をしております。ぜひぜひ、このランプを試してみてください。

ウシオライティング ダイクロハロゲン型JDRφ50調光対応シングルコアを購入される方はこちら!

フィリップスからLEDランタンが新発売となりました。

さて、11月に入り今週から寒さも厳しくなってきたのですが、そんな中、新しくフィリップスからLEDランタンが発売になりました。

https://i2.wp.com/farm7.static.flickr.com/6231/6327535497_5d54226956.jpg?resize=500%2C375

タイプは本体がシルバーで光が昼白色(白い光)のタイプが型番:LFBLI、本体がピンクで光が温白色(オレンジっぽい光)が型番:LFWLIとなります。

https://i2.wp.com/farm7.static.flickr.com/6222/6327536625_2a4ef560dd.jpg?resize=375%2C500

光をつけるとこんな感じ。ボタンを押すことで三段階に明るさが調節できます。

https://i1.wp.com/farm7.static.flickr.com/6112/6327540363_1b74520b65.jpg?resize=375%2C500

ひっくり返してたてることもできます。

https://i0.wp.com/farm7.static.flickr.com/6119/6327540573_0b4d11b244.jpg?resize=375%2C500

フックもついているのでカバンやベルトに引っかけて使うこともできます。

https://i1.wp.com/farm7.static.flickr.com/6216/6328291990_fc699b7bdd.jpg?resize=375%2C500

電池は単四電池4個式。最初に国内では滅多に見られない!?PHILIPSの単四乾電池も4つ付いてきます。

IMG_0220

あと特殊な機能として、ボタンを長押しすることで点滅モードになります。屋外で誰かに注意を促したい時など点滅モードにすると役にたつかもしれません。

そして、気になるお値段の方ですが、1個1980円プラス消費税で合計2079円となります。1万円以下だと送料がかかってしまうので、なにか他に必要なランプがあったときに、ご検討していただけると幸いです。

フィリップスLEDランタンの購入はこちらから!

PHILIPSから直管型LEDランプ MasterLEDtubeが新発売


フィリップスからついに直管型LEDランプの発売がされました。その名も”MasterLEDtube”

既存の40Wタイプの蛍光灯と同じ長さのタイプで、色温度は4000Kの白色と6500Kの昼光色の2種類。

TLED___v2.pdf(ページ 6/15)

仕様は入力が96Vから240Vで1次側の電源を直接ランプに入力するタイプ。既存照明器具に設置する場合は配線工事が必要です。

スマートライトECショップでPHILPS Master LED tubeをチェックする

 

フィリップスより50ΦJDR100Vタイプと35ΦJR12VタイプのLED電球が新発売

株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンより、新しく50ΦJDR100Vタイプと35Φ12Vタイプのハロゲン型LED電球が発売になりました。ハロゲンランプはエネルギーを光にする効率が、20lm/W程度であるため、既存のハロゲンランプを40lm/W程のLED電球タイプにすることで、高い省エネ効果を得る事ができます。

LEDを使った省エネを検討されておられる場合は、まずは既存の器具の置き換えで効果の高い、このようなLEDランプを試してみてはいかがでしょうか?

“フィリップスより50ΦJDR100Vタイプと35ΦJR12VタイプのLED電球が新発売” の続きを読む