蛍光灯からLED照明に本格的に移行、東京メトロ地下鉄がLEDの検証が終わり新造・既存の両車両にLED照明を順次導入していくとリリース

こんにちは!スマートライト中畑です。

実は本日、第二子が無事産まれたので、更新が遅くなりました!
皆様、ありがとうございます!

Baby

さて、先日、都営地下鉄線にて効果確認のためにLED照明を導入したという記事を書きましたが、今度は東京メトロが電車の車内照明にLEDを本格導入するというニュースリリースがありました。

↓ 以前書いた都営地下鉄の記事

都営地下鉄新宿線・大江戸線にて効果確認のためにLED照明を導入 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

↓ 今回、東京メトロのプレスリリース

Subway led 1

東京メトロのプレスリリースによると

これまで、銀座線新型車両1000系等においてLED照明を採用し、技術・サービス面における検証をお
こなってきた結果、実用化の目処がたったことから、本格導入することといたしました。

とのこと。

新造車両はもちろん、既存車両についても順次LED化を進めるとのことです。

昨日の水銀条約の件もそうですが、今まで当たり前の様に利用されていた蛍光灯が、このように順次、LED照明に変わっていくようですね。

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

NECライティングから100形ハロゲンランプ新製品「LIFELED’S(ライフレッズ)」が発売

こんにちは、スマートライト中畑です。

NECライティングから新しいMR16タイプのLEDランプが発売されました。

名前は「LIFELED’S(ライフレッズ)」。

NewImage

製品ラインナップは、配光が中角(18度)と広角(30度)のそれぞれに、光色が白色相当と電球色相当の合計4アイテム。消費電力6Wでダイクロハロゲンランプ50Wの代替えとなるため大幅な省エネになりそうです。

NewImage

また、ヒートシンクの高効率設計や材料にマグネシウム合金などを採用し、サイズと重量を従来ハロゲンランプ相当のΦ50x65mm、55gを実現したとのこと。

NewImage

現在、100VでE11口金のJDRハロゲンランプの代替えとなるランプは各社からでてきていますが、かつてはヒートシンクや電源のためにサイズが大きく、既存器具への採用がむずかしいものが多かったのですが、これからはサイズ部分を気にすることなく利用できるLEDランプがますます増えていきそうです。

プレスリリース NECライティング

Qi(チー)規格のワイヤレス給電機能を備えたLEDデスクライトがコニカミノルタから新発売

Qi(チー)規格をご存知ですか?

電磁誘導を利用したワイヤレスによる給電システムの規格名で、現状は最大5Wと低電力のものしかないが2013年春までには15Wまでの電力に対応した規格ができるそうだ。

現在は主に携帯電話の充電用として利用されているようだが、コニカミノルタからQi規格を利用したLEDデスクライトが世界初で新発売となった。

1127 01 01

こちらの写真の様に、スタンドの本体部に載せることで充電できる。

1127 01 02

昔流行ったPalmやザウルスなど、かつては電子手帳も携帯電話もデータの同期はPCと線で接続しておこなうのが当たり前だった。しかし、現在はクラウドを利用することにより、データの同期を取るために線で接続必要なアクションはほとんどなく、iPhoneもスマートフォンもケーブルが必要なのは充電のみである。

バッテリーの性能が上がったとはいいつつも、スマートフォンなどを利用する上で充電のことを気をつけなければいけないのはまだまだ続きそうだが、Qi規格のワイヤレス給電を採用した製品が今後増えてくれば、充電をする機会や場所は増えそうな感じである。

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple?

おはようございます。スマートライト中畑です。

昨日紹介したPhilipsのhueというランプシステムですがフィリップスの公式ページにこの製品のニュースが10月29日付けでアップされておりました。知れば知るほど、これから家庭の中でおこるであろう未来への大きな変化の兆しに胸が踊ります。

アプリケーションで明かりをカスタマイズできるLED電球「Philips hue」を発表

あらためて、自分が感じたポイントをご紹介します。

1. 欧州のアップルストアで独占販売

フィリップスといえばコーヒーメーカーやシェーバーなどが国内での民生品として有名ですが、最近はiPhone用のスピーカーや屋外でダンスの練習をするためのワイヤレススピーカーなども量販店などで見ることができます。

フィリップス Fidelio ドッキングスピーカー

日本でのフィリップスの電球はプロ用が多い為、一般的に目にする機会は少ないですが、ヨーロッパではそれこそパナソニックや東芝のランプなどのようにスーパーや量販店などで気軽に購入できるメーカーのひとつです。

しかしながら今回のhueは欧州でもアップルストアで独占販売という特殊な販売方法になるそうです。たしかに、制御するためにiPhoneとアプリが必要になることや、ブリッジ(後述)と呼ばれるゲートウェイを設置する必要があることなどを考えると、ある程度販売対象を絞る必要がありそうです。

2. ブリッジと呼ばれるゲートウェイからZigBeeで制御する

下記がプレスリリースに示されたhueの作動の仕組みです。

Hue03

部屋の中には、ブリッジと呼ばれる制御するための機器を設置します。これにインターネットのケーブルを接続します。

Hue01

イメージ的にはApple TVのような感じですね。このブリッジから個々の電球をZigBeeという通信規格で制御します。ちなみに、Apple TVはWiFi接続できますが将来的にはこのブリッジもWiFi接続できるようになるのではないかなと。もしくは、次の世代のAppleTVがhueのブリッジの機能を搭載してしまったりすることも?

そういえば、PhilipsはTVの映像に合わせて液晶TVの後ろについたRGB照明を変化させるAmbient(アンビエント)という商品があります。今回のhueをきっかけにそれまでは個々の家電製品の中にRGBを仕込まないとAmbientが出来なかったのが、hueが部屋の中に設置されることで、信号だけ飛ばせば自由に部屋をRGBで演出できることになります。

Amblone: DIY Ambilight – Circle of Life from Amblone on Vimeo.

今は雰囲気としてのAmbientですが、これからはコミュニケーションとしてのAmbientになっていく可能性もあります。例えば、人が訪れてチャイムがなると同時に部屋のhueが赤色で点滅するなど。

どちらかというと、家庭の中で利用されている照明も家電製品もPhilipsがずっと昔からやってきたことですが、AppleはiPhoneやiPad、AppleTVなどで近年、家庭のリビングに自社製品が利用されることを進めてきました。このPhilipsとAppleという2社が一緒になって、今回、家庭内の機器を制御する製品を送り込んできました。

まずは照明で始まりましたが、これから照明以外にも展開することを考えているのではないでしょうか? そして、今後この家庭内の環境をPhilips主導でコントロールしていくのか、Apple主導でコントロールしていくのかはまだわかりませんが考えただけでわくわくしますね!

↓ ZigBeeの簡単な説明

5分で絶対に分かるZigBee - @IT

↓ ZigBee詳細
ZigBeeとは (ジグビーとは) – TOCOS-WIRELESS.COM

3. 世の中の開発者に開発ツールを提供する

みなさん、iPhoneアプリをつくったことがありますか?

プログラミングという知識と技術が必要になりますが、継続して学習することができれば、誰にでもiPhoneのアプリを作れるだけの情報と機会が世の中に溢れています。また、そのアプリを世界中の人へ供給するためのiTunesストアというプラットフォームもあります。

hueのサイトを見ると、”Developers(開発者)”というページがあります。

下記はそこに書かれていることなのですが、つまり、開発するためのツールや情報をPhilipsは公開・提供する準備をしているそうです。

We’re developing for developers

You’ve probably realized by now that hue can do some pretty amazing things with light. But we’ve only just scraped the surface. And that’s where we need developers like you to get involved and really bring hue to life.

Later in the year we plan to release a wealth of developer tools – from parts of our bridge interface to some ‘how to’ guides – so you can get hands on with hue. We’re also working on an iOS and Android SDK, to make coding and linking to hue a breeze.

So if you want to make a new app, a game or even just a bit of fun with light, we’ll provide the tools if you come with the inspiration.

If you’ve already got a great idea bouncing around in your head then get in touch. And if it’s really cool then we might even promote it to the hue community.

Developers

これ、今までは照明のRGB制御というのは照明業界でも一部の人しかそのプログラムができない特殊なことだったのですが、hueが世の中で使われるようになり、ちょっとしたアイデアを思いついた人がそのアプリケーションを作れて、そういうものが世の中で増えてくると、今までは特別だった照明演出というものが自体が普通のことになってしまいそうです。

まとめ

いやぁ、もう書きながら勝手に一人で興奮しています。

このhueの登場と情報や開発ツールを世界中にオープンにすることによって、きっと、今までなかったような使い方が続々と出てくるでしょう。そして、今まで連動できなかったものが簡単に連動できるようになるでしょう。

照明の世界もLEDの登場で演出照明と一般照明の分かれ目がなくなってきたり、BIMの登場で建築と設備や設備の中の照明だけで独立していた境界がなくなってきたり、今は技術の進歩でいろんな境界がなくなったり曖昧になってきています。

hueの登場はまた別のジャンルからきた境界の消失につながりそうです。

ちょっと恐ろしい気持ちもありますが、それ以上に今回のニュースは新しいものがつくれるような、そんな可能性を感じています。

ネットとリアルな空間を照明という切り口で自由につなげる可能性!PHILIPSのhueというRGB LED電球という商品がすごすぎる!

Hue

おはようございます。スマートライト中畑です。

iPhoneやMacのことなどを中心に毎日更新されている岩手県在住のハンサムクロジ(@kuroji1987さんのNanokamo Blogにて”iOSアプリで制御できるLEDライト『Hue』の販売がアメリカ・ヨーロッパのApple Storeで始まる”という記事がアップされていました。(ちなみに、WordPressに移行してからは毎日読んでます!)

iOSアプリで制御できるLEDライト『Hue』の販売がアメリカ・ヨーロッパのApple Storeで始まる | NANOKAMO BLOG

これ、ちょっとかなりすごいですよ!

なにがすごいって、まずはこの”hue”のために作られたウェブサイトがすごい!

http://www.meethue.com/en-US

当然HTML5だし、パララックスやアニメーション演出をばりばり使った「高級ペライチサイト」だし、iPadにも対応したレスポンシブデザインだし!既存のPHILIPSのサイトと比較するとそのイケてる感がすごい!

↓ 高級ペライチサイトについて
縦や横に長いサイト「高級ペライチ」1度は見ておきたいスクロール演出のまとめ32個! | KAYAC DESIGNER’S BLOG – デザインやマークアップの話

さらに、Vimeoの動画を見てびっくり!

これ、”Personal Wireless Lighting”とコンセプト、つまり、”個人が無線で光を制御できる照明”ということなのですが、まずはなにはともあれこの動画をご覧あれ。

hue – Master Video from Philips Color Kinetics on Vimeo.

どうやって使う?

Hue01

単純に今まで白熱電球を利用していた照明器具のランプをこのhueに交換するだけ。配線や工事など何も無し。日本では部屋の天井の真ん中に丸い蛍光灯の器具がひとつだけというパターンが多いけど、ヨーロッパだとそういう照明の使い方は少なくて、部屋の中にスタンドがいくつも使われていたりします。


Living Room / BFS Man


Living room / naan

なので、そのスタンドのランプをこのhueに変えるだけ。あとは、iPadやiPhoneのアプリでコントロールできるというもの。

すごいその1 タイマーでシーンのコントロールができる

Hue02

iPhoneやiPadのアプリから、起床時間を設定してどのような色のシーンにするのかのプログラムが組めるようです。私は目覚ましとして、iPhoneのSleepCycleというアプリを使っていますが、これは音だけではなく振動を使って目を覚まさせてくれる機能があります。hueを使えば、照明点灯や変化をさせることで起床を促すシステムが簡単に導入できそうです。

将来的には、iPhoneの振動センサーからタイミングを送って起床時の照明演出をはじめることなどもできそうですね。
Sleep Cycle alarm clock 4.0.1(¥85)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
現在の価格: ¥85(サイズ: 11.5 MB)
販売元: Maciek Drejak Labs – Maciek Drejak Labs
リリース日: 2009/07/23

すごいその2 外にいても家の照明を点けたり消したりできる

Hue003

誰もいない真っ暗な部屋に帰るのは寂しいもの。このhueを使えば、外からiPhoneで室内の照明を点灯することができるそうです。これはたとえば長期外出するようなとき、任意の時間に点けたり消したりすることで、外から見たらまるで人がいるように装うことができ防犯対策にもなりますね。

既にそういうことができる製品もありますが、このhueを使うととても安価にそういうことも機能の一つでできそうです。

まとめ

残念ながら日本での発売がどうなるかはわかりませんが、LEDの技術、色を変化させる技術、ネットを利用して制御する技術など、新しい技術が小さいLED電球ひとつに込められたこのhueという商品。かつてこれと同じような機能を利用するには高い費用が必要となったものが、非常に低コストで実現できるとても可能性のある商品です。

これ、APIとかも公開されて自由にプログラムできるようになると、さらにネットの世界とリアルの世界を照明という切り口でお互いにつなげることがとても簡単になりそうです。

いやぁ、これはすごいですよ、本当に!

やっぱりこういうものを考えて商品化するPHILIPSはすごい会社です。

日本でも発売になったらいいですね!

ウシオ ダイクロハロゲンJDR110V40W、JDR110V65Wはシリーズは、JDRADVANCE(アドバンス)に変わります。

長い間、店舗照明や商業施設、ホテルなどで使われ続けてきましたウシオライティング製ダイクロハロゲン(JDR110Vφ50口金E11)が生産中止となり、後継品のダイクロハロゲンADVANCE(アドバンス)へ切り替わります。

Advance

市場規模でみると、ダイクロハロゲンランプの市場シェアの約65%がウシオライティングが握っており、その中で最も売れていた商品が今回の商品のため、市場では大きな反響があると思います。

しかし、既に後継品であるADVANCEシリーズの販売が順調であり、後継品に切り替えるメリットは多くあるため商品の概要を1度把握して頂ければ大きな混乱もなく切り替えが可能かと思います。今回の記事で、後継品の選び方なども明記しましたので御参照下さい。

生産中止品 ウシオライティング ダイクロハロゲンφ50口金E11

・JDR110V40WLN/K(狭角)
・JDR110V40WLM/K(中角)
・JDR110V40WLW/K(広角)
・JDR110V65WLN/K(狭角)
・JDR110V65WLM/K(中角)
・JDR110V65WLW/K(広角)

後継品 ウシオライティング ダイクロハロゲンADVANCEφ50口金E11

・JDR110V30WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V30WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V30WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V40WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V40WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V40WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V50WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V50WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V50WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V65WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V65WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V65WLW/KUV-H(広角)
・JDR110V70WLN/KUV-H(狭角)
・JDR110V70WLM/KUV-H(中角)
・JDR110V70WLW/KUV-H(広角)

従来品の明るさは40W、65Wタイプの2種類でしたが、後継品種のADBANCEシリーズは30W、40W、50W、65W、70Wの5種類へ増えた事で、現場に合わせて明るさのバリエーションが増えた事は大きなメリットです。

しかし、明るさのバリエーションが増えると、どのランプを使っていいのか悩みますよね。そこで、従来品からどの商品を選べばいいのか目安を御紹介します。

現在お使いの品番 目的 オススメ品番
JDR110V40W形 ・ちょっと暗くてもいい
・省エネにしたい
JDR110V30W~UV-H
JDR110V40W形 ・同等の明るさ(※) JDR110V40W~UV-H
JDR110V40W形 ・ちょっと明るくしたい JDR110V50W~UV-H
JDR110V65W形 ・ちょっと暗くてもいい
・省エネにしたい
JDR110V50W~UV-H
JDR110V65W形 ・同等の明るさ(※) JDR110V65W~UV-H
JDR110V65W形 ・ちょっと明るくしたい JDR110V70W~UV-H

※実際のADVANCEシリーズは、同じ消費電力で約1.3倍の高照度となっているため多少明るく感じる場合もございます。

ハロゲンランプの市場は、省エネなどの流れでLED化へ少しずつ進んではおりますが、「演色性」「調光の質」「明るさ」などの観点で見ると、まだまだハロゲンランプの方が優れている点も多くあるため、全ての現場でLEDへの切り替えは難しいと言われてます。

ハロゲンランプが残る現場の中で、明るさや配光のバリエーションが増えた事は、大きなメリットかと思います。

東芝ライテック、高演色を特長としたLED電球<キレイ色-kireiro->を発売

東芝ライテック社から色の再現性が高いLED電球<キレイ色-kireiro->が発売されたとのプレスリリースがありました。

Photo1

リリース記事によると、LED電球も省エネや長寿命などの性能への需要から光の広がりや色の見え方など光の質の需要が高まってきたとのことです。

照明業界の人間にとっては ①光源によって色の見え方が変わる。 ②演色性が高い光源を使うと色の再現性が高くなる。という2点が理解されているので【演色性】という言葉だけで色の再現性を伝えることができますが、一般の人にとっては先の①と②の両方をパッケージのみで伝えることはなかなか難しそうです。

いっそのこと【美容室用】とか【博物館用】などとしたほうが良いのでは?とおもってみたものの、そうすると一般家庭で使う為に購入する人は非常に限られてしまうので、今回の<キレイ色-kireiro->というネーミングは、おそらく、東芝ライテック社さんでも相当議論を重ねたのでしょう。

LEDの性能が上がり、価格も下がり、いろんなところに使われるようになったことで、光の質やアプリケーションに特化した製品が今後も増えていきそうです。楽しみですね!

LED電球「一般電球形8.8W」高演色タイプ<キレイ色-kireiro->の発売について | プレスリリース | 東芝ライテック(株)

内照式看板用LED “ポスターボックスモジュール”という商品について

縁あって、KOLEDO社というオランダの会社の看板の内照式LEDモジュールの販売促進に協力することとなりました。

こちらの、ポスターボックスモジュールという商品です。(LPM300)

LPM400

看板用のLEDというと、ストリングタイプといってLEDのモジュールが数珠つなぎになっているタイプのものを面の後ろにずらーっとLEDが並べる配置が多いのですが、このポスターボックスモジュールはこういう使い方ではありません。

ALS hp with driver bs kl 2

下のように側面に配置し光を看板の中心に向けて放射します。

Posbo配置

POSBO

なので、横から見るとこんな感じです。

Inside

光を効率良く利用するという点ではLEDから出る光を直接看板面に当てるほうが良いのですが、ポスターボックスモジュールは光をレンズで拡散させ各LED素子から出た光をブレンドした反射光で看板面を光らせるようにしています。

もちろんこれには理由があって、看板面全体の光の均一度を高めること以外にも、LEDの個々の素子ごとの光のばらつきや経年変化などの影響が看板面にほとんど出ないようなになります。

一方、デメリットもあり、直接看板面を照射するタイプと比較して照度が低くなることと、側面にモジュールを配置するので大きい看板には向きません。ただし、実験をしてみたところB1のサイズで2000lux程度は出ているので、照度については利用するアプリケーションによるところもあります。

ちなみに、もともとこちらの商品はPHILIPSが販売をしていたのですが、その後、世界的にKOLEDO社が自社のブランドで販売することとなりました。

LEDモジュール 製品カタログ フィリップスライティング – Philips

Home

ということで、私も全く知らない看板というアプリケーション向けの商品なのですが、これから勉強して結果をだせるように頑張りたいとおもいます。

看板業界や看板の照明についてアドバイスをいただける方、ご興味もっていただけた方、一緒になにかできるかも!と思っていただけた方は、ぜひご連絡をいただけるとうれしいです!

ちなみに、IESデータもあるみたいなので調べてみますね。

ご連絡フォーム

ウシオライティングよりJR12V代替えのスーパーラインLEDランプ(LDR12V12WL-M-EZ10/D/30/HC-S)が11月に発売開始

ハロゲンランプ国内シェア№1のウシオライティングより、待ちに待ったJR12Vφ50代替えのLEDランプが11月に発売されます。これまで、ローボルトタイプ(12V)のLEDはフィリプスのMasterLed(マスターLED)の独占市場でしたがウシオのローボルト市場への参入で、今後ユーザーが選んで商品を購入できる事になりそうです。

SuperlineLED

ここで、ウシオのLDR12V~の特徴を簡単にまとめてみます。

●演色指数Ra95の高演色タイプ Vivid(ヴィヴィッド)とRa80のPremium(プレミアム)の2種類をラインナップ
ハロゲンランプを使っていた現場には高い演色性が求められる場合が多々ありますが、ウシオLDR12VタイプにはRa80で最大光度2725cdのPremiumタイプの他にRa95の高演色なヴィヴィッドタイプ(最大光度 2175cd)もあるため、アパレル店舗、食品などの販売店、飲食店など、使用する環境にあわせてお好みのタイプを選択することができます。

Hikaku

●口金:EZ10(ネジ込み)とGU5,3(2本ピン)の2タイプ
現在お客様がご利用されているランプにあわせて、ねじ込み式のEZ10タイプと海外灯具やコンパクトな器具によく使われている2本ピンのGU5.3が用意されています。

●従来のハロゲンランプと同等の寸法。(全長60mmφ50mm)
口金周りの形状も従来のハロゲンランプと同等に設計されているため、器具によって形状が合わないというトラブルはほとどん無さそうです。また、重さは従来のハロゲンランプ54gに対し、LDR12V~は50gと軽量化を実現しました。

ウシオライティングのLEDランプは、光にこだわりを持っているメーカーであり、従来のランプのアカリを忠実に再現しようというこだわりを感じる商品が多々あります。今回のLDR12Vタイプも大いに期待ができそうです。

品番 (EZ10ねじ込み式タイプ)
– Superline LED Vivid(ヴィヴィッド)LDR12V12WL-M-EZ10/D/30/HC-S
– Superline LED Premium(プレミアム) LDR12V12WL-M-EZ10/D/30-S

EZ10

GaN on GaN LED搭載ハロゲンランプ代替LED電球「Superline LEDシリーズ」の販売を開始 – ウシオライティング

KP-GT8V50W。かつて多くの8mm映写機に利用されていたダルマと呼ばれた白熱ランプ

さて、この週末は息子の4歳の誕生日がありはじめてサーティーワンのカーズのアイスクリームケーキというものを頼んでみました。アイスクリーム屋なんて女性やカップルばかりのイメージがあるのですが、うちの近くの鶴川店は土曜日ということもあって小さい子供とママやジジババといった客層が多かったです。

001

私が子供の頃はおしゃれなアイスクリーム屋さんなどない時代で、当時、多摩ニュータウンにあるグリナード永山という商業施設で、買い物が終わった後にアイスクリームを食べさせてもらった記憶があります。あの頃、子供だった自分は目の前のアイスクリームのことばかり見ていましたが、親の立場になると、その一生懸命アイスクリームを食べている我が子を眺めるのがなによりの幸せなんだなと思ったりします。

今、自然現象も経済も原発のことも、いろんな不安がありますが、こんなふうにできる時代がずっと続くといいですね。

ということで、おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

以前、近藤電気のKP-10Sというランプをご存じですか?という記事を書いたのですが、先日、倉庫でこんなランプを見つけました。

Kpgt 500

かつて”だるま”と呼ばれ、フジカやヤシカ、小西六などの8mm映写機に利用されていた白熱電球KP-GT 8V50Wです。
(現在は富士電球という会社がFG-GT8V50Wという型番で製造しております)

おもわず、”なつかしぃ〜”といってしまったあなた!年齢がばれてしまいましたね!

今となってはiPhoneで撮影や閲覧だけでなく編集やタイトルいれまでできてしまう時代に、8mm映写機を使うことはなかなかありませんが、あの手間と苦労が多かった時代に撮った映像や当時の想い出は、今でも暖かい気持ちと共にみなさんの心の中にあるのではないでしょうか?

ちなみに、ランプを後ろから見るとこのように型番が打たれています。
RIMG0460

ランプにはこのように、リフレクターもついています。
RIMG0461

ソケットは”P30s-10.3”というタイプ。光軸や焦点距離がなるべく安定するようにつくられたノウハウの塊だったりするんですよ。
RIMG0463

あと、このランプが使用されている8mm映写機のリストがありました。もしかしたら、これにない機種もあるかもしれませんが、ご参考まで!


もちろん、スマートライトでもこのランプの取りか使いがあります。ご注文や価格についてはこちらへ!

追記:残念ながら富士電球でも製造を終了してしまった為、このランプはもう入手できません。

KP-GT8V50W(FP-GT) タイプ機種一覧表

機種 メーカー 機種名 適合ランプ
8mm映写機 フジカ SPマイテイ FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ SPマスタ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-40 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-20 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ TM-25 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-3 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-10 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-15 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-20 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-25 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-30 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-35 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-17 FP-GT 8V50W
8mm映写機 フジカ M-27 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P8S FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-P400 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-SII FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン シネスタ-S400 FP-GT 8V50W
8mm映写機 キャノン キキノビジヨン8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-3 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-3-RS FP-GT 8V50W
8mm映写機 ヤシカ 8P-8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ミノルタ ミニオ-ト FP-GT 8V50W
8mm映写機 ミノルタ オ-トデユアル8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 30J FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 260S FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290S FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290D FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290D2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290F FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 290Z FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80J FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P-Ⅱ FP-GT 8V50W
8mm映写機 コパルセコニック 80P-S FP-GT 8V50W
8mm映写機 オリンパス オ-トスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 北辰 シネビジヨン8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン L-62 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン R-50 FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン ミチカ8LV FP-GT 8V50W
8mm映写機 ベルコーン ベルスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RS FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RSII FP-GT 8V50W
8mm映写機 シネマックス 8GF-RSIII FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ド FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ドス-パ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 シングル8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トP FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 S FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 SR FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 インステイタ- FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 コニスコ-プRS2 FP-GT 8V50W
8mm映写機 小西大 オ-トロ-ドサウンド FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 8SP FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 ス-パ-LM FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 ロ-ドマチツク FP-GT 8V50W
8mm映写機 三協 デユアラツク8 FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー オ-ト8P FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー トリオスコ-プ FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー TRI5SC OPE FP-GT 8V50W
8mm映写機 リコー トリオスコ-プ850P FP-GT 8V50W
8mm映写機 レイノックス DU-707A FP-GT 8V50W
8mm映写機 レイノックス 707-TC FP-GT 8V50W
8mm映写機 本庄 アロ-SW FP-GT 8V50W
8mm映写機 オリンパス オ-トスコ-プ 10397 FP-GT 8V50W
8mm映写機 クラウン 8 ズーム FP-GT 8V50W
8mm映写機 クラウン Pオートハード FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ 8Pデュアル FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ マーク501 FP-GT 8V50W
8mm映写機 オイミツヒ S712D FP-GT 8V50W