リビングデザインセンターOZONE(オゾン)にて8月と9月の2回にわたり照明についてのトークイベントが開催されるようです

おはようございます。

昨日から都市開発の現場に入っていますが、冷房の効かない現場は想像を絶する暑さです。しかも、担当しているのが密室になっているところなので、風もまわらないし扇風機もないし、かなり厳しいです。作業をしていただいている協力会社の方々には、本当に頭が下がります。

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、みなさん、新宿から甲州街道を初台方向に向かって歩いて行くと右側に見える”リビングデザインセンターOZONE(オゾン)”をご存じですか?

111

以前、”公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 通称JIDA ” 主催の”あかりメッセージ2006 Shinjuku”というイベントを開催させていただいた所です。

あかりメッセージ2006 Shinjuku::: Living Design Center OZONE

この、”リビングデザインセンターOZONE(オゾン)”にて、8月と9月の2回にわたり、照明についてのトークイベントが開催されるようです。

第1回 LED時代の照明器具デザインとは

8月28日(火) 19:00〜

近年、従来の光源とは全く異なる性質や大きさを持ったLEDが台頭してきました。LEDは、素晴らしい性質を持っていますが、反面、多くの問題点を抱えています。
このトークイベントでは、ここ10年くらいのLEDの進化を振り返りながら、今後のLED器具がどのようになっていくのか、また、どのような使い方がふさわしいかを3名の照明専門家にお聞きします。
世界の照明デザインの動向に詳しい米津誠太郎氏、LEDや有機ELなど次世代の照明器具デザインにチャレンジする玉井俊二氏、住宅や店舗・施設など幅広い物件を数多く手掛ける小山憲太郎氏をパネリストに迎え、過去・現在・未来のLED照明について語り、その可能性を模索します。

第2回 景観照明が果たす役割

9月18日(火) 19:00〜

景観照明というと、都市計画やビル群のライトアップ・夜景・テーマパークの夜間照明などを想像しますが、住宅の小さな庭園や坪庭、樹木の照明、店舗のファサードなど多岐にわたった照明を指します。東日本大震災後、繁華街の照明が消され、中途半端に暗い生活を強いられたため、無駄の多さが印象づけられてしまいました。しかし、LEDや有機ELの省エネ光源が台頭し、屋外と屋内の照明バランスを考慮することで新しい省エネができると考えられています。
また、人間の心理的・生理的部分も関わってくる分野でもあります。
時代の先端の知識を有する照明デザイナー3名をパネリストに迎え、新しい景観照明が果たす役割の重要性について語っていただきます。

LED時代の照明器具デザインの話も、景観照明のお話も、とても面白そうですね!

詳細と申込みは下記のページでご確認ください。

OZONEライティングトークイベント ::: Living Design Center OZONE

要チェック!イルミネーション機器についているコントローラーの防水対策

さて、もう週の真ん中の水曜日ですが、先週の日曜日は、バレエボランティアの公演で目黒区にあるマミーズホームというところにいってきました。先ほどそのブログをアップしたので、よかったら見てみてください。

目黒区マミーズホーム公演報告 | バレエボランティア

ということで、おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、昨日に引き続き今日もスマートライト・イルミネーション部の、みやさんによるイルミネーションの小技を紹介します。

Miyasan

コントローラーは電子機器だから防水に気をつけよう

イルミネーションは当然のことながら屋外で行いますよね。ただし、使用する機器類には電源を調整したり点灯を制御するためのコントローラーという弁当箱みたいなものがついていることが多いのですが、このコントローラーは電子機器なので屋外で設置する場合は防水は特に気をつける必要があります。

予算があればコントローラーを防水対策もされたボックスなどの収納することができるのですが、なかなかここまで予算が取れない場合、丈夫なビニール袋などを使うことがあります。

P1000138

ただし、上記はだめな例です。このように口を上にして設置してしまうと、上から雨水が入り込んだり結露で袋の中に水が溜まってしまったりすることがあります。その水がコントローラーに当たることで、故障の原因になることがあります。

ではどうするかというと、こんな感じ。
P1000140

ポイントは袋の閉じ口を下にすること。結露が発生しても水が下に抜けるようにすることです。

ほんのちょっとした違いですが、知っているのと知らないのとは大違いなので、ぜひ、覚えておいてください。

ただし、原則的に屋外で電子機器を使用する場合は回路の基板上に発生する結露で故障が発生する場合があるので、イルミネーションの期間やかけられる予算、単発なのか次年度も機器を再利用するのかなど、総合的に考えて使用するイルミネーション機器やボックスの採用などを検討されることをおすすめします。

なにか、質問などありましたら、みやさんがお答えさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

スマートライト・イルミネーション部に問い合わせる

ライン型の機器を使って樹木のイルミネーションをするときに注意すること

おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、今日はスマートライト イルミネーション部のみやさんからの投稿です。
Treemiyasan300

クリスマスシーズンのイルミネーションといえば、こちらの写真のように、木にイルミネーション機器を巻き付けるタイプがよく利用されていますよね。


Darks and Lights / carterse


Lighted tree / drewgstephens

でも、このタイプのイルミネーションをするときには気をつけることがあります。今日はその中から二つお伝えします。

木は成長するから余裕をもって取り付けよう

ひとつは、木の成長を考えるということ。木も生き物なので、日々成長しております。ごく短期間であればそうでもないのですが、ちょっと長めの期間のイルミネーションをする場合には、それなりに余裕をもった設置方法をする必要があります。

たとえば、これはだめな例
P1000131

ライン型のイルミネーションを木にぴっちりとりつけて遊びがないので、このままだと機器が木の成長とともに引っ張られて断線してしまう恐れがあります。

なので、おすすめは、
P1000132

こんな風に、結束バンド(インシュロック)でライン型イルミネーションを木にくくりつける時に、余裕をもって取り付けると良いです。

結束バンドが尖ったままにするとおもわぬ怪我をするから気をつけて

もうひとつは、結束バンドは取り付けるとはみ出た部分を切断するのですが、これはだめな例
001

なぜだめかというと、切断した尖った部分が残っている為、不注意で怪我をする可能性があるんです。なので、このように結束バンドの結束する部分で完全に切断して尖った部分を外に出さないようにするのがおすすめです。
002

ということで、今日は樹木をライン型の機器をつかってイルミネーションするときの注意点をお伝えしました。

では!

スマートライト イルミネーション事業部ができました。

こんにちは、今週土曜日23日にマイクロソフトでXOOPS cubeカンファレンスが品川のマイクロソフトで開催されます。私も実行委員として参加しているのですが、この6月だというのに季節外れの台風が上陸しそうだとのこと。

XOOPS Cube Conference 2012

XOOPScubeカンファレンスのサイト

おそらく、土曜日はすでに去った後とは思われますが、実は私はスーパー雨オトコ!

いまから数年前に結婚式を挙げた時は10月末だというのにものすごい台風を呼んでしまったという実績があります。今回のXOOPScubeカンファレンスも、そんな前科!?があるだけにちょっと心配です。もしそうだったらみなさんごめんなさい。

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

みなさん、今日はお知らせがあります!
なんと、スマートライトでイルミネーション事業部が設立されました!

イルミネーションとは、そう、クリスマスや年末などにアーケードや庭園などをキラキラさせるあれです。

私も照明の仕事は長いのですが、どちらかというと店舗や工場などがほとんどでイルミネーションの経験はありません。でも、このたびスマートライトに新しく加わったメンバーがイルミネーションのスペシャリストです。

なので、ご紹介します。

まずは、人を笑わせることとイルミネーションのネタを寝ている時も考えている、No イルミネーション, No lifeの、みやさん!

Miyasan300

そして、イルミネーションデザイナーのキクリン!

Kikurin300

以上のお二人です。

そして、ここ最近イルミネーションの記事作成に向けて打合せをしているのですが、今後、下記の様な内容で記事を書いていこうと準備中です。

今後のイルミネーション記事タイトル(案)

  • お父さんちょっときいて!個人でやっていると陥りがちな3つのイルミネーションの失敗事例
  • プロ直伝!あなたのイルミネーションがガラリと本格的になる5つのノウハウ
  • 100円ショップでそろえる、あって便利なイルミネーションで使える小物集

また、イルミネーションデザイナーのキクリンからは、イルミネーションのBeforeAfterの資料をいただきました。

たとえば、この何もない庭が、
Photo before

イルミネーションすると、こんな風に
Photo after

こちらは、ショッピングビルの入り口ですが、
Treebefore2

クリスマスツリーを置いた雰囲気はこんな風に!
Treeafter2

という感じです。

今後は、イルミネーションのページも作っていきますので、もし、こんなこと知りたい!とかありましたら、ぜひ、お気軽にリクエストください。
>> お問い合わせはこちらから

では!