残念ながら東京ミチテラスのプロジェクションマッピングは中止となってしまったようです

おはようございます。スマートライト中畑です。

残念ながら、「東京ミチテラス」のプロジェクションマッピングは中止になってしまったようですね。

でも、一度決めたことを途中で辞める決断をすることってすごく難しくて勇気あることだと思います。

日本のどまんなかといってもおかしくない東京駅という公共の場所で話題性のあるイベントを行うことで集まった人の数は、おそらく当初の予想をはるかに上回るものだったのでしょう。

主催の東京ミチテラス2012実行委員会の構成団体には東京都や千代田区などが入っているものの、それぞれのウェブサイトには「東京ミチテラス」の案内が出ていないところをみると、東京都が主催として関わっている「東京マラソン」のようなものではさそうです。改めて、今後、公共の場所で開催する「プロジェクションマッピング」というイベントの期待度の大きさと難しさを感じます。

東京都公式ホームページへようこそ

千代田区総合ホームページ

東京マラソン 2013 | 東京がひとつになる日。

運営者の方々は、私達が想像できないほどご苦労をされているとおもいますが、ぜひ、次に進んでいただけると嬉しいです。

限られたリソースの中で準備や運営は本当に大変だとは思いますが、それこそ「東京マラソン」のようにボランティアの募集などあったら、私も喜んで手を上げますのでぜひよろしくお願いします。応援しています!

東京ミチテラス2012 公式ホームページ

東京ミチテラスのプロジェクションマッピング上映情報はFacebookページでチェックしよう!

メリークリスマス!

今日はクリスマス。年末の三連休も終わり、いよいよ来週はもう来年です。

あまりにも時間が早く過ぎすぎて怖いところもありますが、みなさんどのようにお過ごしですか?

さて、残念ながら9月に引き続き23日が予定より早く中止、クリスマスイブの24日の上映が「安全を考慮」して中止となってしまったようです。話題性の高い東京ミチテラスのプロジェクションマッピングを楽しみに来られた方には残念ですが、過去、大混雑によって起きた不幸な事故の例などもあることから、運営者の皆様も本当に苦渋の決断だったと思います。

9月の件、今回の件を活かし、今後東京駅のイルミネーションちプロジェクションマッピングが光のお祭りとして世界に名を轟かせるようなイベントになっても運営できる仕組みができるといいですね。

とりあえず、28日まではプロジェクションマッピングが上映される予定ではありますが、今のところ25日本日の上映は未定、その後もどうなるかはわからない状況で、確定次第、Facebookページにて告知されるようです。

Michiterracefacebook

なので、東京ミチテラスのプロジェクションマッピングを見に行く予定の方は、常にこのページをチェックしておいたほうがよさそうです。

東京ミチテラス2012 | Facebook

クリスマスイルミネーション特集をしているサイトのランキング

おはようございます。

さて、いよいよクリスマスが近づいてまいりました。

いろんなことが世の中ありますが、彩り鮮やかにキラキラと光るイルミネーションを見ていると、普段の【効率】や【コスト】というキーワードとは違った、電気が人間の心に与える素敵なモノを感じさせてくれます。

IMG 3777

ところで、”イルミネーション クリスマス”のキーワードでGoogleで検索した結果のサイトを並べてみました。

調べたのは2012/12/21の検索順位で、同じサイトやイルミネーション特集以外のサイトは覗いてあります。

1位 全国イルミネーションスポット2012~2013:るるぶ.com

全国イルミネーションスポット2012~2013:るるぶ.com

旅行サイトとしてお馴染みの”るるぶ.com”の中のクリスマス特集のサイトです。

サイトには「大都市のイルミネーションから雪国の灯りイベントまで大特集」となっており、都市部のエリアはもちろん、地方のイルミネーション情報ものっており、近くのホテル情報などもの掲載されています。

また、イルミネーションフォトコンテストも開催されているようで、写真を撮られる人は、応募してみてはいかがでしょうか?

2位 全国のイルミネーション人気ランキング クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

全国のイルミネーション人気ランキング クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

Yahoo! Japanのイルミネーション特集は、全国のイルミネーション人気ランキングがあります。人気ランキングはソーシャルメディアの「いいね!」や「ツイート」「行きたい!」などの総数で集計される得票数で決められており、12/21現在のトップは長崎のハウステンボスとなっています。

掲載されている写真も綺麗なので、日本を代表する大規模なクリスマスイルミネーションの様子がこちらで確認できます。

3位 クリスマスイルミネーション特集 2012 | いつもNAVI

クリスマスイルミネーション特集 2012 | いつもNAVI

1位の”るるぶ”、2位の”Yahoo!Japan”と比べて3位の”いつもNAVI”は、私も初めてきくサイトですが、調べてみるとこちらは地図で有名な株式会社ゼンリンデータコムが運営されているサイト。

2位のYahoo!Japanは自社で地図のサービスも提供しているので、イルミネーションの地図情報を提供しておりますが、1位のるるぶにはありませんね。そして、もちろん、 ゼンリンの運営する”いつもNAVI”は自社の地図サービスによるイルミネーションの地図情報もあります。

ということで、残るクリスマスイルミネーションの期間もあとわずかだと思いますが、みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしください。

新宿テラスシティ・イルミネーションの電力量21,000kWhが蛍光灯器具何台分になるのかを計算してみた

おはようございます。スマートライト中畑です。

私は学生時代、ミロードの靴屋でアルバイトをしていたのですが、そんなこともあってモザイク通りはとても想い入れのある場所です。で、そんなモザイク通りにこの週末通ることがあり、イルミネーションがとてもきれいだったので動画や写真をiPhone4Sで撮影してきました。

ミロードは小田急グループなのですが「新宿テラスシティイルミネーション」として、小田急、ハルク、サザンテラス、サザンタワーまでのエリアで合計で37万球のイルミネーションがされているようです。また、公式サイトによると、演出照明の電力は合計21,000kWhだそうで、この電力は全て自然エネルギー(風力)を利用しているとのこと。

モザイク通り以外はとおらなかったので風車がどこにあるのかはわからなかったのですが、この21,000kWhでいったいどれぐらいの量なんでしょう?

まずはここで使われている単位なのですが、「kWh」となっているので時間がかけられた単位です。実際に蛍光灯器具何台分相当なのかを調べるには電力の値を出します。

なので、このイルミネーションが開催されている日数(エリアにより違う)と、毎日の点灯時間(17:00-24:00)から、9箇所あるイルミネーションエリアの1箇所あたりの電力をざっくり計算してみると、

9(エリア) × 42(点灯日) 7(点灯時間) + 3(エリア) × 48(点灯日) × 7(点灯時間) = 3654(点灯時間)
21,000(kWh) ÷ 3654(点灯時間) ≒ 5.75(kW)

→エリアによる点灯日数の違いはこちらのサイトを参考にしました。

となり、9箇所あるイルミネーションエリアがそれぞれ同じ電力でイルミネーションだと仮定すると、ひとつのエリアの電力は5.75(kW)となります。

なので、この数字に9箇所をかけると、全体の電力は、

9(箇所) × 5.75(kW) = 51.7(kW)

さて、この数字がどうなのかというのを判断するとき、事務所の私の頭の上で使われている蛍光灯器具を考えます

IMG 3878

これは、40Wの蛍光灯が2本使われているので1台あたり80Wの電力です。

ざっくりと、この蛍光灯器具が何台つけられるのかと考えると、

51.7(kW) ÷ 80 (W) ≒ 646

つまり、蛍光灯器具が646台つけられる電力量です。
(kWは、1000Wです)

みなさんの事務所には、蛍光灯は何台ついています?

この646台の蛍光灯器具の台数の規模は、ぜひ、身近なところで使われている台数と比較してみてください。

ちなみに、この計算は前提条件や計算方法など、もしかしたら間違っているかもしれないので、おかしなところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。

あと、公式サイトによると、この新宿テラスシティ・イルミネーションは、カリヨンデッキ、モザイク通り、新宿サザンテラスは来年の2月17日までイルミネーションされているようですが、それ以外のエリアはクリスマスまでのようなので、お気をつけ下さね。

モザイク通りの入り口

IMG 3792

モザイク通りの坂を上るところ

IMG 3794

上から下に光が流れるタイプのイルミネーションがたくさんついています。

IMG 3788

ステージ部分。

IMG 3777

建物の上にあるミラースキャンのような機材で、通りの地面にクリスマスっぽい模様をうごかしています。

IMG 3784

↓ 新宿テラスシティイルミネーション 公式サイト

新宿テラスシティイルミネーション’12-’13 | イベントキャンペーン | 新宿テラスシティ | 小田急グループ

「GINZA ILLUMINATION 2012 ヒカリミチ」が今月4日から来年1月6日まで開催中

今日、銀座を歩いているとこんなものを発見。

IMG 3763

最近はあまり銀座にも来ないため知らなかったが、「GINZA ILLUMINATIONプロジェクト」は昨年から始まったようで、

たくさんの希望が、銀座の街を通り抜け、絡み合いながら空へと昇っていく

というイメージだそうです。

公式サイトには、

今、必要なのは、自信を持ってしっかりと前を見据えること。そのために、ここ銀座が、どこよりも明るく輝くべきだと考えます。

と書かれています。

照明を消して節電することも大事ですが、僕達が、そして日本が、元気になるために最低限必要な、消しては行けない光、輝き続ける必要がある光ってありますよね。

銀座は、どんな時でも輝いていて欲しい街の一つです。

ちなみに、まだあまりネットで検索しても情報がでてきませんが、雰囲気はこちらのYouTubeでみるとよさそうです。

公式ウェブサイトはこちら。

ヒカリミチ GINZA ILLUMINATION 2012.12.4 – 2013.1.6 | Ginza Official – 銀座公式ウェブサイト

「おかえりなさいの光」玉川大学芸術学部が玉川学園駅前に白熱電球で光のオブジェを製作

こんにちは!スマートライト中畑です。

イルミネーションと言えば、かつて(大昔?)は白熱電球が使われることが多く、電球独特のオレンジっぽい色で飾られているものだったのですが、ここ最近はLEDが出てきたことで、白や青、ピンクなどで鮮やかに建物や木々が彩られるようになりました。

さて、私の地元、町田でもいたるところでイルミネーションを見ることができるのですが、小田急線町田駅のとなりの玉川学園駅の駅前では、ちょっと特殊なイルミネーションが行われています。

なにが特殊かというと、LEDが当たり前になった今、わざわざ「白熱電球」を使っているイルミネーションなのです。

このイルミネーションを仕掛けた玉川大学芸術学部メディア・アーツ学科プロジェクトチームの田中教授曰く、

「イルミネーションの季節になり、各地で光の催事が行われています。そのほとんど全てが省エネをうたうLED光源。LEDは情報を伝達するなど効果・効率を追求する場にはふさわしいが、人の感性へ直接訴える光でないような気がする」

さらに、

「震災後2回目の冬を迎え、人々が望む光のたたずまいを考える時、便利さや経済効率とは対極にあるべきだと思います。そこに求められるのは省エネや物量ではなく『光の質』ではないでしょうか。白熱灯の光は、感性の奥底にとどき、のちに再確認したくなる光です」

とお話しされております。(町田タウンニュースより引用

私もとても共感します。というのも、震災後の2011年4月27日に開催したエッセンシャルライトのイベントの時、参加者の男性の一人が、

人に作用する数値じゃ表わせない何かっていうのも考えていかないと

ということをお話しされていたのですが、その後1年以上経ち、【LEDは省エネ】というイメージのもとに、オフィスや電車の車内、店舗などで使われるようになって、あらためて多くの人達が【LEDには足りない何か】を感じるようになったのではないかと思います。

ESSENTIAL LIGHT EVENT vol.1 「キックオフイベント」 イベントレポート | エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト~これからの照明と節電を考える

また、実際に各メーカーはLEDの製品ラインナップにも【光の質】に関連した商品をリリースしはじめています。

東芝ライテック、高演色を特長としたLED電球<キレイ色-kireiro->を発売 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

とはいっても、人間はしばらくすると環境に適応して最初に感じた違和感を感じなくなってしまうのかもしれないのですが、だからこそ、こういったインスタレーションに出会う機会を増やすことや、個人が家庭で【感性の奥底】に届く白熱電球のような燃焼系の光源による空間創りをできたらいいなぁとおもいます。

規模や機能を拡張したイルミネーションだけでなく、小規模ですが、ココアなんか片手にして、いろんな言葉が溢れてきそうな「おかえりなさいの光」を見に玉川学園駅に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

点灯は12月20日までだそうです。

おかえりなさいの光の説明

IMG 3702

駅前の小さい空間ですが、傘をかぶった白熱電球が、ゆっくりと明るくなったり暗くなったり

IMG 3703

ひとつの器具には3個のランプが縦にならぶ

IMG 3706

白熱電球のアップ

IMG 3710

考え事をしてしまって視界がこんな風になるのですが、なんかこういうのありません?

IMG 3721

IMG 3718

↓ 町田タウンニュースの記事

光で「おかえりなさい」 | 町田 | タウンニュース

「想像を絶するイルミ」が西武遊園地で開催されています

先日、西武池袋線に乗った時に広告を見かけた西武遊園地で行われている「想像を絶するイルミ」について、ウェブサイトをみてみた。いったい、どんなところが想像を絶するイルミなのだろうか?と。

Souzou

昨今、使用しているイルミネーション機器の数量は次から次へと大量のところがでてきたために、中途半端なお金のかけかたでは、なかなか差別化はできない。サイトをみると、「感じるイルミネーション」とのこと。光の色とアロマテラピーの香りをリンクさせ、音楽と大量のイルミネーションを使うことにより、「想像を絶するイルミ」を行なっている様子。

残念ながら、香りや空間の雰囲気は実際に現場に行かないと確認できないが、下記の動画をみてみると、かなり凄そう。

あと、Yahoo!のサイトで全国のイルミネーションランキングというのもあるのですね。

全国イルミネーションスポット クリスマス特集2012 – Yahoo! JAPAN

みなさんは、どこのイルミネーションがイチ押しですか?

『清澄庭園ライトアップ~深川あかりつむぎ~』が明日11月17日(土)から25日(日)まではじまります。

年末も近くなり、クリスマスイルミネーションやライトアップの情報が増えてきました。

大都会の建物や通りなどのイルミネーションも素敵ですが、池や芝生・木々のある庭園のライトアップもいいですよね。

先日、浜離宮恩賜庭園の夜間開園について記事にしましたが、今回も焔光景デザインの原田さんが関わった、『清澄庭園のライトアップ』が明日、11月17日より開催されます。

浜離宮恩賜庭園の夜間開園「将軍の御庭で中秋の名月を愛でる」が28日から始まります | スマートライト|照明についてのポータルサイト

清澄庭園へのアクセスは、都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」(E14・Z11)駅下車 徒歩3分とのこと。

Kiyosumi

あっという間に寒くなってきたので、完全防寒していったほうがよさそうです。冷たい空気の中だと、光の緊張感もみれていいですよね。

ではみなさま、良い週末を!

焔光景デザイン

浜離宮恩賜庭園の夜間開園「将軍の御庭で中秋の名月を愛でる」が28日から始まります

浜離宮恩賜庭園にいったことはありますか?

JR新橋駅から徒歩12分、汐留駅や築地市場駅からも徒歩でアクセスできるこの場所は、今から300年ほど前に甲府宰相・松平綱重によって甲府浜屋敷としてつくられ、綱重の子・綱豊が6代将軍・徳川家宣になったのを機に、浜御殿と呼ばれる将軍家別邸となり、その後、東京都の管理で浜離宮恩賜庭園の名称で開園し、昭和27年に国の特別名勝及び特別史跡に指定され現在に至ります。

Hamarikyu

その浜離宮恩賜庭園では、十五夜にあたる9月30日に合わせて中秋の名月をこの歴史ある庭園内で楽しむために、夜間開園と園内のライトアップがおこなわれます。

期間は今週金曜日9月28日から10月1日月曜日の4日間で、この間は21時まで滞在できるようです。

また、この夜間開園の園内のライトアップは、照明デザイナー 原田武敏さんが代表を務める焔光景デザインが手掛けられたようです。

焔光景デザイン

つい先日まで猛暑が続いていましたが、いつのまにか季節は秋。さすがに半袖だと朝夕は肌寒くなってきました。

大都会の中にある歴史ある場所で、300年前と変わらない中秋の名月を見上げながら、光で雰囲気がつくられた空間を楽しんで見ませんか?

浜離宮恩賜庭園 将軍の御庭で中秋の名月を愛でる|東京都

「将軍の御庭で中秋の名月を愛でる」|浜離宮恩賜庭園|催しのご案内

要チェック!イルミネーション機器についているコントローラーの防水対策

さて、もう週の真ん中の水曜日ですが、先週の日曜日は、バレエボランティアの公演で目黒区にあるマミーズホームというところにいってきました。先ほどそのブログをアップしたので、よかったら見てみてください。

目黒区マミーズホーム公演報告 | バレエボランティア

ということで、おはようございます。スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、昨日に引き続き今日もスマートライト・イルミネーション部の、みやさんによるイルミネーションの小技を紹介します。

Miyasan

コントローラーは電子機器だから防水に気をつけよう

イルミネーションは当然のことながら屋外で行いますよね。ただし、使用する機器類には電源を調整したり点灯を制御するためのコントローラーという弁当箱みたいなものがついていることが多いのですが、このコントローラーは電子機器なので屋外で設置する場合は防水は特に気をつける必要があります。

予算があればコントローラーを防水対策もされたボックスなどの収納することができるのですが、なかなかここまで予算が取れない場合、丈夫なビニール袋などを使うことがあります。

P1000138

ただし、上記はだめな例です。このように口を上にして設置してしまうと、上から雨水が入り込んだり結露で袋の中に水が溜まってしまったりすることがあります。その水がコントローラーに当たることで、故障の原因になることがあります。

ではどうするかというと、こんな感じ。
P1000140

ポイントは袋の閉じ口を下にすること。結露が発生しても水が下に抜けるようにすることです。

ほんのちょっとした違いですが、知っているのと知らないのとは大違いなので、ぜひ、覚えておいてください。

ただし、原則的に屋外で電子機器を使用する場合は回路の基板上に発生する結露で故障が発生する場合があるので、イルミネーションの期間やかけられる予算、単発なのか次年度も機器を再利用するのかなど、総合的に考えて使用するイルミネーション機器やボックスの採用などを検討されることをおすすめします。

なにか、質問などありましたら、みやさんがお答えさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

スマートライト・イルミネーション部に問い合わせる