第2回DIALux勉強会を品川のマイクロソフトさんで開催してEVOの日本語言語ファイル作成チームを立ち上げました!

こんにちは!

スマートライト中畑です。

さて、昨日、品川のマイクロソフトさんに会場をご提供いただき、無事、第2回DIALux勉強会を開催いたしました。

勉強会の開始前に中を案内していただいたのですが、使用されている照明器具や空間の心地良さに、勉強会メンバーも大興奮しているようでした。

画像 001

画像 010

2012 10 16 19 13 30

今回はコイズミ照明の山本さんよりDIALux EVOの日本語化について説明をいただきました。山本さんによるとEVOになってから言語表示のデータは別ファイルになっており、そのファイルを編集することでEVO内で表示されるメッセージが日本語になるということでした。

山本さんの方ですでに日本語化を進められているのですが、これを機会にボランティアでDIALux EVO日本語言語ファイルを作成するチームを設立いたしました。

現時点での日本語言語ファイルのダウンロード、および、日本語化の方法についてまとめましたので、ぜひ参照ください。

DIALux EVO 日本語言語ファイル ボランティア作成チーム | スマートライト|照明についてのポータルサイト

と、同時にDIALux EVOの日本語言語ファイル作成ボランティアに参加していただける人も募集しておりますので、こちらもぜひ!

ちなみに、勉強会が終わった後はOutbackでみんなでうまい肉を食べました。

2012 10 16 21 41 37

第2回DIALux勉強会は本日開催です。

9月から改めて第1回としてDIALux勉強会を開催しておりますが、本日がその2回目となります。

Dialux勉強会

前回に引き続き、DIALux EVOについての情報交換とDIALuxのTIPs紹介ということだったのですが、TIPsご披露で期待をしていた先生が急遽スケジュールの都合で参加できなくなってしまいました。

なので、早く終わったら終わったで早めの懇親会に行く流れです。

ちなみに、DIALuxEVOの日本語ファイルが密かに作成されているという話もあるそうなので、こちらも楽しみです。

実は今回、WordPressやXOOPSの関係で繋がらしていただいた某IT系企業さまの会議室を勉強会の会場としてご協力いただきました。

BIMの流れやLEDの普及など、照明業界もIT系の技術や知識がこれからますます導入されていくので、私としてはDIALux勉強会を通じてIT系の方々と照明系の方々との接点をつくり、意見交換する場などできたらいいなぁと考えております。

ということで、いよいよ本日です。

みなさま、よろしくお願いします。

第1回DIALux勉強会を開催しDIALuxEVOについて情報共有することができました。

Evo

DIALux勉強会は今から約7年程前、当時はまだすべて英語で日本語マニュアルなどなかった時代にDIALuxユーザーが月に1度集まり、自分たちの使い方を紹介したりわからないことを教えあいながらDIALuxを楽しくできるだけ効率良く使えるようにすることを目的として開催をしていた勉強会でした。

その後、ソフトも日本語対応になり、ネットで検索をかければ多くの人が使い方を紹介していたりして、多くの情報が入るようになりました。

そんなわけでここしばらくは業務上に問題になることも特に無く、また、他の活動があったりしてしばらく勉強会をお休みしていたのですが、BIMの状況やDIALux EVOがベータ版ですがリリースされたことにより、また勉強会を定期的に開催することにしました。そして、昨日9月11日をあらためて第1回勉強会としてスタートいたしました。

第1回のトピックはDIALux EVOについてで、会場は8月にVector Works用プラグインDIALuxツール勉強会でも会場をご提供いただいたA&A社さんで開催させていただきました。

今回、合計で20名弱の参加者だったのですが、実際にEVOをいじったことがあるのは数名で、わけわからない中でみんなで情報共有できたことは、

1.インストールは無事にできたのにうまく立ち上がらない場合は、DIALuxフォルダにあるServiceTool.exeを起動してレンダリングシステムをDirect3Dにすればよい

久しぶりにDIAluxEvoを立ち上げたらruntime.errorとかいろいろ出たけど解決できた件 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

2.Version4ではIndoor(屋内)・Outdoor(屋外)というプロジェクトの概念だったが、 EVOではその区別はなく、site(サイト) > building(建物) > story(階層) > room(部屋)という概念になっている。

3.Isolineやフォルスレンダリングの表示が、変わった。

4.Document(レポート)を出そうとするとフリーズする

5. その他もあったけどメモしてなかった!

のようなもの。

結論として、レポートだそうとすると止まっちゃうから、まだ使えないねというところでした。

ということで、EVOについてはいろいろ面白そうだけどまだまだわからないことがたくさんなので、次回の勉強会までに誰かが(主にY本さん)がたくさんいじってくれていろいろ発表してくれるとうれしいなとおもいました。

では!

久しぶりにDIAluxEvoを立ち上げたらruntime.errorとかいろいろ出たけど解決できた件

さて、今週も始まりました。

この週末、土曜日は輪島拓也さんのバレエのオープンクラスに参加してきました。上級者向けクラスで自分では出来ないことだらけで滝汗だったのですがとても楽しいクラスでした。カブリオレ、今は全くできないけど、今年中にはタイミングだけでもカブリオレらしきものができるようになりたいです。はい。

輪島拓也 ブログ

ということで、スマートライト 中畑です。

さて、今週は11日にDIALux勉強会が開催されます。今回のトピックはDIALux EVOです。

以前、Beta Testの時に自分のLet’s Note S9にはインストールしてあったのですが、勉強会の前に正式版をインストールをしようと思い、先ほどインストールを行いました。

公式サイトからダウンロード → インストール → 起動

と、ここまでは問題無くいきました。

そこから、”新規プロジェクト作成”

としたところ、なにやらruntime errorがどうしたこうしたとエラーメッセージの嵐。

勉強会の時にDIALux EVOの実物が見られなくなってどうしようと思ったのですが、幸い、dialux evo runtimeと検索したところ、下記のページを発見。どうやら、多くの人にも同じエラーが発生していたようで、その対応方法が書いてありました。

DIALux evo board • View topic – Immediate crash when creating new project

曰く、使用しているPCのグラフィックカードのスペックによるものとのこと。3Dのレンダリングシステムの設定変更をすれば解決するらしい。

書かれた通り、下記の対策を実行

・DIALux EVOのプログラムがある同じディレクトリに、”ServiceTool.exe”というプログラムがあるのでこれを起動
 
WS000000

・Render systemというメニューで、Direct3Dのところにチェックして、Applyキーを押す

WS000001

以上で、無事にDIALux EVOの起動と新規プロジェクトの作成ができました。

ということで、DIALux EVOは動いたんだけど、検証は勉強会の時にみなさんと一緒にすることにします。

では!

DIALux evoを最初に立ち上げるとドイツ語だったので英語変更してみた。

立ち上げてみるとドイツ語だった。

そう、DIALuxを開発しているDIAL社はドイツの会社なので、きっと標準はドイツ語なのだ。だから、ベータバージョンをインストールして立ち上げるとドイツ語のスタート画面でドイツ語のメニューだった。

WS000000

で、DIALuxは確か設定画面で言語の選択があったはずだから、そこから英語にできるはずと思いそれらしきところをクリック

WS000001

すると、なんとか言語設定の画面を発見。メニューの真ん中にあるDetutschをEnglishに変更すれば良さそうだ。二つあるので両方ともEnglishに変更

WS000002

変更を適用するには、DIALux evoを再起動する必要があるとのことで再起動してみると、このようにオープニングのメッセージも無事に英語になりました。

WS000003

で、DIALux 4の時にもあったこの画面も英語に

WS000004

そしていよいよ、DIALux evoのスタートメニューの画面です。

WS000005

ずいぶんすっきりしていますね。

Create New Projectが、

> Outdoor and building planning
> DWG/DXF import
> Empty rectangular room

と、今までとはちょっと違った雰囲気になっています。

さてさて、どんな感じなのでしょうか? 楽しみですねー

ということで、今日はこの辺で!

DIALux evoのベータテストに参加しました。

みなさん、こんばんは!スマートライトの中畑です。

さて、照明設計ソフトのDIALuxは現在バージョン4.10ですが、いよいよ次のバージョン5.0 DIALux evoのベータテストが始まりました。

しかし、今回DIALux evoを使用するためにはマシンの性能、特にグラフィックボードのパワーが必要になるようで、提示された最低のスペックは、

Dual Core System
DirectX10 graphic card – 1 GB graphic memory
2GB RAM
1GB HDD free

というようなものでした。

で、早速、私もダウンロードを行いインストールを始めたのですが、まず最初にマシンのスペックを確認するという表示が出た後、グラフィックボードが最低の仕様を満たしていないということで、インストールが強制終了されてしまいました。

私の使用しているマシンは、Panasonic Let’s note S9 Win7 32bitで、CPUはIntel i5、メモリーは4GBなのですがグラフィックボードのメモリーがどれだけなのかはわかりませんでした。で、いろいろ調べてみると、Win7の場合はグラフィックメモリーの割り当てを自動で調整して自分では設定できないとのこと。なので、解決するには拡張メモリーを増やすしかないのかと思っていたところ、本日、ベータテストのフォーラムで、グラフィックボードのドライバが古いとこのようなメッセージが出るというようなことを発見!

調べてみると、Let’s Note S9にもドライバの更新があるということで、更新後に再チャレンジしたところ、無事にDIALux evoをインストールすることができました。

ということで、これからしばらく、DIALux evoについての記事をアップしていきたいと思います!

では!