DIALux勉強会の新年会を開催しました。

ご無沙汰しております!

スマートライトの中畑です。

昨日はDIALux勉強会の新年会を開催しました。

DIALuxもEvo3になってきたことですし、今年は勉強会の月次開催を復活したいと思っております。

場所は、中央区の東日本橋エリアでやろうとおもっておりますので、参加ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

DIALux勉強会を市ヶ谷健保会館で開催しました

おはようございます。

スマートライト中畑です。

ここ最近、バタバタしていてDIALux勉強会の開催ができていなかったのですが、楽画企の辻川さんがまとめてくださり、昨日、久しぶりにDIALux勉強会を開催してくださりました。

今回、DIALux.jpを運営されている、JBServiceの為行さんに、「鼻歌まじりでDIALux 鼻歌を止めないためには…..」というテーマで、DIALux操作のTIPSを、プロジェクターで操作画面を出しながら説明をしていただきました。

JBservice為行さん

残念ながら講座の内容の録画はしていないのですが、最近購入したCanonのIVIS miniでこんな動画を撮ってみました。

ということで、参加されたみなさん、お疲れ様でした!

Reluxがメーカーを横断してランプや器具の検索ができる機能をリリース、これがきっかけでDIAluxが終わる時代が来る?

こんにちは、スマートライト中畑です。

フリーの3D照明設計ソフトといえばDIALuxが日本では標準になった感じがありますが、もうひとつRELUXというものがあります。

5年程前は、DIALuxよりもグラフィックも美しく、特にプレゼンテーションに特化した照明設計ソフトのイメージがああったのですが、国内にはユーザーのコミュニティもなく、今ではごくごくたまにその名前をきくぐらいです。

で、そのRELUXのメールマガジンが久しぶりに来たのですが、どうやら、ReluxNetというメーカーを縦断した照明器具やランプのカタログの機能をリリースしたとのこと、

動画はこちら、

動画の後半で、カタログからそのまま設計中の部屋に器具をインストールする様子が流れるのですが、この雰囲気、私がつくりたいとおもっている照明器具やランプのAPIのイメージに近いです。

実際、ReluxNetのデータベースがどのようなカタチで作られていて、どのようにメンテナンスされているかどうかはわかりませんが、ユーザーの立場から言うと、メーカーごとに照明器具が分類されているよりも、【ユニバーサルダウンライト】とか、【ウォールウォッシャー】など器具タイプで検索出来る方が便利です。

ReluxNetは、そういうことが出来るツールのようです。

なので、今はDIALuxに比べてReluxは照明器具データを提供しているスポンサー企業の数も少ないようですが、この横断検索できるデータベースの部分を武器に、BIM系のCADに照度計算エンジンと器具データのAPI提供などをすると、一気に優位に立つ可能性があります。

まぁ今後どうなるかわかりませんが、とりあえず、久しぶりにReluxをインストールしていじってみる価値はありそうですよ。

ReluxNet the search engine for the lighting industry  YouTube

Luxmeterだけじゃないスマートフォンで利用できる照明関連のアプリ。DIALux以上のインパクトがスマートフォンを通して顧客とつながるツールでいずれ起こりそう

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、iPhone用の照明に関するアプリとしてLuxMeterProを過去何度かご紹介させていただきました。

iPhoneが照度計になる?!LuxMeterProがいろいろバージョンアップしていた! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、他にもなにかないかと思ってiPhoneの照明のアプリを探していたら、こんなアプリを見つけました。

Learn LED 1.1.0(無料)

カテゴリ: 教育, 辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料(サイズ: 15.2 MB)
販売元: Philips – Philips Consumer Lifestyle, B.V.
リリース日: 2012/05/01

ss1 ss2

で、これはPHILIPSのアプリなのですが、照明に関連してPHILIPSが公開しているアプリのページがあります。

PHILIPS Iphone アプリ

みてみると大きく分けて2つのジャンルがあり、

  • ■知識・ガイド・ツール系
  • 一般的なLEDやライトアップの知識や、どの製品の代替えにどのPHILIPSプロダクトを使ったらよいかという情報を提供するアプリ。

    この中にも、アプリケーションや製品を絞った、PHILIPS製品選択サポートの為のアプリと、一般的な知識的なモノがあります。

  • ■ソーシャル系
  • LightCollector 1.0というアプリなのですが、気に入った照明シーンの写真をとり投稿するというアプリ。

    特設サイトは、Pinterstのようなイメージです。

    LightCollector – powered by Philips | LightCollective

PHILIPSのサイトには、iPhoneだけではなく、GooglePlayへのリンクもあり、アンドロイドも含めてスマートフォンによるマーケティングを重要視しているようです。

ちなみに、アンドロイドアプリには、先日PHILIPSがプレスリリースをした、ガソリンスタンド用のLED照明、MINI300LEDのアプリもあります。

さて、ここから思うことですが、朝夕の通勤時は私だけでなく、スマートフォンから情報を得たり発信している人がとても多くなってきてます。

それだけなく、打合せ中や現地調査の時にも、写真撮影やちょっとした調べ物などにスマートフォンは欠かせないものとなっております。

つい最近は、遠藤照明さんもスマートフォン専用 設計支援ツール「Smart Job Suppot」をリリースされました。

で、DIALuxは、それまで各器具メーカーが顧客から依頼されていた器具の選定や照度計算の仕事を、設計側に渡すことができるようにしました。

スマートフォンで利用できるアプリは、場所を選ばず、かつ、非同期でデータの取得ややりとりを可能にします。

そして、建築でも設備でもひとつのプロジェクトの3Dデータを共有するBIMの動きが進んでいます。当然、クラウド上で、スマートフォンアプリの情報と、プロジェクトのBIMのデータがつながることが求められるでしょう。

なので、国内の照明業界では、スマートフォンを通したマーケティングに多くの投資をしている会社は限られているとおもいますが、照明業界も設備を提供するメーカーとして、DIALux以上に、自社の製品の情報や顧客とつながるツールは、今後ますます必須になりそうです。

第8回DIALux超初心者勉強会は本日開催です。ライトニングトークも懇親会もあるので、19時から22時まで楽しく過ごしましょう

おはようございます。
スマートライト 中畑です。

さて、
Dialux study

今回の内容は

1.DIALux超初心者講座
2.DIALux EVO 情報交換
3.ライトニングトーク
4.懇親会

となります。

19時からスタートですが、会場は18時から借りています。
なるべく早くいくようにしますが、到着されたときに誰もいなかったらごめんなさい。

あと、こちらのサイトを通して、初めてお会いする方も何人かおられるので、とっても楽しみにしています。

ということで、今日は19時から22時まで、よろしくお願いします。

いよいよ来週14日の火曜日に第8回DIALux超初心者勉強会が開催されます。若干空席があるのでどうぞ。

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、第8回DIALux超初心者勉強会が来週、5月14日(火)19時から小伝馬町で開催します。

DIALux勉強会

現在、参加者は約20名程ですが、まだ若干の余裕がありますので、もしご都合がつく方はぜひ、ご参加ください。

内容は下記の通り、

・超初心者向けDIALuxの使い方 30分
・質疑応答           10分
・DIALux EVO フリートーク  30分
・その他、質疑応答      終わりまで

今回、昨日紹介したマッピングフェスティバルに行かれた方も参加されるので、もしかしたら、ここら辺の話もきけるかもです。というか、私はきくつもりです!

スイスのジュネーブで開催されているプロジェクションマッピングフェスティバル2013の情報がもっと知りたい!

勉強会について、費用は施設利用料(3500円)と、飲み物食べ物買い出し費用を参加人数で割り勘します。

ということで、よかったらどうぞ!

第5回DIALux超初心者勉強会申し込みフォーム

第8回DIALux超初心者勉強会を5月14日(火)の19時から小伝馬町で開催します

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、4月はお休みしましたが、5月はDIALuxの勉強会を開催します。

今回は、「超初心者向け、DIALuxの使用法」で、対象はDIALuxを初めて触る人向けとなります。

進行としては

・超初心者向けDIALuxの使い方 30分
・質疑応答           10分
・DIALux EVO フリートーク  30分
・その他、質疑応答      終わりまで

という感じです。

あと、場所は和室になるので、飲食物も用意して飲み食いしながらの進行になります。

参加の申し込みは、こちらから↓

第5回DIALux超初心者勉強会申し込みフォーム

DIALux evo2リリース間近!昨年10月末の正式版から半年での大幅アップデート

さて、昨年10月末に正式リリースされたDIALux evoが、早くもevo2がここ数日以内にリリースされるとFacebookのDIALuxのグループで発表がありました。

Dialux evo2

特長としては、

– dwg export (dogファイルの出力)
– false colors(フォルスカラーレンダリング?)
– advanced navigation( ナビゲーションが改良)
– settings for standard – improvement of the dialog (標準設定)
– several bugfixes (バグの修正)
– performance optimization (パフォーマンスの最適化)

とのことです。

現状のEVOはまだまだ実用レベルまでとはいっていませんが、このアップデートの速さをみてると、今年中にはある程度業務に利用できるようになるのかもしれません。

ただし、そのためには自分のPCをそれなりのスペックにしておくことが必要ですが…

DIALux4.11のいろんな不具合が解消された4.11.0.2がリリースされたようです

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、先日、DIALux4.11.0.1で不具合が発生しているというお話と、それが4.11.0.2で解消されるという記事を書きましたが、待望の4.11.0.2がダウンロードできるようになりました。

為行さん、情報ありがとうございます!

DIALux4.11はドラッグ&ドロップで器具データがプロジェクトに入れられない問題が発生しているようです | スマートライト|照明についてのポータルサイト

ダウンロード方法は、Englishのページからチェックしてください。日本語のページには表示されていません。

ということで、うっかり?!4.11にアップデートして不具合に困っていた方たちも、これで問題が解消されそうですね!

Download DIAL  light building software

↓ ダウンロードはこちらのページから

Download: DIAL – light. building. software.

DIALux4.11はドラッグ&ドロップで器具データがプロジェクトに入れられない問題が発生しているようです

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、みなさん、DIALux4.11にもうアップデートされましたか?

Dialux411

どうやら、iesデータをドラッグ&ドロップしても、プロジェクトに追加できなかったりするような不具合がいくつか発生しているようです。

JBServiceの為行さんのお話によると、まもなくv4.11.02の修正パッチがリリースされ、そこらへんも解決されるとのこと。

久しぶりにちょっと大きな不具合でしたね。