NHK番組表API公開で感じるAPI社会到来の足音。照明関係者よ今すぐプログラミングをはじめよう!

おはようございます。

スマートライト中畑です。

今朝、「NHKが番組表APIを6月中に公開する」というニュースが飛び込んできました。

NHK番組API

APIというのはApplication Programming Interfaceの略なのですが、簡単に言うと、NHKの番組についてのデータを第三者が作成するプログラムの中で利用できるようになるということです。

これでもわかりずらいとおもうので、もっと具体例を言うと、NHKという番組のデータの中から「LED」というキーワードが含まれたものを、日々、自動的に自分のホームページに表示させることができる仕組みが公開されたということなんです。

もちろん、事前に公開されている情報を調べることで、人力でもそういうことはできますが、プログラムを書いておけば、人の手はまったく必要ないということと、なにか変更があったとしても、NHK本体の方でデータが変更されれば、自動的に自分のホームページの情報も更新されます。

APIについては、このブログでも過去にいくつか記事を書いていて、その中でAPIのことを説明したりしているのでよかったら、過去記事をみてみてください。

企業は自社製品の情報をAPIで公開してサイト運営者に営業をまかせる時代がくるのか? APIエコノミーについて | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、なにがいいたいのかというと、世の中、自分たちがもっているデータはなるべく公開して、第三者がそれをつかった便利なサービスを使えるような流れが確実にきているということ。

かつては、なるべく自社のデータは公開しないで、ユーザーが必要とすることをまるまる自社で引き受け、ユーザーの手間をとらせないかわりに、自由度を奪い、自社製品の売上につなげるというひとつのビジネスモデルがありました。

DIALuxもまったくそうですが、自社のデータはなるべく公開し、ユーザーの自由度を高めたり、もしくは、ユーザーが使いやすい状態にしてくれる第三者が自社のデータを扱えるようするのが流れになっています。

それは、ビジネスもそうですが、下記のように行政もオープンデータというカタチでデータを公開、利用できるようにしています。

経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

照明についていうと、例えばすべてのランプについて、どれが生産中止になって、どれが代替えになるのかなんてことを1人、もしくは1社で管理することはほぼ不可能だけど、ランプメーカーが自社でもっている情報を、APIというカタチで公開してくれれば、第三者がそのAPIをつかって、メーカーではもっていないところだけ(例えば、A社のXXというランプの代替えはB社のZZになる)というようなところだけを用意すればよいということになります。

もちろんこれは、ランプだけでなく照明器具にもあてはまるし、照明器具に関連する多くの機器や部品にも当てはまります。

おそらく、BIMがすすむと、APIをつかって各設備の情報をメーカーのサーバーから呼び出し、設備や建築との整合性をとるようになるのではないかと思います。

つまり、大元ひとつの更新をするだけで、すべてが更新される。

ということで、照明業界のみなさん、迫り来るAPI社会を前に、ぜひ、プログラミングをしておくことを強くおすすめします。自分がするしないにかかわらず、ここらへんの仕組みがわかっているのとわかっていないのでは、選択肢が大きく変わってきます。

だって、NHKがAPIを公開する世の中になったんですよ!!

P.S、今日から海外出張なので、明日のブログはお休みします。

設備としての照明器具から照明の機能が付加された建材が増えていくと私達のビジネスはどうなる? LEDだけじゃなくBIMの普及によっても加速される新しい照明の未来

照明は照明器具屋から購入するもの。

数年前まではそれがごく当たり前だった。

でも、LEDや有機ELの登場により、その状況はまったくかわりつつある。

不二サッシといえば、子供のころから窓枠にその名前がかかれていて馴染みのある会社だが、金属加工を得意とする創業80年以上の建材メーカーだ。

その不二サッシがアルエアという、ガジェット好きの物欲をくすぐる金属製のLEDデスクライトを先日のライティング・フェアで展示しており、それが縁で彼らの商品紹介をしてもらった。

Top clamp b

その紹介されたものの中に、アルビームという商品があった。

不二サッシが得意な金属の中にLEDを組み込んだもの。

アルビーム

このように、ビルの外装などに光のラインを作れるもののようだ。

投光器などにより外から照らすのではなく、コンパクトになったLEDを使って線の光を出す事自体はとくに驚くには値しない。

アルビーム実績

でも、カタログの中のこの写真を見た時に、ふと疑問が湧いた。

アルビーム2

これ、建材だよね?

そう、まさに建材なのだ。

物販から利益を得るビジネスではなく、設計や照明デザインの立場であればこちらの商品を組み込むことがビジネスにつながるのだが、私の場合はそうではない。

でも、建築の上に照明器具を取り付けるよりは、見栄えも施工もとても効率が良い。

今後は、建材があった上で取り付ける設備としての照明器具よりも、その照明の機能を含んだ建材を使うという流れになるのではないだろうか?

ふと、そんなことを思った。

特に、湿度や温度の条件が過酷な屋外にとりつけるものは特にその流れが強くなるだろう。

じゃあ屋内は?

照明の機能を含んだ天井材が建材の流通で流れるようになる?

まさか、そうは簡単にいかないでしょう?

でも、照明と共通するところが多い照射される映像の例を見ると、かつては白い平面のスクリーンがあるところでしか映せないのが当たり前だったが、プロジェクションマッピングを見た今では、照射する対象物のことよりも、法律的な部分の方が難しいことが多い印象だ。

さらに以前、ベクターワークスの新製品発表会で聴いた中で、BIMの場合は使用する建材を事前にシミュレーションできるので、運搬に必要なトラックなども割り出せるという話があった。

トヨタがつくりあげたカンバンが、BIMによっって建築の現場でも事前にソフトウェアでできるという。

こんなことも、設備としての照明器具を使用するよりも、照明の機能が含まれる建材を使用する動機付けのひとつになるのではないだろうか?

ということで、今まで照明の提案や設計で費用をとらず、物販で利益を上げている私のような立場のものは、こういう照明の機能が付加された建材のバリエーションが増えていくと、別の部分のビジネスをたちあげていないとなかなか厳しそうだ。

でも、こういう時代の変わり目は、チャンスでもあるんですよね。

ということで、ポジティブに考えてみました。

ニュースリリース

「Vectorworks2013 新製品発表会 全国キャラバン」に参加して感じたWordPressなどのオープンソースの流れとBIMという建築のプロセスの共通性

こんにちは! スマートライト中畑です。

昨日は、東京カンファレンスセンター品川で開催された「Vectorworks2013 新製品発表会 全国キャラバン」に参加してきました。

その中で、Nemetshek Vectorworks. Inc CEO ショーン・フラハティ(Sean Flaherty)氏の講演があったのですが、私の個人的な解釈のポイントを3つお話しします。

Vectorworksはソフトウェアという概念からサービスの提供という概念になる

2009年から各国でService Selectというサービスを開始。これは最新のバージョンが利用できるという事以外にVectorworksが提供するクラウドサーバーを利用できるようになるというもの。

データをクラウド上におくことにより、異なる事業所間でも最新のデータを閲覧・編集することはもちろん、ますます規模が大きく複雑化するレンダリングをクラウドにある強力なマシンでおこなうことができる。さらに、タブレット、PCなど様々なデバイスで閲覧が可能になります。

図面作成やモデリングをするというCADソフトの概念から、時間、場所、デバイスやベンダーごとのアプリケーションに縛らることなく、BIMという手法を利用するためのサービスとしてのVectorworksになるようです。

オープンBIM:ウェブ系のWordPressやCakePHPなどのオープンソースの流れが建築にも

マクローヒルというアメリカの出版社がおこなった調査の結果、BIMに一番求められていることはアプリケーションの互換性であった。Vectorworksはユーザーをベンダーごとの殻に閉じ込めるのではなく、様々なデータ形式で取り込み取り出しをできるようにするということ。

データとしては、機械製造系CAD Rhino-3Dフォーマット、DWG,DXFに加えDWF、対話型3次元コンピュータグラフィックスアプリケーション間の交換用ファイルフォーマットCOLLADA、autodesk社の3D データ FBC、環境解析などで利用されるgbXMLなど。

さらに、Vectorworks2013のカタログにはこんな絵が!

IMG 4122

この流れって、近い将来外部からVectorworks内のデータをピンポイントで利用できるようにAPIができてしまうんじゃないかと。この絵のことやBIMの啓蒙にBIM Campというイベントを開催することといい、CMSのWordPressなどの話とすごく共通するものが多いとおもいました。

BIMの言うオープンBIMはオープンソースで言われるライセンスの意味でのオープンではなくデータの互換性の意味のようです。しかし、いずれライセンス以外のところでマネタイズをはじめるところがでてくるとライセンス自体もオープンにせざるを得ない流れになるのではないかと思います。

そこらへん、GoogleEarthとGoogleMAPで世界の位置情報と地形や建物の3D情報をもっており、かつ、超巨大なクラウドサーバーを持つとGoogleは一番可能性をもっていますよねぇ。

Google Map 屋内地図で感じた照明業界におけるGoogleの存在感 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

DIALuxとGoogleがBIMで結びつく可能性、妄想? 日刊なかちょん No.055 | なかちょんブログ

オートハイブリッド

IMG 4124

自由にモデリングした3Dオブジェクトの図面化が簡単に。今までは立面、断面、平面などをそれぞれ作成していたものを、3Dでモデリングすれば自動で2Dの図面が作成されるとのこと。

そうなると、3Dモデリングでもっと便利なソフトがあった場合、先ほどのオープンBIMという考えからするとVectorworksの役割はモデリング以外のところになる。今回、私は別の用事があったため、途中で退出してしまったのですが、このセミナーの中でgbXMLのデータをDIALuxに取り込むデモもあったようです。Vectorworksは照明など設備設計に多く利用されているので、照明設計、空調設計、サイネージの設計などの機能がもっと増えるといいですね。

まとめ

以上、かなり私という偏ったフィルターがかかっていますが、率直に昨日のセミナーできいたことや考えたことを書いてみました。

ウェブの世界は日々新しい便利な技術が出てきてます。しかし問題はマイクロソフトのブラウザソフトのインターネット・エクスプローラーバージョン6のように、その新しい技術を使えない環境にいる人達をどうするかなのですが、一部、そこを切り捨てるという流れもあります。

建築の世界もBIMという手法はとても便利な反面、既存のプロセスとは大きくことなり、お金や知識、手間や人材など、簡単には移行できない理由となるものは山ほどあります。

でも、国内独特の仕様のガラケーから、iPhoneやアンドロイドなど世界標準のスマートフォンが一気に流入してきたように、建築・設計・設備の世界にも、ある時点を境に、新しい手法が一気に標準になる日が来る可能性も否定できません。

今できることは、日々の忙しい業務の中に、意識して新しい技術や話題に耳をかたむけ、目を通す時間をつくることなのではないかなと思います。

ということで、私が主催しているDIALux勉強会は照明の話題がメインですが、他の業種の方も大歓迎ですので、ご興味いただけましたらぜひご参加ください!

【速報】Vectorworks2013 新製品発表会に参加中!2013はDIALuxで取り込めるgbXMLのデータエキスポートができる!

現在、Vectorworks2013 新製品発表会に参加中。先ほど、Nametschek Vectorworks, IncのCEO ショーン・フラハティ(Sean Flaherty)氏の講演がおわりました。

あたらしいVectorwoks2013では、他のソフトと連携できるようにデータのインポート・エキスポート機能が強化されたようで、中でも環境解析に利用されるgbXMLのデータで書き出しすることができるようです。

Finder

これは、DIALuxでも取り込むことができるデータ。以前takibiweb.comに書いた記事はこちら。

gbXMLファイルをDIALux4.9でインポートしてみた

これ以外でも、クラウドの話やBIM Campの話もありました。全体的にウェブの世界で多くつかわれているWordPressやオープンソースと通じる話が多くありました!

ということで、私はこれから照明器具工業会の賀詞交換会に移動します。。。。。。。

JIDA akarisalon 「LIGHTING CONTROL NEXT これからの照明制御を考える」に行って感じた日本に押し寄せるDALIとBIMの大きな流れ

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、先週11月21日、六本木のAXISで行われたJIDA akarisalon 「LIGHTING CONTROL NEXT これからの照明制御を考える」に行ってきた。

IMG 3545

私が興味あったキーワードは、DALI, BEMS, HEMSの3つ。ヨーロッパではかなり前からDALIが利用できる製品が多いにもかかわらず、国内では対応製品も、また導入している人たちもまだまだ少数のため、今後、どのようになっていくのか?ということや、DALIとBEMSやHEMSはどのように関連するのか?というところが興味の対象であった。

結論から言うとDALIは日本国内に確実に入ってくる!また、ある規模以上の建築物になれば、DALIとあわせてBIMによる設計も必須になってくると強く感じた。

簡単に今回のJIDA Akari salonで得た知識は、

1. LEEDという環境に配慮した建物に与えられる認証規格が、日本国内でも広まりつつある

新築オフィスビルで日本初のLEEDゴールド認証取得
日本で6件目のLEED認証取得、シティバンク銀行
スターバックス コーヒー ジャパン福岡大濠公園店と京都リサーチパーク店がLEED認証を取得

2. LEEDの認証では、エネルギー対策の中に、昼光利用、使用量最適化、目標値・実績管理などの項目があるため、照明制御やデータ取得などが機能的に必要になる

■ LEED グリーンビルディング認証|NY Green Fashion

3. 国内では異なるメーカー間でシステムを繋げられる統一のプロトコルは無いので、照明の部分ではDALIの可能性はとても高い。また、LEEDの中にある昼光利用や周囲環境への影響などを設計時にシミュレーションするためには、計画している建物の3Dデータに加え、所在地の緯度経度のデータと既存の周囲の建物の3Dデータが必要になり、*BIMによる設計は必須になる。

というようなもの。

会の締めくくりに、ライティングデザイナーの馬場美次さんが次のようなことをおっしゃりとても共感。

照明について日本はメーカーが提案から納品まですべてをおこなっている。だから、メーカーは自社以外のものを提案の中に盛り込むことが難しい。なのでメーカーと電気工事の間にエンジニアという存在が必要だ!
舞台照明の世界では、照明家という存在がいたからDMXは普及した。建築の世界にも、特にITの知識をもったそのポジションの人間が求められている。

IMG 3544

また、国内で使用できる製品は今のところごくわずかなものの、DALIの部分で圧倒的な商品ラインナップと知識・経験を持つPHILIPSという会社は、先日のAppleのHueのニュースも含め、今後ますます海外はもちろん、日本国内の照明業界での存在感を大きくするだろうと思った。

さてさて、この流れに向けて、みなさんはどんな準備をしますか?

ベクターワークス用プラグインDIALuxツール勉強会をA&A社さんで開催しました

さて、しばらくお休みしていたDIALux勉強会の活動を再会しました。その1発目ということで、A&A社さんがリリースされたベクターワークス用プラグインDIALuxツールについての勉強会を、昨日、お茶の水にあるA&A社さんのセミナールームで開催いたしました。

今回はAtnd(アテンド)というイベント参加者募集サービスを使って告知したため、もともとのメンバー以外にも新たに参加された方がおられ、合計15名ほどが集まりました。

ベクターワークス用プラグインDIALuxツールについて | イベントアテンド [ATND] でイベント作成・チケット販売・参加者の出欠管理

内容は、

1. A&A社 横山氏によるDIALuxツールの紹介
2. 東京都市大学 河村先生による、DIALuxツール検証報告
3. 小泉照明 山本氏によるDIALux実例紹介

といった内容。

その後、A&A社さんのご厚意でビールとピザをご用意いただき懇親会となり、各参加者の自己紹介やDIALuxを仕事でどのように使用しているかなどを話した後、参加者同士での会話を楽しみました。

で、今回いろいろ話していく中で、現在のDIALuxのバージョン4は、部屋単位でしか設計できないことやペジェ曲線が使えないことなど、CADやBIMへの連携を考えると限界にきている感を受け、そこらへんのことを考えると、やっぱり”DIALux EVO”だよねぇということになりました。

ただ、それぞれEVOをいじった人はいるようなのですが、いろいろ問題があったりするようなので、次回の勉強会のお題は”DIALux EVO”をやろうということになりました。

日程はまだ未定ですが、次回もA&A社さんに会場をご提供いただけることになったので、9月中に次の勉強会を開催します。

↓勉強会の様子はこんな感じでした。

A&Aの本間さんによる開会の言葉

IMG 2480

A&A 横山さんによるDIALuxツールの説明

IMG 2485

東京都市大学河村先生によるDIALuxツール検証報告

IMG 2486

小泉照明 山本氏によるDIALux実例紹介

IMG 2487

DIALux用ベクターワークスプラグイン「DIALuxツール 2012」が正式リリースされたようですよ!

おはようございます。昨日はコワーキングスペース恵比寿で行われた、新人アーティストのMakha(マカ)さんが出演する「歌い”Makha”TV!!」のUstream撮影現場に行ってきました。

Makhaちゃんの素敵な歌声と愛くるしい表情&トークに魅了され、すっかりファンになってしまいました。8月29日には代官山UNITでライブもされるそうです。これからの活躍が楽しみですね!

USTREAM: 歌い”Makha”TV!!: .

ということで、スマートライト中畑(@nakachon)です。

今日はひさしぶりにDIALuxのこと。こちらのサイトに、DIALuxの検索キーワードでこられる方々も多くおられるのですが、あまりDIALuxの記事を書いてないからがっかりさせてごめんなさい。DIALux EVOもバージョンが着々と上がっているようなので、またいじりたいなぁとおもっている今日この頃です。

DIALux用ベクターワークスプラグイン、「DIALuxツール 2012」が正式リリース

Dialux1

A&A社のサイトを見ると

「DIALuxツール」は、DIAL社が開発した照明シミュレーションソフト「DIALux」でシミュレーションするためのモデルをVectorworks上で作成するためのプラグインソフトです。作成したモデルをSTFファイルとして取り出す、また取り込むことができます。さらに、照明器具のレコードを利用して照明器具情報の集計も可能です。

とのこと。

照明設計の依頼が来るときCADファイルでいただくことが多いと思うのですが、もし顧客がVector2012で3Dで空間を作っている場合、このプラグインを使えばVWの3DデータをSTFファイルとしてエキスポートし、それをDIALuxでインポートすることができます。

今までは、2次元CADデータをあくまでも下絵にしてDIALux上で空間を立ち上げていましたがその手間が無くなるというわけです。
(実際に操作していないので、あくまでも私の推測です)

ただし、使用条件として、

■動作対象製品
Vectorworks Designer with Renderworks 2012J
Vectorworks Designer 2012J
Vectorworks Architect with Renderworks 2012J
Vectorworks Architect 2012J

に加え、【Vectorworksサービスセレクト契約】をしているユーザー専用のプラグインとなるので、現在、照明設計をされている事業者に対するハードルはちょっと高そうですが、今後、BIMの普及がスピードを上げかつてドラフターからCADへと移り変わった時期のように、BIMを採用する建築・内装・設備などの事務所がある一定のラインを越えると、この投資をしているかしていないかは事業者にとって大きなポイントになるのではないかなと思っております。

もちろん、他のCADメーカーの動向と、完全にBIMに対応した(ように思える)DIALux EVOについてもしっかりとアンテナを張っておく必要があるのですがね。

なにはともあれ、DIALux用ベクターワークスプラグイン「DIALuxツール 2012」はぜひチェックしておきましょう!

A&A|DIALuxツール

電車の中で飛散防止型の蛍光灯を撮影してきました。

こんにちは、スマートライト中畑(@nakachon)です。

以前、「蛍光灯ってガラスだから割れたら危ないよねって思っているあなた!安全な飛散防止膜付蛍光灯ってものがありますよ!」というエントリーをしたのですが、あらためて電車に乗ったときにこのランプを見つけたので、写真を撮ってきました。

その写真がこちら、

ある都心の電車の中で撮ってきました。乗客は少なかったのですが、特に怪しまれずに撮ることができました。
Hisan2

そのままだとマーキングが見えないので、もう一枚ぱちり。
Hisan1

「ラピッドスタート式 飛散防止型」と表記されています。

この飛散防止型のランプ、もし万が一なにかがぶつかって破損するようなことがあっても、ランプ全体がサランラップのようなものにくるまれているため、粉々になったガラスが飛び散ることはありません。

そういえば、震災後のしばらくは、節電の為に電車の中が真っ暗だったときがありましたね。また、1個おきにランプが外されていた時期などもありました。時間と共に、また何事もなかったような日常の風景になっています。

では!

iPhoneやiPad、Androidなどの端末でCADファイルを閲覧することが出来るAutoCAD WSがバージョンアップしたようです

前からAutoCAD WSは使っていたのですが、最近、大幅にバージョンアップしたようです。

Gmail  受信トレイ  takahiro nakahata gmail com

AutoCAD WSからのメールマガジンには、

AutoCAD WS によって、お手元の図面を 3D 表示し、共有することができるようになりました。
どこにいても、ご使用のスマートフォンやタブレットのタッチスクリーンの多くで、図面を 3D 表示して、移動、回転することができます。また、モデルの 3D 表示を出力し、同僚や顧客に直接メールすることも可能です。

GPSとの統合

ご使用のデバイスに内蔵されている GPS 機能を利用して設計図の中に自分自身を配置し、詳細な設計図面内にメモや推奨事項を記入することも可能です。

モバイルからの出力

作成した設計図を PDF や DWF 形式でモバイル デバイスから任意の電子メール アドレスに宛てて送信できるようになりました。また、互換性のある HP ePrint プリンタで直接印刷することもできます。

とのこと。

AutoCADは既にデータファイルをクラウドに保存するプラグインを提供しており、この機能を使用することで自分のPCとサーバーのデータの同期をとったり、外出先からiPadなどのデバイスで確認することができる。そして、今回のバージョンアップにより、そのデータをレンダリングした状態の3Dで確認することができるとのことで、ますますモバイル端末のビューワーとしての機能が充実し、3Dデータをいつでもどこでも利用出来る状態に向かっている。

AutoCAD WS – AutoCAD Online Tools

さらに、GPSとの統合により、現在の自分の位置情報をデバイスからそのデータに付加することができるようになり、今まではデスクトップでデータとして扱いを受けていた緯度経度情報と、自分のモバイルデバイスからのリアルな緯度経度情報を連携させることが可能になった。そうなると、CADデータが設計時だけではなく、完成後、運用時やメンテナンスを行うときにも、実際に人がいる場所でどんな設計データなのかにアクセスすることができる。

ここら辺の動きも、DIALux evoの大きく変わった設計も、BIMが当たり前のように使われる日が刻一刻と近づいているようです。

AutoCAD WS – Mobile