D-K:デジタル掛け軸 D-K LIVEがゴールデンウィーク中の5月1日から6日まで護国寺で開催

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、ここ最近は各地でプロジェクションマッピングのイベントが開催されておりますが、ゴールデンウィーク中の5月1日から6日まで、文京区にある護国寺において、デジタル掛け軸というイベントが開催されます。

「デジタル掛け軸」というと、初めて聞かれる言葉かもしれませんが、チームブルーライト・ヨコハマのサイトによると、

D-K :デジタル掛け軸 とは
100万枚に及ぶデジタル・アート映像をコンピュータでアトランダムに組合せ、屋内、屋外、商業施設、歴史的建造物、大自然から寺社仏閣な どに、複数台のプロジェクターで投影する、チーム・ブルーライトヨコハマのメンバーであり、「アメリカ・パブリック・アート2007年度」のベスト・アーチストに選ばれ、日本の高校の教科書「情報C」に紹介されているデジタルアーティスト長谷川章氏のアート作品です。

とのことです。

連休の中日で、出勤される方は、仕事帰りに護国寺によると楽しいかもしれません。

デジタル掛け軸

世界各国の星景写真家が参加するThe World at Night”(TWAN)が「コニカミノルタプラザ」にて6月7日から6月24日まで開催

「星景写真」をご存知だろうか?

日本星景写真協会 Association of Starryscape Photographers,Japan(ASPJ)のホームページによると、

「星景写真」とは、星空と地上風景を同一画面に収めた「星のある風景写真」のことで、1988年に月刊「スカイウオッチャー」編集長(当時)の川口雅也氏が提唱されて以来、アマチュア天文家の世界ではこの分野の写真を専門的に撮影する人も増え、いまでは天体写真の一ジャンルとして認識されています。

とのことで、次のような写真のことをいう。

3001117-Dec2003

3002054-June2009

Takei_MG_0160twan_s

(写真提供:コニカミノルタ株式会社)

この「星景写真」を撮る世界の星景写真家の写真展が、コニカミノルタ株式会社(東京都千代田区)が運営する「コニカミノルタプラザ」(東京都新宿区)にて、特別企画展「地球の夜展」~空と星と文化遺産~として、2013年6月7日(金)から6月24日(月)まで開催される。

詳細は下記のとおり

第6回オプティクス&光センシング展が本日まで東京ビッグサイトで開催。一般照明とは違う分野の方がビジネスチャンスがあるかもしれないですよ。

今週水曜日から本日まで東京ビッグサイトで「第6回オプティクス&光センシング展」という展示会が開催されています。

こちら、一般照明とは分野が違い、光を検査やセンサーなどに使用するような工業用途を中心としたもので、光学部品、光センシング技術が一堂に出展される日本最大の展示会とのこと。

かつては使用される光源がハロゲンや放電灯などでも特殊なものが多かったのですが、ここ最近はLEDが多く使われるようになり、さらに制御も絡むようになってきているので、従来よりも光源部分での一般照明と産業照明の壁は低くなってきているとおもいます。

ちなみに、本日配信された岩崎電気さんのメールマガジンで、この展示会で出品する商品の紹介がされていました。

それはこちら

第6回オプティクス&光センシング展(Photonix 2013)|イベント|照明器具・ランプ・光応用技術の岩崎電気株式会社

もしかしたら、ある分野では全く利益が取れない知識や技術でも、実は別の分野ではとんでもない値段が付けられていることもあったりするので、こういった展示会に行くのも楽しいかもしれませんよ!

ウチダ節電フェアが来週水曜日(4月17日)に内田洋行ユビキタス協創広場CANVASで開催

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、DIALux勉強会でも度々お世話になっている株式会社内田洋行さんが、来週、4月17日に「ウチダ節電フェア」を開催されます。

ここのところ話題となっている省エネ補助金の話をきけたり、内田洋行さんのLED照明新製品などが展示されているようです。

セミナーは13:30と15:30の2回開催。

費用は無料ですが、事前申し込みが必要とのこと。

私も、第一回のセミナーにいってこようとおもいます。

JIDA東日本ブロック・ライティング研究会のあかりサロンNo.20が4月18日に六本木のAXISギャラリーで開催されます。

title3

さて、先日紹介したエッセンシャルライトもミラノ・サローネに関連したイベントを今月開催しますが、JIDA東日本ブロック・ライティング研究会のあかりサロンでも、今回はミラノデザインウイーク2013の速報というイベントのようです。

有料イベントですが、サロンの後の懇親会費用も含まれているので(多分!)、知識もお腹もいっぱいになり、いろんなつながりができるイベントなので、とってもお勧めです!

もちろん、私も参加しますよ!

では!

ランプ百科 価格データベーステーブル分離と今後の予定

ランプ百科について、更新の可能性のある価格情報のデータベーステーブルとランプ情報のデータベーステーブルの分離を行い、本日、ウシオライティングの製品についてCSV Importerを使って商品をアップしました。アイテム数は約290アイテムほど。

今後、スマートライトECショップに登録されているアイテムを、CSV Importerを使ってアップしていく予定です。

あと、それと平行してランプ百科の表紙ページと検索機能をつくっていく予定。特に検索は一般の人でも使いやすいように、ランプ名の部分入力で検索する方法はもちろん、ランプの口金の写真を並べて、その写真をクリックすると、関連するランプの写真がタイルの様に並ぶ仕組みをjQueryを使って実装しようと思っています。

それから、照明に関する展示会の情報ページとランプ基礎知識のようなコンテンツをつくりたいと思っています。

とりあえず順序としては、

1.残りアイテム登録

2.ランプ百科 ナビゲーション

3.展示会情報 ・ 照明基礎知識

という感じ。

照明については、APIをつかって作れるコンテンツはまだまだいろいろあるので、これからが楽しみです。

Google Map 屋内地図で感じた照明業界におけるGoogleの存在感

Google Mapといえば確認できるのはその施設の位置が地図上でどこにあるかといういうところまで。施設の外観の形状は確認できたとしても、内部がどのようになっているかは確認できない。照明設計のプログラムDIALuxでいうところのOutdoorの領域だけの話であった。

しかし、いよいよGoogle Mapの屋内地図が米と国内の一部の施設でスタートされたそうだ。建物の階層にも対応されており、そのフロアの屋内の地図が表示される。その名も、”Google Maps Indoor”。

Google Map 屋内地図が米と日本でスタート【湯川】 : TechWave

上記TechWaveのサイトによると、国内でも以下の施設においてこの”Google Maps Indoor”が表示されるとのこと。

成田国際空港 第一、第二ターミナル成田国際空港 駐車場
羽田空港 国際線旅客ターミナル
羽田空港 国内線旅客ターミナル
羽田空港 駐車場
JR 東日本 山手線 主要駅
JR 東日本 京葉線 主要駅
JR 東日本 京浜東北線 主要駅
JR 東日本 赤羽線 主要駅
JR 東日本 埼京線 主要駅
JR 東日本 東北本線 主要駅
JR 東日本 総武快速線 主要駅
JR 東日本 高崎線 主要駅
東急電鉄 田園都市線 主要駅
東急電鉄 東横線 主要駅
東急電鉄 大井町線 主要駅
東急電鉄 目黒線 主要駅
東急電鉄 池上線 主要駅
東急電鉄 東急多摩川線 主要駅
東急電鉄 こどもの国線主要駅
東京ミッドタウン
大丸 東京店
松坂屋銀座店、上野店
東急百貨店本店、東横店
三越銀座店
高島屋新宿店、日本橋店
小田急百貨店新宿店
伊勢丹新宿店
京王百貨店新宿店
松屋銀座店、浅草店
西武渋谷店、池袋店
東武池袋店
プランタン銀座
マルイシティ渋谷
マルイジャム渋谷
新宿マルイカレン
新宿マルイアネックス
マルイシティ池袋
新宿マルイ本館
新宿マルイメン
有楽町マルイ
上野マルイ
丸ビル
新丸ビル
丸の内 OAZO
丸の内ブリックスクエア
東京ビルTOKIA
Shibuya 109
109 MEN’S
レミィ五反田
ヴィーナスフォート
デックス東京ビーチ
ららぽーと豊洲
東急ハンズ池袋店
日本科学未来館

ご覧のとおり、成田や羽田空港のような国際的な施設だけではなく、JRや私鉄の主要駅や百貨店、大手商業施設など、新築でも改装でもあれば照明業界ではビッグプロジェクトとなるような施設が並んでいる。

これを見て、今後のBIMの主導権をひょっとしたらGoogleが握るのではないだろうかと感じた。というのも、先日、Autodesk社のRevit User Conference 2011で本社のNicolas Mangon氏がおこなった「AutodeskのBIM戦略および方向性」という講演の中で、Autodesk社はAMAZONと組んでクラウドに注力しているといったことを説明していたこととリンクしたから。

BIMにおけるクラウドはデータの保存と様々なレンダリングを行う心臓部となる部分。将来的にはユーザーが使用しているPCはあくまでも自分の担当する部分や設備のモデリングをするだけで、今までPCのスペックを要求されていたレンダリングは必要なくなり、データがクラウドにあることにより、図面や3Dイメージ、その他各設備の情報は、ビューワーとして利用できるデバイスさえあれば、クラウドにアクセスして自由に確認することができるようになる。

その心臓部となるクラウドの部分は、GoogleにとってもGoogleMaps,Gmail,Google Documentなどで知られるとおり、非常に強いところ。もちろん、Autodesk Revitで出来るようなレベルのモデリング機能をGoogleでは持っていないので、難しいことはいろいろある。

しかし、Googleの様々なサービスが小規模のユーザーには無料か非常に安価で提供されていること、Google MapsやGoogle Earthでもっている広域の位置とビジュアルの情報にリンクできることで、総合力ではGoogleは非常に強い立場にいると感じており、いずれBIMはもちろん、照明設備のビジネスの中にもGoogleが関係していくのではないかと思っている。

Google Maps Indoorは今のところAndroid端末しか対応していないようだが、下記のサイトはぜひご覧いただきたい。

Google Maps — Start here.

ちなみに、以前個人ブログで書いた記事。

DIALuxとGoogleがBIMで結びつく可能性、妄想? 日刊なかちょん No.055 | Nakachon Blog

ところで、来週に恵比寿で開催される ”ベクターワークス ソリューション デイズ”にて、9日(金)15:20からの木村 謙氏の「Vectorworksで簡単シミュレーション」という講演では、「照明」についても触れるそうだ。もしかしたら、DIALuxとの連携もあるかもしれないので、こちらもチェックしておくことをおすすめする。

Vectorworks Solution Days 2011|ベクターワークス ソリューションデイズ2011

ウシオライティング ダイクロハロゲン形 調光対応シングルコアLEDランプ LDR-5L-M-E11/D

ウシオライティングから新しく、LEDIU LED電球 ダイクロハロゲン形 JDRφ50タイプ調光対応シングルコアランプが発売されました。

タイプは、LDR5L-M-E11/D/27/5/18 (中角タイプ)とLDR5L-W-E11/D/27/5/30 (広角タイプ)の2種類です。

早速この紹介動画を作成してみましたのでみてみてください。ちなみに、商品の説明をしているのが、私(中畑)です。今日はたまたまネグセになっていますが、いつもはもっとちゃんとしています。(たぶん)

あと、動画では肝心の省エネがどれぐらいになるかの音声がきれていますが、従来のハロゲンランプ(40W)に対し、このLEDランプは5Wになるので、消費電力は約7分の1となります。

また、撮られることにあまり慣れていないので、かなり緊張して間違ったりしていますが、これでも何回も取り直しをしてるんです。とりあえず、アップすることを優先させて、見づらいところもありますが、まずは動画を紹介させていただきます。きっと、経験を積むことで、もっといい動画がつくれるとおもます。

ところで、当然のことながら、こちらの商品はスマートライトネットショップでも販売をしております。ぜひぜひ、このランプを試してみてください。

ウシオライティング ダイクロハロゲン型JDRφ50調光対応シングルコアを購入される方はこちら!

PHILIPSから直管型LEDランプ MasterLEDtubeが新発売


フィリップスからついに直管型LEDランプの発売がされました。その名も”MasterLEDtube”

既存の40Wタイプの蛍光灯と同じ長さのタイプで、色温度は4000Kの白色と6500Kの昼光色の2種類。

TLED___v2.pdf(ページ 6/15)

仕様は入力が96Vから240Vで1次側の電源を直接ランプに入力するタイプ。既存照明器具に設置する場合は配線工事が必要です。

スマートライトECショップでPHILPS Master LED tubeをチェックする

 

自然光に近い色合いを見るためのハロゲンランプ KLSデイライト

KLSデイライト

KLSデイライトというハロゲンランプは、元々、今から10年以上前に日本フィリップス(現フィリップスエレクトロニクスジャパン)から、”マスタービームデイライト”という商品名で販売されていた商品で、その光の美しさから個人的に大好きなランプでした。そして、当時の営業の結果、ヘアカラーに力を入れている美容室の方々に多く採用していただいたとても思い入れのあるランプです。

今回、ランプのネットショップを立ち上げるに当たり過去の資料を整理していたところ、当時、美容室向けに作成したプレゼンの資料が出てきたので、こちらにご紹介したいと思います。(今、改めて見るとかなり恥ずかしいものなのですが.....)

“自然光に近い色合いを見るためのハロゲンランプ KLSデイライト” の続きを読む