NECライティングが生産終了するのは蛍光灯ではなく器具でランプは継続

2016年9月13日、NECライティング(社長:紙屋 司、本社:東京都港区)が、世界的に課題となっている地球温暖化防止を目的とし、LED照明など高効率照明への置き換えの促進を図るべく、2018年3月をもって蛍光灯器具の生産を終了するとの発表がありました。

プレスリリース NECライティング

2018年3月に販売終了となるのは一般蛍光灯照明器具

今回販売終了となるのは一般蛍光灯照明器具とよばれるもの。蛍光灯(ランプ)には直管タイプとコンパクトタイプの2種類あるが、コンパクトタイプの蛍光灯器具は既に販売を終了しており、2018年3月を持ってNECライティングは直管、コンパクトタイプ合わせて蛍光灯器具の販売が終了になります。

直管タイプ蛍光灯
直管タイプ蛍光灯
コンパクトタイプ蛍光灯
コンパクトタイプ蛍光灯

NECライティング

メンテナンス用の蛍光灯(ランプ)の販売は継続

蛍光灯器具ではなく蛍光灯(ランプ)の方はメンテナンス用として今後も販売は継続されます。

ただし、昨今、LED照明への切り替えが大きく進んでおり、蛍光灯事体の生産量は減少傾向にある為、生産量が少ない蛍光灯については他社を含め代替えとなる商品を考慮しながら検討することがあるとのことでした。

まとめ

蛍光灯(ランプ)は白熱電球やハロゲンランプに比べて省エネ性能が高いランプである為、LEDが出た当初はまだまだ蛍光灯の代替えにはならないと思われました。

しかし、現在市場で販売されているLEDは効率120lm/Wはおろか190lm/Wを超えるものも製品とされており、これは一般的な蛍光灯 FLR40Wの75lm/Wだけでなく、インバータ式とよばれさらに省エネといわれたFHF32Wの110lm/Wをも上回る性能です。

一般蛍光灯照明器具の代わりになるLED照明器具は、NECライティングからはNuシリーズ(ニュー)、パナソニックからはiDシリーズ、三菱電機からはMILIEシリーズ(ミライエ)など、各社既存の蛍光灯よりも省エネでコストパフォーマンスの高いラインナップを投入しており、そこにはさらに照明専業メーカーのオーデリック、遠藤照明、コイズミ照明なども同じラインナップを持っています。

NEC Nuシリーズ
NEC Nuシリーズ
PANASONIC iDシリーズ
PANASONIC iDシリーズ
三菱 MILIEシリーズ
三菱 MILIEシリーズ

よって、ユーザー側として各社比較検討し有利な価格で購入できる照明器具になっており、そういったことも追い打ちをかけて、既に蛍光灯照明器具が選ばれる機会はほとんどなくなっております。

NECライティングの蛍光灯照明器具販売終了は、2018年3月とのことです。

プレスリリース NECライティング

在庫ありFHSD15/FHSD20EL/EW/EN PANASONIC(パナソニック)・コンパクトスパイラル蛍光灯

先日、メーカーのパナソニックさんで生産終了になってしまったコンパクトスパイラル蛍光灯について、弊社でまだ若干在庫があります。

FHSD1

入手できなくて困っておられましたら、一度、ご連絡ください。

→ 在庫のお問合せ

なお、常に在庫が変動しますので、お買い上げのタイミングで完売になる可能性もございますので、その際はご了承下さい。

→ > FHSD パナソニック・コンパクトスパイラル蛍光灯販売ページ

生産終了 パナソニック・コンパクトスパイラル蛍光灯一覧

商品名 光色 色温度
FHSD11EL 電球色 3000K
FHSD11EWW 温白色 3500K
FHSD11EW 白色 4200K
FHSD11EN ナチュラル色 5000K
FHSD15EL 電球色 3000K
FHSD15EWW 温白色 3500K
FHSD15EW 白色 4200K
FHSD15EN ナチュラル色 5000K
FHSD20EL 電球色 3000K
FHSD20EWW 温白色 3500K
FHSD20EW 白色 4200K
FHSD20EN ナチュラル色 5000K

パナソニック COMPACT DOWNLIGHT SPILE 器具一覧

パナソニック社のスパイラルランプFHSDシリーズを採用している照明器具の一覧です。

シリーズ 型番 使用ランプ 埋込穴 形式
SPILE85 NF11962ENM FHSD15形 Φ85 縦型
NF11963FENM FHSD15形 Φ85 縦型
SPILE100 NFM21700ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ100 縦型
NFM21701FENM FHSD11/15/20形(共用) Φ100 縦型
SPILE125 NFM21710ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)
NFM21712ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)
NFM21711FENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)
NFM21713FENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)
NFMS21714ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 縦型
NFMS21715FENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 縦型
NFM21718ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)/軒下用・屋側用器具
NFMG21780ENM FHSD11/15/20形(共用) Φ125 横型(浅形タイプ)/軒下用・屋側用器具 ムシベールNEW

パナソニックFHSD11/FHSD15/FHSD20シリーズをお探しでしたらまずはご連絡ください

まずは一度ご連絡ください。

→ 在庫のお問合せ

なお、常に在庫が変動しますので、お買い上げのタイミングで完売になる可能性もございますので、その際はご了承下さい。

→ > FHSD パナソニック・コンパクトスパイラル蛍光灯販売ページ

パナソニックFCL9W(生産完了品)の代替商品販売開始のご案内。

今回ご紹介するのは、丸型蛍光灯の中で最も小さい規格だった、パナソニックFCL9Wの代替品です。

小さくても明るく均一な配光が出せたため、小型の照明器具に長い間使われ続けてきました。

パナFCL9

■使用場所

・ホテル、マンション、温泉施設、スポーツジムなどで使われる防水形の小型ブラケット照明。

・電子顕微鏡の光源(カートン光学、京セラ)

・寝台列車北斗の枕元灯

・並べて使うインテリア照明

某温浴施設 縮小

<<...>> <<...>>

などなど、幅広い用途で使われており、どれも器具を交換するのがなかなか難しい状況です。

元々パナソニック以外のメーカーは作っておらず、2013年にパナソニックが生産完了をし、

この照明器具をお使いの現場で困ることが多かったのではないでしょうか??

そんな現場でお困りの方に朗報です。

パナソニックFCL9EX-L(FCL9EX-LF)、FCL9EX-N(FCL9EX-NF)の代替品を発売する事になりました。

<<...>>

■製造は老舗のランプメーカー極光電気(株)

特殊な蛍光灯から高スペックなLEDを作る老舗のランプメーカーです。

工場も東京都内に構え、安心の日本製です。

■光色は2種類

FCL9EX-L (電球色)

FCL9EX-N (昼白色)

■在庫

各色とも一定の在庫を持って販売します。

■安心の日本製

東京都内にあるメーカーの工場にて1本1本手作りで製作しております。

機械生産ではないため、ガラスに多少の歪みがある場合もありますが品質には問題ありません。

FCL比較

■購入はコチラから

昭和記念公園サマーイルミネーションガーデン

こんにちは、スマートライト中畑です。

イルミネーションといえばクリスマスを思い浮かべますが、サマーイルミネーションといって夏のイルミネーションもここ最近は各地で開催されています。

ここ、昭和記念公園は立川にある国営の大きな公園で、夏はプールで有名ですが、ここでも期間限定でサマーイルミネーションが開催されているようです。

夏のイベントの候補のひとつとしていかがでしょうか?

Web

デジタル掛け軸:D-K LIVEが横浜赤レンガ倉庫にて5月末から6月7日まで開催

おはようございます。スマートライト中畑です。

先日、護国寺でも開催されたデジタル掛け軸:D-K LIVEが、今月末から6月7日まで、横浜の赤レンガ倉庫で開催されます。

チーム・ブルーライト横浜 : チェンジング・カラーLED演出照明

スイスのジュネーブで開催されているプロジェクションマッピングフェスティバル2013の情報がもっと知りたい!

友人のFacebookのタイムラインで知ったのですが、5月1日から12日まで、スイスのジュネーブにおいて、「マッピングフェスティバル・ジュネーブ2013 (Mapping Festival Geneva)」というプロジェクションマッピングのイベントが開催されているようです。

Mapping Festival 2013 | MAPPING FESTIVAL GENÈVE – VISUAL AUDIO & DEVIANT ELECTRONICS – 2 — 12 MAI 2013 ⁄ 9ÈME ÉDITION

サイトによると、センター会場は、”Le Commun”と呼ばれるところのようですが、他にも会場があり、それぞれでワークショップなどが行われているそうです。

また、こちらのフェスティバルは2006年から始まり今年で9回目。きっと、プロジェクションマッピングの広がりとデバイスなどの進化によって9年前には考えられなかった作品などもあるのでしょうね。

公式サイトにこれまでのアーカイブがあるので、過去の様子も見れます。

mapping festival

また、こちら、Projection Mapping Association of Japanのサイトにマッピングフェスティバル2013の情報が紹介されています。

Mapping Festival 2013 @ Geneve(スイス)が間もなく開催! | PMAJ

ということで、これからもプロジェクションマッピングがますます楽しみですね!

ベクターワークス ソリューション デイズ 2013がGW開けの5月9日、10日と東京カンファレンスセンター品川で開催

昨日は、くしゃみと鼻水がとまらず、花粉だと思っていたのですが、夜には熱が出て今日は一日静かにしているスマートライト中畑です。

さて、私達もよくお世話になっているVectorworksのイベントが、GW開けの5/9,5/10の二日間で東京カンファレンスセンターで開催されます。

今回、9日は4つの講演の中で2つがBIM関連、10日はビジュアライザーをつかったステージライティングなどの話も聞けるようです。

いずれも、講演はまもなく満席になるものもあるようなので、興味のある方はなるべく早めに予約を入れておいたほうがよさそうです。

Vectorworks Solution Days 2013

わんこと眠れる森の美女とプロジェクションマッピング? 岡崎のIPCわんわん動物園でGW期間中に開催されるわんこ劇

今日から新たに5月になりました。

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、こちらのサイトにくる検索キーワードを見ていると、ここ最近は ”ゴールデンウィーク プロジェクションマッピング”で来られる人が増えています。

きっと、このGW期間中に自分が行ける範囲で開催されているプロジェクションマッピングを探しているのかと思いますが、残念ながらそれらがまとまっているページはありませんでした。

花火大会やイルミネーションはまとめているサイトがあるので、プロジェクションマッピングもいずれそういうサイトがでてくるかもしれないですね。

で、私が検索している中で、こんなプロジェクションマッピングがありました。

IPCわんわん動物園・わんわん劇場 眠れる森の美女プロジェクションマッピング版-1

私が反応したキーワードは、”眠れる森の美女”、”プロジェクションマッピング”、”わんわん動物園”でした。

内容としては、わんこ達が”眠れる森の美女”を演じる演出に、プロジェクションマッピングを使用するそうです。

ちなみに、オーロラ姫はトイプードルのすみれさんが演じるようですが、犬好き&バレエ好きの私としては、カラボスはいったいどの犬種が演じるのかというところが気になります。イメージ的には小型件ではなく大型犬じゃないとなぁと思って、公式サイトの「みどころあらすじ」を読んでみたところ、魔女(カラボス)はどうやら映像の様子。ちょっとがっかり。

ということで、世の中いろんなプロジェクションマッピングがありますが、こちらもなかなかおもしろそうですよ。

では、みなさん、よいGWを!

第8回DIALux超初心者勉強会を5月14日(火)の19時から小伝馬町で開催します

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、4月はお休みしましたが、5月はDIALuxの勉強会を開催します。

今回は、「超初心者向け、DIALuxの使用法」で、対象はDIALuxを初めて触る人向けとなります。

進行としては

・超初心者向けDIALuxの使い方 30分
・質疑応答           10分
・DIALux EVO フリートーク  30分
・その他、質疑応答      終わりまで

という感じです。

あと、場所は和室になるので、飲食物も用意して飲み食いしながらの進行になります。

参加の申し込みは、こちらから↓

第5回DIALux超初心者勉強会申し込みフォーム

EXUF001 夢にでてきそうな強烈なサイトをつくる「unframe」プロジェクトの展示会が4/27から

先週の土曜日に開催されたCSS Holic vol.10にてトークセッションのゲストでこられていたアートディレクターの麦田ひかるさんが、ご自身でプロデュースされている「unframe」というプロジェクトの「EXUF 001」という展示会の紹介をされていた。

公式サイトによると

この春、恵比寿 PANOF studioを会場に「unframe」プロジェクトの展示を開催致します。
「unframe」 はインタラクティブ・グラフィック領域を中心に活躍する若手クリエイターが、
各々の経験とスキルを組み合わせて1つの作品を作りあげることによって新たな表現の可能性とそのシステムを探るプロジェクトです。

今回の展示には、麦田ひかる、宮本昌典、小岩原直志、郡司龍彦、林久純、田中陽、高橋伸弥、島田欣征、古川シーホら
9名のデザイナー・エンジニアが参加。インスタレーション作品を中心に、デザイン、プログラム、映像、音楽、言葉、演劇などの 表現要素を各クリエイター独自の視点で構成することで、それらの表現の枠を越えた可能性を探求します

とのこと。

私達は照明という手段を空間につかって、顧客の要望を叶えるための活動をしているのだが、映像を出力する機器の低価格化と多様化したことや、そこに訪れる個人や集団の情報がセンサーやネット接続したデバイスなどによって多く取得できるようになってきて、顧客の求める結果を出す選択肢が一昔前に比べると圧倒的に増えてきた。

どちらかというと、静的な手段をつかって空間をつくりあげるものとして、若手クリエーターが新しい技術を使って、どんな表現をするのか、とても興味がある。

ということで、この彼らのサイトをみるだけでも、夢にうなされてしまいそうな表現をしている「EXUF001」をぜひチェックしてみたいとおもっています。

↓ unframeの公式サイト (強烈!)

EXUF001 by unframe | Exhibition of unframe 001