第1回クラウドソーシング有効活用勉強会に参加、キーワードは【代替可能化スキル】

おはようございます。スマートライト中畑です。

昨日は橋田一秀さん主催で、コワーキングスペース茅場町で開催されたクラウドソーシング有効活用 #1「クラウドワークスを使った開発手法」 に参加してきました。

クラウドソーシング有効活用  1 クラウドワークスを使った開発手法  Co Edo Developers | Doorkeeper

クラウドワークスの西山さん、きくもとさん、株式会社サイクスの門松さんのお話をきき、私も自身のクラウドソーシング活用事例としてLTをしてきたのですが、今回の勉強会に参加してクラウドワークスについて改めて感じたことを書いてみます。

発注者側と受注者側、それぞれに【代替可能】という言葉がキーワード

受注者側が【代替可能】で無いスキルをもっている場合に有利なのはわかりやすいとおもうのですが、むしろ発注者側が【代替可能】な状態に仕事を分解できるかどうかがすごく重要。

発注者側が【代替可能化スキル】を持っていなければ、依頼した仕事のクオリティ、価格、そしてリスクのどれかに問題が生じる可能性が高まります。

これについては、きくもとさんが今回発表された「100%失敗しないクラウドソーシングの発注方法」を、いずれブログでアップされると思うので、解説は省略。

↓ きくもとさんのブログ
rake enjoy!!

適正価格はそれなりにある

クラウドワークスで募集されている仕事の一覧をみると、ものすごい安い価格条件のものが並んでいたりします。

でも、受注者側の能力を【継続的】にしっかりと発揮してもらうためには、それなりのコストが必要だと感じています。

もちろん、自分の実績をあげる為や、その発注者から次も仕事をもらえるように、初期は非常に低価格で仕事をしてくれる人もいるのですが、一番最初と同じ金額で、次もその人が同じ内容の仕事をしてくれるかどうかは、発注者側も注意する必要があります。

そして、これは肌感覚なのですが、それなりに適正価格はあります。

だから、激安で受けてくれた人も、次の金額は適正価格に近づける交渉があったり、たとえ同じ金額で仕事を受けてくれたとしても、最初と同じクオリティで納品してくれるかどうかは心配なところです。

ただし、従来はエンドユーザーから受注者までの間に何社も入っているような仕事の場合は、この適正価格でも激安!と感じる発注者がいるかもしれません。

言語の壁が崩れたら?

先に上げたとおり適正価格はそれなりにあります。

でも、それはあくまでも日本の中の話。

現在は、日本語という特殊なコミュニケーション環境の中でやりとりされている国内のクラウドソーシングですが、もしその言語の壁が、なんらかの方法によって崩れ、東南アジアやロシア、南米、アフリカなど、世界のクラウドワーカーが参入してきたとき、適正価格の相場は大きく変わるでしょう。

これ、時間の問題なんじゃないかなぁと思います。

まとめ

以上、私自身、クラウドソーシングを使い始めたのは去年の9月からなのですが、最近ますますクラウドソーシングの発注者側の経験値とスキルをあげる必要性を痛感しています。

なぜならば、自分の中にはやりたいことがいくつもあり、そのやりたいことがこれまで出来なかった理由として、費やす【時間】が確保できないことや、自分にはその【スキル】がないことが大きかったのですが、【時間】と【スキル】をクラウドソーシングを使うことで解決することを理解したからです。

つまり、【自分のやりたいことは、クラウドソーシングを使って実現できる】ことがわかったんです。

でも、その前にひとつだけ条件があって、それには【クラウドソーシングを使うスキル】が絶対に必要なんです。

ということで、これからは【クラウドソーシングを使うスキル】を伸ばしていきたいと思います!

コメントを残す