首都圏鉄道会社が運行データの公開を!電子世界の現実性があるレベルを超えた未来の姿は?

おはようございます。

スマートライト中畑です。

今、世の中では、これまでは企業や組織の中でしか活用されなかったデータを外部に公開することで、第三者がそれをつかってより便利なサービスをつくりやすくするような流れがあります。

例えば、企業が自社で販売する商品のデータを、第三者が利用できる状態にして、より売れやすくするようにしたり。参考記事:企業は自社製品の情報をAPIで公開してサイト運営者に営業をまかせる時代がくるのか? APIエコノミーについて

総務省がもっているデータを公開することで、他のデータと組み合わせて、よりわかりやすかったり、付加価値のある情報を第三者がつくれるようにしたり。参考記事:総務省統計局が次世代統計利用システムで国勢調査や全国消費実態調査などのデータをAPIで公開 |

その第三者がデータを利用しやすくするための方法のひとつが、API【 Application Program Interface 】というものなのですが、NHKのNEWS WEBにて、NHK NEWS WEB 交通オープンデータで何が変わる?という記事が公開されています。

NHK NEWS WEB 交通オープンデータで何が変わる

こちら、首都圏の鉄道各社と東京都が、電車がどこを走っているのかをリアルタイムで提供する運行データの公開に乗り出すとのこと。

NHKのサイトには、このデータ公開によって実現できるいろんな便利なことが書かれていますが、別の使い方として、Google Map上に運行している電車の状況をリアルタイムに再現することも可能です。

一方、設備の世界では建物の中で現在使用している電力量を設備ごとに把握するというBEMSやHEMSの動きがあります。

この鉄道の運行データに、各建物で使用されている照明器具が点灯しているか消灯しているかなどが加わり、さらに、それがGoogleEarthに反映すると、まさに「A列車で行こう」や「SimCity」のリアルな光景が広がることができるのです。

それに加え、個人の持つ携帯電話から得られる位置情報や、UP by Jawbonソフトバンクヘルスケアなどの生体情報がもし加わったとしたら、それはもう便利という範疇ではなく、なにか恐怖を感じるようなものになりそうです。

まぁ、さすがにプライバシーに関係する情報がオープンになるとは思えませんが、そのデータを入手できる立場にいれば、私達のこの世界のコピーをひとつ上の次元から眺めることができることが技術的に可能になるってことなんですよね。

今から3年後にはオープンデータやオープンでないデータがつかわれてどんな風になっているのか、怖くもありますが、とても興味をそそるテーマであったりもします。

コメントを残す