ETCでアクアラインを通ると首都高並の料金。その代償として渋滞は増えたけど、照明でその渋滞を緩和させようとする試み

今年になって二人目の子供が産まれて車を購入し、一番最初に行った遠出がアクアラインを通って行った九十九里浜でした。

当初、ETCは必要ないと思って付けなかったのですが、アクアラインは通常3000円の料金がETC割引だと800円になると知って急遽購入。ETCカードは間に合わなかったので親から借りました。

ということで、車に乗ってない時はアクアラインのニュースをきいてもあまり反応しませんでしたが、木更津や富津など東京湾を渡った反対側に、これだけの値段で行けるというのはすごいと思います。当然、週末になるとラジオから渋滞のニュースは流れています。

と、そんな中、こんな記事が日経新聞でありました。

点滅する光で渋滞を緩和 東京湾アクアラインで実験   日本経済新聞

記事によると、アクアラインの登り坂の部分で、自然にスピードが落ちないように、よこにLEDの光を並走させてペースを守らせるようにドライバーに意識づけるという方法とのこと。

実際にゴールデンウィーク中の渋滞が緩和するなどの効果も見られたようです。

照明というと、省エネや長寿命などがよくいわれますが、こういった使い方で、世の中の問題を解決する方法のひとつとして使われると、同じ照明業界にいるものとして、うれしいですね。

コメントを残す