がっちりマンデーで紹介されたフィリップスのノンフライヤーからいずれライフログガジェットまで出したら家庭の主導権は完全にPHILIPS

philips ノンフライヤー

オランダに住んでいた時に友人の家にいくとだいたい電気で使えるフライヤーがありました。現地でフリーチェと呼ばれる冷凍のフライドポテトやコロッケ(日本のとはちょっとちがう)を、このフライヤーであげることで、家庭で気軽に揚げ物を食べることができました。

↓ フリーチェ・メット・マヨ(マヨネーズ付き)


potat met / some of rebecca’s photos

↓ クロケット(コロッケ)


kroket met mayo / rhodes

で、なぜだかここ最近、PHILIPSのフライヤーの型番や名前をきくことが続いたので、私はてっきりこのフライヤーが日本でも販売されたのかとおもっていたのですが、どうやら油を使わないタイプのフライヤーがPHILIPSから発売されたようです。

さらに、この問い合わせの突然の増加は、先日「がっちりマンデー!!」という番組がPHILIPSの会で、このノンフライヤーや、ソニックケアーのエアーフロスが紹介されたことが理由のようです。

ということで、たまたま今日はPHILIPSのショールームにいったので、写真を撮って来ました。

フィリップス ノンフライヤー HD9220

こちらがその製品。たぶん、ノンフライヤーということを聞かなければ、普通にヨーロッパの家にあるフライヤーと、見た目は代わりありません。

フィリップス ノンフライヤー HD9220

てっきり、上がフライヤーだとおもったのですが、調理するものを入れるのは、この下の部分でした。

なので、本体はかなり大きいですが、一度に量はあまりつくれないようです。でも、油を使わないで、かつ、製品自体の油も落とせる?!ような健康的なものなので、量は必要ないかもしれませんね。

この番組では、フィリップスのエアーフロスも紹介されたようです。

私は以前、まだ20代だったときにフィリップスの水がでるタイプのフロスを買った覚えがあるのですが、当時は若かったことも有りそもそもフロスが必要ありませんでした。

でも、今は普通にフロスをつかっているので、もしかしたらいいかもしれないですねぇ。

ちなみに、歯ブラシはソニックケアを使ってます。これはなかなか良いです。でも、5年ぐらい使っているから、そろそろ買い替えなきゃいけないのかな。

あと、先日私もjawboneを発注したんだけど、PHILIPSにもこういったLife Logをとるような製品がありそうな感じで、もしあったとしたら、それでHueと連動しちゃったりしたら面白そうですね……というか、血圧や心拍数、体温なんかを取得して部屋の照明を操作するってのは十分ありだなぁ。

となると、hueを皮切りに中心となるPHILIPS製のコントローラーが家庭に一台はいり、照明を制御するだけでなく、個人に装着されたライフログツールで家庭の環境をコントロールしたり遠方の医者や家族にもデータおくれるようになる。現に、フィリップス・レスピロニクス合同会社という在宅医療の会社もあることだし….

ということで、今日はこの辺で

コメントを残す