企業は自社製品の情報をAPIで公開してサイト運営者に営業をまかせる時代がくるのか? APIエコノミーについて

GW中はカレンダーどおりのスマートライト中畑です。

さて、とても気になるニュースがありました。

それはこちら。APIエコノミーという記事。

今、起こりつつあるAPIエコノミーとか何か? | TechCrunch Japan

APIというのは、アプリケーションプログラミングインタフェース Application Programming Interface) の略です。

でも、プログラムをやってない人にはまったく馴染みのない言葉だと思います。

すっごく簡単に言うと、提供側が、自社のデータベースを他人が自由に使える仕組みです。

例えば、電球を販売するネットショップがあるとします。

下記は、とある電球ネットショップの商品の画面ですが、

スマートライト   ウシオ 10個セット  JDR110V40WLM KUV H

一般的にネットショップには、

・商品写真
・商品名
・説明文

このような情報が掲載されています。

ネットショップ運営者は、自分のネットショップに、これらの情報をひとつひとつだったり、エクセルでデータをつくり一括で登録をしていると思います。

APIというのは、こういったデータを自分自身で登録することなく、提供者側が利用者にデータを提供する仕組みなのです。

なので、もしスマートライトが電球の情報のAPIを提供していたとすると、必要なところに必要な情報を表示させるというプログラムを書くだけで、ひとつひとつを登録することなく表示させることができます。

APIを使った例としては、下記のサイト。

ロマンスが必要 | 韓国ドラマにはまっています

韓国ドラマの「ロマンスが必要」に関連する情報を、YouTubeとAmazon、楽天などのAPIを使って表示しています。(すでに2がやっていますねぇ)

↓ YouTube API

ロマンスが必要 | 韓国ドラマにはまっています

↓ Amazon API

ロマンスが必要 | 韓国ドラマにはまっています 1

↓ 楽天API

ロマンスが必要 | 韓国ドラマにはまっています 2

以前、このスマートライトでも、YouTube上のDIALuxに関連する動画を表示させていましたが、それも YouTubeのAPIを使っていました。

で、これで何が変わるのかというと、従来、企業のホームページは自社のことや、商品の情報を掲載して、それらについて知りたい人が、必要な情報を取得できるようにしていました。

なので、「ウシオライティング ダイクロハロゲンランプ代替え形LEDランプ」を例にすると、商品自体のスペックや説明がメインです。

でも、人々が求めている情報はカタログに掲載されているような情報よりも、もっと複雑で具体的なケースが多く、

検索されるキーワードとしては、例えば

「JDR110V40WLM/KUV-Hの代替えとなるLEDランプ」

だとか、

「ダイクロハロゲン形LEDランプ各社比較」

だとか、

「LEDランプ ちらつき 解消」

といったようなケースがほとんどです。

で、もし、これらのランプ情報のAPIが提供されている場合、サイトの運営者としては、上記の検索キーワードに対する回答を、自分の言葉でコンテンツをつくり、その中に、APIで提供された企業のランプの情報や写真を貼りこむことができるようになります。

つまり、商品を販売するメーカーは、製品情報のデータベースをAPIで公開することが、自社でカタログをつくったり、ウェブサイトを製作するよりも、より具体的なケースに自社の商品の情報を、サイト制作者に盛り込んでもらえるということになります。

ということで、いずれこのスマートライトでも、ランプ型番や生産終了ステータス、代替えランプなどの情報を提供するランプ百科というようなAPIを公開してみたいなぁと思っています。

直管形LEDランプもいよいよJIS規格が制定。LED蛍光灯でビジネスをしている人たちは今後どうなる?うちにある在庫は売っても大丈夫?

さて、いよいよ直管LEDランプについても日本工業規格(JIS規格)が制定されました。

一般照明用GX16t-5口金付直管LEDランプ-第1部:安全仕様が経済産業省のサイトで同時に公開されており、これを見ると、

  1. LED ランプ専用の口金GX16t-5 を規定
  2. ランプの落下防止対策
  3. 破損時の感電保護
  4. 絶縁抵抗及び耐電圧性
  5. 光生物学的安全性

などの項目が記載されています。

いよいよこの時がきたか!という感じですが、照明のビジネスをしている私達にとっては、今後のビジネスがどうなるかというのが一番知りたい部分で、

つまり、

「既存のG13タイプの直管形LEDランプは今後も売れるのか?」

という話。

ちなみに、昨年、平成 24 年7月1日より LED 照明器具が電気用品安全法の規制の対象となった時には、一般社団法人 日本照明器具工業会(現 一般社団法人日本照明工業会)が「直管型 LEDランプを専用に使用する灯具に対する技術基準要求について」という見解を下記のように示しています。

  1. (一社)日本電球工業会規格 JEL801 又は JEL802 に適合する直管LEDランプ専用器具は技術基準に適合する。
  2. G13 など従来の直管蛍光ランプが取り付けられるソケットを持ち、そのソケットから給電する直管 LED ランプ専用器具 のうち、使用者がランプを取り付け、取り外しできるものは、安全性の確認がとれない限り電気用品安全法に不適合とする。

同時に下記のような表も公開しており、

直管形LEDランプについて

こちらを見ると「G13口金で保持、保持部から給電する(使用者がランプを取付取り外しできるもの)」は、「不適合の恐れあり」という見解になっています。

また、表の下に

※既設の蛍光灯器具を直管 LEDランプ用器具に改造する行為は、電気用品安全法の対象外であるが、注意が必要(P.3~参照ください。)

と書かれているので、同じPDFファイルのP.3にあるQ&Aを見ると、

Q3
既設の蛍光灯器具を直管LEDランプ用に改造した場合、電気用品安全法の対象になりますか?また、改造後事故が生じた場合は誰の責任ですか?

A3
電気用品安全法の対象外です。
工事に起因する事項であれば、改造工事を行った業者です。部品自体の問題であれば部品の製造業者が責任を負うことになります。

ここでは、新規の照明器具ではなく、既存の器具を改造した場合には電気用品安全法の対象外となることがかかれています。

ただし、

Q1
直管LEDランプは電気用品安全法の対象ですか?

A1
「LED ランプ」とは、定格消費電力が 1W 以上のものであって、1の口金を有するものと規定されています。この1の口金とは口金が1ヶ所であることを表していますので、ランプ両端に口金を有する直管 LEDランプは対象になりません。

この部分について、この時点では口金が2ヶ所以上ある直管LEDランプは「LEDランプ」の対象となっていなかったのですが、今回の一般照明用GX16t-5口金付直管LEDランプ-第1部:安全仕様で、具体的に口金部分が明記されていることから、GX16t-5以外の口金を持つ、直管形LEDランプの扱いが気になるところです。

さらに、直接電源を取るラインボルトとトランスを使って電源をとるローボルトタイプについてもどうなるのかなど、まだまだわからないところが一杯です。

おそらく、この部分については、一般社団法人 日本照明器具工業会から、前回と同じような案内がでるのではないかと思うので、こちらのサイトを日々、チェックしていきたいと思っています。

なお、

Q2
法律施工以前に購入した製品は、電気用品安全法違反になりますか?

A2
法律は施行された日から、順法義務が発生するため以前の商品は対象外になります。

と書かれているので、今現在持っている在庫については対象外になるようです。

「直管型 LEDランプを専用に使用する灯具に対する技術基準要求について」は注意書きがいろいろあるので、詳細はこちらをご確認ください。

がっちりマンデーで紹介されたフィリップスのノンフライヤーからいずれライフログガジェットまで出したら家庭の主導権は完全にPHILIPS

オランダに住んでいた時に友人の家にいくとだいたい電気で使えるフライヤーがありました。現地でフリーチェと呼ばれる冷凍のフライドポテトやコロッケ(日本のとはちょっとちがう)を、このフライヤーであげることで、家庭で気軽に揚げ物を食べることができました。

↓ フリーチェ・メット・マヨ(マヨネーズ付き)


potat met / some of rebecca’s photos

↓ クロケット(コロッケ)


kroket met mayo / rhodes

で、なぜだかここ最近、PHILIPSのフライヤーの型番や名前をきくことが続いたので、私はてっきりこのフライヤーが日本でも販売されたのかとおもっていたのですが、どうやら油を使わないタイプのフライヤーがPHILIPSから発売されたようです。

さらに、この問い合わせの突然の増加は、先日「がっちりマンデー!!」という番組がPHILIPSの会で、このノンフライヤーや、ソニックケアーのエアーフロスが紹介されたことが理由のようです。

ということで、たまたま今日はPHILIPSのショールームにいったので、写真を撮って来ました。

フィリップス ノンフライヤー HD9220

こちらがその製品。たぶん、ノンフライヤーということを聞かなければ、普通にヨーロッパの家にあるフライヤーと、見た目は代わりありません。

フィリップス ノンフライヤー HD9220

てっきり、上がフライヤーだとおもったのですが、調理するものを入れるのは、この下の部分でした。

なので、本体はかなり大きいですが、一度に量はあまりつくれないようです。でも、油を使わないで、かつ、製品自体の油も落とせる?!ような健康的なものなので、量は必要ないかもしれませんね。

この番組では、フィリップスのエアーフロスも紹介されたようです。

私は以前、まだ20代だったときにフィリップスの水がでるタイプのフロスを買った覚えがあるのですが、当時は若かったことも有りそもそもフロスが必要ありませんでした。

でも、今は普通にフロスをつかっているので、もしかしたらいいかもしれないですねぇ。

ちなみに、歯ブラシはソニックケアを使ってます。これはなかなか良いです。でも、5年ぐらい使っているから、そろそろ買い替えなきゃいけないのかな。

あと、先日私もjawboneを発注したんだけど、PHILIPSにもこういったLife Logをとるような製品がありそうな感じで、もしあったとしたら、それでHueと連動しちゃったりしたら面白そうですね……というか、血圧や心拍数、体温なんかを取得して部屋の照明を操作するってのは十分ありだなぁ。

となると、hueを皮切りに中心となるPHILIPS製のコントローラーが家庭に一台はいり、照明を制御するだけでなく、個人に装着されたライフログツールで家庭の環境をコントロールしたり遠方の医者や家族にもデータおくれるようになる。現に、フィリップス・レスピロニクス合同会社という在宅医療の会社もあることだし….

ということで、今日はこの辺で

第8回DIALux超初心者勉強会を5月14日(火)の19時から小伝馬町で開催します

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、4月はお休みしましたが、5月はDIALuxの勉強会を開催します。

今回は、「超初心者向け、DIALuxの使用法」で、対象はDIALuxを初めて触る人向けとなります。

進行としては

・超初心者向けDIALuxの使い方 30分
・質疑応答           10分
・DIALux EVO フリートーク  30分
・その他、質疑応答      終わりまで

という感じです。

あと、場所は和室になるので、飲食物も用意して飲み食いしながらの進行になります。

参加の申し込みは、こちらから↓

第5回DIALux超初心者勉強会申し込みフォーム

EXUF001 夢にでてきそうな強烈なサイトをつくる「unframe」プロジェクトの展示会が4/27から

先週の土曜日に開催されたCSS Holic vol.10にてトークセッションのゲストでこられていたアートディレクターの麦田ひかるさんが、ご自身でプロデュースされている「unframe」というプロジェクトの「EXUF 001」という展示会の紹介をされていた。

公式サイトによると

この春、恵比寿 PANOF studioを会場に「unframe」プロジェクトの展示を開催致します。
「unframe」 はインタラクティブ・グラフィック領域を中心に活躍する若手クリエイターが、
各々の経験とスキルを組み合わせて1つの作品を作りあげることによって新たな表現の可能性とそのシステムを探るプロジェクトです。

今回の展示には、麦田ひかる、宮本昌典、小岩原直志、郡司龍彦、林久純、田中陽、高橋伸弥、島田欣征、古川シーホら
9名のデザイナー・エンジニアが参加。インスタレーション作品を中心に、デザイン、プログラム、映像、音楽、言葉、演劇などの 表現要素を各クリエイター独自の視点で構成することで、それらの表現の枠を越えた可能性を探求します

とのこと。

私達は照明という手段を空間につかって、顧客の要望を叶えるための活動をしているのだが、映像を出力する機器の低価格化と多様化したことや、そこに訪れる個人や集団の情報がセンサーやネット接続したデバイスなどによって多く取得できるようになってきて、顧客の求める結果を出す選択肢が一昔前に比べると圧倒的に増えてきた。

どちらかというと、静的な手段をつかって空間をつくりあげるものとして、若手クリエーターが新しい技術を使って、どんな表現をするのか、とても興味がある。

ということで、この彼らのサイトをみるだけでも、夢にうなされてしまいそうな表現をしている「EXUF001」をぜひチェックしてみたいとおもっています。

↓ unframeの公式サイト (強烈!)

EXUF001 by unframe | Exhibition of unframe 001

D-K:デジタル掛け軸 D-K LIVEがゴールデンウィーク中の5月1日から6日まで護国寺で開催

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、ここ最近は各地でプロジェクションマッピングのイベントが開催されておりますが、ゴールデンウィーク中の5月1日から6日まで、文京区にある護国寺において、デジタル掛け軸というイベントが開催されます。

「デジタル掛け軸」というと、初めて聞かれる言葉かもしれませんが、チームブルーライト・ヨコハマのサイトによると、

D-K :デジタル掛け軸 とは
100万枚に及ぶデジタル・アート映像をコンピュータでアトランダムに組合せ、屋内、屋外、商業施設、歴史的建造物、大自然から寺社仏閣な どに、複数台のプロジェクターで投影する、チーム・ブルーライトヨコハマのメンバーであり、「アメリカ・パブリック・アート2007年度」のベスト・アーチストに選ばれ、日本の高校の教科書「情報C」に紹介されているデジタルアーティスト長谷川章氏のアート作品です。

とのことです。

連休の中日で、出勤される方は、仕事帰りに護国寺によると楽しいかもしれません。

デジタル掛け軸

DIALuxのサイトtakibiweb.comを作るきっかけになったライトシーン石田さんと会って、5月に木更津でキャンプ企画を立てることにしました!

はやいもので、もう金曜日の17時30分!

みなさん、今夜の予定はいかがですか?

スマートライト中畑です。

さて、私が以前DIALuxの情報を発信していたtakibiweb.comなのですが、もともとは照明デザイナーのライトシーン石田聖次さんの出会いがはじまりでした。

わんこはトイプーのクッキーちゃんだよ!

その石田さんが主催するキャンプがあり、いつも照明関係者や学生などがあつまっていたのですが、そのキャンプの時の案内や写真を掲載するホームページをつくろうということになり、名前をどうしようか?と相談したら、「たきび」がいいな!ということで、ドメインがtakibiweb.comというようになりました。

で、その後、キャンプ情報の更新がされなくなり、私がDIALuxに出会ったのをきっかけとして、takibiweb.comは主にDIALuxの情報を発信するホームページへと変貌をとげました。

それは結局、今のこのスマートライトにつながっていくんですけど、そのライトシーンの石田さんの事務所に昨日、遊び営業に行ってきた際に、また、キャンプの幹事を仰せつかりました。

ということで、5月に千葉県の木更津のほうの施設でキャンプを行います。

キャンプはこんな感じ

17816 462329740514710 889163556 n

なによりも一番の楽しみは、手作り石窯でつくるピザ!

この石窯でおいしーぴざをやきます!

そんなわけで、詳細はまた告知します!

では、みなさん、良い週末を!

世界各国の星景写真家が参加するThe World at Night”(TWAN)が「コニカミノルタプラザ」にて6月7日から6月24日まで開催

「星景写真」をご存知だろうか?

日本星景写真協会 Association of Starryscape Photographers,Japan(ASPJ)のホームページによると、

「星景写真」とは、星空と地上風景を同一画面に収めた「星のある風景写真」のことで、1988年に月刊「スカイウオッチャー」編集長(当時)の川口雅也氏が提唱されて以来、アマチュア天文家の世界ではこの分野の写真を専門的に撮影する人も増え、いまでは天体写真の一ジャンルとして認識されています。

とのことで、次のような写真のことをいう。

3001117-Dec2003

3002054-June2009

Takei_MG_0160twan_s

(写真提供:コニカミノルタ株式会社)

この「星景写真」を撮る世界の星景写真家の写真展が、コニカミノルタ株式会社(東京都千代田区)が運営する「コニカミノルタプラザ」(東京都新宿区)にて、特別企画展「地球の夜展」~空と星と文化遺産~として、2013年6月7日(金)から6月24日(月)まで開催される。

詳細は下記のとおり

Googleトレンドツールをつかって”LED”というキーワードを調べたら、”LEDライト”の方が2倍多かった!

Googleトレンドツールをご存知でしょうか?

これは、あるキーワードが、1ヶ月前とくらべて検索数がどのように変化したのか?他のどんなキーワードと組み合わせて検索されているのか、地域を絞った場合どうなのか?を、相対値でみることができるGoogleが提供する無料のツールです。

Google トレンド  ウェブ検索の人気度 led  日本 過去 90 日間

例えば、上記がLEDというキーワードについて、過去90日間、日本国内で検索しているトレンドです。

次に、トレンドの期間を2004年から現在にしてみると、

Google トレンド  ウェブ検索の人気度 led  日本 2004年  現在

この様に2008年あたりから徐々に検索数が上がりはじめ、2011年は急上昇していることがわかります。

次に、また期間を過去90日に戻してLEDと一緒に検索される「関連するキーワード」を見てみますと、

Google トレンド  ウェブ検索の人気度 led  日本 過去 90 日間 1

1位と2位が、ライト、LEDライトとなっており、3位と4位の電球、LED電球に比べ、倍のトレンドになっています。

このことから、私の場合はLEDライトというよりも、LED照明と言ったり、LED電球と言ったりすることがおおいのですが、日本国内の多くの人は、そのキーワードよりも、「LEDライト」というキーワードで検索しているということがわかります。

つまり、一般の人を対象としたホームページを製作する場合は、「LED電球」「LED照明」よりも「LEDライト」というキーワードを使ったほうが良いということです。

ということで、ネット上にはいろんな便利なツールが公開されています。

こういったツールを使って、ビジネスでもちゃんと効果のでるホームページを作って行きたいものですね。

同様にGoogleが提供しているツールとして、Google Analyticsがありますが、こちらを勉強するには、カグアの吉田さんの本がお勧めですよ!

いよいよ200lm/Wの超高効率LEDランプも実用化が近づいてきた!?でも、一番効率が高い既存のランプは何かご存知?

こんにちは!

スマートライト中畑です。

さて、「オランダフィリップス社が、1ワットあたり200lmの高効率LEDを2015年市場投入目指す」というニュースを既にご覧になられた方も多いと思います。

ちょっと前までは、HF蛍光灯レベルの100lm/wまではまだまだと思っていたのですが、いつの間にかそのレベルのLEDが当たり前のように使われるようになり、今度はその倍の200lm/wという超高効率が夢ではなくなってきました。

これはとてもすごいことで、ところで、既存の実用化されているランプで一番効率の高いもので、このルーメンパーワットがどれぐらいだかご存知ですか?

HF蛍光灯でしょうか?

Pa FHF 260

これも効率が高いのですが、FHF32Wで3500lm。よって109lm/W。

冷陰極管でしょうか?


CCFLamp20080811 / alx_chief

冷陰極ランプは寿命は長いのですが、効率は50〜60lm/W 程度でHF蛍光灯の方が効率は高いです。

では、無電極ランプでしょうか?

Www lighting philips com pwc li us en connect tools literature downloads p 5456 pdf

こちらも冷陰極ランプと同じように、寿命は長いランプですが、165Wで12000lmなので、72lm/W程度です。

ということで、正解はこちら!

Sox pro 180w

低圧ナトリウムランプです。

このランプは、180Wで32000lmなので177lm/W。

低圧ナトリウムランプというのは、普通に生活していると、あまり聞かないランプの名前ですが、主にその寿命の長さからトンネル内の照明などに利用されています。


Yosemite tunnel on Hwy 41 / nineball2727

今回のPHILIPSの発表した200lm/wのLEDは、この低圧ナトリウムランプを上回る超高効率になる予定です。

いや本当に、すごいですねぇ。