照明のビジネスを「勝者総取り」するのは、iPhoneやMacBookProをつくっているAppleなのかもしれないとWiFiSlam買収とPhilips hueの流れで思った

apple

WirelessWire Newsにて、「アップル(Apple)が屋内位置情報関連の技術を開発するワイファイ・スラム(WifiSlam)という新興企業を約2000万ドルで買収した」という記事が出ていた。

アップル、屋内位置情報サービスのワイファイ・スラムを2000万ドルで買収 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

WiFiSLAMのサイトは現在は見れない状況なので、下記のangel.coというサイトでみてみると、

WiFiSLAM – Indoor GPS

Allow your smartphone to pinpoint its location (and the location of your friends) in real-time to 2.5m accuracy using only ambient WiFi signals that are already present in buildings.
We are building the next generation of location-based mobile apps that, for the first time, engage with users at the scale that personal interaction actually takes place. Applications range from step-by-step indoor navigation, to product-level retail customer engagement, to proximity-based social networking.

スマートフォンから室内にあるWiFi信号を使いて2.5mの精度での位置情報を特定する技術を開発しており、位置情報に個人的なアクション(購買など)を結びつけたり、屋内でのナビゲーションや、位置が近いことのSNSなどにつなげるつもりのようだ。

そんな技術をもつ会社をAppleが買収した。

そのAppleといえば、昨年のIOS5へのアップデートの際、地図アプリがそれまでのGoogleMapからApple製の出来の悪い(当時)地図になり非難轟々であったが、同時に、iPhoneのナビゲーションに自分たちがいかに依存していたかをあらためて実感することになった。

当時はなんでAppleが無理やりGoogleMapから自社製の地図アプリにしたのかあまり深く考えていなかったのだが、すっかりスマートフォンのナビゲーション依存になった人々と、そして、今回のWiFiSLAMの買収によって、現在自分のいる店舗が明確になるほど精度が高くなった位置情報の技術が、O2O(オンライン・ツー・オフライン)とよばれるネット上からリアルな店舗での購買に結びつけ広告宣伝の効果を発揮するシステムとしてできあがることで、昨年の無理やりおこなった地図アプリの内製化というのも理解できるようになる。

IMG 5222

さて、ここから照明の話。

Appleと照明といえば、昨年、Philipsと組んでリリースした家庭内コントローラーとRGBのLED電球のセットとなったHueがある。

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

これはこれで、Phiipsの家電や制御の技術とAppleのもっているスマートフォンやユーザーインターフェイスとの組み合わせで、家庭内にある冷蔵庫やTV、オーブンなど電気を使う機器もいずれはPhilipsとAppleの支配下になってしまうのではないか?と思うのだが、今回はそれが家庭だけでなく、店舗や施設、公共エリアまでも広がってしまうのではないかと思う。

なぜならば、今回のライティング・フェアでもBEMSやHEMSなど制御のシステムがいくつも展示されていたが、それらと、Apple、もしくはAppleがユーザー自身に作らせるユーザーインターフェイスやシステムと正面から比較されたときに、どちらがコストや使い勝手で魅力があるかということを考えた時に、それは明確であるからだ。

もちろん、”そんな簡単にはいかない”と思える点はいくつもある。でも、あくまでも現状の話に過ぎない。

照明のビジネスを「勝者総取り」するのはどこなのか?と考えた時に、それはもしかしたら、今、僕達がよろこんで使っているiPhoneやMacBookProをつくっているAppleなのかもしれない。

迫り来る「勝者総取り」の世界。照明業界はどこが勝者になる?もしくは照明以外の企業が照明ビジネスを総取りしてしまうのか? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

コメントを残す