経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは?

おはようございます。スマートライト中畑です。

最近は直管形LEDのソケット規格や水銀条約のことなどもあり、たまに経済産業省のリリースをチェックしているのですが、こんなリリースを見つけました。

白書や統計などの公表データがより一層活用しやすくなります~オープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)の公開~(METI/経済産業省)

リリースには、

この取組は、経済産業省が保有している白書や統計などの公表データを、これまで以上にビジネスなどの民間での利活用につなげるため、より加工しやすい形で保有データを公開するものです。

と書かれており、各業界の統計データなどがMS-Excelのファイル等で取得できるようです。

ネット上では既に国土交通省が地形情報や施設情報などを、国土政策局GISホームページにて提供されていますが、こちらが位置を示す固定の情報にたいして、経済産業省が公表するのは、その位置にある企業が活動することによって産まれる数字など流れの情報になります。

国土政策局GISホームページへようこそ

今回、「オープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)」がさらに興味を引くのは、オープンデータアイディアボックスという情報発信側だけでなく、利用者の意見をききいれるシステムが作られていること。

これ、どういうことかというと、昨年発表になったPhilipsとAppleが組んで家庭の照明をコントロールできる照明システム「Hue」の例を出すと、「Hue」はPhilipsでもAppleでもない一般の企業や開発者が自由に制御できるように仕様を公開していたり制御する部分のプログラムを無償で提供しているので、使い方は自分たちだけで考えるのではなく、誰でも自分なりの使い方を考えて、プログラミングさえできればそれを実現するシステムがつくれてしまうというところ。

さらに一昔前までは、その仕様を利用するためにはライセンス費用を払わなければいけなかったんだけど、PhilipsとAppleの「Hue」については、規約はあるもののその範囲内であれば自由にその機能を使うことができるというもの。

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、今回のこのオープンデータアイディアボックスは、一般の人が自由に経済産業省がもっているデータを使う方法についての意見を言えるシステムをつくり、内容によってはそれを実現するためのデータの公開をしてくれたり、使いやすいようなシステムも考えてくれるということ。

「Hue」と今回の経済産業省のオープンデータアイデアボックスに共通しているのは、使い方を提供側だけで考えるのではなく、利用者側が考え、かつそれを実現できるというところ。

現在はまだ「利用活用事例」は出ていないようですが、先ほどの国土政策局の位置的な情報と、経済産業省のもっている各種統計情報を組み合わせることができると、地理的な情報に産業の変化を視覚的に表現することができて、なにかできそう。

うまく説明できないけど、どんなビジネスでお金が消費されているのかを見せることができたりして、世代間の感覚の違いを説明できたりするのではないかと思ったりしています。

ということで、データが外部から利用できる(APIが公開される)ようになったら、プログラムを組んでみたいなぁとワクワクです。

Opendatameti

スマートライト半年間のアクセスキーワードの振り返り

おはようございます。スマートライト中畑です。

昨日は茅場町にできたコワーキングスペース茅場町Co-Edo(コエド)にて、第6回ゼロから始めるWordPress勉強会を、よつばデザインの後藤さん、Co-Edo運営者の田中さんと開催してきました。

コワーキングスペース茅場町 Co-Edo(コエド)

こちらの勉強会、もともと私がPHPもCSSも全くわからないところから独学を中心にWordPressを勉強した経験をもとに、まずは初心者同士のコミュニティを作り、気軽にWordPressのことについて相談できるコミュニティをつくりたいと思い開催しました。

昨日で第6回となり、今後も月1で開催していきますので、WordPressにご興味ある方がおられましたら、ぜひ、お気軽にご参加ください。

さて、スマートライトのこのブログも昨年の4月から平日毎日更新するようになったのですが、この半年間の検索キーワードの上位ランキングをご紹介します。

Smartlightgooglekeyword

1.jel802

昨年、Yahoo!から直リンクをもらった直管形LEDランプ口金規格の件ですが、Google(シークレットモード)で検索すると、1位と2位に表示されます。

JEL802

ちなみに、jel801だと6位表示でPVとしては三分の1ぐらいになっています。やはり1位表示は大きいですね。なにげに、5位には楽画企の辻川さんのサイトがでています。負けた!!

JEL801

2.ボール電球

こちら、Panasonicさんが1位で、東芝ライテックさんより上の第2位での表示。やっていることは、このブログ記事をかいたぐらいなのですが、なんでだろう?

ボール電球  Google 検索

3. 東京駅 イルミネーション ミチテラス

こちらは7位。季節ものなので今ではほとんどアクセスはありませんが、東京駅、イルミネーション、プロジェクションマッピングなど、関連するキーワードで多くのアクセスがありました。

今年の年末もたのしみですね!

東京駅 イルミネーション ミチテラス  Google 検索

ということで、ブログは日々の記事が蓄積されていくので、アクセス解析をみるのがなかなか楽しいです。

これからも継続を一番の優先事項として記事のアップをしていきますので、よろしくお願いします。

いよいよ来月はライティング・フェアとジャパンショップが開催されますね!

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、みなさんは三連休をどのように過ごされましたか?

私は土曜日に、千葉県市原市にある「ぬくもりの郷」という施設にてバレエボランティアの公演に参加し、そのままメンバーと一緒に国民宿舎サンライズ九十九里で1泊、翌日、近藤いちご園というところでいちご狩りを行い、九十九里の海を見た後、富津で食事をして大渋滞のアクアラインで帰って来ました。

社会福祉法人 清風会ホームページ

国民宿舎 サンライズ九十九里

近藤いちご園 公式ホームページ

それにしてもアクアラインって、ETCつけているとものすごく安いんですね!

私は軽自動車なので、通常2400円がなんと640円!

サイトをみると平成21年8月1日から平成26年3月31日までとなっているので、けっこう前からこの金額だったようです。

アクアラインを渡った千葉側には、海水浴、潮干狩り、キャンプなど、いろいろ楽しめるところがあるので、これからちょくちょく利用したいなと思いました。

東京湾アクアライン 料金割引社会実験 | ETC・割引情報 | ドラぷら

ところで、来月はいよいよライティング・フェアが開催されますね!

2年に一度開催されるライティング・フェアは、毎年おこなわれるJapanShopと同時開催なので期間中は照明だけでなく幅広い展示が見れそうです。

ライティング・フェア | 最新の照明製品と照明演出空間を紹介

IMG 4624

2009年に東芝ライテック社が出した水銀フリーのメタルハライドランプ開発のプレスリリースを発見!

こんにちは、スマートライト中畑です。

昨日に引き続き、東芝ライテックさんの話題なのですが、先日、水銀条約の県でいろいろしらべていると、「水銀フリーセラミックメタルハライドランプの開発について ~高効率(100 lm/W)と高演色(Ra85)を実現~ | プレスリリース | 東芝ライテック(株)」という記事を発見。

最近では高出力のLED照明器具も各社から出てきているので、メタルハライドランプの新規需要もだんだん少なくなってきておりますが、2009年と今から3年前に水銀フリーのメタハラの開発したことを東芝ライテック社がリリースを出しておりました。

水銀フリー(マーキュリーフリー)タイプのメタルハライドランプは、車のヘッドライト用としてPHILIPSなどからD4という型番で既に市販されておりますが、一般照明用の水銀フリーのメタルハライドランプについてはまだ実際に見たことはありません。

東芝ライテック社のプレスリリースには、

今後はランプ設計のさらなる最適化などを行い、商品化に向けて技術開発を継続していきます。

と書かれておりますが、検索してもヒットしないところをみると、まだ市販化はされていないようですね。

ところで、水銀条約で一般照明用途の蛍光灯や水銀ランプが使用できなくなる件について、あるルートから、水銀含有量によってその対象がきまるかもしれないという話をききました。

蛍光灯は水銀が入っているから使えなくなるの?『水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合』が開催されました | スマートライト|照明についてのポータルサイト

リリースとして出ているものがないので、実際にはどうなるかわかりませんが、放電灯からLEDへのシフトが大きく進んでいる今、ビジネスボリュームとしての放電灯が減っていくのは避けられそうにありませんね。

東芝ライテック水銀フリーメタルハライドランプ>

東芝ヨーロッパのToshiba New Lighting Systemsが新しくRELUXのパートナー企業となった!

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、DIALuxに比べてあまりきくことのないRELUXですが、1月末に新しいパートナーとしてToshiba New Lighting Systemsが加わったとのニュースがありました。Toshiba New Lighting Systemsというのはドイツのノイス(Neuss)にある東芝ヨーロッパの一部で、商業用、家庭用のLED商品を販売しているとのこと。

Toshiba : Lighting Systems

一方、日本の東芝ライテック社の商品データベースサービスを見ると、仕様図やCADファイルがすぐに取り出せる非常に良くできたものなのですが、現状、配光データはPDFファイルになっています。

東芝

先日のウシオスペックス社のIESデータ公開や、昨年も大手器具メーカーが続々とIESデータを公開している動きからすると、日本の東芝ライテック社がIESファイルとして配光データの公開や、もしくはDIALux用のプラグインを公開することも可能性としては無きにしもあらずかもしれませんね。

Relux

東京ブロガーミートアップに参加中!

こんばんは! スマートライト中畑です。

現在、第5回東京ブロガーミートアップに参加しています!

第5回東京ブロガーミートアップは予定通り開催します! | 東京ブロガーミートアップ

今回のテーマは「写真・動画」。

私は昨年12月からデジタル一眼(D5100)を使い始めてわかった、デジイチの写真の良さや撮影方法によっての画像の違い、レンズのことなどを簡単に説明させてもらいました。

東京ブロガーミートアップ

ついにウシオスペックスがホームページを公開!なんと、仕様図やIESデータまでダウンロードできるぞ!

こんにちは、スマートライト中畑です。

今日はDIALux勉強会のメーリングリストにて衝撃のニュースが駆け巡りました。

なんと、USHIO SPAX(ウシオスペックス)社のホームページがついに公開されたようです。

それがこちら!

株式会社ウシオスペックス|USHIOSPAX INC.

ニュースのページをみると、1月31日に公開されたようです。

長い間、ウェブサイトを持たなかったウシオスペックスさんがホームページを公開したニュースはとても衝撃です。

しかも、それだけではないんです。

なんと、こちらのウェブサイトでは、PDFの仕様図だけでなく、DIALuxで照度計算するときに利用できるIESデータまでダウンロード出来てしまうのです。

そのダウンロードの方法ですが、ちょっと迷ってしまったような人もいるようなので、こちらでご紹介しておきます。

ウシオスペックス IESデータのダウンロード方法

まずは、Product・Serviceのページに移動して、右に出ているカタログをクリック

Ushiospax 1

カタログはウェブカタログのタイプが表示されます。通信速度が遅いとちょっと時間がかかりますので、お気をつけください。

Ushiospax 2

ちなみに、表示されてからマウスを左の方に寄せると、メニューがタブで表示されます。

これで、目的の器具を素早く見つけることができますよ。

ウシオスペックス

カタログから目的の器具を見つけたら、Data Downloadとグレーで表示されているので、こちらをクリック。

Ushiospax 3

すると、仕様図はもちろん、IESデータまでもがこのページからダウンロードできます。

Ushiospax 4

ということで、みなさん、無事にIESデータにたどり着くことができましたか?

今までウェブを通して情報発信を全くしていなかったウシオスペックスさんが、一気にIESデータまで公開したというのは本当に驚きのニュースです。

ぜひ、チェックしてみてください。

今春の「徳島LEDアートフェスティバル2013」を目に「プレJUMP」イベントが2月17日に開催されるそうです。

こんにちは! スマートライト中畑です。

徳島と言えばLEDのビジネスやイベントでよく目にする都道府県ですが、徳島県では3年に1度「徳島LEDアートフェスティバル」が開催されており、今年春にもおこなわれます。

ちなみに、この3年に1度のイベントは「トリエンナーレ」と言われ、新潟県十日町の越後妻有トリエンナーレや横浜トリエンナーレなど、アート系のイベントが多いです。

ついでですが、個人的には私はドイツ人女性のアーティスト Helga Griffithsさんがお気に入りです。

Helga Griffiths

さて、「徳島LEDアートフェスティバル」の話ですが、今週のイベントを前に「プレJUMP」イベントとして「参加アーティストによるリレートーク 第1弾」が、2月17日の日曜日に開催されるようです。

お近くの方や、徳島に行かれる予定がある方は、ぜひ、チェックしてみてください。

Tokushimaled

劇場型サウンドインスタレーション「Filaments Orchestra(フィラメントオーケストラ)」ってなんだ!?

おはようございます。

スマートライト中畑です。

ちょっと気になるイベントを知りました。

3月10日の日曜日に、三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで行われるという「Filaments Orchestra(フィラメントオーケストラ)」というイベント。

サイトによると、

2008年YCAM(山口)内図書館にて行われたサウンドインスタレーション「Filaments」をモチーフに、
今度は舞台を「劇場」に移し、演奏家を迎え、新たな形の「Filaments Orchestra」として公演。

とのことですが、 「Filaments」ってきっと電球のフィラメントのことですよね? と思ってあらためてSPACE ALCの英辞郎で調べてみると、

filaments

とのこと。 うーむ、そうであるような無いような。

で、公式サイトをよくみてみると下の方にそのサウンドインスタレーションの動画があったのでチェック。

ん? あれ? となって、動画の下の説明を読んでみると、

バラバラに点滅を繰り返す小さなLEDライトと、ランダムに流されるFilamentによる静かな音源の作品。ほとんど気づかないような音量、可聴域ぎりぎりの周波数の音の断片、さらには光の点滅がランダムに絡み合い、閉館後の暗い図書館を彩った

なるほど。

普段、光の量がたくさんあることや動きが売りだったりするイルミネーションを見慣れた自分にとっては、一度見ただけだといったい何が起こっているのかわかりませんでした。

あれ、ちょっと待てよ、”ランダムに流されるFIlament”による静かな音源の作品”ってことは、FIlamentは光のことじゃないってこと?

となり、またあらためてサイトをチェック。

すると、FIlamentというのは、大友良英さんと Sachiko Mさんであって、Filamentsというのは作品のようです。

うーむ、知れば知るほどわからなくなる、これは3月10日ぜひ行きたいけど、友達の結婚式でいけないから次があるといいなぁ。

FilamentsOrchestra