Prspctv: iPhoneやiPadとプロジェクターがあればプロジェクションマッピングを試してみることができるアプリ

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、去年の「東京ミチテラス2012」でもとても話題になったように、ここ最近、プロジェクションマッピングは屋外で行われるイベントでよくおこなわれているようです。

つい最近も「さっぽろ雪まつり」にてAudiのプロジェクションマッピングがされるなど、予算としては高額にはなるものの、規模のあるイベントにとっては、話題性や集客性、発信できるコンテンツの自由度の高さなど、屋外イベントにはとても魅力的な演出のひとつです。

【動画】さっぽろ雪まつり、Audiがプロジェクションマッピング! | め~んずスタジオ

さて、そんなプロジェクションマッピング、なかなか素人がそのコンテンツを作る方にまわるのは難しいと思っていたのですが、DIALux勉強会のメンバーから、おもしろいアプリがあるという投稿がありました。

それが、このiPhoneとiPadの両方でつかえる、「Prspctv 1.1」というアプリ。

Mzl hrigpkki 320x480 75

YouTubeに動画があがっていますので、まずはこちらをご覧ください。

プロジェクションマッピングでポイントになる(と思われる)のは、立体的な構造物をスクリーンにするときの補正をどうするかなので、まずは、チェスの盤面のようなテストスクリーンを投映して構造物に合わせたスクリーンの補正をおこない、その後、簡易なものであれば構造物の形状を気にせずコンテンツを作成することができます。

まだ、飲み会の時しか来られていないのですが、DIALux勉強会のメンバーにはプロジェクションマッピングをされている方もおられるので、ぜひ、近いうちに「初めてのプロジェクションマッピング」というような勉強会も開催したいと思っています。
(ということで、Mさんよろしくです!)

Prspctv 1.1(¥350)

カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.4 MB)
販売元: MINORU AIKAWA – MINORU AIKAWA
リリース日: 2012/12/08

iPhone/iPadの両方に対応

ss1 ss2

コメントを残す