交通系ICカードの全国相互利用が3月から解禁!話は変わりますが照明の制御方式は今後どうなるんでしょう。

そういえば、今日は雪が降るようですが、夜は赤羽でSCSSとCompassの勉強会に参加予定なので無事に町田まで帰れるのかどうか心配です。

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、今日、小田急線の中でこんな広告を見つけました。

IMG 4678

中部や関西に出張した際、地下鉄にのるときについPASMOやSUICAをかざしてアラームが鳴ってしまうのは私だけでは無いと思いますが、いよいよ全国で交通系ICカードの相互利用が3月23日からできるようになるんですね。

おそらく、始めた当初はいろんな問題があり独自の仕様や関係会社だけではじめたものの、時代の流れとともにこのようになったのでしょう。

昨日の経済産業省のオープンデータ実証用サイトの件もそうですが、ベースになる仕様を共通化して公開し、場所や事業者によってとらわれることなく、利用者側が便利な仕組みになるような流れが、時代的に加速していると思います。

経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

一方、照明については一般照明用の制御方法について海外ではDALIが標準になっていますが、日本では各社独自の方式になっています。

こういう時代の流れがある中で、日本国内での制御方法の共通化が独自の規格で行くのか、海外の標準を取り入れるのか、とっても気になるところです。

Suicaなど10の交通系ICカードが共通化 来年3月23日、まず鉄道料金で – MSN産経ニュース

コメントを残す