Prspctv: iPhoneやiPadとプロジェクターがあればプロジェクションマッピングを試してみることができるアプリ

おはようございます。

スマートライト中畑です。

さて、去年の「東京ミチテラス2012」でもとても話題になったように、ここ最近、プロジェクションマッピングは屋外で行われるイベントでよくおこなわれているようです。

つい最近も「さっぽろ雪まつり」にてAudiのプロジェクションマッピングがされるなど、予算としては高額にはなるものの、規模のあるイベントにとっては、話題性や集客性、発信できるコンテンツの自由度の高さなど、屋外イベントにはとても魅力的な演出のひとつです。

【動画】さっぽろ雪まつり、Audiがプロジェクションマッピング! | め~んずスタジオ

さて、そんなプロジェクションマッピング、なかなか素人がそのコンテンツを作る方にまわるのは難しいと思っていたのですが、DIALux勉強会のメンバーから、おもしろいアプリがあるという投稿がありました。

それが、このiPhoneとiPadの両方でつかえる、「Prspctv 1.1」というアプリ。

Mzl hrigpkki 320x480 75

YouTubeに動画があがっていますので、まずはこちらをご覧ください。

プロジェクションマッピングでポイントになる(と思われる)のは、立体的な構造物をスクリーンにするときの補正をどうするかなので、まずは、チェスの盤面のようなテストスクリーンを投映して構造物に合わせたスクリーンの補正をおこない、その後、簡易なものであれば構造物の形状を気にせずコンテンツを作成することができます。

まだ、飲み会の時しか来られていないのですが、DIALux勉強会のメンバーにはプロジェクションマッピングをされている方もおられるので、ぜひ、近いうちに「初めてのプロジェクションマッピング」というような勉強会も開催したいと思っています。
(ということで、Mさんよろしくです!)

Prspctv 1.1(¥350)

カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.4 MB)
販売元: MINORU AIKAWA – MINORU AIKAWA
リリース日: 2012/12/08

iPhone/iPadの両方に対応

ss1 ss2

海外クラウドファンディングサービスKicstarterでLuxiというLightMeterのプロジェクトが公開されています。

iPhoneの照度系アプリといえばLuxMeterProというアプリがありますが、私も入れてはみたものの、実際にはほとんど使っていません。
理由は取得するデータの信頼性が微妙な為。

LuxMeterPro Advanced 2.5.1(¥250)

カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥250(サイズ: 3.9 MB)
販売元: AM PowerSoftware – Antonio Mauriello
リリース日: 2011/11/23

+ iPhone/iPadの両方に対応

現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (6件の評価)

ss1 ss2

そんな中、海外のクラウドファンディングサービスのKickstarterでLuxiというiPhoneをLight Meterにするというプロジェクトが公開されていました。

こちらのプロジェクトを見ると、iPhoneの前面カメラ部つける白い拡散板をつけた状態でアプリのたちあげてカメラで撮影するときの、絞りやシャッタースピードの適正値をアドバイスしてくれる様子。

私も昨年末から、NikonのD5100をつかっているのですが、マニュアルモードで撮影するときの絞りやシャッタースピード、ISO感度の設定をどうするかはけっこう悩むところ。

なので、こういうアプリで最適値を調べることができるといいですね。

luxi

すでに、目標額$10,000に対しチェックした時点で既に2620人のサポーターが合計$57,000もの出資があつまっています。

製品化した場合、日本での発売があるかどうかはわかりませんが、もしiPhoneのアプリでいつでも照度測定ができると便利ですね。

~ Incident light meter adapter for iPhone

オーデリック(旧オーヤマ照明)がIESデータを公開しました。要会員登録ですが主要LED器具のデータはダウンロードできるそうです。

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、また1社国内の照明器具メーカーがIESデータを公開されたとのニュースがはいってきました。

それは、杉並にあるオーデリック株式会社。

オーデリック株式会社

ちなみに、こちらの会社はJASDAQで上場しており、株価は2011年1月の500円程から最近は3000円近くで6倍程となっています。

オーデリック (6889) JASDAQスタンダード 株価 チャート(3年)|ネット証券/株・先物・FXなら松井証券

さて、IESデータですが、こちらは会員登録が必要で、かつ、一部のLED器具のみのようですが、ここ最近の主要LED器具のデータは揃っているようです。

ぜひ、チェックしてみてください。
オーデリック株式会社|商品検索 ダウンロード|商品検索 ダウンロードのご案内|ダウンロードできる素材を知る

P.S. smartlightのDIALux勉強会のページにも、リンク&一覧があります。

DIALux勉強会 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

DIALux4.11がリリース。4系はこのままマイナーアップデートを続けEVOはこれから大胆な変化をしていくのかな?

おはようございます。スマートライト中畑です。

2月に車を購入しました。スズキのパレットSWという軽自動車で電動スライドドアがついたタイプなのですが、この週末は、1月に産まれた娘のベビーカーとチャイルドシートを購入にベビザらスにいってきました。

東京の多摩境というところにあるお店だったのですが、13時ぐらいで駐車場はほぼいっぱい。また、付近にはホームセンターや郊外型外食チェーンなども多く、車も人もかなり活気のある様相でした。

さて、DIALux EVOが出たことでバージョン4はもう更新されないのかと思っていたのですが、先日、DIALux4.11がリリースされました。

Dailux411

今回のバージョンアップは、

• default values for maintenance factor (road) and road surface in global settings
  保守率と道路表面の初期値が一般設定から行えるようになりました。

• optimization for Esc/Ev in S-Classes is set by default
SクラスのEsc/Evの最適化が標準でできるようになった。

• duplicate function for schemes
計画の機能が複製できるようになった

• renaming and tab sorting in scheme editor
計画の中にある、タブの名前の変更と順番の変更ができるようになった

• confirmation before deleting tab in scheme editor
計画編集でタブを消すときに確認するようになった

• ME6 Bugfix in output
• absolute photometry support for ULDs
• minor bugfixes

↑ その他もろもろ

というようなものです。

内容が意味不明なところもありますが、どうやらこういった様子。

とあるお方の情報だと、今後、EVO2が4月にEVO3が10月にリリースされるようです。バージョン4系は現状の改良をすすめ、EVOはその名のとおり大胆に改良がされていくようですね。

スマートライトのDIALuxページに、もっとDIALuxの情報がいろいろ表示されるようにしましたよ!

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、スマートライトにある”DIALux勉強会”というページを更新しました。

やったことは、

  • 既に不要になったDIALux EVO日本語ファイル作成ボランティアの表示を消した。
  • 月1で開催しているDIALux勉強会の紹介文をほんのちょっとだけいれた
  • このブログでDIALuxのカテゴリーで書かれた記事の最新12件をサムネイル入りで表示するようにした
  • YouTubeのAPIを使って、”DIALux”のキーワードで登録されている動画のサムネイルを表示するようにした

というような感じです。

ぜひぜひ、チェックしてみてください。

ということで、皆様、よい週末を!


DIALux勉強会 | スマートライト|照明についてのポータルサイト


携帯電話の業界を一変させたiPhoneのような衝撃を照明業界に与える!? 拡張現実を取り入れたスタンド「LuminAR」というプロジェクト

おはようございます。スマートライト中畑です。

Wired.jpに、拡張現実を取り入れたスタンド「LuminAR」というプロジェクトの紹介記事がありました。

LuminAR:拡張現実を取り入れた電気スタンド « WIRED.jp

まずは、こちらの動画を御覧ください!

LuminAR Demos from Fluid Interfaces on Vimeo.

照明器具を意味する「ルミネアー(Luminar)」の後ろの文字を拡張現実のARとしたおしゃれなネーミングだが、姿カタチは机の上にあるスタンドのようなもの。

LuminAR 拡張現実を取り入れた電気スタンド  WIRED jp 1

スタンドのランプが収まる部分に、小型のプロジェクターとビデオカメラを取り付け、さらにアームを可動式にすることで、様々な可能性が広がる。

これらの機能を備えることで、紹介動画にもあるように、ネットに接続しタッチセンサーで操作できるiPadのようなデバイスが机の上に登場する。(タッチセンサーは無いので、実際にはビデオカメラによる)

で、iPadと大きく違うのは、ディスプレイではなくプロジェクションであること、そして表示先を移動することができること。

拡張現実(AR)を実用する場合、iPhoneやiPadのようなデバイスを使ったりプロジェクターを使う方法があるが、その両方の機能を使うことが出来る。

で、照明の話。

動画の中に、スポットライトのような光を出しながら、同時に価格情報をプロジェクターで表示させる場面がある。

LuminAR 拡張現実を取り入れた電気スタンド  WIRED jp

今まで照明器具のスポットライトを考える時、反射板やレンズ、光源の演色性や光束、器具の形状など、そんなことをこだわったり選定の対象だったりしたのだが、この「LuminAR」はおそらく(というかきっと)そんなことは関係ない。

照明の世界では、あくまでも照明に関連する価格や性能だけの話になることが多い。でも、こういった技術が市場にでてくると、その場にあるものを、設備や商品のカテゴリを問わず根こそぎ奪ってしまう可能性がある。

実際、iPhoneは電話という言葉がついているものの、音楽プレーヤー、デジタルカメラだけでなく、カーナビとしても使われている。

もちろん、従来からある商品や技術は継続して使われるだろうが、新しい技術が、ある時点でその業界の地図をあっというまに書き換えてしまうようなことは、光源がLEDに変わるようなことだけでなく、IT技術と結びついてこれからも起こっていくだろう。

私の育った大切な街「多摩ニュータウン」、東京都から「新たな多摩のビジョン(素案)」が発表されました。地域を拠点とする活動への想い

多摩ニュータウンは、東京の西、多摩丘陵に計画・開発された日本最大規模のニュータウン。


多摩ニュータウン(堀之内周辺) / kntrty

1971年から入居がはじまり、その頃産まれたばかりだった自分と丁度同じぐらいの年齢の街。

そして、自分が子供の頃は、新しい街が続々と作られている時期で、まだまだ多摩丘陵の雑木林や田んぼ、畑などが多く、いつも真っ暗になるまで季節ごとの昆虫やどじょう・ザリガニなどを捕まえる子供時代を過ごしたとても想い出深い街。


アメリカザリガニ / バイク便八王子立川所沢

そんなニュータウンも、自分と同じように既に40年程の月日が過ぎ、超高齢化社会に向かって街の雰囲気や住民の世代もかわりつつある。

もちろん行政側もその点について考慮しているようで、東京都からこんなリリースが2月18日に出された。

 東京都は、多摩を取り巻く状況の変化や今後直面する課題等を踏まえながら、これからの多摩地域の目指すべき姿や進むべき方向性を示し、2030年を目途とする「新たな多摩のビジョン」を策定することとし、検討を重ねてきました。
 このたび、下記のとおり「新たな多摩のビジョン(素案)」を取りまとめましたので、皆様からのご意見を募集します。

「新たな多摩のビジョン(素案)」へのご意見を募集|東京都

かつて、多くの人が活発に活動していた時代は、その時その時で不足しているものを供給したり、拡張したりすることが解決方法のことが多かった。小学校の教室が足りない、道路が渋滞する、深夜バスが少ないなど。

でも、現在、多摩を取り巻く以下の4つのような状況は、当時の様に明確な解決方法が存在しない。

1.縮小に向かう社会(人口、経済)

2.更新需要の増大と都市化の影響(インフラ、老朽化、緑)

3.安全・安心への脅威

4.自治体の財政状況の悪化の懸念

新たな多摩のビジョン

だからこそ、未来に向けてのビジョン考え、いろんな立場の住人の横方向と、国、自治体、町内、家族など、縦の連携をしながら、実行に向けてのカタチづくりをする必要がある。

街づくりは照明にもとても大きく関わるもの。でも、機能もそうだけど、それ以上に今必要とされているのが、人と人を繋げたり活動をするコミュニティをどのようにつくっていくか、運営していくかのところだと感じています。

昨年、地元である大宮にコワーキングスペースを立ち上げられたコミュニティコムの星野さんの話をきいた影響もあり、私が今まで活動してきたバレエボランティア、照明やWordPressの勉強会、コワーキングスペースなどの経験を活かし、今現在、自分が子育てをしながら生活している地域を拠点として、なにかやっていきたいと最近強く思っています。

コワーキングスペース 7F | 埼玉県さいたま市の大宮駅東口徒歩1分にあるコワーキングスペース

横浜駅東口周辺(西区高島二丁目)の道路照明灯10灯をLEDにというニュースで国土交通省がポール型道路照明灯の設置基準を平成23年9月に策定されていたことを知る

おはようございます。スマートライト中畑です。

横浜市の道路局がLEDを導入するとのニュースを発見。今ではLEDの導入事例のニュースはたくさんあるのですが、みてみると、

これまでポール型道路照明灯については、経済的な優位性等が確認できなかったため、LEDの灯導入を見合わせていました。(今までは、高圧ナトリウム灯に更新しています。)しかし、国土交通省がポール型道路照明灯の設置基準(「LED道路・トンネル照明導入ガイドライン(案)」(平成23年9月策定))を定め、統一規格が整ったことと、製品価格が下がり、15年間のランニングコストを含めてLED灯の優位性が確認されたことから、今回導入することとしました。

とのことで、国土交通省がポール型道路照明灯の設置基準を平成23年9月に策定していたことを知りました。

道路照明はあまり縁がないので知らなかったのですが、”ポール型道路照明灯の設置基準”で検索してみると、大阪府の以下のような取り組みがあり平成24年6月以前とくらべて、この取り組みによって道路照明に使われる電力の消費量が今年の4月には半分以下になる見込みというグラフがありました。

大阪府 道路照明灯まるごとLED化 に向けた取り組みについて

こういった具体的なデータが公開されると、どういったところでLEDの効果がでるのかがわかりやすくて良いですね。

大阪府/「道路照明灯まるごとLED化」に向けた取り組みについて

横浜市 道路局 記者発表 LED道路照明灯の導入について

経済産業省の公開している工業統計表はプレゼンなどに利用できる数字がいろいろあります。

おはようございます。 スマートライト中畑です。

先週、経済産業省のオープンデータのことを記事にしました。

経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

で、いろいろサイトをみていたところ、「平成22年工業統計表「概要版」」がエクセルのデータで公開されているので、ダウンロードしてみました。

平成22年工業統計表 概要版 l

このエクセルシートの中には、産業別、従業員数、都道府県別など、いくつかの切り口で、その業種の企業がどれだけ従業員がいて、事業所があり、付加価値をどれだけ生み出しているかなどが集計されています。

Microsoft Excel

私達の関係ある照明業界については、「電気照明器具製造業」という分類がありました。これは、メーカー側になると思いますが、様々な産業の中で、照明業界がどのような位置にあるのか、プレゼンするときに便利な資料だと思いますよ。

交通系ICカードの全国相互利用が3月から解禁!話は変わりますが照明の制御方式は今後どうなるんでしょう。

そういえば、今日は雪が降るようですが、夜は赤羽でSCSSとCompassの勉強会に参加予定なので無事に町田まで帰れるのかどうか心配です。

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、今日、小田急線の中でこんな広告を見つけました。

IMG 4678

中部や関西に出張した際、地下鉄にのるときについPASMOやSUICAをかざしてアラームが鳴ってしまうのは私だけでは無いと思いますが、いよいよ全国で交通系ICカードの相互利用が3月23日からできるようになるんですね。

おそらく、始めた当初はいろんな問題があり独自の仕様や関係会社だけではじめたものの、時代の流れとともにこのようになったのでしょう。

昨日の経済産業省のオープンデータ実証用サイトの件もそうですが、ベースになる仕様を共通化して公開し、場所や事業者によってとらわれることなく、利用者側が便利な仕組みになるような流れが、時代的に加速していると思います。

経済産業省のオープンデータ実証用サイト「Open DATA METI」(β版)公開とPhilips、Appleの「Hue」に感じた時代の流れとは? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

一方、照明については一般照明用の制御方法について海外ではDALIが標準になっていますが、日本では各社独自の方式になっています。

こういう時代の流れがある中で、日本国内での制御方法の共通化が独自の規格で行くのか、海外の標準を取り入れるのか、とっても気になるところです。

Suicaなど10の交通系ICカードが共通化 来年3月23日、まず鉄道料金で – MSN産経ニュース