「LED」というキーワードでGoogle検索をかけてみた

こんばんは!スマートライト中畑です。

さて、私達照明のビジネスに関わる人間にとって「LED」はとても大きなキーワードですが、今日現在の時点でGoogleで検索(シークレットモード)をかけて、上位に表示されるページを調べてみました。

Google

自分の会社がこのキーワードで1ページ目に表示されると、すごくいいですよね。

1位 Wikipediaの発光ダイオードのページ

発光ダイオード – Wikipedia

こちら、LEDで検索しても発光ダイオードのページに転送されているようです。

そういえば、最近、Media Maersという本を読んだのですが、Googleの検索結果にWikiが表示されるのはとても自然なことだと書いてありました。

2位 発光ダイオード(LED)/日亜化学工業株式会社

発光ダイオード(LED)/日亜化学工業株式会社

LED照明が一般用途に使えるきっかけとなった青色LEDを一番初めに製品化した日亜科学工業株式会社がWikipediaに続き2位です。そういえば、こちらは日亜化学のトップページでなく、製品情報のトップページになっていますね。

3位 価格.com – LED電球・LED蛍光灯 | 製品情報、価格比較、通販

価格.com – LED電球・LED蛍光灯 | 製品情報、価格比較、通販

製品を購入する時、価格比較のために私もよく利用する価格コムです。

1位がWikipedia、2位が日亜化学、3位が価格.comという結果は、日亜化学はLEDに関連する企業としてなんとなくそうだろうなと思うものの、Wikipediaと価格.comがはいっていることは、今の時代の影響力の強さがこの2つなのだなぁと感じる次第です。

コメントを残す