岩崎電気から水銀ランプ代替えの「LEDioc LEDライトバルブG 12W」が発売。でも、既存器具に利用する場合は注意が必要です!

おはようございます。スマートライト中畑です。

今日はこれから、「彩の国ビジネスアリーナ2013」に行ってくるので、その前に大宮に新しく出来たコワーキングスペース7Fにて作業をしています。

LED照明だけじゃない!JAXAや次世代自動車、医療福祉もエネルギーなどいろんな企業が出展する彩の国ビジネスアリーナ2013が面白そうだ! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

コワーキングスペース 7F | 埼玉県さいたま市の大宮駅東口徒歩1分にあるコワーキングスペース

さて、岩崎電気と言えば、Hylux(ハイラックス)という器具に前面ガラスを不要とした3重管構造のHIDランプを開発し、商業施設にメタルハライドランプを普及させた殿堂入りともいえるランプを開発した電球と照明器具の製造メーカーですが、こちらの会社ではメールマガジンを発行しており、新製品や照明のイベント、物件情報などを私達に送り続けてくれています。

今朝も、岩崎電気さんのメールマガジンが届いたのですが、その中でとても気になる新製品の紹介がありました。

それが、「LEDioc LEDライトバルブG 12W」という水銀灯40Wの代替えとなるLEDランプです。

Light bulb l

既存水銀灯と比較すると優れている点はいろいろあるのですが、大きいのはやっぱり電力が40Wから12Wと大きく省エネになることと、寿命が6,000時間から40,000時間と伸びることでしょう。

ただし、水銀灯という商品は電球とは違い一般家庭ではほとんど使われておらず、街路灯などによく使われている為、ユーザーは施設や自治体などが多いと思われます。

また、ここは非常に注意が必要なところなのですが、水銀灯は一般的に安定器と呼ばれるものが使用されているので、この「LEDioc LEDライトバルブG 12W」を既存の器具に使用する場合は、安定器を取り外す電気工事が必要となります。

それに加え、岩崎電気さんのウェブサイトでも赤字で書かれているとおり、既存の器具を継続して使用する場合は下記のように注意を促しております。

【重要】改修などで既設の器具を継続して使用する場合は、必ず器具の点検を行ってください。

ところで、水銀灯には安定器を利用しないセルフバラスト(バラストレス)と呼ばれるタイプのものがあります。

アイ セルフバラスト水銀ランプ(バラストレス水銀灯)|[HIDランプ]水銀ランプ(水銀灯)|照明器具・ランプ・光応用技術の岩崎電気株式会社

こちらには工事が必要なく利用できるのかもしれませんが、安定器を利用しないセルフバラストタイプは100W以上のものになることと、ソケットがE26とE39と違う場合もある為注意しましょう。

既存の器具の代替えにはいろいろと注意しなければならないことがありますが、水銀灯に比べて優位性が非常に高い、岩崎電気の「LEDioc LEDライトバルブG 12W」はとても期待できる商品です。

↓ 岩崎電気さんのメールマガジンの登録はこちら

メールマガジン|照明器具・ランプ・光応用技術の岩崎電気株式会社

大地と大空を人の想いと光で繋げる南魚沼市雪まつり・イベント「雪ほたる」をご存知ですか?

こんにちは、スマートライト中畑です。

「雪ほたる」をご存知ですか?

ネットで検索すると、いろんな「雪ほたる」がでてきますが、今回ご紹介するのは、新潟県の南魚沼市で行われれる第63回南魚沼市雪まつりイベントの「雪ほたる」です。

まずは、こちらのYouTubeの動画をご覧ください。

とっても幻想的でキレイですよね!

動画を見ると、ろうそくをつかった気球のようなものを雪の上でみんなで一斉に舞い上げるイベントのようです。

ちなみに、「南魚沼市女子力観光プロモーションチームブログ」によると、

誰が運営するの?誰がするの?ではなくて、市民参加型の催しです。
南魚沼市の方は「私たちの街にようこそ!」というお客様へのおもてなしだったり、
お客様は、思い出に残る雪まつりであります様に・・・と
それぞれ、思いを雪ホタルに込めていただけたら・・・。

とのことで、現在、雪ほたるを一緒に上げてくださる方を募集中のようです。

申し込み締め切りは、2月8日(金)までのこと。

申し込み詳細ページのリンクはこちら

大地の白い雪と夜空の黒のコントラストの間を、ろうそくの光が一斉に舞い上がる姿は想像するだけでとてもロマンチックです。きっと、雪が降っていたら更に幻想的になるのでしょう。(大変だとは思いますが)

ぜひ、チェックしてみてください。

Yukihotaru

音楽に同期して蛍光灯を光らす?いえいえ、蛍光灯を楽器として音楽を演奏する「Cartier Santos Sweet Lady(通称:蛍光灯バンド)」ってすごすぎ!

おはようございます。スマートライト中畑です。

私達にとって「蛍光灯」というキーワードは、直管形LEDランプがどうとか、はたまた、先日発表された2020年までに蛍光灯が使えなくなるという水銀条約の話題のことだとかを連想するものなのですが、東京ブロガーミートアップでご一緒している、@asuka_xpさんのブログでの中に「蛍光灯で演奏する人たち」という内容を発見!

まさかの予選1位!「ファミ詣 2013」、マリオのゲーム大会とライブイベントがすげぇ楽しかった! | め~んずスタジオ

え?蛍光灯で演奏?

Cartier Santos Sweet Lady

きっと、演出で使っていて音楽に同期して蛍光灯を光らせているのでは?と思い、「JulieHally × Cartier Santos Sweet Lady」チェックしてみるとこちらの動画を発見。

なるほど、これはきっと音楽に同期させて蛍光灯を光らせてるんだろうなぁ……と。

どうやら蛍光灯バンドと言われているのは、「Cartier Santos Sweet Lady」というバンドの様子だったので、こちらでも検索をしてこのページを発見。

5/3Rainbow Disco ClubにKOYAS+Cartier Santos Sweet Ladyで出演します | KOYAS production

そこに書かれていた内容はこちら、

蛍光灯をPCで制御して光らせ、その発光する時に発生する「ジー」というノイズを加工してキックにしたりスネアにしたりする実験的なユニットです……

……音に合わせて蛍光灯が光るのではなくて、蛍光灯が音源なのでライブじゃないとなかなか伝わりにくい……

……単にノイズ出しているだけでは音楽として成立しないので、ちゃんと音楽になるようにシンセとかいろいろ加えたりしているんですが、あまり手を加えすぎると音に合わせて蛍光灯が光っているように見えてしまうんで、そこら辺のバランスがなかなか難しいですが、その分やり甲斐もあります……

なんと!本当に蛍光灯で演奏しているのか?!

検索すると、myspaceに動画がアップされているのを発見。こちらはまさしく、蛍光灯で音楽を演奏している様子が分かります。

Cartier Santos Sweet Lady さんが投稿した動画 Make: Tokyo Meeting – Myspace Video

音と照明の連動ということは知っていましたが、照明で音を出すというのはびっくりです。今のところ、このバンドの次のライブの予定はまだ告知されていないようなのですが、ぜひ見に行きたいです。

あと、例の水銀条約で2020年までに国内で蛍光灯が使えなくなる可能性が非常に高いから、それまでに蛍光灯を買い置きしておくことをおすすめしますよ!

「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合」についての経済産業省のプレスリリースの中に水銀添加製品として蛍光灯・高圧水銀灯と明記があります | スマートライト|照明についてのポータルサイト

LEDを照明ではなく体育館で各競技向けのラインとして利用できるLED床

おはようございます。スマートライト中畑です。

さて、私達照明の世界で仕事をしている人間にとって、LEDはいわゆる照明としてのものなのですが、WIRED.jpというサイトで、体育館で各競技向けのラインをボタンひとつで切り替えできるLED床が紹介されていました。

また、この記事の中では情報としてのラインを表示するだけでなく、仮想の敵をこの床上に表示させて練習にも利用できる可能性を説明されています。

ところで、以前、プロジェクションマッピングで、あたかも照明が何も無い壁にあるようなでも映像があり、RGBの演出照明がプロジェクターに置き換わってしまう可能性を感じましたが、このLED床をつかった仮想敵の様にビジョンとしてのLEDを考えると、プロジェクターでは対応できない用途もいろいろとありそうです。

LEDを照明として使った場合、演色性や配光などによる比較では、メーカーや製品ごとのプラス・アルファの価格差はなかなか大きなものになりにくいですが、こういった使い方を組み合わせると、なにかおもしろいことが出来るかもしれないですね。

Ledfloor

「LED」というキーワードでGoogle検索をかけてみた

こんばんは!スマートライト中畑です。

さて、私達照明のビジネスに関わる人間にとって「LED」はとても大きなキーワードですが、今日現在の時点でGoogleで検索(シークレットモード)をかけて、上位に表示されるページを調べてみました。

Google

自分の会社がこのキーワードで1ページ目に表示されると、すごくいいですよね。

1位 Wikipediaの発光ダイオードのページ

発光ダイオード – Wikipedia

こちら、LEDで検索しても発光ダイオードのページに転送されているようです。

そういえば、最近、Media Maersという本を読んだのですが、Googleの検索結果にWikiが表示されるのはとても自然なことだと書いてありました。

2位 発光ダイオード(LED)/日亜化学工業株式会社

発光ダイオード(LED)/日亜化学工業株式会社

LED照明が一般用途に使えるきっかけとなった青色LEDを一番初めに製品化した日亜科学工業株式会社がWikipediaに続き2位です。そういえば、こちらは日亜化学のトップページでなく、製品情報のトップページになっていますね。

3位 価格.com – LED電球・LED蛍光灯 | 製品情報、価格比較、通販

価格.com – LED電球・LED蛍光灯 | 製品情報、価格比較、通販

製品を購入する時、価格比較のために私もよく利用する価格コムです。

1位がWikipedia、2位が日亜化学、3位が価格.comという結果は、日亜化学はLEDに関連する企業としてなんとなくそうだろうなと思うものの、Wikipediaと価格.comがはいっていることは、今の時代の影響力の強さがこの2つなのだなぁと感じる次第です。

「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合」についての経済産業省のプレスリリースの中に水銀添加製品として蛍光灯・高圧水銀灯と明記があります

こんにちは、スマートライト中畑です。

先日、水銀規制条約の名前が水俣条約になったとの記事を書き、その際に対象品目がどうなるのかはまだわからないというお話をしましたが、21日に「水銀条約政府間交渉委員会第5回会合」について経済産業省からリリースがされていました。

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

そのリリースを読んでみると、

電池、蛍光灯、高圧水銀灯、スイッチ・リレー、温度計や血圧計等の計測機器について、条約で定められた期限(2020年)までに、その製造、輸出、輸入を禁止(ただし、研究用、校正用、標準用などの用途は除外されるほか、一部の製品については、補修用や特殊用途等のものが適用除外)。

前から話題に上がっていたとおり、蛍光灯、高圧水銀灯という具体的な名称があり、2020年までに、製造・輸出・輸入が禁止されると明記されています。

また、”研究用、校正用、標準用などの用途は除外されるほか、一部の製品については、補修用や特殊用途等のものが適用除外”

と書かれていることから、全てが禁止されるわけではなさそうです。

これはあくまでも私の想像ですが、水銀量の大小についてはこの中で述べておられず、用途によっては適用除外のように記されていることから、現在、一般照明用途として使用されている蛍光灯や高圧水銀灯はこの対象になりそうです。

また、一般照明用途で、蛍光灯の中でもコンパクト蛍光灯や、高圧水銀灯の中でもメタルハライドランプについてがどうなるのかがとても気になりますが、JISでは高圧水銀ランプとメタルハライドランプがわかれていることから、もしかしたら、このJISはの区分の違いが規制の対象をわけるものとなるかもしれません。

こういった情報は、新しく誕生した「一般社団法人日本照明工業会」の方々から案内をしていただけると、流通に関わる私達はとてもありがたいです!

いずれにせよ、具体的に規制となる品種や用途が明確になるのは、しばらく時間がかかりそうです。

経済産業省水銀条約プレスリリース 1

日本トイザらスから「ぼんぼり」だけでなく「屏風」もLEDで光る「雛人形」が発売。未来の雛人形はどんなものになるのでしょう!

おはようございます。 スマートライト中畑です。

新しい技術ができると、それを一番初めにおもちゃに採用して普及するというようなことが過去あったりしましたが、ここ数年で普及したLEDが、「雛人形」に採用されたというニュースがありました。

プレスリリースを出したのは日本トイザらス株式会社。

一瞬、海外からやってきたトイザらスが「雛人形」?と感じたのですが、トイザらス・ベビザらス共に子供に大きく関連するビジネスなので、製品群に「雛人形」があるのは考えると自然なことですね。

icon
icon

さて、「雛人形」といえば、♪あかりをつけましょぼんぼりに♪とある通り、標準で照明が装備されています。ちなみに、「ぼんぼり」とここで言われている左右に設置される照明は、別名「雪洞」といわれるようですね。また、Wikiで「ぼんぼり」を見ると、夜間の工事現場で使われるバルーン投光機も「ぼんぼり」と呼ばれるそうです。

キタムラ産業 | バルーン投光機・工事用照明

脱線しましたが、トイザらスのプレスリリースをみると、

雪洞だけでなく、屏風も光る斬新なLED屏風親王飾りです。きらびやかな明かりを灯し、より華やかさを演出します。

とあるとおり、左右の「雪洞」だけでなく、屏風にもLEDイルミネーションが仕込まれているようです。

icon
icon

あと、トイザらスのネットショップのサイトを見てみたところ、商品の顔のアップの写真が掲載されていました。やっぱり人形は「顔がいのち」なんでしょうね。

icon
icon

ということで、私も娘が出来たので「雛人形」を揃えることになるとおもいますが、長い歴史を持つ「雛人形」のようなものも、その時その時の新しい技術を取り込むことで、進化していくのはよいことだと思います。

来年は、プロジェクション・マッピングのお雛様とかできるかな?
そうなると、収納を考えなくていいから楽になるなぁ。

でも真面目な話、今まで静的な展示だけだったものを、動的にしたりインタラクティブにしてエンタテーメントにするというのはありですよね。

↓ 日本トイザらス株式会社プレスリリース

トイザらスLED雛人形

蛍光灯からLED照明に本格的に移行、東京メトロ地下鉄がLEDの検証が終わり新造・既存の両車両にLED照明を順次導入していくとリリース

こんにちは!スマートライト中畑です。

実は本日、第二子が無事産まれたので、更新が遅くなりました!
皆様、ありがとうございます!

Baby

さて、先日、都営地下鉄線にて効果確認のためにLED照明を導入したという記事を書きましたが、今度は東京メトロが電車の車内照明にLEDを本格導入するというニュースリリースがありました。

↓ 以前書いた都営地下鉄の記事

都営地下鉄新宿線・大江戸線にて効果確認のためにLED照明を導入 | スマートライト|照明についてのポータルサイト

↓ 今回、東京メトロのプレスリリース

Subway led 1

東京メトロのプレスリリースによると

これまで、銀座線新型車両1000系等においてLED照明を採用し、技術・サービス面における検証をお
こなってきた結果、実用化の目処がたったことから、本格導入することといたしました。

とのこと。

新造車両はもちろん、既存車両についても順次LED化を進めるとのことです。

昨日の水銀条約の件もそうですが、今まで当たり前の様に利用されていた蛍光灯が、このように順次、LED照明に変わっていくようですね。

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

水銀規制条約の内容が決まり”水俣条約”と名称が決定しLED化がますます加速しそう。でも、蛍光灯以外のメタハラのような放電灯は本当のところ今後どうなる?

こんにちは!スマートライト中畑です。

さて、照明デザイナーでat light laboratoryの立川さんのFacebookで知ったのですが、今月13日からスイスのジュネーブで開催された「水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会第5回会合」にて、水銀条約の条文が決まり、また名称が「水俣条約」に決まったようです。

Mercury

ちなみに、このスイス・ジュネーブで開催された第5回会合の前に、昨年の10月31日、11月1日とタイのバンコクにて、「アジア太平洋地域会合」が開催され、規制対象製品の定義、猶予期間と猶予期間を設ける地域、適用除外品の範囲などを関係国でリストの修正案として取りまとめ提出されています。

蛍光灯は水銀が入っているから使えなくなるの?『水銀条約政府間交渉委員会第5回会合の準備のためのアジア太平洋地域会合』が開催されました | スマートライト|照明についてのポータルサイト

今回のジュネーブでの会合についてはNHKのサイトによると、

水銀が使用されている一部の電池や蛍光灯などの製造や輸出入を2020年までに禁止すること

と書かれているとおり、当初から話に上がっていた蛍光灯の規制が盛り込まれたようです。

これでいよいよ2020年に向けて水銀が含まれる蛍光灯や水銀灯などについて規制が進むと思われますが、現状、車のディスチャージヘッドランプの水銀フリータイプとよばれるD4ランプ以外は、放電灯にはほぼ全てに水銀が利用されていることなどもあり、どこまでのランプが規制の対象になるかはとても気になるところです。

一般照明分野については放電灯からLEDランプへの置き換えできる製品が増えていますが、工業用の検査用途や、車の衝突実験、または、サッカーや陸上競技場などのスタジアム照明など、現状ではLEDランプでは置き換えできない放電灯が使われている分野がまだまだあります。

この水銀条約についての詳細はしばらくすればわかるとはおもいますが、これまで私達の職場や家庭の光として支えてくれた蛍光灯も、白熱電球と同じようにその役割をLEDに譲る時が刻一刻と近づいているようですね。

水銀規制条約まとまり“水俣条約”に NHKニュース

LED照明だけじゃない!JAXAや次世代自動車、医療福祉もエネルギーなどいろんな企業が出展する彩の国ビジネスアリーナ2013が面白そうだ!

こんにちは!スマートライト中畑です。

今日はスカイツリータウンの6階にあるスターバックスにてこの記事を書いてます。

さて、次世代照明技術展、LED/有機EL照明展、東京デザイン照明展と、照明に関する3つの展示会が同時に東京ビッグサイトで開催されているライティングジャパン2013は本日が最終日ですが、今月は1月30日(水)、31日(木)とさいたまスーアーアリーナにて「彩の国ビジネスアリーナ2013」が開催されるようです。

IMG_4217

こちらはライティングジャパンとは違って照明がメインではなく、 埼玉県及び隣接都県等に事業拠点があり、次の出展対象区分に該当する企業・団体となっています。

■ 製品
生産用機械器具(食品機械器具、金属加工機械器具、半導体製造装置等)
業務用機械器具(事務用機械器具、医療用機械器具、光学機械器具、福祉機器等)
電気機械器具(発電機、電気照明器具、蓄電池、工業計器等)
情報通信機械器具(通信機械器具、映像・音響機械器具、電子計算機等)
輸送用機械器具(宇宙航空関連・次世代自動車関連機器等)

■ 加工技術・部品
鋳造/ダイカスト/鍛造/プレス/板金/製缶/機械加工(金型含む)/表面処理/熱処理/ゴム/プラスチック/電気組立(基板、配線含む)

■ IT
情報処理/情報通信/情報システム・ソフトウェア開発

■ エネルギー・環境
エネルギー・環境関連(公害防止、廃棄物、リサイクル、省エネルギー、水質浄化設備、エコ住宅等)の機械機器・サービス

なによりも、今回は特別企画展示ということで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や、次世代自動車で各自動車メーカー、それ以外では医療福祉、エネルギー・環境など、普段行っている照明の展示会とはまた違った、刺激を受けそうな次世代産業ゾーンというコーナーがあるようです。

今回、埼玉を拠点とするお客様が照明で出展するということで教えてもらったのですが、今月末はこの「彩の国ビジネスアリーナ2013」に私も行ってこようと思います。

期間:2013年1月30日(水)(10:00-18:00) 〜31日(木))(10:00-17:00)
場所:さいたまスーパーアリーナ(JRさいたま新都心駅)
入場無料

彩の国ビジネスアリーナ2013 – 国内最大級のビジネスマッチングイベント!