都営地下鉄新宿線・大江戸線にて効果確認のためにLED照明を導入

おはようございます。スマートライト中畑です。

通勤中など、電車が入ってくると車内の雰囲気が違うことでLED照明が導入されていることに気づくことがありますが、既にいろんな鉄道会社で従来の蛍光灯の代わりにLED照明が導入されているようで、以前、小田急線にKawasakiブランドの直管形LED照明が使われている記事を書きました。

小田急線の車両にKawasakiブランドの直管形LEDランプが使用されていました。 | スマートライト|照明についてのポータルサイト


そんな中、都営地下鉄線でも効果確認のためにLED照明を導入したとのニュースがありました。

公式ページをみてみると、

NewImage

NewImage

*画像は東京都交通局の報道発表より引用

東京都交通局では、これまで新宿線、大江戸線の各1両にてLED照明※を導入し、その効果を確認してきたところです。
今回、さらに効果を確認するため、新宿線、大江戸線の各1編成にLED照明を導入いたします。
今後もLED照明については、省エネルギーの効果などを検証しつつ、他の車両へも展開してまいります。

とのこと。今回は追加で1編成づつにだけLED照明を導入するようで、全車両への導入にはまだ至っていないようです。

実際、小田急線も山手線もLED照明を見ることはどちらかというとまれで、あくまでも個人的な感覚ですが、20回利用して1回見るか見ないかという確率ぐらいでしょうか。

ただ、ネットで検索したところ、2011年12月に京浜急行は2012年3月から運行開始する新1000形から新造車両にLED照明を順次導入するというリリースを出していました。私は京浜急行を使うことはほとんど無いのですがLED車両に遭遇する確率は他の鉄道よりも高そうです。

ニュースリリース【京急電鉄】

今後、鉄道会社各社が検証のフェーズを終了させ、既存照明からの切り替えや新造車両からの導入などに移るとおもいますが、いずれ、ホームに蛍光灯照明の車両が入ってくると”めずらしい”と思う時が来るのかもしれませんね。

地下鉄車両にLED照明を導入します。 | 東京都交通局

コメントを残す