WiFi制御できるソケットを既存の照明器具に取り付けてスマートフォンで照明をコントロールしちゃおう!っていう”「Sparkプロジェクト]

こんにちは!スマートライト中畑です。

先日、PHILIPSのhueというiPhoneから制御できるRGBのLED電球と部屋の中に設置するコントローラーの話を紹介しました。

ネットとリアルな空間を照明という切り口で自由につなげる可能性!PHILIPSのhueというRGB LED電球という商品がすごすぎる! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

”Philipsのhueは欧州のアップルストアで独占販売”から見えてきた!家庭の電化製品と空間をコントロールするのはPhilips主導?それともApple? | スマートライト|照明についてのポータルサイト

AppleとPhilipsという私の大好きな世界のトップ企業が共同で送り出したこの製品、日本での発売は今のところ未定ということですが、今後の動向がとっても気になる商品です。

そんな中、こんなニュースを見つけました。

普通の電球をアプリで制御できるソケット « WIRED.jp

こちらの商品は、Philipsのhueとは違ってコントローラーを部屋の中に設置するというものではなく、WiFi通信できるランプのソケットを使うというモデルです。そのソケットにiPhoneなどのスマートフォンからWIFIで制御の信号を送るというもの。

E67d866684a667fea5f48a68c67efc78 large

メリットとしては、既存の器具のソケットにこのソケットを2重で利用することで、既存の白熱電球やコンパクト蛍光灯などが使えるということ。デメリットとしては、PhilipsのhueのようなRGBの制御はできないこと(確認できていないけど、RGBの制御はおそらくできないと思う)。

ただこの商品は既にリリースされているのではなく、kickstarterというサイトで資金集めをしている状況。目標の25万ドルに対して、現在集まった金額は約6万ドル。

果たしてこのプロジェクトが十分な資金を集められるかどうか、とっても気になるところですが、照明をスマートフォンからリモートで制御するというのは、あと数年経った時にはごく当たり前のことになっていそうですね。

Spark: Upgrade your lights with Wi-Fi and apps by Spark Devices — Kickstarter

WiFi制御できるソケットを既存の照明器具に取り付けてスマートフォンで照明をコントロールしちゃおう!っていう”「Sparkプロジェクト]” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ma-yamamoto より:

    Kickstarterはどんどん存在が大きくなっていますね。
    先日もTVゲーム業界での活用例がある事を知りましたし、日本版Kickstarter(?)も小規模ながら存在している様です。
     
    色んな物がWEB化することで薄いながらも横のつながりが出来たり、多人数を納得させる物が出来れば個人でも台頭することが出来たりと良い世の中になった反面、ウィルス対策ソフトを装った新手の詐欺が発生する等も聞きますし、これからは誰であってもWEBの知識と無関係でいられなさそうですね。

    1. Webはリスクもある反面、今まではお金や設備やコネクションなどをもっていなければできなかったことが、個人でもできる可能性を与えてくれます。飛び込むか、飛び込まないかは、個人の価値観次第ですね

コメントを残す