DIALux EVO正式版がついにリリース、日本語対応、ドキュメントもちゃんと使えるぞ!

Evo1

いよいよDIALuxEVOの正式版が先週リリースされました。DIALu社のNewsletterの今回の題名には、”DIAL Newsletter DIALux Special”とスペシャール!と入っています。

Here it is! The first official version of DIALux evo is now available: DIALux evo 1 is ready for download at www.evo.dialux.com and can be used for professional light planning.

このように、正式バージョンがついにダウンロードできるようになったとのこと。

The next step in the development of DIALux evo will be to add functionalities to include false colours, DWG export, advanced navigation and standard settings.

また、次のステップでは、フォルスカラーやDWGファイルでの出力、ナビゲーションや一般設定などの改良を計画されているようです。

こちらも、楽しみですね!

また、先日のエントリーでご紹介したとおり、今回はちゃんと日本語対応しています。なので、日本語言語ファイルプロジェクトは本当に必要ありませんでした。よかったよかった。

DIALux EVO 日本語対応は次のバージョンからされるようです。しかも来週にはリリースとか! | スマートライト|照明についてのポータルサイト

下記がDIALux EVOのスクリーンショットです。ちゃんと日本語になっています。

イメージ1

また、以前はエラーになっていたドキュメントの機能も実装されています。

イメージ3

ということで、既に以前のバーションをインストールされている方は、すぐにダウンロードしましょう。そして、試してみるかどうか迷っている方は、ぜひ、ダウンロードしてみてください。

DIALux evo 1 – Download

なお、第三回DIALux勉強会は、11月13日(火)19時からです。場所は中央区の某所です。ご興味ある方は、気軽に連絡ください。

「DIALux EVO正式版がついにリリース、日本語対応、ドキュメントもちゃんと使えるぞ!」への2件のフィードバック

  1. Win8とのマッチングが気になる所。
    実は先週Win8を買おうと思っていたのですが、タブレットPC用に最適化されている為
    操作性を始めとして色々と問題があるとか・・・。
    なのでまだ試していません。

    1. Win8は完全互換と言いながらも、いろいろソフトが動かないというようなことがあるようです。なので、しばらくは様子みたほうがよさそうですよ。

コメントを残す