人口的な光のない暗闇の役割についてかんがえる南米チリで開催されているNOCHE ZEROというイベント

Nochezero

NOCHE ZEROというイベントをご存知ですか?

これは10月16日から18日まで南米チリのSan Pedro de Atacamaという都市でおこなわれる、都市の暗闇について考えるイベントです。

Noche Zero

公式サイトを見ると、

FUTURE: Zero light pollution. To get back the clear sky nights for our cities and landscapes.

NOCHE ZERO will be an inspirational event about the role of darkness in the modern cities, lighting design and life. It will cover wide range of aspects of darkness, for astronomical, ecological and medical reasons also for culture, heritage, visual comfort and the privilege of nature.

と書かれており、自己流で訳してみると、

光害ゼロ。私達の街と景観に夜を取り戻すために、
NOCHE ZERO(ノーチェゼロ)は、近代的な都市と照明デザインと生活にとって暗闇の役割は何かを考えるイベントです。天文学的、生態学的、医学的といった幅広い観点から暗闇について考えます。

といった感じでしょうか。

また、プログラムをみてみると、映画祭やセミナー・星空イベントなどが表記されており、日本からはLPAの面出薫さんもスピーカーとして参加されています。

Noche Zero | What

世界的に暗闇の役割について、映画やイベントなどをとおして、考える人が増えてきたようですね。

コメントを残す