舞台演出をリアルタイムの3DCG動画でシミュレーションできるライトコンバース(Light Converse)というソフトをご存じだろうか?

ライトコンバース(Light Converse)というソフトをご存じだろうか?

Lightconverse

これは、舞台演出する上で使用される、照明、映像、レーザー、その他セットなどのシミュレーションをPC上で行うためのソフトウェアで、構造的になにかとなにかが干渉してしまうというようなことが検証できるだけでなく、光と影、色と変化など、舞台を創り上げる上で雰囲気に大きな影響を与える要素を、3DCGとして視覚的にかつ動画として見ることができるという優れたソフトウェア。

なにはともあれこの動画をご覧いただきたいのだが、何よりも驚くべき事はこの3Dの動画がレンダリング無しのリアルタイムで生成されるということ。実際には私もソフトの現物をみたことがないのでどんな仕組みになっているのかわからないが、設計や打合せの度に何度も変更を重ね、その都度自分の人生の時間をレンダリングと共に費やしてきた経験のある人なら、その絶大な性能は驚きだろう。

また、モデリングについてはVectorWorks2011と2012のプラグインもあるそうな。

–TSJ ONLINE– LIGHT CONVERSE / ライトコンバース

さて、このライトコンバースですが、来る8月29日(水)の15時から中野サンプラザにて、公益社団法人日本照明家協会 東京支部 N.G.C(NEXT GENERATION COMMITTEE)企画で開催されるとのこと。

先着50名限定で参加費無料。ただし、まだ空きがあるかどうかは未確認ですが、ご興味ある方は下記のリンクより日本照明家協会東京支部へFAXかメールで確認してみてください。

NGC企画 ライトコンバース勉強会詳細

↓ライトコンバース詳細

–TSJ ONLINE– LIGHT CONVERSE / ライトコンバース

コメントを残す