“直管型LEDランプを専用に使用する灯具に対する技術基準要求について”が電気用品安全法のページで公開されています

7月1日から新たにLEDランプも電気用品安全法の対象となりました。当初、直観蛍光灯型LEDランプについては、口金がG13なので対象にならないと思われていましたが、経済産業省の電気用品安全法のページを確認したところ、直管蛍光灯型LEDランプにとても関連のある省令が7月3日に公開されていました。

電気用品安全法のページ

文書をみると、

Pse

平成 24 年 7 月 1 日から、エル・イー・ディー・電灯器具が電気用品に追加されます。
直管型 LED ランプを専用に使用するものは、「エル・イー・ディー・電灯器具」に含まれます。
直管型 LED ランプが使用者によって取り付け、又は取りはずすものにあっては、省令第1 項技術基準別表第八 1共通の事項 (2)構造 ラが要求されます。
安全性について実証できないものは、技術基準の適合性の確認ができないので、注意が必要です。この場合は、使用者によって取り付け、又は取りはずすことが出来るものではないものとしなければなりません。

さらに、

○電気用品の技術上の基準を定める省令(抜粋)
(昭和三十七年八月十四日)
(通商産業省令第八十五号)
別表第八 令別表第 1 第 6 号から第 9 号まで及び別表第 2 第 7 号から第 11 号までに掲げる交流用電気機械器具並びに携帯発電機
1 共通の事項
(2) 構造
ラ 器体の一部を取り付け、又は取りはずすものにあつては、次に適合すること。
(イ) 取り付け、又は取りはずしの動作が容易に、確実に、かつ、安全にできること。
(ロ) 電球又は放電管の取換え又は清掃のために開閉する部分の締付けは、容易に、確実に、かつ、安全にできること。

とのこと。

いろいろ話をきいてみると、今回は直管型LEDランプを器具と一緒に新しく納入するようなケースの場合、器具側にPSEマークが必要になったということのようです。

商売上関係ありそうな方は、ぜひ、確認してみてください。

コメントを残す