高品質でユニークな白熱電球を製造していた大田区の大進真空工業をご存じですか?

こんにちは、スマートライト中畑(@nakachon)です。

さてみなさん、大進真空工業という会社の名前を耳にしたことはありますか?

RIMG0441

この会社は、大田区にある電球をつくる町工場で製品は白熱電球が主にしていて、用途としては漁船用や夜間の工事現場などに使われる振動に強い耐振タイプのラインナップが豊富でした。

しかし、コンパクト蛍光灯やメタルハライドランプ、さらにはLEDなど、性能の優れたランプが世の中に普及したことや、OEMとして製造を委託されていたメーカーが海外に仕入れ先を移管したりしたことなど、様々な条件が重なり今から数年前にその歴史に幕を閉じました。

弊社にも”タイシン110V150W フロストタイプ”や”大漁安全”と書かれている110V200Wクリアランプなど一部在庫は残っていますが、150W以上の高ワッテージタイプや様々な白熱電球を、高い品質で製造していたこの会社が無くなってしまったことはとても残念です。

RIMG0440

時代は白熱電球からLED電球へと移り変わっていますが、かつて日本の成長を支えた色々な技術や人々、そして毎日音を立てて稼働していた工場の設備達が、第一線から退いてしまうのはちょっと寂しいですね。

今までありがとうございます。

コメントを残す