ザ・シティ・ダーク/節電という言葉を考えるひとつの切り口として夜の街が明るいことについて考えてみませんか?

こんにちは! スマートライト中畑(@nakachon)です。

さて、みなさん、節電ってされてます?

Wikipediaで”節電”といページを見てみると、企業・官庁でできる節電や、家庭でできる節電などの方法が具体的に表記されています。

節電 – Wikipedia

照明については、効率の高い製品への買い換えだったり、コントラストを高めて暗所でも見やすくするというようなことが書かれていたりします。でも、震災後、1年以上経ったことで再び明るい街が当たり前になった私達の生活ですが、都市が夜も明るいことはいったいどういうことなのか?ということをテーマにしたアメリカのドキュメンタリー映画があるのをご存じですか?

その映画の名は、

“ザ・シティ・ダーク ー 眠らない惑星の夜を探して”

私も参加しているエッセンシャルライトプロジェクトにて、この映画の日本での上映会があります。

7月12日が上映会とトークイベント、8月11日〜17日が一般公開となっています。

いよいよ来月から7月に入り電力需要も増えてくると思いますが、【節電】という言葉を改めて考えるひとつのきっかけになるのではないでしょうか?

ザ・シティ・ダーク – 眠らない惑星の夜を探して

コメントを残す