フィリップス MASTER LEDspot LV MR16をJR12Vハロゲン代替として節電を検討されている方々へ

おはようございます。

さて、昨日はPHILIPSの100Vタイプのダイクロハロゲン型LEDランプMaster LED 5.5-40W(MASTER LEDspot MV PF)をご紹介させていただきましたが、今日も我が愛しのPHILIPSの商品を紹介します!

それは、こちらです!
RIMG0200

ダイクロハロゲンランプJDR100VとJR12Vについて

ダイクロハロゲンランプには、100Vでそのまま使用できるJDR100Vというタイプと、トランスを使用して100Vを12Vにして使用するJR12Vという2種類のタイプがあります。

JDR100Vタイプは、トランスが無い分器具も安価で、国内で使用されている割合は圧倒的にこちらが占めております。それに対し、12Vタイプはトランスの分器具価格が高くなるのですが、配光がきれいで寿命も長いため、店舗照明などで多く使用されているランプです。

当然、代替え用のLEDランプも、JDR100VとJR12Vタイプの両方が市場にでまわっており、昨日紹介したMaster LED 5.5-40W(MASTER LEDspot MV PF)は、JDR100Vの置き換えとなるランプです。

ファンを内蔵し小型化を実現したMASTER LEDspot LVMR16

さて、このPHILIPSのJR12V代替えとなるMASTER LEDspot LVMR16の特長なのですが、なんといっても冷却ファンが内蔵されていることでしょう。

RIMG0193

このボディの中に小型のファンが内蔵されており、LEDを使用する上で大きな障害となる熱をコントロールしているのです。

一般的に、ランプの放熱にはヒートシンクを利用するため、光量を求めればヒートシンクを含めランプが巨大化するのですが、MASTER LEDspot LVMR16はファンを使用した強制空冷の仕組みを採用することで、7W(ハロゲン35W相当)や10W(ハロゲン50W相当)の光量でも、従来のハロゲンランプに近い大きさを実現したのです。

こちらが、既存JR12Vハロゲンランプとの比較です。
RIMG0198

結果として、従来のJR12Vハロゲンタイプの多くの器具でも取り付けることができるようになりました。

ちなみに、昨日ご紹介した、コンパクトでかっこいいUSHIO SPAX社のCHIBI・LA(チビラ)でも、メーカーカタログの対応ランプとして、このMASTER LEDspot LVMR16が記載されています。


注意点① 寸法

ただし、今まで弊社で納入させていただいたお客様で、いくつか問題もありました。

RIMG0193

それは、ランプ前方部が既存JR12Vハロゲンランプよりも出っ張っているので、ランプの全面にカバーをかぶせるような器具では入らない場合があることと、ランプの湾曲部分が当たって器具に装着できないものもありました。

ここら辺、実際の確認用サンプルについては送料1000円分サービスで販売しておりますので、ご注文の際、備考蘭にその旨をご記入ください。出荷時にその分を引いた金額で対応させていただきます。

また、都内、もしくはその近郊のお客様については、スケジュールが合えばサンプルをもって私がお邪魔いたしますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

調光って実際どうなの?

ランプをみてみると、前面にDIMMABLEと表記されています。
RIMG0192

調光はDimming(ディミング)と言うので、つまり、調光可能と言う表記です。

また、箱には、
RIMG0206

このように”調光対応”と書かれています。

注意点② 調光できない調光器もあります

実は過去、実際にお客様が取り付けて調光すると、ちらつきが発生することがいくつかありました。

この問題については、調光器とランプの組み合わせによって発生するようで、結論としては、

”ランプ自体は調光対応で設計されているが、全ての調光器に対応しているわけでない”

という状況です。

実は、この問題があるため、弊社としては原則「調光非対応」として販売しております。
とはいっても、いろいろ柔軟に対応しますので、もし調光を求められているのであれば、お気軽に連絡ください。

まとめ

以上、フィリップスのJR12Vダイクロハロゲンランプ代替型 MASTER LEDspot LV MR16をご紹介させていただきました。

LEDランプはまだまだ世に出てから日が浅く、既存のハロゲンランプと同じように使おうとするとトラブルがおこることもありますが、日々その性能も上がっており、かつ、省エネ効果が非常に高いので、節電対策としてとても有効な手段のひとつです。

また、販売する私達もトラブル対応のノウハウが蓄積されつつありますので、お客様側でも調整できる部分を残していただければ、お互いにとってハッピーな結果をだせると思っております。

ということで、まずは私どもスマートライトまで、お気軽にご連絡ください。

スマートライトに連絡する

フィリップス MASTER LEDspot LV MR16の価格を確認する

フィリップス MASTER LEDspot LV MR16をJR12Vハロゲン代替として節電を検討されている方々へ” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ma-yamamoto より:

    この間の某最大手ファストフード店さんの事例もありますので、色味についても言及しておいた方が良いかなーと思います。3000Kでも結構白いのばかりなので・・・。

    1. お疲れ様です!確かに、LEDの3000Kはハロゲンよりも白っぽくなりがちなので、2700Kの方がいいですね。近々、そのエントリー書きます!ありがとうございます。

コメントを残す