DIALux講習会で使っている資料をSlideShareにアップしました

おはようございます。

みなさんは金環日食はご覧になられました?

私の住んでいる町田や多摩地区は朝から雲が厚く、これは無理だと諦めて電車に乗ってしまったのですが、Facebookのタイムラインに流れる多摩地区の友人達からの情報によると、ちょうど金環の時に雲が晴れて日食を見ることが出来たようです。

よかったですね。

ということで、今日のお話。

今日は、DIALuxについて。

Dx4dlogo 01

私がこのソフトに出会ったのは、2004年に日本ピー・アイという会社に入社し、ビジネスをしていたオランダのアイントホーフェンという都市にあるPhilips Lighting社のInternational Sales Lightingへトレーニングに行っていた時。

当時、Philipsの作っていたCalculuxという照明設計ソフトの屋内用バージョンの開発が終了し、以後、DIALuxになるということで私もその操作方法を覚えることになりました。

その後、日本に帰ってきてから、使っている人達の情報交換会をやったりして今にいたるんです。

そんなこんなでいろんな縁があり、たまにDIALuxについて教えて欲しいというお話をいただくのですが、今日はその時に使っている資料をSlideShareにアップしましたのでその報告です。

ちなみにDIALuxの講習は友達には無料でやっています。ただし、ビジネスとして有料での講習も承っています。

それにしても、DIALux EVOのレビューは全然書いていないのですが、みなさん、インストールしました?

DIALux4シリーズとは、まったく別のソフトですよ。過去のデータは使えないし、部屋や建物の概念がまったく変わっています。これ、かなりBIMモードになっていますね。

ということで、DIALux EVOの話はまたそのうち!

コメントを残す