三菱オスラムのコンパクト蛍光灯FHT(DULUX T/E)は他と比較してなんでこんなに売れているのでしょうか?

おはようございます。

GW明けの週もあっという間に金曜日。連休中に溜まった仕事は、みなさん、今週中になんとかなりましたか?

私の方は、現在いくつかのプロジェクトがあるのですが、自分自身のプログラミングのレベルを上げる必要があり、学習と実装を同時に進めているので、なかなか思ったとおりには進捗していない状況です。がんばらねば!

ということで、スマートライト中畑です。

さて、今日はFHTというコンパクト蛍光灯のお話。先日も「三菱オスラムDULUXやPHILIPSのPL-T、パナソニックのツイン3などのFHTと呼ばれるコンパクト蛍光灯について」という記事で紹介させていただいたランプで、このタイプは、パナソニック、PHILIPS、東芝、日立、三菱オスラムと、多くの会社が販売しているのですが、弊社でも圧倒的に三菱オスラムのFHTの出荷量が多いいのです。この話をさせていただきます。

三菱オスラムFHT画像

商業施設や店舗照明のダウンライトにはコンパクト蛍光灯FHTランプが広く使われておりますが、このFHTシリーズの中で圧倒的に売れているメーカーは三菱電機オスラムの「FHT(DULUX T/E)」になります。蛍光灯全体のランプシェアはパナソニックが№1ですが、「FHTシリーズ」に限っては三菱電機オスラムがシェア№1となっております。
 
なぜでしょうか??

Why ask why? / °Florian

三菱オスラム・FHTの特徴

  • 規格の種類が一番多い 16W、24W、32W、42W、57W の全5種類
  • 光色の種類が一番多い 電球色2700K 電球色3000K 温白色 白色、昼白色 昼光色の全6種類

このように、圧倒的に種類が多いのが三菱オスラムFHTのメリットです。しかし、三菱オスラムのFHTが№1シェアであり続ける大きなポイントがもう1点あります。

これには、「ランプ」と「照明器具」という不思議な関係があるのです。

照明と一言で言っても「ランプや電球」を指す場合と「照明器具」を指す場合があります。そもそも照明とは、「照明器具」という点灯させる装置と「電球」という発光部分の組み合わせで「照明」になります。 電球とは、「完成品」でありながら、照明器具の「イチ部品」という特殊な存在なのです。

話を元に戻しますね。

三菱電機オスラムのFHTが売れる理由

それは、三菱電機以外の照明器具メーカーが、三菱電機オスラムのFHTランプをたくさん使っているからなのです。

具体的には、パナソニックの照明器具にはパナソニックのランプを使います。東芝の照明器具には東芝のランプを使います。三菱電機、日立、NECなども同様です。

これらのメーカーは、自社で「照明器具」も「ランプ」も販売しているメーカーです。しかし、ちょっと違った立場のメーカーもあります。照明器具専業メーカーです。遠藤照明、大光電機、コイズミ照明、マックスレイ、オーデリック、ヤマダ照明、ウシオスペックスなどです。

これらのメーカーは照明器具メーカーでありながら、発光部分の「電球」は全て別メーカーの商品を購入しセットにて販売しているのです。そして、これらのメーカーはFHTランプについては、三菱電機オスラムのFHTを広く採用しているため、三菱電機オスラムのFHTが広く世の中に普及しております。

なので

なので、スマートライトでもこの三菱オスラムのFHTが最も多く出荷されており、いつも大量の在庫を持っています。そのため、価格もお得ですよ!お客さん!

三菱電機オスラム コンパクト蛍光灯FHT(DULUX T/E)

また、現在、長寿命タイプのFHTプラチナシリーズが発売されております。
三菱電機オスラム コンパクト蛍光灯FHT(DULUX T/E)プラチナ

余談ですが、これと同様の例がウシオライティングのダイクロハロゲンです。三菱電機オスラムのFHTと同じように、照明器具専業メーカーの多くがウシオライティングのランプを使用しているので、スマートライトでもダイクロハロゲンの中で一番、ウシオライティングのランプが出荷されています。そして、在庫もたくさんもっています。なので、こちらもよろしくです。

コメントを残す